03
2
3
6
7
8
9
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

きな君、勉強する。

昨日は部活が休みだったため、きな君ともっちはおばあちゃんの家へ!

なにしろ自宅でゲームを禁止されているので、
お友達の家で貸してもらうか、おばあちゃん家に避難するか、、、でしかゲームが出来ない。
しかも部活が忙しくておばあちゃんの家に行く時間もあまりとれず(。pω-。)

久しぶりにゲーム三昧の一日を送り、リフレッシュした二人!
楽しそうに帰ってきました。

たまにはそういう日があってもいいかもね。

自宅に戻ると夕方の学習タイム!
実は知り合いのスペクトラムっ子にきな君と似たタイプの子がいて、
学習に身が入らず、塾を転々として、成績は下がる一方という、まさしくきな君タイプなんだけど、
なんとこの子のママが、9月から始めた自己流の自宅学習を定着させ、成績を上げたそうな。
いや、テストを見せてもらったけど・・・ほんと同一人物とは思えないくらいに向上!!

っていうか、そんな方法があるなんて信じられないけど、
「塾に行くよりもお金はかからないし、きな君も試してみれば!」・・・と、言われ、
我が家でも実践中!
とにかく毎日やることが肝心らしいので・・・。
もちろん、おばあちゃんの家に行く前も、そして帰ってきてからも、やりました、いや、やれました・・・って感じ?

まあ、自宅学習なので、もちろん親の手間はかかります。多少の予算も必要。
でも、あのきな君が、文句も言わずにやってる・・・ちょっと怖いくらいに。

しかし、学習である以上・・・成果がでないと良い学習法ではないよね。
お友達は小学生なので中学生はどうなんだろうってのもあるし。
まずは続けられて、そして2年生で成果が現れたら!!
詳しいやり方・・・(ってほどのものじゃなくて単純なんだけど)・・・・を更新します。

ちなみにきな君がやると、負けじともっちもやる!!良い相乗効果は出ています。

スペクトラムっ子にはスペクトラムっ子のツボがあるのかしらね??

スポンサーサイト

勉強をしないのも調整です。

「おれさ、最近数学の授業が楽しくて仕方ないんだよね!!」
一見、とっても勉強が好きな子どもに聞こえてしまうが・・・。

母の素朴な疑問???
「でもさ、そんなに数学が好きなのに、家では全く勉強しないよね?」

するときな君の素朴な疑問???
「学校で勉強しているのになんでわざわざ勉強しないといけないのさ??」

親子でスゴイ温度差!

「いや、苦手なものならともかく、好きなんだから家でもやればいいじゃない?」
→本当は苦手なものもやって欲しいが、せめて得意なもので自主学習の習慣がつけばいいのに!

「家でまで勉強なんかしたら飽きるじゃん!
おれは、せめて数学だけは飽きないように調整しているんだよ。」

なんかもっともらしい言い訳で丸め込まれそうな。

最近、ものの言い方がぐーっと大人びて来た。
対等に物を言えるようになって、やっぱり考え方とか捉え方とか全く持って違うんだなって、アスペ君の不思議を感じることも多い。
年齢が上がって思春期を迎えても・・・主観が強い考え方は変わらないのね。
とにかく自分がどう感じて、どう思うか、、、が大事!!
よく言えば周囲に振り回されないが、その分周囲に取り残される可能性大!
まあでも、いいのかな。だって、周囲と同じを望んでいなさそうだから。

なんかね・・・自分の主観できな君を計ろうとして結局は無駄に終わることばかり。
っていうか、だいぶ壊されたとはいえ・・・母の常識の枠に収まらないのね。
きな君を心から理解するためには、どれくらい壊れないとダメなのかしらΣ(ω |||)

24文字しかないから。

きな君の期末テストが終わり・・・惨敗!美術なんて・・・学年で下から24位。
「これじゃあ、たぶんだね。」・・・・母ガッカリ( ノД`)
「うん、たぶんじゃなくてだね。作品も下手だし。」・・・息子平然(^∇^)

まあまあだったのが、保健と英語。
今回は数学も応用が多くて、平均を超えたけど・・・って程度。
学習からの撤退を認めたものの、この成績・・・親はガッカリをかくせない。

「英語はおれなら90点くらいとれるって先生言ってたけどな。」
ええ、そうよ!!クエスチョンマーク、カンマの忘れがなければ、
あと、日本語の間違いがなければ!!90点くらい行ってたはず。

「英語と数学しか出来ないんだから、せめて凡ミス減らそうよ!」
「まあ、いいじゃん。そこそこ取れたし。」・・・親子の温度差、大きすぎ!!

そんな話をしていて、ふと思ったこと。
「きな君ってさ、漢字は覚えられないのになんで単語は覚えられるの?」
だってさ、どっちも覚える系。覚える系は苦手なのに、なんで英語は大丈夫??
→保健体育は動きがあるから覚えやすい。

「だってさ、英語は全部で24文字しかないじゃん。」
・・・おっしゃる意味がわかりませんが??

っていうか、26文字じゃないの??
「24でも26でもどっちでも良くない!漢字は新しい文字が増えるけど、英語は24文字しかないじゃん。」
・・・・だから、それが良く分からないんだけど??
「漢字は形だけじゃなくて、止めとか払いとか細かくて面倒くさい。
どうでもイイコトごちゃごちゃ言うし。
英語は簡単な記号24文字で止めも払いもないし、
汚くても読めればオッケー!


なんかわたしの質問の答えなのか??どうか??分からないけど。
まあ・・・苦手じゃないから分析はいらないっか!



期末テスト・・・写せないので。

期末テストが終わると各教科ワークの提出が待っている。
今回英語は50ページもあって・・・たいへんなことに!
本当は提出に備えて進めておけばいいのだけど、そんな想像力はなく。

「みんな答えを写してる!」と、憤慨!
・・・でもね、答えを写すのはやめたほうがいいよ、と言ったら!!
「分かってるよ!でもみんな写して終わっているんだ!ズルイ!」と大荒れ!

いやいやお母さんは何も意地悪で言ってるんじゃないの。
解答の本を見ながらワークノートに写すんだよ!?

きな君しばらく考えて・・・冷静になる。
「・・・・・。それは難しいね。」

でしょ?君の場合答えを写すより自分の頭で考えたほうが早いと思うよ。

「そうだね・・・。そもそも解答の本はなくしたから見れないんだ。」
・・・・なくしちゃったの?答え合わせどうするの?
「適当にマルとかバツとか書いておけばいいんじゃない!?」
・・・・Σ(゚д゚|||)まあ、君がいいならそれでいいんじゃないかな。→と言いつつその発想にびっくり!

板書が苦手な特性があるきな君は、上から下でも右から左でも・・・移すのが苦手!
その上、書字も苦手だから、書き写すのは相当の労力がいる。
そう、自分の頭で考えたほうが早いくらいに!

国語の問題も漢字は苦手だけど、実は長文問題の答えを探すのは得意なきな君。読むことは苦手じゃないからね。
でもね、それを書くのがイヤ!まして「本文の中から抜き取りなさい」は写す作業も重なって、途中で答えを書くことを放棄するか、途中から写すのをやめて創作するか・・・になる。

書くの苦手!写すの苦手!・・・。苦手を数えたらきりがない。コミニケーションも集団行動も苦手だしね^^;
苦手がありつつ、工夫!?しながら中学校生活しているんだなぁ~。

期末テスト・・・国語。

今日からきな君はどうやら期末テストだったようだ。
まあ勉強から撤収している割には、チラホラ・・・とまで行かなくても、チラッと勉強をしているっぽい。

昨日きな君と話したこと・・・。
国語のテストでは必ず漢字の配点がある。
「漢字はテストの1割くらいを占めるからちゃんと覚えておくと効率よく点数が取れる。」・・by母。
「漢字は100も200も覚える割に10点くらいしかもらえず、効率が悪い。」・・・byきな君。

・・・なるほど。そういう考え方もあるね。
当たり前だけど、自分の考えがすべてじゃないよね。なんか新鮮!!!
そりゃ、「漢字は覚えると得だから勉強しなさい。」って言っても納得が出来るはずもない。
それどころか、「一学期の期末テストでこの効率の悪さに気がついて、金輪際漢字を覚える努力はしないと決めた。」そうだ。
意外と正論で・・・わたしのほうがぐうの音も出ず^^;

きな君は基本的にメリットとデメリットを天秤にかけて判断するし・・・思考が数学的。
努力に対して最大10パーセントしか報われないなら、やらないってことね。
きっとこの10パーセントが重要に感じないと金輪際本当にやらないだろーね^^;

これも凸凹のひとつ・・・ってことかな。

それにしても・・・ただ結果の悪いテストを持って帰って来たわけじゃなかったのね。
ちゃんとその中から色んなコト考えていたんだな~・・・。




プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR