06
3
4
12
14
16
17
18
19
20
25
27
28
29
30
   

イラっときた!

すけさんはあんまり小言を言わない人なのだけど。
きな君の期末テストの結果を見て・・・。

「ちゃんと勉強しないとダメだろ?
勉強しないと受験合格しないぞ!
だいたいパパは勉強なんてしなくても平均くらい取れたぞ!」
・・・などと言い出した。

なんでしょうね??
きな君だけじゃない!
私もイラッとしちゃう!

言っている内容が、勉強しないとダメ!といいつつ、若かりし頃の自分は勉強していないという・・・よく分からない矛盾はさておき。

普段何もしないのに、悪い結果が出たら小言を言う。
ダメな大人の典型じゃんΣ(ω |||)

「そうよね~。勉強しなかったからあなたは大学落ちたのよね?」とまず嫌味を一発!

「それに今と昔を比べても仕方ないでしょう?
私だってろくに勉強しなかったけど平均くらいとれた。
それはみんな同じだったから・・・。
今はみんな塾へ行っているから、行っていない子が勉強せず平均を取るのは難しいのでは?」

「・・・。」

「きな君に勉強して欲しいと思ったら、一緒にやってあげてちょうだい!
口だけなら誰でも言える。行動が伴わないなら言わない方がましよ。」

彼のいいところは、ここから水掛け論に発展しないところ。
「数学はお父さんが教えるよ。」

一緒に勉強し始めて・・・丸く収まる。
って訳わけでもないか??
きな君の一筋縄で行かないところを痛感中!
スポンサーサイト

思わぬ落とし穴。

数学のテストが帰ってきて・・・。
この3年間でもっとも悪い点数で驚いた。

単元テストは良かったのに、
なぜ同じ単元の期末テストでこうなる??

「単元テスト良かったからさ、数学勉強しなかったら、
なんか思い出せない公式とかあって・・・。」

単元テストなんてこないだじゃん!
なんでそんなに早く忘れちゃうの?

「興味ないから。」

なるほど・・・って、納得したくないけど、
これも特性なんだろうな??

「そもそもお母さんのせいだよ!
数学の単元テスト見て、数学より英語勉強しろって言ったじゃん!
だから数学勉強しなかったんだよ!
結果どっちも出来ないってことになっちゃったんだよ!」

・・・だれも数学やらなくていいとは言ってないんだけど。
このおかしな脳内変換も、特性なんだろうな^^;

ちょっと良いと油断する。
思わぬ落とし穴!
何度落ちても懲りない・・・だろうな。

十の・・・って何?

きな君の悪筆はまあまあスゴイんだけど、(ほんと驚くよ~)
今回の期末で、小数点忘れるとか漢字を間違えるとか、
そんなのまだカワイイもんで・・・。

Eの真ん中の横線を書き忘れて、四角いCになってる。
平仮名の「あ」が、3画目がずれて「十の」になっている。
「十の」ってなんだよ~。

本人も残念だろうけど、それを見る母も残念通り越して笑うしかないよ。

まあ、でもとんとんと上手く行かないところがきな君らしい^^;

あーだこーだが楽しかったりする^^

社会の宿題・・・プリント貼ったノートに補足を加えて提出!

こういうあいまいな宿題が一番困る。

なにしろ補足って何?
まとめるって何?・・・って、状態だから。
さらに、教科書から探して書きなさい・・・て、
そんな宝探しは無理なんですけど??

当然母が手伝うことになるのだけど、
きな君の説明が分からないし、書いてある字が読めない(。pω-。)

いや、頑張れば読めるんだけど・・・目が拒否する!!

しかし、大事な3年生の成績に関わっちゃうから、出さないわけに行かず^^;
親子で、あーだこーだ言いながらなんとか完成!

このあーだこーだ言う時間って、なんだかんだけっこう楽しいんだけど(*’U`*)




進路説明会。

昨日は、中学の体育館で進路説明会がありました。
目の前にはでっかい中3男子がずらり・・・。
ただでさえ蒸し暑いのに・・・むさっくるしい

そして1校10分の学校アピールが4校で1時間半。
気持ちは分かるけど、ヒートアップしすぎ。
そのあと進路担当からの説明。
・・・暑いは長いは、一方的にまくし立てられるわ!!
なんか、きな君の気持ち分かる。
まったく頭に入らない。

きな君は・・・というと、出席番号最後の利権を活かして、
列の片隅でうずくまっていた。
うん、頭に入れる気がないねΣ(ω |||)
さすが!!・・と言っていいのだろうか?

まあ、列からはみ出さず、目立たず。
これもキャリアなのかもしれない。→目立たずフェードアウトする。

終了後は放送委員として作業していた。
この切り替えはスゴイ!素晴らしい!

そして、帰宅後はちゃんと感想も言ってくれた。
「最初の2校興味なし。3校目は笑えたけど興味なし。3校目のお陰で頭がすっきりして、4校目はちゃんと聞いた。興味があるので体験に行く。」
うーん、どう見ても「めんどくせー!だりー!」って態度だったけど、
めっちゃ分かりにくいけど、意外と頑張っていたんだな~。

これから全く興味がないこういうお話し、親子で聞かないといけないんだろうな(´。・ωq)(pω・。`)


プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR