05
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

セルフコントロール!

前回も書いたけど、
高校に入って学校に関することはすべて自分でやっている。
高校生だからね・・・当たり前かもしれないけど。
我が家にとっては驚きの出来事Σ(゚д゚|||)

普通の提出物はもちろん・・・。
レポートの提出期限の管理から、作成から、全部1人でやる。
たまに先輩に質問したり、同級生と相談したりするけど、
母の手助けは必要としなくなった。

たまにうっかり寝てしまったきな君を起こすくらいかな^^;

ほんとセルフコントロールが出来るようになってきた。

中にはボールペンで作成の上、修正液やテープの使用不可という、
厳しいルールの専門科目もあり、うっかりが服を着て歩いているようなきな君は、
それこそ何度も何度も書き直して、時に明け方までやっている。
「あー!!また書き直しかよ!」とか言いつつ・・・。
でもそれは自分に向かって言っていて、
先生や学校に対して言っているわけじゃない。

・・・まあ、ゲームをやらずにさっさとやれば明け方にはならないんだけど、
そこは最低限自己管理が出来ているので、言わずにがまん!!
言いたいのはやまやまだけどね。

いろんな考えがあると思うけど、
自分で朝起きて、やることをやって、遅刻をしなければ、
もはや親の出る幕はないような気がして、口出ししないようにしている。

もちろん!!
「1回でも遅刻したり、提出物が滞ったりしたら、ゲームと携帯を制限する」
というルールはあるけど。

あとは、あんまり頑張り過ぎないようにしないとな~。
それはちょっと心配なんだよね。
無理をしないセルフコントロールできるようにならないとね。
スポンサーサイト

親離れ、子離れ・・・。

最近思うことがある。

きな君にずいぶん親離れされちゃったな~って。
反抗的とか、冷たいとか・・・そういうことはないんだけど、
あんまり話さなくなったし、まとわりつかなくなった。
問題も起こさないし、手も煩わせなくなった・・・。
っていうか、すぐに部屋に引きこもり、私と同じ空間にいなくなった。
さみしいくらいに(´Д`*)

相変わらず、身の回りのことは雑だから手がかかるけど^^;
レポートの作成や提出物は自分で管理できるようになっているし、
私を頼らなくなったよね~。

ついこの間まで・・・。
おおきな体でまとわりつくきな君を見て、
いつになったら離れていくんだろう?
・・・と、思っっていたのに、
いざ離れていくと、さみしいものね。

子供が離れていくのなら、
私も子離れの時期なのかもね。
子どもの望みをかなえるのが母の役割だから。

たまに何か相談されたり、一緒にご飯を食べれたりすると、
意味もなくうれしかったりする・・・。

佐々木正美先生が、
子どもは可愛いからかわいがるのではなく、かわいがるから可愛くなるって
おっしゃっていたけど、本当にそのとおりだったな。

手を尽くすから換えがたい大切な存在になる。
子育てってほんと、学ばされます。



ハプニングが懐かしい。

連休が終わり、日常が戻ってきました。
自転車が壊れているわ、お弁当を忘れるわ・・・。
きな君はきな君らしく過ごしています^^;

きな君はとにかくゲーム、LINE、テレビ・・・と、
だらけた毎日を送っていました。

DSでモンハン、スマホで将棋を同時にやるという、
そんなどうでもいいことばかり出来るようになっている。

あんまりにもぐうたらな生活をしているので、5日に高尾山を登ってきました。

混むことが分かっていたので早朝6:30から登山。
荷物は全部きな君が持ってくれているのに、まったく追いつけず個々のペースで登山。
分かれ道できな君が待っているという・・・。

今も続く筋肉痛・・・母のダメージは深いけど、
やっぱり自然の中でわが子と体を動かすのはいいね^^

だが、しか~し!!
やっとの思いで下山すると、なぜかきな君がいない。

せっかく降りてきたのに探しにまた登る(つД`)ノ

でもこういうの、なんか懐かしい^^
きな君とのおでかけはスリル&ハプニングの連続だったのに、
最近はすっかりおとなしくなっちゃったから、なんだろう??
ちょっと楽しかったりする。

探すこと40分・・・。
「お母さん!どこ行ってたの?探したよ!」
「君を探していたのよ!」

人の思考って面白いよね??
自分を中心に物事を考えるのは、きな君も母も同じ。
お互い相手が迷子だと思っていたんだね~^^;

それから・・・。

昨日・・・きな君は先輩に相談したみたいです。
いつも私も入って相談していたから、
自分で相談!ってちょっと気乗りしないし、
かといって、母が登場するのも格好悪い・・・。

でもね・・・。
私が見守りきれなくて。
「相談してみたら?」
「相談してみた?」
・・・と、さりげなく、いやさりげなくないか^^;
後押し!!

きな君も・・・。
「ああぁ~。部費払っちゃったから一年辞めれない。」
*本当は辞められます*
「仕方ない。一応相談するか。
LINEがあるから直接説明しなくていいし。」

しぶしぶLINE!

中身は見ていないけど、
ありのまま伝えたんだと思う。
そうしたら先輩からもありのまま返ってきた。

「彼がちょっかいをかけているのは君だけじゃないよ。
あの子にもこの子にも同じようなことを言っているのを見たよ。」

視野が狭いきな君は、
自分だけがちょっかいかけられて嫌な気持ちになっている!
・・・と、思っていたが。

「えええ??おれだけじゃないの?
おれだけ嫌がらせされているって、すっげームカついていた。」

昨日のコミュニテイでも石井先生が言っていたけど、
分かりやすく伝えるだけでクールダウン・・・するんだね。

「なんでみんな怒らないのかな~??」

みんなは流せるんだと思うよ^^;

自分で相談!解決??・・・まあとりあえず解決としよう。
成功体験が出来てよかったね。

セルフコントロール!

めずらしくきな君が早く帰宅。
このところ部活で帰宅は毎日遅かったので、
何かあったのかな~と思ったけど、
表情は意外にも穏やか!

なので、今日は早いね!と声をかけた。
「ああ、ムカつきすぎてあのまま部室にいたら、
ぶん殴りそうだから今日は帰ってきた。」

おおぉ~それは賢明な判断だね。
それにしても、ランドセルが飛んできた頃とは違うわ。
ちゃんと切り替えて帰ってこれるようになったんだね。

「殴ったら退学になるのも嫌だけどさ、
別にボコボコに殴ってもすっきりするわけじゃないからさ。」

なんて素敵な言葉。
ここにいたるまで長かったけど、
ちゃんと自分の判断で相手との距離をとれるってほんとスゴイわ!

「部活辞めるかも。」

そんなこと好きにすればいいよ。

「写真部に誘われたから移ろうかな。」

写真好きだっけ?

「そーなんだよ。まるで興味がないんだよね。」

だよね・・・。

「せっかくやりたいことが出来るようになったのにな。」

じゃあ誰かに相談してみれば?
先生とか、先輩とか・・・。

「なんか告げ口するみたいじゃん!」

本当のことだけ言えばいいじゃん。
ムカついてぶん殴りそうだから帰りましたって。
続ける自信ないけど、放送部の活動は楽しいから迷っているって。

「そうだね。そうしてみようかな。」

コミュニケーションがうまくいかないのは相変わらずだけど、
自分なりに色んな対処が出来るようになったんだな~。
「将来、人間関係で最低限困らないために」という、通級の先生の言葉を思い出しました。
最低限困らないように、自分をコントロールできるようになったね!




プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR