05
4
5
6
7
9
14
15
16
19
21
25
27
28
29
30
31
   

もっち習い事デビュー!

もっちが「体操教室に行きたい!」と言い出しました。
習い事はやりたくない派だったもっち!!初めての習い事です。

一緒に体験レッスンを受けたのだけど、
もっち、意外とちゃんと出来る!
どんくさいイメージしかなかったけど、
トランポリンは言われたとおりに出きるし、ブリッジやⅤ字バランスは美しいし、
驚いた!!

私ってもっちのこと良く知らないんだな~・・・ってちょっと反省!
体が柔らかいんだな~・・・。
きな君にばかり手をかけていて、もっちのコトちゃんと見てなかったのね(。pω-。)

まあ、いちばんすばらしかったのは、安心して座って観ていられるってコト。
順番で揉めたり、待てずにフェードアウトしたり、言うコト聞けなかったり、ケンカが始まったりしないってステキ!
どちらかと言うと、順番を譲るような、これでいいのか確かめるような・・・そんなタイプ!

母は・・・初めて最初から最後まで座って見学できました。

同級生も多いお教室で、もっちが体育館に入ると、
「もっち君!」「あ~もっち君だ!」などと、お友達に囲まれて・・・平和!
これがきな君だと、相手は声をかけただけなのに、威嚇したりケンカになったりしちゃうもん。

もっちも、頑張って習ってみると言うので、もっち習い事デビューします。

まじめなもっち、自宅で跳び箱のための手足のトレーニングに余念がない!
目標の側転!!!出きるようになるといいね!
スポンサーサイト

ちょっとした、でも大切なこと。

10月30日はあすぽーと秋の講演会です。
お申し込み受付中。残席18。
詳しくはコチラ→講演会


昨日は子供たちとボルダリングへ。
きな君はルール関係なく、積極的に汗ダラダラで登る!!
そして落ちる^^;

まあ、こんなだから誰かに教わることが出来ない。
たいてい本人が投げ出すか、先生に見放されるか。

こうやってマイペースに楽しむだけが一番いいのだろうけど。

本当はひとつの壁がレベルごとに色で分けられていてる。

面倒だろうけどさ、色で登ったほうがいい。
レベルが高くなると計画性が必要だし、どこに自分の色があるか探す必要もある。
→色と言ってもシールやテープが目印で、ひとつの石にいくつもシールが貼ってあったり、紺と黒が見分けにくかったり、ストーンもカラフル、シールもカラフルで本当に見づらい。
当然、ADHD&ASDのきな君は色んなことを見逃しがち。

どこに自分の色があって、どうやって手足を引っ掛けてゴールまで行くか?

他の人は登る前にイメージトレーニングでコースを攻略し、
ゆっくりと慎重に手足をかけて登っていく・・・のだが、
きな君は行き当たりばったりで登りながら探すし、慎重さに欠けるので落ちる。
でもレベルの高い色を攻略するとなると、計画性とイメージが絶対に必要。

なので・・・。
ADHD全開のきな君とはいえ、たまに目でイメージしたり計画を口走ったりする。

いい傾向だぞ!!
楽しみつつ、きな君の苦手な、イメージと計画を立てる練習が出来る!!

でも頭を使い、無理な体勢が続き、手の皮は剥けて・・・2時間ほどでリタイヤ。

「最後まで紺はクリアできなかったね。
だから最後に赤をもう一回クリアしてみれば??」

「そうする。最後は出来たで帰りたいから。」

そうなの。最後が出来なかったで終わると悪いイメージがつく。
だから最後はちょっとレベルを下げてでもクリアした~って気分の良さが必要。

赤をクリアしたきな君。
出来た気分でご機嫌で帰宅。
本当にちょっとしたこと。でもスペクトラムっ子には大切なこと。

ちゃんと発達します。

10月30日はあすぽーと秋の講演会です。
お申し込み受付中。詳しくはコチラ→秋の講演会


扁桃腺炎で1週間寝込んだ病み上がりもっちを置いて、
すけさんときな君でボルダリングへ。

ボルダリングコースは、簡単な順に1からナンバリングされていて、
親子で1からトライしているのだけど・・・。
きな君は5コースに入り、重力に逆らって登らなくてはならなくなり、
昨日はクリアできず、「次こそ!!」と意欲を燃やす。

一方、すけさんは2コースを休み休みやっていて、なかなかクリアできない。
なにしろ、自分の体重が重すぎるというハンデが大きいので。

きな君は協調運動障害があって・・・未だにラジオ体操も練習しないとできないし、
文字をうまくかけないのも、姿勢が悪いのも・・・それが主な要因なのだけど。

協調運動障害は、文字を書くことをいくら練習しても改善はしないけど、
ゆれ運動を繰り返すことで改善することがあると・・・
トランポリンやブランコなど、通級や療育でも積極的にやってきた。

本人も書字以外は出来なくても抵抗がなくて、
うまく出来なくてもたいていのことはトライする。

小学校2年生でボールを投げられるようになり、
3年生でボールを蹴られるようになり、それ以降は習得が早くなってきた。

きな君を見ていると、発達障害は発達しない障害ではないんだなって、あらためて思う。
本人の好きなことを本人なりのペースでやることで、いろんなことに発展する。
そう・・・本人の独自路線だけど、ちゃんと発達する。

本能なのか??ゆれ運動が加わる遊びやスポーツが好きなので、
がんばることなく楽しめたのが良かったのかもしれない。
→がんばらないと出来ないものは、もれなくやめています^^;

・・・まあ、人に習ったりすることは苦手なので、
ボルダリングも自分のペースで、2時間ほど黙々と登っている。

ひとつだけ難点は、行く気がはやりジャージを忘れて・・・。
すでにハーフパンツを2枚破ってくれている。

そこもぜひ、忘れないよう・・・脳が発達してくれるといいのだが。
→うん分かってる。たぶん無理!

でも!!3着目からは、自分で買っていただきますよ!

ものは考えよう!

塾の先生に・・・。
「考えられないほど、ウッカリミスが多いらしい。」

・・・と、言われたきな君。

そして、考えられないほど気にしない。

本人いわく。
「だって、ほんとうにそのとおりだから。
ウッカリしているんだよ、おれ^^;」

でも先生は気にしているようだね。
この間、雨だったからお迎えに行ったら・・・。
先生が待ち構えていて、
「小さなミスがなくならなくて、お家でもちょっと見てください。」
・・・って、わざわざ伝えて来たから。

まあ、母もそんなに期待しているわけではないよ。
それはちゃんと先生に伝えないと、また匙を投げられちゃうからな~^^;

とりあえず、1年生の間は、
まずは中学生の勉強になれることと、課題を明確にすること。
あとは、テスト前に学習することに納得していただくことかな~。

いろんなことが一足飛びにできるなんて思っていない。
そうね・・・。
うーん、2年くらいかけて・・・ウッカリを半減して行こうかな^^;

まあ、そもそもウッカリは彼の特性だから、
なくならないだろうけど。
いや・・・でも、本番の集中力は結構あるから半減ならできるかも!

不思議なんだよね~。
なんでも本番にならないと集中できないのよ。

いや、ものは考えよう・・・本番に集中できて良かったと思うべきかな 笑。

スケート教室!

本日、子どもたちはスケートのレッスンの日。
「今日はスケートでしょ!何時まで遊んでいい?」→きな君。
「5時には帰ってきて!」→母
・・・というやりとりがあったのに、帰宅時間は5:50分。
久しぶりに、ぶちキレママ!
・・・こっちは、早めに家事を片付けて、お風呂予約して、夕飯作って、
休憩中のおにぎりや水筒を用意して待っているのに!!!

いいかげんにしろー!!

スケートのレッスンなんていうと、ハイソなイメージだけど、
ぴょん家の住むS市は寒い地域でもないのに、
市営のプールが冬場はスケート場になるので、
市が主催する子どもスケート教室に通っているわけ。
1回1人500円で、90分のレッスンをしてもらえる。
しかも先生もたくさんいて、意外としっかり見てもらえる。
ちなみに210円で靴もレンタルできる。

ゴールデンウイークが明けると、今度はプールになるので・・・。
スケートシーズンだけのお教室。

スピード、フィギア、カーリングと種目も豊富。
まあ、最初は基礎練習ばかりで、スピードもフィギアもないけど 汗。

きな君はアスペ君に多い、体が不安定な協調運動障害だけど、意外にもスケートは得意。
なにしろ、移動手段は自転車じゃなくてローラーブレードなのだ 汗。
・・・なので、初めてのレッスンから基本コースの上級に入れてもらえた。

いや、実は初めてじゃないね。
年中の時にしばらく通ったけど、先生の言う事は聞かないし、前の子にパンチしちゃうし・・・・母の気持ちが折れてやめたけど、続けていたらかなり上手だったかもね。

ついでにもっちも初心者クラスに放り込んでみた。
うーむ、やはりもっちは放っておいても先生のいう事を聞いてちゃんと練習してる。
最初は手すり磨きだったけど、30分もしたら、手を離して歩けるようになった。
今日は、転んだ状態で手を使わずに立つもクリア!
周囲の子とも打ち解けて、楽しそうにレッスンしてる。

・・・一方、きな君は後ろすべりやストップ&ゴーなどの基本練習に飽き飽き!
「自由に滑りたい!」ってぶつぶつ言いながらも、まあまあおとなしくレッスンに励んでいる。
基本クラスが終了すれば広いリンクで滑れるので、それをモチベーションに頑張っていただきましょうか。
ちなみに最後の15分間は広いリンクで自由滑走になるので、より広いリンクで滑りたい気持ちが高まって・・・いい感じ。

子どもたちは楽しいけど、母はリンクサイドに約2時間!
はっきり言って、凍えます。
特に今日はきな君の身支度が微妙で、マフラーを取られたあげく、ひざ掛けを車に忘れるという・・・。凍死しそうです。

さて、卒業式を明日に控えて・・・眠れそうにないとぼやいていたきな君。
スケートで疲れたようで、よく寝てる。
それだけでも、母が凍えた価値があったもんだわ。

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR