02
5
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

やる気スイッチ、あった!

ゲームをやらない日々も、もはや定着したような。
きな君は、まだ「理科の先生」を目指して毎日学習!
どうしちゃったんだろ??
なんか、頑張りすぎてちょっと気持ち悪いくらいΣ(゚д゚|||)

一緒にやって欲しいって言うから・・・。
まあ、私は「単語帳作って」とか「採点して」とか雑用係なんだけど。
・・・恥ずかしながら、もう教えることが厳しくなってきました(。pω-。)

まあ、いきなり中学1年生の勉強だと難しいものもあって・・・。
いや、最初は中1の復習をやろうと思ったのよ。
でも漢字なんてほとんど書けないし、これじゃやる気も出ないなあって思って。
漢字は小学校3年生から復習!
その代わり、止めや跳ね、払いなどもちゃんと書くことで合意。

国語の文法も簡単なテキストを毎日2枚ずつやり始めた。

英語も毎日10ずつ単語を覚える??
いや覚えたものを忘れちゃってるから、思い出す??

社会も単語帳5枚とか10枚とか、ちょっとずつ覚えたり。

苦手な教科はとにかく薄くて簡単でさくさく出きるテキストを選んでみた。
なんかこう・・・小さい出来たが沢山あると続くかなあって思って。

逆に得意な数学や理科は自分でやりたいようにやらせている。
・・・なんか分厚い参考書を買ってきて、いろいろ書き込んだり調べたりしてる。
意外とアナログなんだな~、きな君って!

いや、本当は塾に行った方が早いと思うのよ。
でも自分のペースでやりたいって言うから・・・。
まあ、でもこのモチベーションがいつまで続くか怪しいものだし、
とりあえず、やらないよりはましだから、本人のやりたいようにやらせているけど。

「お母さん、おれにもやる気スイッチあったね!」

・・・まあ、母はやる気スイッチが切れちゃうこともあるって覚悟しているけど。


スポンサーサイト

スペクトラムっ子あるある勘違い!

スポーツの海外遠征のニュースで「時差」の話題が出た。
「やっぱり時差が大きいのはオーストラリアだよね(*´∀`人 ♪」
自信満々のきな君!

「なんで??オーストラリアは時差ないよ(´Д`*)?」
っていうか、中学で地理の勉強しているよね??→あやしい!

「はあ??何言ってんの、お母さん!
もしかして、ふざけているの?おれをおちょくろうとして(*`・з・´)」

「ええ??それはこっちの台詞!まじめに言ってるの??(*`ω´*)」
そこで壁に貼ってある世界地図の前にきな君を呼ぶ!
実は日本との時差が時計で記してある。

「ほら、オーストラリアは日本の真下だから時差は無いでしょ。
反対にイギリスとかアメリカとか、経度が離れると時差が大きいんだよ。」

「えええ??なんでなんで?これ間違っているんじゃないのΣ(゚Θ゚)」
まったく話しがかみ合わない・・・っていうか、なぜ世界地図より自分が正しいと思う??

「っていうか、きな君はなんでオーストラリアは時差が大きいと思うの?」

だってさ、オーストラリアはサンタがサーフインに乗って来るんだよ。
時間が半年もちがうから、一番時差が大きいじゃん!」

「時差ってさ、24時間の中での違いなの!
オーストラリアは季節が違うだけで、同じ時間に太陽は昇るの!」
「・・・。」ぐうの音もでない、、、きな君!→ちゃんと勉強してくれ!

スペクトラムっ子、こんな思い込みの勘違い良くあります。

松は・・・松!!

中学校のテスト問題!
惨敗科目のひとつ、理科!
数学が好きだから出来そうなものだけど、覚える科目は面倒くさい!らしい。
「松は何植物ですか?」・・・答えは裸子植物。

簡単な問題!
選択肢は「裸子植物」と「種子植物」しかない。
松を思い浮かべれば・・・「裸子だ!」と思えなくても、
「種って見たことないな。」・・・くらいの想像は出来る、はず。
・・・って言うか、松は裸子植物の代名詞的な植物だよね。

きな君の答えは、個性的というか独創的というか・・・「松」って書いてあった。
「だってさ、松は松って植物じゃん!
なんで松のほかにイロイロ名前をつけるわけ?
めんどうなのキライなんだよね~。
裸子でも種子でも、おれにとってはどーでも良い!!」

どーでも良くないよ!
裸子って書けば点数アップのチャンスじゃん!!
そもそも、答えが松なら聞かないでしょ!

「興味ねーし。」

押し問答がつづく(*`へ´*)・・・省略!
分かっていてもつい、ひとこと言っちゃう!!

結局は・・・「興味」があるかないか、なのね!?
興味がないけど出来たら・・・スペクトラムっ子じゃないしね~。
松ってコトは分かっているし・・・まあいいかって思うしか、ないよね。


プロフィール

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR