07
1
2
4
5
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

もやもやする・・・。

きな君が診断された頃、
発達障害支援センターもなく、
療育に繋がるまで本当に大変だった。

今は、支援センターもあれば、
支援シートが作れたり、
支援担当教諭やコーデイネーターが配置されて、
支援の体制が整えられては来たけど。

でも、なんだろう?
情報が一元化されていなくて、
あっちこっち行って手続きを進めていたら、
新しい情報が出てきて・・・途方にくれる、
なんてことがまだまだある。
先日のコミュニテイでもそういう質問があったよね。

医療と行政はすれ違いっぱなしだし、
公共と民間もバラバラに支援しているしね。

先日なかなか行政に繋がれない方と、とある施設に出向いて・・・。
そこで話を聞いてくれた相談員に、
一元化は無理だし、専門家が何とかしてくれるというよりは、
自分で開拓しようというような意気込みで行かれては?
と言われて。

正論だとは思う。
私もそうして来たつもりだし、
一緒に行った方にも「頑張ってみよう」と言ったものの、
それって出来るエネルギーがある人とない人がいるよね。

相談員はとても感じの良い方で、
しっかり話も聞いてくれて、
現状で出来る提案もしてくれた。
私が相談者なら見通しを感じて前を向ける!と思ったので、
「とても良い相談員でしたね!」と言ったら、
一緒に行った方は、
「ぴょんさんが良いというなら良いんだと思いますが、私には分かりません。」
困惑していた。

エネルギーがない人が置き去りにされる構図は、
きな君が診断されたころと何にも変わっていないんだな。
エネルギーがある人が基準って・・・統合教育的な視点だよね。
戸惑って足踏みしている間に、子どもの年齢が上がり、一層難しくなる。

簡単に結論がでない問題だけど、
置き去りにされる子どものことを考えると、
やり場のないもやもやが・・・。

私自身もね、まだまだ自分が基準で・・・。
物事の捉え方の起動修正の必要あり。

スポンサーサイト

シングルフォーカスが招いたコメディ!

トイレの水道のフィルターが目詰まりして・・・。
昨日、もっちとすけさんが清掃してくれた。

ありがたいけど、水の出方がおかしいから、
ちょっと触ったら、漏水!
しかも半端ない漏水!
ポタポタとかじゃないよ。
ジャーって感じ!

はあ・・・びっくりした!
夏でよかった!
不幸中の幸いだわ!
だって、そこら辺中水浸し&自分もずぶぬれ!
冬なら凍えるよね^^;

子どもがいなくて良かった!
楽しくなって遊ぶにちがいない!

自分でもスペクトラムだと思うけど、
なぜか止水栓を逆に回していて・・・。
まあ出るわ出るわ・・・当たり前か^^;
なんで反対だってなんですぐに気づかなかったんだろ???

自分でも笑える^^シングルフォーカス!
気づいたときは一人で爆笑!

シングルフォーカスが招いた悲劇??いや喜劇かも!

忙しくて手抜き掃除ばかりのトイレの床もきれいになったし。
結果オーライってことで。




スペクトラムっ子のエネルギー!

子育てって難しいよね。
なんで難しくなってしまうんだろう??
一万年以上も前から人類は、
子どもを産み、育ててきたのに・・・。

どうも私たちは、
子どもたちに、「生きている」以外に、
付加価値を求めるようになってきたからじゃないかしら??

勉強が出来る。
スポーツや習い事で成果を出せる。
聞き分けが良い。
手間をかけさせない。

それが難しいと、せめて周囲にひけを取らないようにしてほしい。
まあ、つまり周囲と同じでいて欲しい。
そう思ってしまう。

だから・・・。
ありのままを受け入れることがどんどん難しくなっている。
それだけじゃなくて、思うように行かないと、
不満足や不幸を感じてしまう。

なんか、お互いに悪循環だよね。
子どもって自分じゃないから、思いどおりにはいかない。

まあ、自分の轢いたレールの上を歩いて欲しい。
きっときな君がスペクトラム子じゃなければ、
私もそう思っていたんだろうな。

笑っちゃうけど、私にだって子育ての理想があった・・・いやレールがあった。
でも、きな君が私の轢いたレールなんて
こっぱみじんにぶち壊して気づかせてくれた。
きな君の人生はきな君のものだから、
きな君の歩く道はきな君が探すものだって。

スペクトラムっ子にはそんなエネルギーがある。
すごいよね~。こっぱみじんだよ^^;



第53回はーとコミュニテイ。

昨日は53回目のはーとコミュニテイでした。
不安定なお天気の中、本当にたくさんの方が参加してくださいました。
定刻にちょっとびっくりするほどの盛況!
みなさん、ありがとうございました。

講師の先生をお招きできかったため、
私がこれまでの子育てをお話させていただいたのですが、
思いのほか好評で、
アンケートに心温まるご意見を多数いただきました。

「ぴょんさんの取り組みや関わりは、自分でもやってみようかな?出来そうだな!」と思える。
というご意見を下さった方がいて、本当にうれしかった。

そうなんです。私の取り組みや関わりは、
ほんの少し視野を変えれば、本当に誰でも出来ることばかり。
っていうか、難しいことは私には出来ません・・・。
いや、やったとしても続きません^^;

また、共感してくださったご意見も多く、
やっぱり共感してもらうって良いなって・・・。
あすぽーとの理念である「繋がって強くなる」をあらためて実感しました。
私の方がありがとうですね。

今月は初めて参加された方も多く、
アンケートに「また参加したい!」というご意見も多数ありました。
後半のグループ雑談で元気をもらえたってご意見も多かった。
やっぱり話し合う、共感しあう、支えあうっていいよね!

あすぽーとをスタッフのみんなと作ってよかったって再確認しちゃいました。

次回は9月13日、会場と講師は未定です。
たくさんのご参加をお待ちしております。


謎??

きな君を見ていると、
とにかくルーズに見える面と、
たとえば、脱いだ服がぐちゃぐちゃとか、
物が散乱してる~とか、
穴が開いているような服を平気で着て外出するとか、

だらしないにもほどがある・・・ように見える!!

けど、どうにもきっちりしすぎている面もあって、
とってもアンバランスに見える。
このアンバランスさが、
誤解を招いたり
コミュニケーションの難しさに繋がっているんだろうけど。

お店を利用するのに、
ちょっとここいらに停めておこう・・・とか出来ないんだよね。
明確な駐輪場がないと停められない。

お友達とちょっとラーメンでも食べていこうか??
となるでしょ。
駐輪場がなくても、お店の前に停めてもいいと思うんだけど、
構造化された駐輪場がないと困ってしまう。

「おれちょっと家にチャリ置いてくるから、ちょっと待ってて!」
と、わざわざ自宅に停めに来て、走って戻る。
・・・なんて不便なことをしている。

まあ、本人がそうしたいんだから止めはしないけど。
このあたり、アンバランスだよね~。
だらしないのか?几帳面なのか?
・・・謎!!
どっちもきな君なんだけどね^^;

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR