09
1
4
6
7
8
10
12
13
14
17
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

しょんぼりもっち。

今日はもっちがしょんぼり帰ってきた。
学校からしょんぼり帰宅は入学以来始めてかも。

とりあえず話を聞く。
「今日は嫌なことばっかりだった!!」

ひとつひとつは些細なことだけど、いくつも重なってしょんぼりしちゃったみたい。

でも、良い事もあったみたい!
「掃除の時間に泣いていたらK君が慰めてくれた。」
嬉しくて、K君のお宅に電話してお礼を言っちゃったわ^^;

「学校の先生にも聞いて欲しかったら今から一緒に行くよ!」
って言ったら・・・、もっち固まる。
「先生のところはいつでも行けるから、月曜日は様子を見る?」
「・・・うん。」
「お母さんにして欲しいことある?」
「抱っこ。」・・・まだまだカワイイよね~。

抱っこしてもしょんぼりもっち。
ここは美味しい物を食べて、テンションを上げるしかない!
かすてらをフルーツやミントで飾って、特別感を演出!

ウチの息子たちは本当にお手軽っていうか、
美味しい物で浮上するんだよね~。

ケーキ食べて、クッキー食べて、アイス食べて、一緒にゲームして!!
すっかりご機嫌に。

「ぼく、すっかり元気になったよ。なんだか胸がぽかぽかする!」
良かった・・・。もっちの笑顔みたらお母さんも胸がぽかぽかする!

落ち着いたところで、コマ撮りで映像を作っている。
鼻歌まじりでごきげん!!

スポンサーサイト

1週間で分かること!

昨日テレビを見ていたきな君。
とあるタレントさんの婚約会見だったかな。

「すっげー!
1週間で婚約って・・・。
1週間で相手の何が分かるんだろう?」

なんかもっともらしいこと言っているな~って思ったら!!!

「顔と名前一致するのかな~。
僕は無理かな~。いや一週間あればギリ一致するか???」

・・・って、そこ??
いや、一週間あったら顔と名前は一致しようよΣ(ω |||)

「いやでもさ、この着物着た人と、ⅤTRに出てた人が一緒って認識できないよ。
どこにあんだよ、同じ要素!あっ、でも見ないで声だけ聞いたら分かる。」

化粧と髪型が変わると別人になっちゃうんだよね?!
うーん、君がコミュニケーション苦手なの分かる気がする。
脳の仕組みが不思議すぎる^^;

「失敬だな!僕さいきんコミュ障から脱却しつつあるんだぞ!」

そういうことにしておこうかな^^v



体育祭!!張り切ってます。

来週はきな君の学校では体育祭があります。

きな君が運動会の練習に全て参加できたのは6年生のとき。
それも、押したり引いたり、なだめたりすかしたりして・・・やっと。

そのきな君が、今年の体育祭めっちゃ張り切ってます。

アナウンス係で競技の実況をするらしく・・・。
思い当たる状況を想定して原稿をたくさん書くきな君。

「いくつかの状況を想定して頭に入れて臨機応変に実況すれば?」
と言ったら・・・。

「臨機応変?誰に言っているの?僕には無理。
だから、接戦の場合、ぶっちぎりの場合、トラブルの場合、追い上げがスゴイ場合、全部原稿にせねば!そうだ、転んだ場合もあるな!」

・・・勉強は全くしないんだけどね。
こうなると止まらない。

「別に必要ないけど、万全を期すために先生にもチェックしてもらおう!」

先生大変だ・・・しつこいぞ、きっと^^;

そもそも、競技って短いし「どの状況で読もう」とか考える時間ってあるのかしら???

スッゴイ成長したなって思うのが・・・。
話題が自分のことにとどまらず、
応援合戦のこととか、みんなで何かやる事もはなしてくれる。
今年は黄色チームなんだけど、「黄色チームはあーだ、こーだ」とチーム目線の話題も多い。

最近、周囲の人を意識した言動が定着しつつあるんだよね。

そして・・・。
「見に来てよ!ぼく頑張るから!」
家族の応援を要求!
自分を見て欲しい・・・って、標準では何歳の発達なんだろうね?
中学生ではないだろうね^^;

でも、ゆっくりだけどちゃんと発達していくんだな~。

どれくらい異変があったら???

先日、腹痛で救急車に乗ることに。
まったく動けないから病院にも行けなくて・・・。
治まるのをさんざん我慢したけど、頓服も効かず・・・。
帰宅したきな君が「119だな」ってさくっと電話。

きな君は落ち着き払って、
救急隊との対応をしてくれて、救急車にも同乗。
ひとり留守番するもっちは、号泣!(だよね・・・。)
見かねたご近所さんが連れて帰ってくれた・・・みたい。

びっくりするくらい遠い、そして知らない病院へ搬送された。
「ぴょんさん、かなり遠くになっちゃうけど良い?」
って聞いてくれたけど、私に拒否権はないよね?!
いろんな事が気がかりだったけど、もはや痛みに耐える以外なにも出来ない。
痛いわ、熱が出るわ、手足が痙攣するわ・・・。
三人目のベイビーが出てくるかと思ったよ^^まじで。

診察や検査の後、薬で痛みが和らいだころ・・・。
すけさんともっち到着!
きな君が連絡してくれてたみたい。
私のサンダルもスーパーの袋にいれて持ってきてくれた。
行きは担架だったから裸足だったもんね。
しっかりしてるな~・・・。

検査の結果は異常なし。どこも。
懸念していた持病の再発もなかった。
どうやら腸の動きが過剰になってしまう症状で、以前きな君もなったな~。
彼は部活をやめたら治まったけど、私もストレスがあるのかな~???
私の場合は、過去2回の手術で癒着がいくつもあるため、
スゴイ痛みになってしまったみたい(。pω-。)

翌日、「仕事に行く」って言ったら・・・。
「お母さんってバカでしょう?絶対バカだと思う。休みなよ~。」
って心配してくれて・・・。

きな君とすけさんが「休め~」ってステレオで説得してくれたけど、
なんとか動けちゃうとね、どれくらい体調に異変があると休んでいいのか?
私には線引きが難しいんだよね。
行けば行ったで、なんとかなっちゃったし、
その翌日も「調子が悪いような気がするけど、気のせいの気もする?!」
よく分からなくて、予定通り講演会のチラシ配りへ・・・。
今日仕事に出てやっと「あ、体が軽い!」って分かって、
昨日とおとといは本調子じゃなったと気づく。

まあ、家事は手を抜き放題だったけど。

なんか私もスペクトラムだな~。
いや、絶対スペクトラムな気がしてきた・・・^^;



親離れは・・・もちろん寂しい!寂しすぎる!

「子どもの手が離れたら・・・?
せいせいする?それとも寂しく感じる?」
今日、あるママに聞かれて。

声を大にして言います。
「さみしい」

最近、ひとりの空間を好むようになって来たきな君。
一緒の部屋にいても、さっとどこか行ってしまう。
何をしているのかな~・・・漫画読んでる!
そんなの一緒の部屋でもいいじゃんって、
ほんと寂しい。

一緒にいたもうひとりのママが、
「昨日明け方にパニックになった息子の相手をして・・・。
ほんと早く手が離れて欲しい!!って思ってる!」

そういえば・・・。
私にもあったな。早く手が離れて欲しいとき。
手がかかって、大変で辛くて、ストレスが爆発しそうなとき。

でもね、最近きな君との時間が穏やかなものになって来た。
一緒にいることが苦痛でなくなったら、なぜか子どもは親から遠ざかっていく。
親離れは発達的には喜ばしい一方で、もう少し穏やかで幸せな時間を共に過ごしたいと思ってしまう。
うん、やっぱり寂しい。

きな君に振り回された15年。
確かに手はかかった。
しんどい時もあった。
でもいざ親離れがはじまって、振り返ってみるとあっという間だった。
離れていくさみしさを感じるとき、
いっぱい手をかけさせてもらえて、いっぱい一緒にいられて、
私って本当に幸せなお母さんだったんだな~って思う。

いっぱい手をかけた・・・なんて言っているけど、
私は彼の気持ちを受け止めてあげただけ。
時間をかけて話し合っただけ。
彼がこうして欲しいという事をしてあげただけ。
多くの人の手を借りてね・・・。

ほんと、たいしたことは何もしていない。
めざせ、ほどほど母さんなので。

子どもは、自分の発達のときを待ってもらえれば、自分で成長して行く。
それぞれの特性もあるし、個人差もあるけど、ちゃんと発達を見せてくれる。

待てるか待てないか・・・それは大人側の問題なんだよね。







プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR