02
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

はーとコミュニテイのおしらせ。

昨日、無事に講演が終わりました。
・・・っていうか、大勢の前で話すのはやはり難しい。
私はコミュニテイで自分も勉強して、
みなさんのお話を聞いて雑談するのが好きだな~って、
なんかコミュニテイのよさをしみじみ感じました。
まあでも、これでひとつ大きなお荷物を降ろせます^^

自分の講演はさておき・・・
他のパネラーのお話や、藤野町という場所に、
沢山刺激を受けて、たくさん勉強になりました。

どんな刺激と学びだったかは・・・
パネラーのひとり、NPO法人コドモ・ワカモノ町づくりing代表の星野さんが、
コミュニテイに来てくださるそうなので、みなさんに直接聞いてもらおうかな。
まだ日程は未定ですが、来てくださるという約束はしました。
発達障がい児ママ達が興味を持ってくれること間違いなし!
だって、私はとってもワクワクしちゃったもの。

さて、次回のコミュニテイのおしらせです。

3月8日木曜日9:50~
あじさい会館にて。会場がいつもと違うのでお間違えないようお願いします。

ゲスト講師・・・ケンウッドのヘルスケア事業部より来ていただきます。
内容・・・「視線計測器デモンストレーション」

視線計測器は、視線を可視化して自閉症の可能性を早期発見する機器です。
(大学の研究室と提携してケンウッドが開発し、すでに一部の自治体で乳幼児健診にて導入。)
多くの方のご参加をお待ちしております。
ぜひ、みなさんお誘い合わせの上、ご参加ください。
参加を希望される方は、当日直接会場へお越しください。
お申込不要、参加費無料です。

4月は26日には、石井先生をゲストにお迎えする予定です。
みなさんお楽しみに!



スポンサーサイト

講演のおしらせ。

「これからの時代を生きる子ども達に育みたい力」
というテーマで講演をすることになりました。

「新春のつどい」
2月17日 土曜日 13:30~16:30
相模原市 藤野中央公民館 

私のほかにも地元藤野で活動されている方が、
ふたりパネリストとしてお話をされます。
講演のあと質疑を受け付けるような形のようです。

星野諭さん NPO法人コドモ・ワカモノまちing代表
「感じる力・つながる力・創造する力」

高濱宏至さん NPO法人class for everyone代表
「自分の人生を自由に選択するために必要な力」

いつも思うけど、この中に私が入って大丈夫なのだろうか?

「藤野は市内でもまだまだ旧習深い地域で、
発達障害に対して周囲の理解を得にくく、
自閉症保護者サークルもないので、あすぽーとの活動や、
ぴょんさんの子育てのお話をしてください」

・・・と言われて、引き受けちゃった。

大変なことが重なって、思うように時間が取れなかったけど、
今の私に出きる精一杯をお届けできたらと思っています。

「きな君の生い立ちや関わり」
「あすぽーとの活動」
「子ども達に育みたい力」
を、1/3ずつ話そうと思っています。

ご興味のあるかたは直接会場へどうぞ。
ちょっと遠いけど、中央本線藤野駅からは徒歩4分です。

自分の講演はさておき・・・
星野さんや高濱さんのお話は興味深くて楽しみです(*’U`*)

また、「これからの時代を生きる子ども達に育みたい力」アンケートに
お答えくださった皆様、ありがとうございます。
いろんな事を考えさせられましたし、原稿を書く際にものすごーく役立ちました!!

お休みの理由。

昨年暮れ・・・。
我が家のワンコが旅立ちました。
12歳。

突然死でした。

前日までちゃんとご飯も食べていたのに、
朝起きたら、恒例のエサのおねだりがなくて・・・。
ケージの中で倒れていました。

その翌日、私の弟が逝ってしまいました。
32歳。

本人も知らなかった病が悪化して・・・突然でした。

危篤の報を受けたとき、相手が何を言っているのか、
分からなかった。

子ども達と病院へ駆けつけたけど、間に合わず。

弟はきな君を、理解しようなんて思わずに、
ありのままのきな君をとても可愛がってくれた。

悲しむ暇もないくらい、
遺された者の雑務に追われて・・。
日々の生活もあるし、
その前に引き受けた仕事もあって。

ブログをお休みしていました。

詳細なくお休みしてしまったので、
私の体調不良を心配してくださった方が何人もいました。

ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

落ち着いて来たら、少しずつ再開します。

おしらせ。

諸事情のため、しばらくブログをお休みします。

落ち着いたらまた再開します。

今年もよろしくお願いいたします。

追伸
1月25日木曜日 9:50~ 大野北公民館にて
本年最初のはーとコミュニテイを開催します。
講師は太陽の村の久米先生です。
お時間がありましたらぜひ参加してください。

ぴょん

出きることはやってもらおう!

もっちの英語教室からお手紙が・・・。
冷暖房費を体操教室か新体操教室の先生に渡して欲しいと。
なんで英語教室の日が入っていないのかしら?
子どもに持たせられないじゃん!

・・・いやいやちょっと待って!
知らない先生だから子どもに持たせられないって、
ちょっとおかしいよね??

もっちはもう三年生だし、この任務は十分クリアできるはず。

私は子どもができないコトや苦手なことは手伝ってあげるけど、
子どもが出きることは子どもにやってもらう主義!

もっちに聞いてみたら、
「僕が行くの?うーん、大丈夫じゃない?」
そうだよね?お母さんももっちは出きると思う^^v

園庭でサッカー教室をやっているからその先生に渡します。
渡すときに、「英語教室のもっちです」ってちゃんとお名前を言ってね。

事前に教室に電話して、サッカー教室の先生にもっちが届けることを報告!
そして突発的なミスにより、お金がなくなっても怒らないぞ!
と心に誓いもっちに封筒を渡す。

*子どもが挑戦するとき。この事前の誓い!!本当に大事です。

「じゃあ行って来る!」・・・ともっちは緊張感なく出発!
ほどなく「渡したよ~」と無事に任務を果たして帰ってきた。

子どもって親が思っている以上にいろんな事が出きる。
子どもが「出きる」「やれる」と思っていることはどんどんやらせる。
出きれば成功体験になるし、失敗したらリカバーを学べば良い。

きな君もお使いに行くたび、落としたお財布やお金を捜したな~。
違うものや余計なものを買ってしまうと、
自らサービスカウンターで返品や交換の交渉をしてもらった。

苦手があっても子どものペースで「できた」を増やすことは出きる。
いや苦手が多いと「できた」を増やそうと親も頑張れるけど、
定型っ子は自然にいろんな事が出きるから、見逃しちゃうのかもしれないな・・・。

もっちの「できた」に立ち会えてちょっとうれしかったな^^

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR