11
9
14
15
18
20
22
26
28
29
   

はーと♡コミニテイ11月28日

おととい、今年最後のコミニテイを開きました。
参加してくれた方は20名、内9名の方が初めて参加してくれました。
図書館の10畳の和室に、スタッフ、講師含め25人もの人がごった返していましたが・・・。
充実した時間をみんなで過ごせたと思います。

講師のお話は、「発達特性と思春期」。

エリクソンのライフサイクルによると、思春期とはアイデンテテイを探す、
それも友達を作ることで自分を確認する・・・年代。
なぜ友達かと言うと、この時期は価値観を共有し合える人と深く関わっていくことで、
自分の価値や特性や能力や長所や短所を実感しようとする。
簡単に言えば類は友を呼ぶわけ。いわば友達の目で自分を見ているのね。
女の子が鏡ばかり見るのも、第三者の目で自分を見ようとするから・・・なんだよね。
友達は自分の鏡であり、友達から自分を学び、社会や集団においての自分の役割を認識していく。
そして、職業の選択などが可能になってくる・・・。
by・・・佐々木正美教室にて聞きかじり^^;

・・・自分をふり返ってもそうだったと思う。
まあ、自分の社会的役割なんて難しくは考えなかったけど(笑)

先生のお話では一般的な思春期というよりも、
特性を持つ子ども達が迎える思春期について・・・。
うーん、やっぱり思春期に自己肯定感が下がり、不登校や引きこもりになりやすいみたいだね。
社会性やコミニケーションが難しいのだから、エリクソンの言う、思春期の課題は高すぎるハードルなのかもしれない。

なぜなりやすいか・・・そして、防衛するためには?・・・という内容だったのだけど、後者のほうをお話させてもらうね。
まずは家庭の中で役割を与え、家族に感謝される経験が必要だそうです。
特に料理など、出来上がる過程を経験させることは大事みたいですね。
もうひとつは、何もない広いところへつれて行き、「何をしたいか」聞いてみる。
そして一緒に活動すること。山の中でも、広い芝生広場でも、グラウンドでもいい。
そこで今「何をしたいか」聞いてみる、いや考えさせてみる。
そういうコトの積み重ねが大事だそうです。

話を聞いていてふと思ったのだけど、
たぶん、特性のある子だけでなくみんな同じだと思う・・・のは、わたしだけかな?

先生は急用で時間がなくて30分ほどで退席。
その後は、3つのグループに分かれて雑談♪
わたしが入ったグループもそうだけど、
どのグループも、初めて来てくださった方のトーク炸裂!!

印象的だったのは・・・「こういう集まりを探していたんです」って言葉と笑顔。

「喋りすぎました。」・・・っておっしゃるけど、皆さん初めて来るとそうなんですよ^^
終了後も、会場の外で立ち話するグループもあって・・・。
ほんと、コミニテイ開いてよかったって・・・思える瞬間!

ただ、コチラとしては反省点いっぱいで・・・。
気になることがあれば、みなさんおっしゃってくださいね。

次回は、成人の発達障害者の中でお仕事をされているI先生をお招きして、お話をしていただく予定です。
スポンサーサイト

兄弟の会話。

きな君の登校渋りは・・・波がありつつ、なんとか登校しています。
担任の先生によると、学校でも散漫で板書をパスしている模様。

「今日はお迎えしなくていいよ。でも、明日ダメなら頼むね。」
・・・と、本人も波を自覚している様子。

学校を休んだらゲームが出来ないし、お小遣いに響くけど、
それでも休みたい気分なら休んでいいよ・・・と、言ったところ、
まだ、それらを棒に振ってでも休みたいところまでは行っていないみたい。

こにまま、のらりくらりと冬休みまでもってくれるといいのだけど。

まあ、こうなってくると被害的な気持ちも強くて、
もっちとも衝突ばかり・・・お義母さんのお見舞いでも派手にやってくれて(汗)
もっちの余計な一言にビクビクしています・・・(涙)

昨夜も・・・。
「きな君、お薬飲んで歯磨きしてお布団に入りなさい。」
って、言ったら・・・。

「お母さん、きな君は、そんなにいっぺんに言われても分からないよ。」
・・・byもっち!

もう!!なんで君はそんな余計なことばかり言うのよ~(母、心の叫び)
来るよ来るよ・・・きな君の噴火が!!!

・・・と、思ったら。

「もっち~。今日はずいぶんとおにいちゃんの肩を持ってくれるね♡」

は???・・・今のは肩を持ったの?
若干、小ばかにされたような・・・気がしないでもないけど?

「うん、だってぼくきな君だーいすきだから♡」

へっ???・・・けんかばかり売っているけど、大好きなんだ。

「もっち~。今日はちょっといい子だね。そうだな~、おれは、もっちのこと普通!」

なんか良い雰囲気なのに、普通なんだ・・・(汗)

「うん♡・・・きな君、ありがとう。」

・・・いいんだ、普通で。
もっちにとって、お礼いちゃううくらいステキな言葉なんだ!?

奇跡的に噛みあった、兄弟の会話!
いつもこうだといいのだけど・・・。

ね!!!






分かっているけど・・・。

きな君は今朝は普通に学校へ行った。
テンションが上がるよう、
朝食はホットケーキとココア。
→ホントお手軽^^

「お母さんは、おれの好みをよく分かっていますな~♪」
・・・と、機嫌よく登校した。

昨日もちょこっと書いたけど、
デイの先生と意見が合わず・・・。
実は今月は通わせていない(汗)

本当はちゃんと意見を統一して、
デイへ最後まで通わせるのが正解だとは思うけど、
今のところその余裕がない。

お義母さんの体調が悪くて毎日病院へ通っているので、
角が立たないように、病院のせいにして休ませている。

きな君は毎日病院へ行くのは、精神的にちょっと難しくて、
すけさんと同じように週末だけ行っているから、
本当はデイに通ったほうが安心と言えば安心だけど、
今は誰もいないお家に帰宅して、明るいうちは遊びに行ったり、
宿題をしたりしている。

まあ、これも勉強・・・ってことにしておこう。
鍵っ子学習!

きな君が診断されたとき、
最初は無我夢中だった。
藁にもすがりたい思いで、療育やカウンセリングを受けて。

でもね、5年も経つと・・・その中でも理想というのかな!?
自分のなかで「こうしたい」が出てきてしまって・・・。
平凡なひとりのスペクトラムっ子ママだけどさ。
専門的な人に言われたからって何でも、「そうですか」・・・とは思えない。

ええ、頭でっかちの頑固者です^^;
分かっているけど、譲れないのよね(汗)
ほんと、分かっているけど・・・。

子どもは登校渋り・・・。
母は療育拒否(汗)
似たもの親子・・・困ったものです^^;




親バカのエゴ?

きな君は昨日・・・1日中、ゲームや漫画三昧!
だらだらと過ごし・・・。

寝る前に聞いてみた。
「少しは元気チャージできた?」
・・・うん!!
「学校へ行ける?」

ちょっと考えてから・・・。
「うん、大丈夫!Y君とゲームの話したいし!」
と、言ってくれた♡

学校へ行かないって言われると、驚いちゃって・・・。
つい厳しく言い聞かせてしまいがちになるけど、
実はこうやって、元気をチャージしたほうが近道だったりする。
→はい、何度も失敗していますよ^^;

将来的にも、
「あっ、ちょっと自分疲れてるな~。」って、
気づいて・・・休む方法に繋がって行って欲しいし。

失敗を重ねて、この「ダラダラスタイル」に辿りついた。

きな君はまだまだ、
早退したくなったり、学校へ行きたくなくなったりする。

以前、デイで卒業の話が出たとき、
「あとは、この早退したくなったりすることがなくなれば・・・。」
・・・って、親の気持ちを伝えたところ。
「それは特性というより、わがままですよ。」
って、言われて・・・。

まあ、いろんな意見があるから否定はしないけど、
発達障害の特性は、わがままで片付けられないものなんて、ほとんどない。

多動も衝動も、集団行動が出来ないのも、人の話を聞かないのも、自分勝手なのも、片付けられないのも、忘れっぽいのも、感覚が過敏すぎて怒るのも、その他もろもろ・・・・表面だけ見たら、みーんな「わがまま」で説明できちゃう。

親でもウッカリそう思っちゃう時があるし。

言われなれているから、驚きもしない・・・けど。
療育に関わる人が言っちゃダメな気がする(汗)

そう思っちゃうのは、親バカのエゴだろうか?






登校しぶり。

最近のきな君は、うまく行きすぎていて・・・。
不安というか、怖さというか、なかったわけじゃないけど。

木曜日の夜・・・突然しくしく泣き出し。
「もう、学校行きたくない。」
・・・が、はじまった。

原因は分かっている。
頑張りすぎちゃったね。

頑張りすぎた上に、担任が出張で休みで、
その上、苦手な先生に怒られた・・・らしい。
その先生は、怒っている子の周りにいた子もまとめて怒る・・・。
困った習性の持ち主で、とばっちりを受けたらしい。

たぶん、頑張っていた糸がプツって切れちゃったんだろうね。
翌朝もしくしく泣いていて・・・。

「お母さんに出来ることはしてあげる。
ゴミ捨て(きな君担当)もするし、今日は迎えにも行ってあげる。
でも、学校へ行くことは代わってあげられないから。
今日は頑張れ!明日は休みだよ。」

・・・と言って送り出した。

こういう時は本当に対処に迷う。
1日くらい休ませたほうが良いのか?
それとも頑張らせたほうが良いのか?

後者をとっては見たけど、良かったかどうか分からない。

お迎えに行くと・・・。
「今日はほんとイヤだった。クラスのザワザワが耐えられなかった。」

ざわつきが気になるのは、パニックの前兆!
よくパニックにならずに帰って来たね。

その日は、おばあちゃんのお見舞いでも、イライラして・・・
「帰りたい、帰りたい。」
・・・と騒ぎ、もっちとケンカして。

でもでも、母も注意するのをぐっとガマン!

今日は仕方ない。

宿泊体験、テスト勉強・・・頑張りすぎて疲れたよね。

・・・新しい漢字を見ると気持ち悪い!
あれはきな君が悲鳴を上げている、サインだったのかもしれない。

母・・・笑っている場合じゃなかったよ。

はーと♡コミニテイのおしらせ。

11月の「はーと♡コミニテイ」は下記のとおりです。

11月28日(木曜日)9:50~(開場9:30)
相模原市立図書館・・・JR淵野辺駅南口、徒歩3分 鹿沼公園
2階 和室にて行ないます。

今回はいつもと場所が違いますので、ご注意願います。

今回はNPO法人太陽の村の吉田先生のお話を聞いたあと、
質問&相談・・・及び雑談となります。

今年最後のコミニテイとなります。

よろしくお願いいたします。

漢字を見ると吐き気がする病!

きな君のテストは初回92点だった。
初回ではじめての90点台!!

きな君は努力が報われて・・・
本当にうれしそうだった♪

今までなら一発パスだけど、
今年の先生は100点のみ合格・・・と、
ちょっと厳しい・・・(涙)

100点ではないと察したきな君は、
テストの返却前から追試に備えて、
漢字の練習に励んでいた。

「自分でもどうかしてると思うけど、
なんかちょっと頑張りたいんだよね^^」

・・・いやほんと熱でもある??
うっかりちゃちゃを入れそうになる。

いやいやその気持ち大切ですよ~。

きな君はこれまた初めて、2回目で合格した。
合格した夜は宿題がなくて・・・得意げだった。
→間違えたところを練習する宿題だから^^v

・・・でもね、喜んでばかりはいられない。
頑張りすぎた代償・・・。

「お母さん、おれ頑張りすぎちゃったから・・・。
新しい漢字を見ると・・・気持ちが悪くなる(涙目)」

どんな体質変化だよ(汗)

とりあえず・・・しばらくは勉強しないで、遊ぶんだよ。
いーっぱい遊べば、きっと治る。

でも、来月も50問テストあるからね・・・。
小声で付け足し。
まあ、今は忘れて遊ぶべし!

みんなと一緒だから!

宿泊体験から帰宅したきな君・・・。
意気揚々と、出来事を語り・・・。

「おれ1人じゃこんなに楽しくなかったよ。クラスのみんながいたから楽しかったんだよ。」
・・・と、たぶん先生の言葉を引用し、
「なんかさ~、学校でちまちま勉強するより、自然の中で体全部使って勉強したほうがいいような気がする。」
・・・と、どこぞの教育評論家のような感想で締めくくった。

それにしても、みんながいたから楽しい・・・。
よくぞ、ここに辿りついてくれたわ。
たとえ先生の受け売りだろうと、ちゃんと同意できる日が来るなんて!!

そして・・・。
話したい!!・・・って、欲求はあるものの、
興奮しすぎて、生活に影響することもなく・・・。
すっと・・・ちまちました学習の場へ戻って行きました。

まあ、もっちとのケンカは・・・いなかった分、まとめて清算??
する勢いで・・・まあすごかったけど。
母も「いい加減にしろーーー!!」・・・と、叫びっぱなし(汗)

でもでも・・・テンションの調節が難しかったきな君。
一波乱なく、普通の生活に戻れたのは・・・初めてじゃないかな??

ほんと、いろんなものを頭や胸にしまっておけるようになっったな~。

おかえり。

金曜日、きな君が無事に宿泊体験から帰ってきました。
すっごーーーーーっく!!楽しかったようで、
「今日も泊まりたかった!次はいつ行けるの?」
・・・が、第一声でした。

「中学二年で同じ場所に今度は二泊するよ。」
というと・・・「え~、すぐ行きたい。」本当に残念そうにしていました。

当然ですが、良いことばかりではなく・・・。
「バスに酔った。」・・・って、あなた車酔いしたことないよね??
「車じゃなくて、人に酔っちゃう。狭いところ人がいっぱいで、ザワザワしているのがツライ。」
・・・そっかあ~。最近は遠足とか大丈夫だから油断してたな。
たぶん、帰りは疲れもあったんだろうね。

こういうトコロ、本当に分析が鋭くなってきて・・・。
自分が不快な原因がちゃんと分かるって・・それだけ不快なことが多いのだろうけど、スゴイ!

でも、よほど楽しかったのでしょう。
すーーーーっと、宿泊体験のお話ばかり。
入浴中に水をかけっこしたり、靴下を丸めてハンドボールしたり、
ずいぶんみんなと同じことが楽しめるようになったものです。
枕投げは、そば殻入りの枕がいやで・・・混ざらなかったようですが。

食事は社員食堂のように、並んでお盆に食事を載せていくのだけど、
嫌いなものはちゃっかりスルーして食べなかったとか、
ムーンウオッチは月がキレイで見とれたとか、
自分で蒸かした饅頭は絶品だったとか、
ウオールクライミングが終わってから雨が降って助かったとか・・・。

もう、はなまる!!な、二日間だったんだね。

お母さんもばんざーいって叫びたい気分♪

だってさ、遠足に行けば、
どんなにイヤだったか・・・延々と泣きながら訴えていたきな君が!!
キャンプに行けば、
開口一番「あ~あ、嫌なことばかりだった。」って言ってたきな君が!!
運動会で、ピクニックで、お弁当を食べられなかったきな君が!!

行く前は不安!帰宅後は不満!!
まあ、アスペ君らしいアスペ君というか・・・。
わたしも仕方がないと思っていたけど。

「楽しかった!!」って帰ってくる日が来た^^v

おかえり・・・きな君!

お義母さんのこと。

わたしとすけさんが結婚する直前、
お義母さんが脳梗塞で倒れた。
13年以上前のこと。

嫁と姑だからね・・・
そりゃあまあ、イロイロあって・・・。
まだ子どももいなかったし、
逃げちゃおうかなって思ったこともある。

まあでも、時間も手伝ってくれて、
生まれた子ども達も、義母を和ませてくれて、
逃げなくて良かったな、って思うところまできた。

そのお義母さんが3月に骨折で倒れてから、
入退院を繰り返し、先月の終わり・・・。
ちょうどセミナーが無事成功したころ、

余命を宣告された。

13年、お義母さんの闘病を支えてきた家族は、
冷静に受け止め、今はお義母さんが平穏に余生を過ごせるよう、
サポートすることに決めた。

わたしに今出来ること・・・。
いつでも連絡がつくよう、携帯を手放さないこと。
いつでも動けるよう、お酒を飲まないこと。
そして・・・。
それは子ども達を連れて毎日顔を見せてあげること。
・・・まあ、嫁の顔は見たくないかも知れないけど、
孫の顔は見たいだろうからね^^;

・・・という訳で、いっぱいいっぱいのときは、
ちょっとブログをお休みしたりします。

年末を向かえ、なんだかバタバタと忙しい季節。
みなさんも体調管理にお気をつけて。

いよいよ・・・。

明日からきな君は宿泊体験!!
待ちに待った日がやってきました。

準備は9:1の割合できな君と準備。
・・・もちろん9は母です(涙)
まあ、忘れ物があったら困る日だからね。
手伝って?・・・いやほぼやってあげてもいいかなと。

その代わり健康調査は毎日きな君に記入させてます。
・・・でも、便通と便秘を間違え、毎日×をつけちゃって、
しかも、ボールペンで。
何度も書き直し、スゴイコトになっているけど。

そして今日持ち帰った赤白帽の汚いコト(汗)
・・・でも、洗って乾かないと大変だし、たぶん汚くなるよね!?
そのままリュックに入れてしまいました^^;

どうか雨が降らず、少しは暖かくなりますように。
「楽しかった~」って帰ってきますように。

効率の良い学習!

昨日のきな君は頑張っていました。
いろいろ試しているんでしょうね。
効率よく合格する方法を!

前回、最初のテストは捨てて、
問題が分かった時点で、50問のみ徹底的に勉強して、
100点を目指した・・・が、
世の中そううまくは行かず。

2回目のテストも80点くらいで、
合格は程遠く、結局4回目でなんとか合格!

まあでも合格できるようになっただけでもスゴイ!
4年生までは最後まで合格できなかったから。
→クラスで3~4人くらい(涙)

話はそれたけど、
前回4回目まで頑張るハメになったとき、
「成績は最初のテストで評価されるから、
どうせ頑張るなら最初がいいのでは?」
・・・と、言った覚えがある。

きな君がそれを覚えていたかどうかは分からないけど、
今回は・・・きな君にしては本当に頑張った。

なんと4時間以上も書き取りをして、
・・・それは実に漢字ノート19ページにも及ぶ。

笑っちゃうのが、
「おれやっぱり漢字キラーイ!」
・・・と、つぶやきながらやっているの。
「無理しなくていいよ。」
・・・と言っては見たけど、
本人はどうーしても最初にやろうと決めたことを達成したかったみたい。

このあたりも成長だよね。
今までは、頑張ろうと思っても無理できなかったから^^;

それで、
「こんなに頑張って合格できなかったら・・・次はやらない」
・・・と、なったわけ。

わたしは、
ネガテイブなほうに考えてしまったけど、
Nさんのコメントを見て・・・。
そうだよね。そう言えちゃうくらい頑張ったんだな・・・って。

でも、母としては複雑!
出来れば、プロセスの達成感を得たきな君に・・・結果もついてくると、
・・・・うれしいなって、欲張りになってしまう。

ね・・・きな君♡

合格しなかったら!

明日は50問テストの日。

きな君は早々と合格するべく、
真剣に勉強しています。

真剣に勉強するのは喜ばしいことなのだけど・・・。

「お母さん、おれこんなに勉強しているのだから絶対合格だよね!?」

そんなこと蓋を開けてみないと分からないし・・・。

いまひとつ歯切れの悪い母に・・・。

「おれ、これで合格しなかったら次からもうテストの勉強しない。」

そう来るよね!?
プロセスが大事なんて大人の美徳。
きな君には目に見える結果がすべて!

どうか、どうか・・・努力が報われますように!!!

ネットの世界の洗礼。

きな君・・・フレンド通信で、悩む。
懸念していたことだけど、
いない人の悪口や、気に入らない人への攻撃的なコメントがあるらしく。

それがそのまま、対面のコミニケーションの場にも持ち込まれている・・・様子。
対面のコミニケーションって・・・直接会って話す、コミニケーション。

まあ、女子特有と言えばそれまでで・・・。
わたしも子どものころから、今に至るまで・・・あるコトなんだ。
不本意な渦に巻き込まれないよう、自分の立場を守るって・・・大人でも難しい。

「Aちゃんのことをどう思う?」
・・・と聞かれたきな君。
「普通。優しいし、いいヤツ。」
・・・と、答えたところ、スピーカーで否定されたらしい。
その上、嫌いな子の話題が出てくるわ出てくるわ・・・。
「Aちゃんと仲良くするBちゃんの気がしれない。」
なんて言葉も合ったようで・・・。
もはや、きな君の理解を超える世界!!

わたしには分かる。
大人の女性は、必ずこんなスパイラルに巻き込まれた経験があるだろうし、
もしくは巻き込むために努力?した側かもしれないが、この世界を知らない人はいない・・・と、わたしは思っている。
女子の世界ではめずらしいことではないから。
おそらく、勢力の拡大のために・・・嫌いと同意してくれる人を募集中なんだろうな。

しかし、きな君の理解を超える世界!!

とりあえず、きな君には道徳の授業を思い出すようアドバイス。
まずは悪口に同意しない。
だけど、強い口調で否定もしない。
できるだけ、ソフトにその場を抜ける。
そして、再びその場に足を踏み入れないよう努力する。

モラルなんてきれいごとじゃないよ。
あなたが面倒なことにならないために。

具体的に、「おばあちゃんの見舞い」だとか、「習い事」だとか、「入浴しなくてはならない」とか・・・。抜け方、断り方を伝えた。

ネットの環境を、ブチッっと切ってしまえば簡単なのだけど、
将来を考えると、これも学びのチャンスというか、自分で考えて解決して欲しい。

まあ、きな君も数々のトラブルを起こし、トラブルに巻き込まれてきたツワモノ!
面倒なことに巻き込まれそうだってコトは察知しているらしい。

「面倒なことになりそうなのは分かっているよ。お母さんに言われたとおり悪口は書かないし、悪口に対しては、まあまあ許してやれよってコメントにしてる。でもさ、アイツらガサツなんだよ。思い通りにならないとすぐに蹴ったり、グーパンしたり。女だから大して痛くないけどさ。」
「そもそも、なんでそんな子たちとフレンド交換したの?」
「気づいたらされていたんだよ。」

子どもだからね・・・個人情報もじゃじゃもれ(汗)

まあ、安易な通信が面倒になると思い知ろうか・・^^;
避けては通れない、ネットの世界!!
・・・ちょっと面倒で痛い洗礼・・・ってことで。

・・・なんて強がりを言っていますが、実は母もドキドキ。
あんまり面倒なことにならず、程よく学習で済んで欲しい。
・・・・と、願っています。

さっそく・・・禁止令!!

フレンド通信にのめりこむきな君!
興味があると、良くも悪くも周りが見えなくなる。
やらなくてはいけないことが上の空。
寸暇を惜しんでDSをチェックする始末。

今朝も、着替えの合間にチェックしていて・・・。
「きな君、朝からそんなもの見ないよ。
あんまりのめりこんで、ほかがおろそかになると禁止だよ!」
・・・と、忠告!!!

母がやると言ったらやるだろう・・・と、
「分かった、わかった。」と反応は素直だけど、
朝から、おろそかにしたものが発覚!!

出かける間際に・・・。
「あー!!体操服いるんだった。お母さん早く取ってきて!」

ちょっとカッチーン!
ここは自分でやらせよう!
「お母さんは知らないよ。昨日洗って干してあるから、自分でやりなさい。」

不器用だからね・・・登校班の集合時間は過ぎていく。
でも!!ここで甘い顔したらダメだ!

「登校班でみんなを待たせているね。ほかのことがおろそかになったら禁止って言ってあるよね!?今日はフレンド通信禁止です。」

あわてるわ、お母さんに小言を言われるわ・・・テンパッたきな君!
階段からずり落ちる始末!!

それでも、心を鬼にして!!
「急いでいきなさい!!」
・・・と、学校へ追いやった。

追いやった直後、干してある洗濯物を外にだそうとして・・・。
重大な事実が発覚!!

洗濯物・・・乾いてない(汗)
昨日雨だったし。濡れてるじゃん(涙)
あいつ・・・濡れたまま持っていちゃったよ。

たしかちょっと小さいサイズならあったはず。
濡れているよりはいいだろう・・・けど、急には見つからないよ~。
今日は、あすぽ~との打ち合わせがあるし、時間が!!

時間割を見たら体育は5時間目!
よし!!学校に電話だ!

「5年のぴょんです。手違いで濡れている体操着を息子が持っていってしまいました。お手数ですが体育の時間まで干しておくよう伝えてもらえないでしょうか?」

どんな手違いだよ!なんで母がはずかしいの?
もう!!今日は絶対禁止だからね!!(怒)

フレンド通信!?

最近の子どもは・・・って言葉、
あんまり、いや全然好きじゃないけど・・・。
自分の子どもの頃と明らかに違いすぎることって、
やっぱりあるよね~。

例えばコミニケーションのあり方。
わたしが子どもの頃は、直接話すか、家電しかなかった。
子機もなく、家族の妨害に耐えながら、話したものだ。
塾の帰りに話しに花が咲きすぎて・・・帰りが遅いと怒られたっけ^^

今は・・・子機どころか携帯もあるし、
メールどころかラインで手軽にコミニケーションがとれる。

まあ、周知のとおり弊害もあって・・・
学校では道徳勉強したり、アンケートで実態を把握したり、
なんとか子どもを守ろう・・・でも難しい、というトコロみたいだね。

我が家はスマホどころか、子ども携帯も持っていないし、
まだまだ先の話・・・なんて思っていたら!

今はDSでフレンド通信という、ラインのようなチャットのような??
・・・ぴょんはガラケーなので良く分からないけど、
そんなものが出来てしまうらしいのだ。

きな君が数日前から、夕方から夜にかけて、
フレンド通信に夢中になっている。

突然だったので、驚いて声も出なかったけど。
とりあえず全員クラスメートとその兄弟のようだし、
こういうこと・・・「やめろ」っていわれて、
「はい、やめます」・・・って言うほど、子供って単純じゃないし。

こういうコトは突然やってくるからね・・・。
心の準備も考える余裕もなく(汗)
いいか悪いか分からないけど、
とりあえず、「お母さんもきな君くらいの頃は、
友達と手紙を交換したり、電話したりが楽しかったから・・・
やりたい気持ちは分かる。」・・・と、きな君の気持ちに寄り添ってみた。

きな君は、「お母さんも楽しかったんだ♡」・・・と、好感触!

「分かっていると思うけど、人に見られて困るような内容のやり取りや、
悪口などネガテイブな内容のやり取りはダメだよ。
それから、ヒミツは守ろうね。
くだらないことでも、内緒って約束したらお母さんにも言わなくて良い。
どうにも困るようなことになったら相談してね。お母さんなら何とかできるから。」

平静を装って・・・話してみた。
先に理解を示したせいか、「分かってるって!」・・・と、
いいつつ、きな君は素直に話を聞いてくれた。

これも成長の証だよね。
ちょっと見守ろうと思います。

病院貧乏!

もっちに風邪をもらいました。
熱はないのですが・・・咳が出て、
声が出なくなりつつあります。

午前中はデイのクリスマス会の打ち合わせに行き、
もっちをお迎えしたら、ちょっとのんびりしよーっと♡
・・・なんて思っていたのに(涙)

玄関の前で鍵を探していたら、学校から電話。
はい、嫌な予感は当たります。

ここのところ多いのよね。
学校からの電話!!
2学期だけで何回早退しただろ??
やっぱり宿泊体験、楽しみとはいえなんか気分に影響してるのかな?

きな君が階段で転んで手を傷めたから、病院へ連れて行ってくれと・・。
・・・宿泊体験が近いものだから、
本人だけでなく先生も、ブルー。

でもさ、前回の突き指もたいしたことなかったし、
本当に病院が必要??・・・疑り深い母。

でもでも、保健室で病院に行けといわれて、
「行きません!」・・・とは言い辛いよね(汗)

・・・診断の結果。
やっぱりたいしたことなかったよ。
良いことなんだけど、喘息や鼻炎・・・。
病院貧乏になってるな~最近。
乳児医療書のありがたみ・・・切れてから分かります。
しかもしかも、前回も今回も、保険給付に20円足りないという・・・。

なんだろうね・・・。
やっぱり母の顔を見ると安心するのだろうか?
学校では、「痛い痛い!」と大騒ぎで、
着替えも出来ないし、帰りのお支度も友達にやらせ・・・。
なのに、病院でどこが痛いか説明できないって、いったい(汗)
仮病・・・じゃなくて仮ケガ??

でもさ、病院で「なんともないよ」って言われて・・・。
ばつの悪いきな君。
小さな声で、「お母さん、ごめんね。」って謝る姿。
吹きだすくらいかわいいから、まあいいか。

でも、病院貧乏ですからね!!
母は自力で治しますわ!!

良いお話には共通点がある。

今日は幼稚園で汐見先生の講演会。
そう、すくすく子育てに出演しているあの汐見稔幸先生です。

6日で3回の講演会・・・ぴょんの頭は爆発寸前!!
でも、やっぱり行ってよかったです。

子育てのことばかり聴いていると・・・。
話す人は違っても共通点があるんだよね。

汐見先生も、昨日の佐々木先生と同じく、
「ほめすぎは良くない」・・・とおっしゃって。

ほめるって一見、良いことのように思われるけど、
実はほめることと叱ることは同じコト。
人前でとか、大々的にほめると子どもは負担に思う。

なんか分かるんだよね~。
わたしも自分の親にほめられるの嫌いだから。

ほめすぎちゃうとね・・・。
「ほめられる自分でいないといけない」・・・って、
ありのままの自分でいられなくなっちゃうの。
それに、「ほめられるあなたでいなさい。」ってメッセージが伝わりすぎちゃうの。

子どものことをほめているようで、
育てた自分のことをほめているのかもしれない。

そうやっていけない自分に蓋をし続けても、
いつか必ず蓋は開いてしまう。

本当は「ダメで出来ない自分」を受け入れることのほうがずっと大事。
自己肯定感って出来る自分を認めることじゃなくて、
出来ない自分も含めて丸ごと認めて、ありのままでいられることだから。

だから、「困っちゃうけどさ、きな君のそういうトコロ好き!」とか、
「失敗しちゃったけど、笑えたね~。」とか、
明らかな欠点でも認めてあげるようにしているんだよね~。

これは発達障害があったからこそ出来たこと。
欠点を直すより、いいところを伸ばそう!!
自己肯定感を持って、二次障害に陥らないように。
いろんなところで、耳にタコが出来るほど言われたコト。
最初は二次障害が怖くて、頑張ってそうしていたけど、
いまや、普通にそう思えちゃう。

子どもにそう接しているうちに、
自分の欠点や出来なさ加減も気にならなくなってきて・・・。
子育ってって自分も育てられちゃうんだなって実感!
→若干、いいかげんが過ぎるような気がしないでもないが^^;

障害・・・なんて言うけど、ネガテイブなコトばかりじゃないよね。


共通点と言えば・・・。
教育評論家って・・・なんでオネエっぽい言葉なのかしら?
尾木ママっぽい口調が印象的。

でも、親近感沸いて聞きやすかったです。

佐々木家の人々。

今日は、午前午後と・・・佐々木正美教室に参加してまいりました。
「エリクソンのライフサイクルに学ぶ」
初めて佐々木先生の著書の「エリクソンからの贈り物」を読んだときの衝撃!
人は死ぬまで発達し続ける・・・という考えに、ガツンとやられて。

いちど是非聞いてみたかった講義。
ちょっと頭がまとまってきたら、記事にしていきたいと思います。

・・・コーチングも中途半端なのに、どうまとまることやら。
しかも明日は幼稚園で汐見先生の講演があって・・・。
わたしの頭はパンク寸前です(汗)

今日は受付前の席に座ったため・・・。
佐々木先生のご家族のやり取りが聞こえ・・・。

先生は、わたしからしたら神様のような方で、
尊敬を通りこして崇拝・・・。
→こういうトコロ・・・きな君と親子だよね~(笑)

「パパ、いいですか。乳児期ばかり話していると、後が尻すぼみになってしまうのよ。時間を見ながらちゃんと最後まで話してくださいね。」
「そうだよ。この間も乳児期で時間を取られすぎたし。」
「でも、乳児期が一番大事なんですよ。」
「みなさんはその先も聞きたいのですよ。」
「質問の時間もありますからね。」

わたしの神様・・・やり込められる(笑)

お家では普通の旦那さんで普通のお父さんなんだな~。
なんか安心しちゃいました。
普通って・・・いいですよね^^

そして先生は・・・ちょっと不本意だったのかな~。
「本当は雑談めいた、行間に書かれたようなお話をしたいのだけど、今日はテキストにそってお話していきます。」
なんて言いつつ、雑談や行間も話しつつ・・・。
わたしも思わず、「先生・・・まだ乳児期で大丈夫なのかな?」・・・なんて余計な心配をしつつ、
でも、テキストに沿って最後の老年期までお話を聞くことが出来ました^^

いつでも飾ることなくありのままの家族!
ほんわか温かい空気がありました。

三つの幸せ♡

セミナーで聞いたコト。
ちゃんとまとめてアップしようと思っていたのだけど。

・・・書き込んだメモを、失くしちゃって(汗)
自宅では一度も見てないので、会場で失くしたのかな??
ヤバイよね~。家族の名前と「長所」が書き込んである(汗)

頼りないけど、記憶を頼りに・・・。

ところで、きな君ともっちは6歳離れた兄弟!
・・・だけど、毎日毎日、飽きもせず元気にケンカしてます。
見ている聞いている親のほうがうんざりなんだけど、
昨日すけさんが面白いことを・・・。

「もっちって幸せだよな~。」
「・・・??なんで??」
「だってさ、ケンカふっかけたら、100%買ってくれる人がいるんだぜ。」
「・・・たしかに。」
「きな君のバカ、ウンコ、マユゲ!!・・・なんて幼稚な言葉に、真剣に乗ってくるヤツはそういないよ。」
「・・・たしかに。」

ケンカばっかりしているくせに・・・。
もっちはきな君が大好き♡♡♡
きな君の宿泊体験に「もっちも行く!!」ってゴネまくっているもんね。
そのくせ、自分のお泊り保育は「きな君が行かないなら行かない!」って、これまたやる気なし。

セミナーで先生が、人の幸せは三つあるって言ってた。

まずは、やってもらえる幸せ・・・分かる分かる、大人だってうれしいもん。
そして、自分で出来る幸せ・・・これも分かる、今もっちは「出来た」がうれしくて仕方がない年齢だし。
最後に、人の役に立てる幸せ・・・そうだね、これが見えなくなっちゃうと、お母さんでいることが辛くなっちゃうね。

辻本先生は、「何で勉強しなくちゃいけないの?」・・って、子どもに問われたとき、
「自分のため」とは言わないようにしているそうです。
あくまで勉強するのは「人の役に立てるようになるため」!!

自分のために勉強すると、どんなに高学歴でも・・・誰のための仕事か見失う。
話題の偽装問題も、誰のために仕事をしているのか見失った結果だと。

うーん、そう考えるときな君はもっちの役に立っているわけで・・・。
・・・幸せなのかな?・・・でも、もっちは楽しそうだけど、きな君は本気で苛立っているしな!?
まだまだ、人の役に立つことが・・・幸せと感じるまでには行ってないもよう。

その前に・・・わたしが人の役に立つ・・・っていうか、家族の役に立つことを幸せだと・・・喜びだと、表現できないとね・・・

今朝も、朝から怒ってばかり・・・道は遠そうです^^;

セミナーで聞いたコト。

セミナーがあった10月31日・・・。
きな君は英会話スクールでハロウインパーテイ!!
行ったと思ったらすぐに帰って来て・・・。

「どうしたの???」
理由はわたしが集合時間を間違えたため・・・一度帰ってきたとのこと。

「ごめーん!!」
冷や汗かいて謝る私に・・・。
「まあ、いいよ。間違えるお母さん好きだからさ。」
・・・ぱちくり!!・・・なんか大人!

わたしだったら絶対文句言っちゃうな~(汗)

文句を言われても仕方のない状況だったけど・・・。
きな君が文句を言わなかったことで、申し訳ない気持ちがアップ!!

人の心を捕まえる言葉って・・・正論とはかぎらないんだね。

セミナーで先生が言っていた言葉で・・・。

子どもは親の言葉ではなく、態度や振る舞いを覚えている。
子どもは親が言っていることよりも、親の態度や振る舞いを見て育つ。

自分の態度をふり返ると・・・子どもがいたらなくても、いた仕方ないな・・・。
仕方がないどころか・・・子どもにコーチングされているような・・・(汗)

でも、コーチングは自己肯定感を高めるものなので、
あまり自己嫌悪に陥らず・・・親だって出来ている部分を伸ばしましょ^^;

口癖は進化するらしいですからね。
自分にも子どもにもダメだしばかりすると、それが本当になる。
「出来ない」って口癖より「出来る」って口癖を。
だから辻本先生は子どもに「苦手な教科」を聞かない。
「苦手」と言えば言うほど苦手になる。
そんなものを聞くなんて・・・人権侵害だ、と。
→まあ、ちょっと大げさだけどね。

そんなお話を聞いてすぐ、きな君の作った新聞を見て・・・。
個性溢れるできばえに「・・・」となってしまい・・・。
うん、苦手だから仕方ないと思ってしまったけど。

書字は得意とは言えないけど・・・せめて苦手部分を口癖にするのは控えようかな。

ほめるときは、結果をほめる→プロセスをほめる→一緒に喜ぶ・・・らしいですよ。
子どもに対してだけでなく・・・自分もいっしょにほめちゃいましょ♡









めっさん???

今日は幼稚園の願書受付で休園。

もっちのお友達と、「ドラえもんミュージアム」へ行ってきました。
マンガの原稿やマンガの描き方の展示を見ながら・・・。
これはもっちじゃなくて、きな君だったな~。

もっちは原っぱにある土管によじ登ることに夢中で・・・。
でも、電車やバスに乗ったり、普段出来ないことが出来て楽しかったな♡

お昼ごはんを食べて帰る途中で・・・・学校から着信!!!
・・・嫌な予感ってなんで的中するんだろうね(汗)

きな君・・・早退したい病、発症(涙)
そんなすぐ帰れないのに~。

学校にはすぐに行けない旨を伝え、急いで電車に乗って学校へ直行!
もっち・・・ごめんよ~。

学校へ着いたのは下校10分前。
少しは気分も持ち直していたし、廊下でホームルームが終わるのを待つ。

廊下に校外学習をまとめた手作り新聞が並んでいたので、きな君の物をさがす。
だいたい、恐ろしく個性的な文字だからすぐに見つかる。

あったあった・・・よりによってNちゃんの横だよ。
「んん??めっさん??・・・ってなんだろ?」
新聞の題名が意味分からず???

周囲の新聞をよーく見ると。
産工場見学新聞」ではなく「産工場見学新聞」でした。

個性的にもほどがある(汗)

似てるけどさ、そこは間違えないようにしようよ。

ちなみに帰宅したらめっちゃ元気です(涙)

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR