01
2
3
4
8
9
11
12
13
14
17
20
23
25
26
27
   

元気いっぱい、自分らしく。

ちょっと前の話だけど・・・。
NHKのプロフェッショナルって番組で、
名前は忘れちゃったけど、(最近ほんと忘れっぽい^^;)
囲碁の若手名人さんが取り上げられていて。

囲碁には全く興味がないし、
対戦を見てもさっぱり分からないけど。
(ぴょんの父は趣味でやっていたの)
若手名人さんの先生、もちろんプロ棋士・・・の言葉にガツンとやられた。

先生は、若手名人さんに一度も囲碁を教えたことはないという。
教えたことは、ただひとつ。

「元気いっぱい、自分らしくやりなさい。」
ニュアンスは違うかもしれないけど、そういう意味の言葉だったと思う。

先生がなぜ彼に囲碁を教えず、「元気いっぱい、自分らしく。」を繰り返したか!?
それは・・・「彼は天才だ。自分のように平凡な人間が教えることはない。
自分のやり方を教えれば、才能を開花できない。」から。

いやいや、私のように本当に平凡な人からみたら、
先生だって天才なんだけどね。
それに・・・先生はほんとすばらしい教育者・・・だと思う。
「元気いっぱい、自分らしく。」
それを認めてあげられる大人は、そういないと思う。

「元気いっぱい、自分らしく」
子どもに期待していい全てが凝縮されている。

以前、佐々木先生も・・・。
「親が子どもに望んでよいのは、元気で無事に帰ってくることだけ。」
・・・って、おっしゃっていたんだよね。
あの時も、ガツンとやられちゃったけど・・・忘れっぽいから(汗)

きな君に対して、求めていないつもりだったけど、求めているな~。
本当は「元気いっぱい、自分らしく」してくれれば充分なんだけどな。
自分らしい中からしか、自分に向いているものなんて見つけられない。

そもそもさ、きな君はスペクトラムっ子なんだよね!?
考え方も、感じ方も・・・彼独特のものがあって・・・。
それを認めてあげるためにも、「元気いっぱい、自分らしく」、
それだけで良いよって言ってあげたいのだけど。
・・・これまた、なかなか難しい(汗)

なんせ、突っ込みどころ満載のお子様だから(笑)

よく発達障害は、
文化に例えられるけど、文化って「自分らしい」ってことだと思うの。
自分らしい発達、とか、発展・・・が文化だと思うのね。

きな君の突っ込みどころも・・・「きな君らしい」と思えるまで、
・・・母、修行の道のりは長そうだ^^;

スポンサーサイト

休み時間の無駄遣い!

昨日は所用できな君の帰宅時間に間に合わないので、
鍵を渡して、自分でお家に入ってもらった。
置手紙とおやつ・・・そんな簡単な準備で、
きな君は放課後、ひとりで過ごす。
思えば成長したものだわ!

たいていは、何の不安もなく、ひとりで大丈夫だけど・・・。
たまに、母の携帯は着信の嵐に巻き込まれる。

とにかくひとこと母に・・・。
「今日は学校で嫌なことがあった。」と、伝えたい・・・らしい。

学校であった嫌なことを、お家まで持ち帰れるようになった。
これはスゴイ成長だけど、帰宅したら一刻も早く、
母に伝えてお荷物を下ろしたいみたい。
何があったとか、詳しいことは何も言わない。
「今日は嫌なことがあったから。」・・・と、ひとこと伝える。
それで半ばすっきり、
母が帰宅後・・・ゆっくり聞いてもらって、ほとんどすっきり・・・するらしい。

ほとんど・・・というのは、たまにフラッシュバックするので、
すべてが消えるわけではないもよう。

昨日はきな君の「嫌なこと」報告のほかに、嬉しい報告もあった。
「(担任の)先生は、おれの嫌なこと、すべて見抜いてイロイロ聞いてくれたんだ。
お母さん以外でも、おれのいやな気持ち見抜く人がいるんだね。」

・・・母もびっくり!!ありがたくて涙でそう!
いや先生、マジでスゴイ!!

「だから、少しは気がはれた。」・・・んだって。

そんなステキな先生に恵まれているんだもん。
母に報告するまでガマンしないで、先生にお話してみたら??
→我ながらもっともな意見だと思ったけど。

「いやだよ!そんなの。」
・・・なんで???
「だって、休み時間の無駄遣いだから。」
先生に話すと、トラブルになった子にと一緒に聞き取りしたり、
おたがいの言い分を話したり、あやまって仲直りしたり・・・。
そんな形式が面倒なようだ。

休み時間はドッジボール!!
→雨の日は図書室。
それが、きな君のマイルールだから!

だから、先生が気づいてくれて嬉しい反面、面倒なことになったと、
密かに思っていたらしい。
・・・すみません、先生。悪気はないのですが(汗)
→母は安心・・・分かってくれる先生がいるだけで♡

自分の葛藤の処理でさえ・・・メリット・デメリットで天秤にかけるんだね(汗)
きな君の思考回路は、本当におもしろい。

ちなみにドッジボールでは、良いことばかりじゃなくて、
ルールが変わったり、お友達の行為に納得がいかなかったり、
きな君にとっては、かなり修行の場だけど・・・。
泣いたり怒ったりしながら、もう2年もやっている。
・・・ってコトは、泣いたり怒ったり以上のメリットがあるのだろうね。

だから、ドッジボール以外の休み時間は、無駄遣い・・・らしい。

まあ、お家まで持ち帰れるのだから・・・。
今までどおり、母が聞いてあげるね^^

分かっていないのは・・・。

昨日の続き・・・。
ネガテイヴな記事が続いちゃうね^^;

きな君のお話を聞いていて、思ったコト。
音楽の先生だけの問題じゃない・・・よね!?
実は、先生の持つ要素って、自分にもあったりして、
イヤだなって思う反面、反省したりして。

Yさんのコメントにもあったけど、
実は子どもって、色んなこと見ているし分かっている。

自分もそうだけど、大人って解決しにくいことを、
権力って言うか、力でねじ伏せちゃうよね。
大人だけの世界だと、許されないことも、
相手が子どもだとしちゃうよね。

私だけかな~!?そんなお母さん(汗)

体罰・・・までは行かなくても、ヒドイ言葉や一歩的な態度、
大人の世界に持ち込んだら・・・(冷汗)
ほら、相手が自分のお友達だったら、こんな言い方はしないって態度、
子ども相手に取っちゃうコト・・・ない??(ない人もいるよね)

でも子どもは見ているし、冷静に評価している・・・てコト、
気づいてないのよね・・・いや、気づいているけど、やってしまう場合もあるね。
・・・ぴょんは、分かっちゃいるけどやめられない派。
分かっているのよ、でも止まらないのよ。

自分の気分で怒りすぎたり、思い込みで怒ったり。
・・・まあ、やりすぎたら、謝るようには心がけてはいるけど。

最近のきな君はね、「今のはいくらなんでも言い過ぎでしょ。」
と、謝罪を要求してくる・・・どっちが大人なんだか。

きな君は言われても仕方なのない分量を自ら決めているみたい。
スペクトラムっ子らしいマイルールだけど、
子どもは自分がしたコト、分かっているし、相手のコトも分かっている。

分かっていないのは、大人のほうかも。

ほんと、育児って難しい・・・。
子どもから、育児から学んでばかり。
毎日毎日、喜んで、凹んで、反省して・・・。

でもやりがいあって、達成感や充実をくれる。

不思議な世界ですな~♡






さがみはら発達障がい親の会の集い。

主に相模原市内で活動している発達障害に関する団体の運営者の集いです。

団体によって主旨や対象者など、多少の違いは有りますが、発達障害の親の会として、横のつながりを作り、新たな方向性を模索しようという試みです。

当日は、それぞれの会の活動報告やアピール、情報交換などを予定しています。
会を運営するもの同士、ざっくばらんな懇談会を考えておりますので、お気軽にご参加ください。
なお、お手数ですが参加される方は事前にお申し込みください。

日時 : 3月9日 日曜日 13:00~16:00(受付12:45)
場所 : あじさい会館緑分室(緑合同庁舎2階)
対称 : 相模原市内で活動している、発達障害親の会の運営者
保育 : なし
参加費: 1人200円
持ち物: 会を紹介するパンフや催しのチラシなどがあればご持参ください。
準備 : できれば、会の活動報告や催しの紹介などが出来るよう準備してきてください。

申し込先  smaile06302002@gmail.com

団体名、代表者氏名、連絡先、当日参加される人数を明記の上メールにて申し込み。

主催 : 神奈川ECO・神奈川オアシス・あすぽーと 共催


初めての試み、初めての開催で、どうなることやら見当もつきませんが、集まって話してみることで見えてくるものもあると思います。たくさんの方のご参加をおまちしていまーす。


ある日の・・・心のお荷物!

音楽の先生が怖い・・・。
きな君がたびたび訴えてきていること。
まあ、訴えると言っても以前のような
悲壮感ただよう切実さはなくて、
母に愚痴って心の荷物を置いていく感じ。

「だまれ!」「うざい!」なんて、
我が家ではレッドカードな言葉を先生が使うし、
縦笛のテストで、同じところで何度もつまづくと、
「もう、聞くのも面倒くさい。」・・・なんて平気で言うみたい。

面倒くさいって何??
あなたの仕事でしょ??
・・・母がキレちゃう!!

きな君は言う。
「おれ、音楽は嫌いじゃないけど、今はつまらない。」
そりゃそうだろ・・・。

「今、先生の話にうなづかなかった人は廊下に出て行け!」
・・・なんてコトも言うらしい。
いやいや、子どもとはいえ、相手に納得させるのがお仕事(汗)
それに、力あるものの話に何でも納得するのも問題だよね!?
どこぞの独裁者じゃないのだから。

・・・と、その前にちょっと気になることが・・・。
「きな君、それで出て行ったの?」
真っ先に出て行って、地雷を踏みそう(汗)
「いや、ああいうコトを言う先生は、出て行くと余計怒るんだよ。
もう、それくらいおれにだって分かるよ。」
・・・おぉ~!!成長したね!!裏の意図を察したんだ。

これも、経験の積み重ねが成せる技なのかな!?

さらに・・・。「何を考えて歌っているんだ!」と、怒り出し・・・
1人ずつ考えていたことを聞く。
この辺りまでくると、母、憤慨通りこして笑ってしまう^^;
・・・そんな曖昧なコト、スペクトラムっ子でなくてもわかんないよ。

「おれは、大切なことって歌だから、大切なことを考えていますって言ったらセーフだった。」

「だからね・・・おれ思ったの。
次からもそう聞かれたら、曲の題名を考えていたって答えたら良いってね!」
・・・得意げなきな君だけど、それは違うと思うよ。

だってさ、「北風小僧のかんたろう」だったらどうするの?
たまたま、今回は題名が良かっただけじゃない?

「確かに、北風小僧のかんたろうを考えていましたじゃ、おかしいね。
・・・どうやって答えたら正解なんだろう?」

まあ、お母さんは、歌は自由に歌っていいと思うけどね。
夕飯作りながら鼻歌歌ったり、歌手になりきってカラオケしたり・・・。
音楽は音を楽しむって書くでしょ。楽しければいいんじゃない!?
それに、人には好き嫌いもあるからね。
音楽嫌いな子だったら授業に参加しているだけでも、スゴイことだと思うよ。

本当はさ、先生も自分と違う考えを尊重したほうがいいと思う。
だってさ、自分の考えや気持ちって、「正解」を探すものじゃないでしょ?
正直な気持ちがいちばん!

ま、だからさ、アウトでも凹まなくていいんじゃない?
音楽の先生にとってアウトだけど、ほかの人からみたらセーフかもしれないし。

きな君に伝えてきた、人はそれぞれで良い・・・。
そうは思ってくれない人もいる。
今回は学校生活での権力者だから、ちょっと厄介だけど、
そうは思ってくれない人でさえも人はそれぞれで良い。
→もちろん、社会常識の範囲でだけど。
きな君が大人になって行くためには、理不尽なことも貴重な経験。

母の気持ち的には、先生に文句のひとつも言ってやりたいくらいだけど、
・・・ほんと、お前が何を考えているんだって、聞いてみたい。
ここは子離れ、親離れ・・・。
重たくなった心の荷物はいつでも受け取るけど、
がんばれ!・・・きな君!


はーと♡コミニテイ1月23日

今年初めての「はーとコミニテイ」。
22名のお母さん達が参加してくれました。
あの、セミナー以来・・・人数が増えましたね。
こんなホソボソとやっているブログなのに、
ブログを見ての参加者もいました。
知らない場所に踏み入れる一歩・・・。
けっこう勇気いるよね??
踏み出してくれてありがとう。

昨日の講師は、石井先生。
障害児との長い関わりから興味深いお話をしてくれました。
本当に、穏やかで親しみやすい先生。
質問の多さからも、先生のお人柄がうかがえます。

先生のお話で心に残ったこと。

それは、ゴールは成人になったときに落ち着いて生活が出来ていること。
また、支援は権利だから、通級や交流級、支援級を避けないで欲しい。
同年代と同じことが平等ではない。同じクオリテイの生活が出来ることが平等。

うーん、私は全く同じ考えで・・・なんかエールをもらえちゃいました。
そう、ゴールは今じゃないのよね。どういう大人になるか??
・・・まあ、きな君がいなければ、そんな考えには至らなかったと思う。
今をゴールにしちゃうと自分がつらいから、そう考えることにしたんだけど、
どうやら、大きく道が外れてなくてよかった♡
支援も、今出来ることは、多少(?)ずうずうしく思われても、
きな君のために確保しようと・・・避けるどころか、学校からすれば厄介な親だったかも(汗)
特に高機能の軒な君は、将来自立を求められるわけで・・・。
支援がもらえる間を大事にしようと必死だったな~。
・・・うん、ずうずうしさは多少じゃないかも(笑)

そして、
決着点から子どもを見ない・・・変化を楽しむこと。
これも分かるな~。
こっちは失敗しちゃったから、余計分かる(汗)
集団を乱さないでほしい・・・とか、
同級生と一緒に行動して欲しいとか、
・・・こっちの「~して欲しい」のほうから子どもを評価すると、
親も辛いけど、子どももつらいし・・・ストレスで結果、状態は悪化したような(涙)
低学年のきな君の荒れようは・・・半分は私のせいだもんね(涙)
ほんときな君には、かわいそうなコトしたし・・・私もかわいそうだったよ、ホント。

さらにね、
同じスペクトラムっ子ママの仲間を作ること。
周囲を見方につけること。
ドクターと連携すること。
お母さん達が孤立しないように・・・。
そういう意味では、「あすぽーと」の活動はすばらしいと、
お褒めの言葉をいただきました。
そう、分かり合えるって・・・大事!

終わったあと先生がおっしゃっていたんだけど、
「みんな切実な悩みを打ち明けているのに、
聞いているママたちが、笑っちゃうでしょ。
あれがいいの。
同じ経験を持つお母さんだから、悩みを笑い飛ばしてくれるし、
笑われても傷つかない。
それは共感しているから。共感できる場所って大事なのよ。」

そうなんだよね。
共感て大事・・・。
最後に立ち話したお母さんが・・・。
ちょっと悩んでいることを打ち明けてくれた。
その悩みは簡単に解決しないものだったけど、
「ぴょんさんと話せてよかった。話しただけでスッキリした。」
・・・って、言ってくれた。

そう、母達は話すだけですっきりする。
コミニテイに来るお母さんも、
解決を求めて来るわけじゃなくて、すっきりしたいのかも。
次回は、短い時間でも・・・雑談タイムを持ちたいな~。
(今回は質問が途切れず、雑談タイムはもてなかった)
・・・なんて反省点も含め、次回に繋げていきますね!

次回は3月6日です。

11月コミニテイQ&A

こちらも大変遅くなりましたが、
前回の担当講師への質問と回答をアップさせていただきます。
質問は4つありました。


質問1
3年生の息子がチックが出ています。どのように見守ればよいですか?大人になっても出るのでしょうか?

回答1
チックは男の子に多く見られ、特に学齢期の子に出てきがちな症状です。
対応としては、緊張や不安を軽減すること、それらへの耐性(精神的抵抗力)を高めるようにしていくことが必要ですが、症状の出現をやめるようにと声かけすることは避けたほうが賢明です。大人になるに従い、症状は見られなくなることが多いと思いますので、違和感を持たせ、自信をつけることを考えてください。

質問2
1年生の息子についてですが、友達からの嫌がらせに気ずけず、エスカレートしてしまったため、担任と相談して調整をしました。大学病院の精神神経科の担当医には、大人の目が行き届いて一緒に考えられる体勢が必要だということから、支援級を勧められました。迷っています。どう思われますか?

回答2
支援級は、その子の持つ障害なり特性で考えるべきと思います。
発達特性を持っている子の場合でも、接し方・対応の仕方を学んでいくことで、周りとも上手な付き合いが出来るようになります。むやみに良くない状況から遠ざけるだけが対処ではないと思います。特にそのお子さんが発達特性を持っているのであれば、対症療法的措置よりも、根本療法を考えてあげるべきだと思います。園子が1人で歩き始める独立した人生のスタートには、まだ時間はたっぷりとあります。あせらないで。お母さん。

質問3
中学2年の姪についてです。中学に入ってkら頭痛がひどくなり(小学校のときからあったようですが)、週に3回くらい休むようになりました。勉強は5段階で4以上と出来るようです。
部活の剣道部が負担だったのか、1年で部活をやめましたが、2年生になっても頭痛は続いているようです。欠席日数が受験に引っかかるくらいになっているようですが、無理に行かせないほうが良いですか?

回答3
判断に困るケースです。一度MRIなり取られて診断を受けてみてください。
特に身体異状がないのであれば、学校内でのイジメや自己肯定感の低下を招く原因となった事象を探っていくことが良いのですが、正面から「何かあったの?」と、聞く事は防衛本能をくすぐってしまいますので、ゆっくりと色んな角度から聞き出したほうが良いとおもいます。思春期の中で数々の原因が考えられますので、一度カウンセリングを受けられたほうが良いと思います。

質問4
6歳の息子はグレーゾーンといわれていますが、3歳下の子のほうがこだわりやかんしゃくがあって手を焼いています。下の子は診断では引っかかりませんでした。普通と障害の区別は、どこで判断されているのかと疑問に思います。

回答4
この場合の障害は発達障害を指すと考えて良いでしょうか?
発達の診断は非常に難しいと思います。大雑把に言えば、精神的な部分で多少のデコボコがあるのは誰でもそうですが、大人と一対一のときは何でもないが、子供の集団にいて頻繁に不適応を起こしやすい状況を発達障害の範疇にあると思っても良いのでは、と思います。3歳くらいは発達心理から言って、何でもどんどん吸収する時期で、自分で習得した感覚を使っていろいろとやりたい時期ですから、癇癪があっても普通のことです。あまり比較しないほうが良いと思いますよ。

ご質問を寄せてくださった方々、講師の先生・・・ありがとうございました。

11月コミニテイのアンケート結果

大変遅くなりました。
アンケート結果は、メンバーのYさんが早くに出してくれていて、
データを送ってくれていたのだけど、ウチのパソコン・・・
うまく印刷できなくて(涙)
先日、Yさんにコピーしていただいたので、アップさせていただきマス!

まずは、コミニテイへの感想や要望、ご意見など。
♡身近にこのような活動があるのを知らなかったので良かったです。
♡色んなお話を聞けて、勉強になります。
♡久しぶりの参加。ほかの方の悩みや対応など聞けて良かったです。
♡自由に思っていることを話せて気が楽になります。
♡支援級に通学しているお子さんのお母さんの経験したお話を聞けてよかったです。
 悩みを共感できて気持ちが前向きになりました。
♡雑談の中でいただいたアドバイスを早速実践してみます。
♡同じ環境のお母さん達と話せる機会が余りないので、こういう場があるとすごく良いと思います。
 子どもの学校の交流級のことや、サポートルームのことなど、ためになる話をたくさん聞けてよかったです。
♡発達障害の重なりにより、たくさんの特性があるコトに驚きました。
 家族の一員としての役割分担のお話はとても共感できました。
 やりたいということは、命のキケンがない限り、やってもらうようにします。
♡忙しくてつい「後で」と言ってしまうので、子供に役割分担して手伝ってもらい、
 時間に余裕が出来るといいです。
♡吉田先生の話を聞いて、その子によってそれぞれなので、今何が必要か、
 親がどのように子どもに関わっていくか、という点ではどの親にとっても重要だと思いました。

たくさんの感想をお寄せいただきました。
明日のコミニテイでは、通信と一緒に配布します。
同じコミニテイに参加して、それぞれ感じ方は違うけど、
お母さん達の真剣に子どもと関わる気持ちは、同じですね。
私自身、子育てへの良い刺激となって、頑張ろうって元気もらっちゃってます。
どのご意見も本当に共感できますが・・・特に、
「自由に話せて気が楽になった。」というご意見。
スペクトラムっ子ママの心情を表していると思いました。
子どもの発達の悩みや喜びを自由に話せる場所として、
はーとコミニテイが機能していけるよう、頑張ります。


♡わが子がこれからどうなっていくのか、先輩の話が聞けるといいです。
♡思春期のお話をまた聞きたいです。
♡思春期に向けての対応の仕方、お友達への対処法、良い方法があったら教えてください。

こちらはご要望ですね。
思春期に関しては、また吉田先生にお願いしてみます。
次回は、先生を交えて思春期でいスカッションが出来るといいですね
先輩ママのお話を聞きたい・・・というご意見はこれまでもたびたびいただいておりました。
はっきりいって、私も聞きたい!!
これからどうなるのか、ちょっと情報があるだけで気持ちが楽になるもの。
現在、話してくれるお母さんを探しております。
やっぱりね、コミニテイで話すのはちょっと・・・って、言われてしまうことが多くて。
私も5年生ママなので、成長したお子さんのお母さんへのつてがなかなかなくて。
あすぽーとの活動で知り合った先輩ママにはもれなく声をかけさせていただいております。
「いいよ。」って言ってくださる方を見つけるまで頑張りますので、しばしお待ちを!
また、ママではありませんが、秋のセミナーではスペシャルゲストとして、
「発達障害児3人のパパ」にお話をしていただく予定です。
多くの方に参加していただけるようなセミナーにいたしますので、ぜひ参加してくださいね。

実は次回のコミニテイは明日です。
またまた、たくさんの声が寄せられることを楽しみにしています。

厳重注意!!

先週末・・・近所の温泉へ^^
家族全員お風呂好き♡
寒い日が続くとよく行きます。

温泉に向かう車の中で・・・。
「みんなジェットバスや水風呂だけでなく、
温泉にも浸かるんだよ!」・・・と、母。

「なんで?なんで?」・・・と、子ども達。
「だって、お肌がカサカサしてるでしょ。温泉で潤いを与えなきゃ!
お母さんなんて、許されるなら潜って、頭皮や髪の毛も潤いたいよ!」

・・・と、ここまではありがちな家族ほのぼの会話♡

「いやあ、ウチには本当に潜っちゃうお坊ちゃんがいるよ。」
・・・すけさんの言葉に、母「・・・(汗)。」
シャンプー嫌いなもっちが潜るとは考えられず・・・。

「きな君、まだそんなコトしちゃうの?」・・・がっくり。

気を取り直して、すけさんに・・・。
「せめて、周囲にばれないようにしてよ。」・・・母。
「もちろん!!」・・・というすけさんの言葉にちょっと気を取り直したのに。
「もちろん、親子だとばれないようにしてる。」

・・・そっちかい!!

まあ、気持ちは分かるよ。
私だって、他人のふりをしたくなるコト・・・あるもん。

濡れたとはいえ、パンツで走り回るきな君とか・・・。
授業参観で爆睡しているきな君とか・・・。
押しちゃいけないボタンを押したきな君とか・・・。

どこの子だろうって思いたいとき・・・ある。

大きくなるとさ、見えない世界に行ってしまうので、
ときどきショッキングな事実を知るコトになる(汗)

知りたくなかった(涙)

「とにかく!!きな君、お風呂で潜るのはルール違反だよ!」
・・・厳重注意!

でもまあ・・・母はひとり女風呂なので、
お隣のお風呂から、時折聞こえる喧騒はもはや他人事。
すけさんに同情しつつ、温泉を満喫したことは言うまでもない^^;

やっぱ、寒いときの温泉サイコー!

きな君とともに・・・走る。

昨日・・・佐々木正美先生のホームページ、ぶどうの木よりメルマガが届いた。
今年度の勉強会、個人相談を持って終了するとのこと。
体調を崩されても、地元で行なう勉強会を続けてくださった先生。
参加するたびに、体調が思わしくないのは明白だった。
勉強会がなくなってしまうのは本当に残念だけど、
今はお体を休めて、ご家族とのんびり過ごして欲しい。

佐々木先生との出会いは「子どもへのまなざし」という一冊の本から。

初めての子どもがアスペ君・・・知らなかったとはいえ、大変だった。
抱っこしていないと24時間泣き続けるきな君。
授乳が長くて、40分も50分もおっぱいを吸い続けるきな君。
里帰りしなかった母は、育児や家事に追われて食事が出来ず、
妊娠で15キロ増えた体重は1ヶ月で20キロ落ちた。

→もっちの時は、きな君に比べたら楽すぎて、食べ過ぎて・・・。
体重が落ちない上に乳腺炎で病院へ担ぎ込まれましたが(汗)

きな君が動けるようになれば、今度は止まらない。
おそらく消えたきな君を探した時間は膨大に違いない。

それでも、きな君が小さいとき・・・本当に楽しかった。
きな君のおかげで、新しい土地にお友達がたくさん出来て、
毎日、公園や緑地へお散歩に行ったり、
お弁当を持ってお花見をしたり・・・。
お友達が出来て、同年代の子どもと接することで、
きな君に対する違和感って言うのかな??
そんなものが見えてあせったりもしたけど、
悲観的にならずに、のんびり子育てが出来たと思う。

それは「子どもへのまなざし」のおかげ。
ほかの育児書を選んでいたら、育児はもっと苦しいものだったに違いない。
あの分厚い本をおそらくは10回以上読んだと思う。
「続・子どもへのまなざし」も「完・子どもへのまなざし」も、
繰り返し繰り返し読んだ。
きな君を育てていて不安になるたびに、読み返して読み返して、
「大丈夫。」って自分に言い聞かせていた。

あの長くて厚い本に書かれていることは、意外と少ない。
先生は誰にでも分かるよう噛み砕いて、
さまざまな角度から、穏やかな文面で伝える。

「躾けは伝えて待つ。」
「過干渉ではなく過保護に。」
「お金ではなく手をかける。」

詳しい意味を書くことはは避けるけど、だいたいそんなコトが書かれている。
(興味のある方はぜひ、手にとって読んでみてくださいね。)


偶然にも先生は、
児童精神科医で日本を代表する自閉症の専門家のの1人だった。
どうりで・・・先生以外の育児書がきな君にフィットしなかったはず(笑)

きな君が診断されたとき、ショックがなかったとは言えないけど、
すんなり受け入れて、きな君のために出来ることをしよう!!と、思えたのも、
先生の本を読んでいたからかもしれない。

先生のおっしゃる通りに出来なかったこともあった・・・
いや出来ないことのほうが多いかも知れないけど、
それでも、読んでいたことでここまで来れた。

先生にはどんな言葉を使っても感謝を伝えきれないし、
恩返しも出来ないけど・・・。
せめてきな君を精一杯育てたいと思う。
→おっと!・・・もっちもね^^;

「発達障害のまま幸せになる。」
「発達障害の特性を活かして自立する。」
達成できるその日まで・・・長いマラソンだけど、
親子でのんびり走ります。

はーと♡コミニテイのおしらせ。

はーと♡コミニテイのお知らせ。

1月23日木曜日 9:50~11:50(9:30開場)
相模原市立図書館 2階 中集会室(JR横浜線 淵野辺駅南口徒歩3分)

講師 石井恵子先生 幼児通園施設に25年勤務したのち、現在は成人入所施設に非常勤職員
内容 自己紹介を兼ねたお話しをしていただいたあと、質疑や相談を兼ねた懇談会・・・を予定しています。

穏やかで親しみやすいお人柄の先生ですよ^^経験も豊富でいろんな相談に乗っていただけると思います。
お時間がある方はぜひぜひご参加ください。
お待ちしていま~す!


年が明けて・・・あすぽーとの活動が始動しました。
個人的には資料やチラシを作ったり、ちょこちょことは動いていたけど。
昨日は久しぶりのミーテイング。

1月23日に開催する「はーと♡コミニテイ」や
3月に初めて試みる、親の会の集い・・・などが主な議題。

そうなんです。
ほかの団体さんと共催で、市内の「発達障害親の会」の運営者の集いを呼びかけてみることに。
どんな活動をしているか・・・とか、協力し合えることはないか・・・などを、話し合ってみたくて。

まあ、あんまりツテも当てもないので・・・どうなることやら。
やってみないと分かりませんね^^


虹色の世界。

年が明けると、世の中の流れって加速して・・・。
あれよあれよという間に年度が変わっちゃいますよね。

大学生の就職活動も・・・年度があけない内に始まるのね。
年がばれちゃうけど、昨今のような就職活動なんてなかった時代の生まれ。
特に高卒で就職した組なんて、売り手市場だったから希望すれば就職が出来る時代だった。

今の就職活動をはたから見ていて思うこと。
たぶん、彼らの大変さなんてさほどわかっていないおばさんが思うこと・・・だけど。
「きな君には無理だろうな・・・。」

どんなにサポートしても、この活動は無理だろうな。
まず、説明会の人混みにいるのが無理!
見通しの立たない面接が無理!
社会人らしい立ち振る舞いが無理!

もちろん、まだまだ時間があるし、きな君も成長するだろうけど。
どう、ひいき目に計算しても・・・無理だろうな。
ああいう世界にきな君を入れることを考えただけでも、私が泣いてしまいそう。

きっと、きな君だけではないよね。
一色に染まった世界って、スペクトラムっ子にとっては敷居が高い。
でも、人生の節目って・・・一色に染まっていることが多いよね。
入卒や受験、就職・・・。
避けて通れるものはいいけど、通らざるをえない道もある。
回り道を用意できればいいけど、回り道も険しい場合もあるよね。

スペクトラムっ子の特性を発揮できるような、十人十色な場所・・・。
探せばあるかな・・・。地球のどこかにはあるかもね。


リアルのび太!

久しぶりの更新です。
もっちがウイルス性の風邪を持ち込んでくれまして・・・。
家族が順番に発熱し、ばたばたしていました(汗)

パソコンの部屋で寝込んでいたすけさんが、今日から出社!
ようやく立ち上げることが出来て・・・。
やらなくてはいけないことが山積!
ご迷惑をおかけした方々・・・申し訳ないです。
もう少し、ばたばたしそうです。

ところで・・・。
きな君の学校では、昨日「羽根突き」をしたもよう。
以前、「コマ回し」をやったときも苦戦。
スペクトラムっ子は、体の使い方のイメージがつかめなくて、
日本古来の遊びはどうも苦手。
・・・まあ、体を使うこと全般が苦手かな?

結果は・・・「リアルのび太」と命名され・・・(涙)
難しかったようですね・・・のび太なきな君が目に浮かぶ。

本人は卓球クラブだし、自信満々だったみたいだけど^^;

きな君のいい所はここから!!
「おれ、来年は羽子板買って練習する!!」・・・ポジテイブ♪
彼は嫌いなことはやらないけど、苦手でも好きなことは頑張れちゃうのね^^v

まあ、子どもだから・・・将来とても役に立つとは思えないものばかり頑張るけれど。
そして、「そこはもう少し~!」って物を頑張れないけど。
でもでも!!・・・そのうち将来役立ちそうで頑張れるものも出てくるかもしれない。

そこまで、母もポジテイブでいなければ・・・。

親子でポジテイブ根競べ^^;・・・きな君に勝つには修行が必要かも!

書初め!

新学期が始まりました。
5年生にもなると、新学期のグズグズはほとんどなくなり、
穏やかな日々を過ごしています^^

グズグズはないけれども、
「お母さん、思ったより楽しかった。」
・・・が、第一声だったので、本人に緊張はあったのかも。

学校ではサンタクロースにいただいた「パズドラZ」が大流行!
放課後も毎日楽しげに遊びに出ていたけれども・・・。
昨日はちょっと不機嫌に帰宅。
「どうしたの?」・・・問いかけにも「何でもない。」
このあたりは成長かな?
よほどのコトがないと言ってくれなくなりました。

自分で解決する力が出来たと信じて見守るしかないですね。
・・・本当は心配だけど~(涙)

ところで・・・今日は書初め大会!!
冬休みにお家でもやったのだけど・・・。
ある意味、スゴイ作品が(涙)

お手本がないと騒ぐので、
母も余り得意ではないけど、一枚書いてあげた。

「ほう、お母さんなかなかうまいですな。」
・・・なんていいつつ、きな君が書く。

撃沈・・・(汗)
お手本なんて必要なかった。
きな君の隣にある私の書初めが・・・すっごく上手に見える。

名前はつぶれているし、
ぽたぽた墨が垂れたしみもあるし、
やり直しだな・・・と、思ったけど。

「コレでいいよ。たぶん先生も期待してないと思う。」
・・・やる気なし!

「まあ、人には得手不得手があるからね・・・。
きな君がいいならコレでいいよ。」

ところが・・・幼稚園から帰宅したもっち!
「これきな君が書いたの??上手ね。スゴイ!!」
・・・ハイテンションでべた褒め♡

「おれ初めて習字褒められたよ。もっちって良いやつだな^^」

・・・母、コメントに詰まる。

さて、今日はどんな個性的な作品が生まれていることやら。

新学期準備!

今日からもっち登園!
案の定、起きれなくて・・・ごねてぐずって(汗)
大変な朝でした^^;
恐ろしく寒いしね。

きな君も明日から登校なので、
昨日から重い腰を上げて、準備に取り掛かっています。

持ち物は自分でチェック!
今回からは、母ノータッチで行こうかと。
口は出すけど、手は出さない!!
ゆくゆくは口も出せなくなるし。

まー進みません(汗)
すぐに気が散って、ほかのコトしてる(イラッ)

本人曰く、失くしたのは色鉛筆水色と赤、筆箱に入れておく赤鉛筆。
自学ノートは使い切りだから、お母さん買ってください・・・と。

赤鉛筆はどこぞのクリスマス会でもらったお菓子セットの中に
新品が入っていたので、兼用でそれを使い、
水色は短くなっておうち用のペンケースに入っていたのを入れた。
・・・自分のお金は使わない方針みたいだね。

本当にないのはこれだけかどうか怪しいけど、
とりあえずはコレでやってみよう。

宿題はやってあったけど、
答えあわせまでやらなきゃいけないのと、
自主勉強もやらなきゃいけなかったので、
昨日は親子で大変だった。

感心なのは、読書だけは自分で終わらせていた。
「西遊記」と「クリスマスキャロル」
・・・2冊だけど、どちらも、特に西遊記は長編なのでまあヨシとしよう。
感想は「長かった」「けちな老人が良い人になった」・・・とシンプル??
まあ、5年生の感想ではないよね(涙)

縦笛も暗譜しているし、まあいいだろう。

あとは書初め!!
これから、もっちが帰るまでに終わらせなきゃ!!
とりあえず1枚はなんとか・・・仕上げよっと!

一般的な5年生では・・・まあ50点くらいかな?
少しずつ親離れしていってもらわないと・・・。

まあ、きな君にしては70点くらいかな?
ただ、持ち物チェック・・・
きな君の申告にどこまで信憑性があるかは疑問だけど。

新学期、蓋を開けてのお楽しみ??
怖いものが出てきませんよーに!!

夏の火鉢。

昨夜はすけさん、最後のお正月休みの夜。
毎年のお楽しみ・・・大河ドラマを見ました。
昨年の「八重の桜」が、我が家的には面白かったので、
夫婦で楽しみにしていて。
番宣番組まで見ていたら・・・。
→意外とシビアなので、我が家的に不評だと見るのやめちゃうけど(笑)

「夏の火鉢・日照りの傘」・・・なんて言葉に出会いました。
暑いときに火鉢は要らないし、晴れているときに傘は不要。
でも、重宝するときがある。
人も同じ。才能を発揮する場所は人それぞれ・・・って、コト。
・・・だと、個人的には理解したのだけど。

協調や調和を重んじる日本にも・・・スペクトラムっ子に優しい言葉ってあるんですね^^;

いまだ書初めに気分が乗らず、
持ち物のチェックも微妙・・・。
宿題は学校でやり終わったと言い張るし、
お正月ボケが過ぎて、朝は起きれないし、夜も眠れない。
英語の宿題はテキトーだし、ゲームの時間は守れない。

そんなきな君でも、今は夏の火鉢なだけ・・・ですよ、きっと!
夏に火鉢なんかあったらさ、重いし、でかいし、邪魔だし・・・
「えーい!!捨てちまえ!!」・・・って思っちゃうかも知れないけど、
思いとどまって冬を迎えたら、火鉢の活躍に感謝しちゃうと思う。
・・・火鉢使ったことないけど(笑)

まあ、きな君のぐうたらぶりはスゴイので・・・、
母としては、火鉢を捨てちゃいそうになくらいイライラしているけど、
・・・思いとどまった出来事がひとつ。

我が家の愛犬ノンちゃんは、
子犬のときからアレルギー性の皮膚炎に悩まされていて、
今までもずいぶんとお金を使って治療してきたけど、完治には至ってなくて、
それどころか年々悪化。ステロイドを使うのも限界がある。
そんな時に、ノンちゃんに効果があるお薬に出会ったのだけど・・・。
なんと1錠600円!!!毎日飲むと・・・計算が苦手なぴょんでも蒼白に!
ペットでも家族だからと、今までノンちゃんには出来る限りの治療をしてきたけど、
さすがに悩む!しかも絶対に治る保障はない。

家計簿の前で悩み続ける母に・・・お年玉を全額手渡された。
「アトピーの辛さ、家族の中でおれだけは分かるから。」
・・・母、呆然。
背中を押されちゃいました・・・いや、突き飛ばされた感じ!?

こうなると治療しないわけに行かず・・・(汗)
しかも、きな君のお年玉なんて使えるわけないし。
お正月早々・・・限界まで節約してやる!!
強い決意をしたぴょんでした。

・・・しかし、獣医さんには、
「先生、2日に一回だと効果ないですかね??」
悪あがきしちゃいました。ダメでしたが。

子ども寿司・・・開店!!

お正月休みもあと一日・・・。
月曜からはすけさんが、火曜からはもっちが、そして水曜からはきな君が・・・
いつもの生活へと戻っていきます。

ああ・・・書初めやらなきゃ!!
親戚周りが終わって、ここ2日はぼーっと過ごしちゃったから、
今日は新学期の準備に励まなきゃ!

特に事件もなかったお正月。
すけさんの実家の階段をきな君ともっちで駆け上がって・・・。
きな君がもっちの存在を忘れて、置き去りにしちゃって・・・
もっちがどこに居るか分からなくて、心臓が止まりそうになった・・・コトくらいかな!?

まあ・・・「もっち~!!」って叫んだら、
「4階だよ~。」って声が聞こえて・・・。
もっちいわく「お迎えが来るのを座って待っていた。」・・・らしい。
のんきな5歳児だコト。

ああ、あと、きな君がみかんを食べると、白い皮??がトレーナーにたくさんついて、
「外で払って来い!!」と、外に出したものの、全く払われてなくて・・・。
「もう一回!!」・・・と、ダメだししたら・・・
外で払わずに、トレーナーを脱ぎ捨てて来た。
うーん、良いのか??悪いのか??・・・しばし悩む。
結局、私が払って洗うことに・・・。

私の実家では、きな君の従姉妹勢ぞろいで・・・おすし屋さんゴッコ!
ゴッコと言っても、大人から注文のあったお寿司を作って運ぶという、リアルゴッゴあそび!

性格が出るよね~。
きな君は酢飯まみれになって、お寿司を作りまくる。
従姉妹のチャックはきな君に注意を飛ばしながら丁寧に巻く。
これまた従兄弟のカーシー(6歳)は、お寿司を届ける振りをしてこっそり食べる(笑)
そして最強従姉妹のピヨ(4歳)は、堂々と豪快に食べる(大笑)

そして、もっちは・・・ひとり黙々と出来上がったお寿司を運んでいた。

驚いたのは・・・以外に上手に作れるのね。
運ばず食べている二人だって・・・作品は立派!!

もっちも最後は運び屋さんから作りやさんに昇格して、
お寿司を巻いてくれたけど・・・上手だったな。

お家だと、片付けなどあとが面倒で、
なかなか子どもにここまでチャレンジさせて上げられないけど、
こういう機会に、わが子を見くびっている自分に気づく。
正直、やめておいたほうがいいのでは?・・・って思ったけど、
子ども寿司・・・大盛況でした^^v

・・・まあ、またもやきな君のトレーナーは、
捨てたいほど洗うの大変でしたけど・・・。

賀正・・・2014

2014年、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年が明けてもね・・・さして変わりはなく(汗)
朝から騒ぎまわる子ども達・・・。
時にイラっと来る自分^^;
→新年早々、怒るのもね・・・自分が悲しいから、
「はいはい。そこまで!それ以上やるとレッドカードだよ。」
なんて・・・やり過ごす。
まあ・・・今年もにぎやかに過ごすことになりそうです。

お節をつつきながらお雑煮。
あいさつ回りもあるし、お酒ではなくお茶で乾杯!

昨年と変わったな~・・・ってコト。
それは、子ども達がずいぶんとお節を食べてくれるコト。

もっちのイチオシは栗きんとん・・・金運アップ!
きな君のイチオシは田作り・・・・・五穀豊穣!
・・・わが子ながら現金だわ。
すけさんとぴょんは昆布巻き!!
ほんとうに・・・昆布巻きと数の子は自分で作ったのがうまい!!
・・・NHK今日の料理のレシピですが(笑)
→でも、レシピでは焼きアナゴとごぼうなんだけど、
焼きアナゴなんてどこで手に入れて良いか分からず・・・。
我が家では鮭とごぼうとにんじんを巻いて作っています。
・・・いい加減に作ってもゲキうま♪

黒豆や鮭のしょうゆ漬けや紅白なますなども食べてくれました。

来年こそ、母のイチオシ・・・昆布巻きに挑戦してもらいたい!!
・・・って、近所に配りすぎて我が家の分は2本しかなくて(汗)
自分の口に入れたいから、息子に無理におススメしなかったわ(汗)

栗きんとんの芋餡がたくさんあるので、
明日はバタートーストに餡を乗せていただこうかな♡
もっちもきな君も喜ぶぞ~♡
なんだかんだジャンクな食べ物が好きなぴょん家(汗)

・・・と、ちょっとお節のつくり甲斐が見えてきた元旦の朝でした。

みなさんはどんな年明けを迎えましたか?
ステキな一年になるといいですね^^v



プロフィール

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR