04
1
2
6
10
11
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
28
29
30
   

お久しぶりすぎて・・・。

何から書いて良いのやら。
とりあえず、やっとパソコンが届きました。
人のことを言えた義理は全くありませんが・・・
駆け込み購入者が多かったのでしょう。
届くまでの時間がかなりかかりましたね(汗)
・・・次回からは早め行動を心がけます。

メールボックスも見ることができず、返信が遅れました。
その間にコミニテイがあり、参加希望のご連絡を下さった方々への返信が、
今日になってしまい、本当に申し訳なく思っております。
返信がなかったため参加しなかった・・・なんて方はいらっしゃらなかったでしょうか?
本当にご迷惑をおかけしました。
重ねてお詫びを申しあげます。

なお、はーとコミニテイは当日会場に来ていただければ参加ができますので、
今後もどうぞ、お気軽にご参加ください。

実はパソコンがつかえなくなってすぐ、
4月15日未明に義母が亡くなりました。
3日前に緩和病棟へ移ったばかりでした。
最期は、子供に見せたくないというすけさんの希望で、
私と子供たちは自宅で苦しまないよう祈っていました。
前々日にお見舞いへいったときは、まだ元気な様子を見せてくれたのに、
覚悟していたとはいえ、突然でした。
危篤の一方が入った夜、
月の横に輝く火星がお義母さんの命の光のように思えて、
友人に火星の存在をメールしました。
「あの光はいつの光かしら?」と返信してくれた方がいて、
命の輝きもずっと後になって届くものもあるのかも知れないと、
そう考えれば、
受け取り手がいる限り命の光は存在するのかも知れないと感じて、
ずいぶん落ち着けたものです。

葬儀の席できな君がボソリ。
「よく怒る人だった。でも最期に怒られたのは、俺だと思う。」
最期に怒られたのが自分だと思うと、少し嬉しいとはにかんだきな君。
実は、もう会えないと悲しむもっちに対して、普段と表情の変わらないきな君。
人が亡くなるということを感じるのは難しいのかと思っていた。
でも、きな君にはきな君のアプローチがあるのね。
会えなくなった事は見えないけど、怒られた事実は頭の中に見える。
だから、バアバとの最期の思い出を大事にしたいのね。
→やや、希望的な観測だけど。

きな君の言葉で私もたくさん怒られたことを思い出し、
怒られつつ、やさしくしてもらったことも頭を駆け巡り、涙が止まりませんでした。
きな君ありがとう。君のおかげでお母さんもちゃんとお別れできたよ。

お義父さんの「結婚して四十数年、楽しい時間でした。」という言葉と、
抑えられない涙に・・・お義母さんは14年も不自由な介護生活だったけど、
幸せな人生だったと、参列者の誰もが思ったようです。
最期に怒られたのがきな君なら、いちばん怒られたのはお義父さん・・・。
なのに、みんなに愛されて・・・にくめない人だったんだな。

「たくさん怒ったから、怒り虫は置いていけたね。
今度生まれ変わったら優しい人になっているよ。」
・・と、きな君。やはり不思議ちゃんアプローチ。

私も嫁として、いろんなことがあったけど・・・。
「お義母さんのことは一生理解できない!!」なんて思ったこともあったけど、
でも、やはり憎めない人でした。
ストレートで裏表のない、自分の感情に正直な人だった。
うらやましいくらいにね^^;
そして、いろんなことを教えてもらったし(やや反面教師的に^^;)
いろんな意味で強くしてくれたし、大人にしてくれた人だと思う。
だからやっぱり、最期にささげる言葉はこれかな?!

「ありがとう。お義母さん!」

スポンサーサイト

はーとコミニテイのお知らせ

なかなかパソコンが来ない。
タブレットは、使いにくい。
コメントの返信はパソコンが届くまで、待って下さいね。

さて、4月24日は、はーとコミニテイです。
9:50~大野北公民館、1階コミニテイ室にて。

お時間が合う方は、ぜひお立ち寄り下さい。

タブレットが届いた

タブレットは入力しにくい。

さっぱり分からない。

私のような人が結構いたようで、パソコンはいついつ届くか分からず、
タブレットが先に届いたのだけど、
ここまで入力しただけでクタクタ。

スマホの操作もした事がないわたし。。
ハードルが高い。

早くパソコン届かないかな。

なにしろ、ネタが思い浮かばず、真白。

では、また。

お迎え生活・・・。

そういえば・・・。
ここ2日ほど、きな君を学校までお迎えして。

下校トラブルを心配してくださった方がいたので、
きな君の変化をご報告しておくね。

穏やかで平穏な放課後を過ごしています。
やっぱり、大人の目があって、きな君の中の秩序が保たれると、
穏やかに過ごせるんだね~。

自分で自分が落ち着かないことを知っているのか??
春休み直前から、放課後や休日、お友達とぷっつり遊ばなくなったきな君。
もっちとポケモンカードバトルしたり、
→実はきな君ルールなので、もっち以外とはバトルが出来ない(汗)
ヒミツ基地を作ったり、ビデオを見たり・・・。
インドアで過ごすことが多い。
わたしも時間があるときは公園に連れ出すなどしているけど、
人がいるところでは、あっという間にトラブルになってしまう。

お友達と遊ばなきゃ遊ばないで、母はちょっと不安だけど、
穏やかにのんびりインドアな時期があってもいいのかな。

まあ、春だしね・・・。
通級の先生がよく言っていた。
きな君の中の虫が起きてきて、もぞもぞしているんだよね。
これから日が長くなる間は仕方がない。

自由に遊ぶところではトラブルになってしまうから・・・。
休日にスケートでもつれて行こうかな♪

習い事もやめてしまったし、
好きなことをするために、予算を割くって言うのもアリかも^^

→きな君は大のスケート好き。
はっきり言って、けっこううまい!!
・・・スケートは5月で終わっちゃうけど、きな君の楽しい探ししてみよう♡

ではでは・・・また繋がる日まで(ネットが)

さよなら・・・XP~(涙)

今朝・・・。
我が家にて、夫婦の会話。

「明日からウチはインターネット繫げなくなるから!」・・・すけさん。

「へっ???なんで???」・・・ぴょん。

「XPのサポート終了しちゃうから。何度も言ったじゃん。買い替え時だって。」・・・すけさん。

「ええ~!!パソコンの買い替えって、単なるおねだりじゃなかったの?」・・・ぴょん(真っ青)

「まあ、パソコン自体やばいけど、明日からはネットにつなぐとウイルスにやられる可能性が。」・・・すけさん。

そういえば、何度もパソコンの買い替えをめぐる攻防があったような。

「パソコン買い替えよーぜ。」
「予算がない!!」
・・・というような(汗)

財務大臣(ぴょん)の許可が下りず、今まで放置!

・・・と、言うわけで(何が!!)
急遽、パソコンを買い替えることになりました。
量販店よりもネットで購入したいというすけさん。
・・・我が家のインターネット、タイムリミットは今夜零時まで!

・・・と、言うわけで、
パソコンが届いてネット環境が整うまで、ブログはお休みさせていただきます。
ガラケーを愛用しているので、携帯で更新も出来ません(涙)
→でもでも!!かたくなにガラケーLOVE

なので、コメントの返信などもしばらくお休みさせていただきます。

そんなに長くはかからないと思われますが^^;

最後に・・・。
今月のコミニテイは4月24日です!
よろしくお願いいたします。

もっち・・・進級♡

今日はもっちの進級式!!

きな君の時とちがってまったりした気分。

「サクラ・・・キレイだね^^」
なんて、おしゃべりしながら登園。
よゆうだわ。

園児席のもっちはときどき「見てるかな?」ってコチラをふり返る。
そのしぐさが穏やかで、カワイイ!
・・・アイコンタクトってステキ♡

先生は新卒で、かなりテンパっていて・・・。
おととしの担任に、
「新人で不安な点も有るでしょうが、
頑張ってくれると思いますよ。」
・・・なんてフォローが入る。

まだ20歳だもんね・・・。
20人のオバちゃんたちを前にそりゃ緊張もするだろう。

連絡事項のときは見守っていた母達も・・・。
役員決めになるとホールがざわつく。

もはや新人の声など聞こえない。
「先生、聞こえないよ~。」
なんて指摘も入り、先生の表情・・・こわばる。

なかなか決まらなかった役員だけど、
じゃんけん合戦を切り抜け・・・なんと今年はお役ごめん!!
なんてラッキー!!

消え入りそうな声の担任に、
不安そうな保護者もいたけど・・・。
危機感を感じられない、わたし。
→きな君だったら、そうは行かないけど。

きな君で危機感に襲われまくっているから(涙)

ほのぼのした気分で帰宅♡

帰宅後、母のスイッチが入れ替わる!!

意味もなく危機感に襲われる(汗)

「きな君お迎え行かなくっちゃ!」
・・・どうかご機嫌で帰ってきますように!

今日はご機嫌だった。
ご機嫌斜めで帰宅されるより、
面倒だけど、お迎えに行ったほうがよほどラク!

きな君ともっち、対照的な2人だけど・・・。
まあ、2倍楽しめて・・・お得♡ってことにしておこう。

波乱の新学年!

始まりました・・・新学期!
きな君以上にドキドキしていた母。

先生は誰なのか?
クラスメートは?
もっちは全く気にならないのに、
きな君の方は、もう1ヶ月くらいドキドキしてる。

そんな母の元に、
ご機嫌最悪のきな君がご帰還(汗)

6年生になって1日目なのに、
下校中に同級生と大喧嘩になったんだと(涙)

やれやれ・・・。

下校中、きな君とトラブルになりがちな同級生と遭遇。
「きなに近づくとウイルスが移る。」・・・と、言われ、
触れてもいないのに、汚れを払うしぐさをされ・・・。
口惜しかったけど走って逃げようとしたら、
ランドセルで頭を殴られて・・・。

きな君キレる。

叩いたり蹴ったりして相手を泣かしたみたい。

それを見ていたほかの同級生が、中学のフェンスによじ登り、
きな君の背中にドロップキック、転んだきな君の背中を踏むという・・・。

聞いているだけでうんざり、いや、疲れるケンカ(汗)

そりゃまあ、機嫌も悪くなるよね(涙)

メンバーは今までにもきな君と数々のトラブルがあった顔ぶれ。
・・・だいたい決まっているんだよね(汗)

「きなはすぐチクる。」って言われるから、先生には言わないで!!
って、きな君は言うけど・・・。
過去に、自転車でわざと衝突してきた子もケンカに参加していたし、
このままエスカレートしたら、だれか大怪我する可能性もあるし・・・。
実際あるんだよね・・・幸いきな君は「ごめんね」ですむケンカしかないけど、
子供同士のケンカがエスカレートしてケガをしちゃうこと。

本当はきな君の申し出を尊重したいけど、ちょっとね・・・。

とりあえず、担任には報告!
幸い、昨年と同じ担任で、話は通しやすい^^
「すぐチクる。」って言われるコトも、
きな君が手を出して相手を泣かせたコトも伝えたうえで、
対応は先生にお任せすることにした。

先生いわく、きな君をウイルス扱いした同級生は・・・現在かなり不安定らしく、
それに、実はきな君もずっと「6年になるのヤダ!」って言っていて、
去年より不安定。

不安定同士・・・そりゃトラブルにもなる(汗)

すぐに改善するのは難しそう・・・。
なので、下校時にしばらくお迎えすることに・・・。

以前にも今回と同じ子とトラブルになりすぎて、
カウンセラーやドクターと相談して、
「奥の手」として、お迎え作戦を実行したことが何度かある。

学校では先生、帰宅すれば親がいるけど・・・。
大人の目が届かない下校中が一番トラブルになりやすい。

明日から「お迎えする。」って言ったら、
きな君も安心したみたいで、今は機嫌よくもっちと遊んでいる。

けどね、まさかこんなに早く奥の手を出すことになろうとは・・・。

6年生・・・波乱の幕開けです。

ふしぎなえにし。

英語をやめさせる・・・と、話したとき、
すけさんは反対した。

良くあるコトだけど、住んでいる世界が違うので、
夫婦の意思統一って・・・難しい。

「腹立つのは分かるけどさ、おれは継続して欲しいな。
この間読んだ本に、1万時間続けられた人は天才だって書いてあったんだよ。」

・・・そういうカテゴリーで括られるの、わたしはイヤ!!
そういう乱暴なカテゴリーが、どれだけスペクトラムっ子を生き辛くするんだよね。

「1万時間てさ、どれくらいの時間か知ってる??」

「・・・いや、しらない。」

「1日3時間10年以上!
そりゃ続けられることはすごいと思う。
でもさ、野球少年が全員プロになれる?
あなたの会社で勤続5年以上の人は天才的なSEになれてる?
1万時間続ければ、そこそこ出来るようにはなれると思うけど、
イコール天才って言うのはどうかしら?」

実はその日の新聞で、1万時間が1日3時間10年という記事を読んでいた(笑)

「天才でも1万時間以上は努力が必要だ・・・って言うなら分かるけど、
1万時間努力すれば天才になれるとは思わない!!」

やや、険悪な空気・・・に、そりゃなるよね。

「努力うんぬんの前に、
子どもに言っても良いことと悪いことがある。
その一線を越える人に、わが子を任せることは出来ないよ。

そんなもやもやした気持ちのまま、きな君をサポートすることなんて、
わたしには無理!!
ほかのお教室を探すなり、通信教育なり、英語を続ける方法を探すよ。
それでも、続けさせろというなら、英語に関してのサポートはあなたにお任せします。」

自分にトバッチリが来そうになって・・・すけさんは、しぶしぶ首を立てに振った。

まあ・・・話し合いになっていないような(汗)

孟子の親は子どもの環境ために住処を3度変えた・・・。
中学のときの先生が退職の時に話してくれた。
子どもにとって環境がいかに大切か、
中学生のわたしにはピンと来なかったけど、
きな君の環境を整えるために走り回ってきた、今のわたしには分かる。

ずーっと、忘れられなかった先生の言葉。
・・・ほかの離任の先生の言葉は全て忘れているのに(笑)
きな君のお母さんになるわたしのために・・・。

ちゃんと覚えていられたのかも。

不思議なえにし・・・。

母の気持ちも凸凹!

きな君が、英語をやめるかどうか決めかねている・・・
というので、
昨日は英語の先生にお時間を取っていただいて、
3人で話してみることにした。

習い事とはいえ、初めての三者面談。
落ち着きのなさはピークに達していて(汗)

落ち着いてお話も出来ない様子。

先生は、「きな君は大きくなったら何になりたいの?」
・・・などと、教育者にありがちな、
でもASDの子どもには訳の分からない質問をして・・・。
当然、「うーん、分からない。」・・・となり、
私自身、この面談に意味はなかったかも・・・と思い始めたとき。

先生の衝撃的な一言。
「きな君、そんなんじゃ将来ニートになっちゃうよ。」

そして衝撃的な二言目・・・。
「お母さん優しすぎるのね。
ニートになるお子さんの親御さんは優しい人が多いんですよ。」

・・・要するに先生は、わたしの子育てを全否定しているわけ(ぴょん、心の声)
「このままじゃ、この子ニートになっちゃうわ!
わたしがここで指摘してあげなきゃ大変!」・・・と思って善意の発言だろうか?
・・・いやいや、ただ単に空気を読まない大胆なご発言??

→きな君は「ニートってなんだろう?」・・・と、言ってたけど。

発達障害に関しても、たぶんきな君のために仕入れた知識だと思うけど、
大きくなったら改善する、とか・・・この部分は本人の性格の問題だとか・・・。
いろいろご意見をいただくのだけど、はっきり言って偏った情報だし、
いや、間違った情報がほとんどというか・・・。
コチラとしても、説明するのも面倒・・・いや、難しいし。

それに、先生は英語の先生であって、
発達障害や子育ての先生ではないし・・・。

まあ、こんなことを言われてしまうのも、
スペクトラムっ子を育てていれば珍しいことではないし、
ある意味、慣れてもいる・・・けど!!!
→「将来ニート」発言は初めてだけど(笑)
きな君の前で言われたことがね・・・ちょっと凹みモード。

たまたま、電話で叔母の言葉を母が教えてくれて・・・。
→彼女は一方的に話し続ける人で、けっこう聞くのも大変なんだけど、
昨日は、タイムリーなお話が混ざっていて・・・。

「ねーちゃんが、落ち込んでるわたしにこんなこと言ったの。

そんなんで落ち込むなんて、あんたはまだまだ見栄っ張りやで。
見栄と嫉妬ほど人生で邪魔なものはないんや。
人のいうコトにイチイチ落ち込むなんて、
人から良い評価が欲しいと思っているんやろ?
そんなん、捨ててしまい~。大事なのはそこやないやろが?

ってね、お母さんなんか元気でちゃって!!」

わたしも元気でた。
人の評価を気にするなんて、自分でも知らないトコロで見栄張っていたんだ!
きな君に関して、もう自分の中に見栄なんて残っていないと思っていたけど、
・・・そうだ、そんな見栄、捨ててしまおう!
大事なのは、人の評価じゃなくてきな君だったわ。
・・・と、ポジテイブな方向へ気持ちをシフトしたらすっきり!!
→我ながら、超単純!

今度は一気に、やめちゃえモードに入ってしまったが、
まあ、わたしの一存では決めかねるので、
すけさんに一応相談。

すけさんとの話合いの内容は、次回にしようかな。


きな君のおばあちゃん、入院。

すけさんのお母さん、つまりきな君のおばあちゃんの容態が悪くなりました。

3月の三連休にあったときは、あんなにも元気で、
上京してきたきな君のハトコと一緒に出前でお蕎麦を食べたり、
落ち着かないきな君を怒ったりして、すけさんになだめられたりしていたのだけど。

孫の顔だけでも見せようと病院を訪ねたけど、
子どもは病室に入れず、お義母さんが談話室まで移動するコトもできないので、
今は祈ることしか出来ません。

気の弱い・・・いや、やさしいすけさんも、
今回はたんたんと現実を受け止めつつあります。
きな君は、いたって冷静で、

・・・実は父のときも本当に取り乱す様子もなく。
・・・・ペットの亀が死んだときは、号泣で大パニックだったのに(汗)

きな君がお留守番中に病院から電話があって、
ちゃんとお父さんの携帯に連絡してくれた。
「今朝から容態が更に悪化して、
胃腸が張って苦しそうなので緊急で処置をしたいので、
お父さんかお母さんと直接はなしをしたい。」
・・・という、難しい言い回しを間違えもせず伝えてくれた。

いつも不思議なんだけど、
きな君は、ここぞと言う時、スイッチが入ると能力を発揮する。
大事なことを見逃さない・・・いや、本人が大事だと思うことね。
・・・だって、勉強とかは全くスイッチが入らないもの。
春休み・・・遊び倒しています^^;
明日から学校だってのに、何にもしていない(汗)

話が脱線しちゃったけど、
医者の話では、いつどうなるか分からないとのコト。
年末も同じことを言われて・・・奇跡的に元気な日々を過ごしてくれたから、
希望は捨ててはいないけど、
今回は酸素濃度も下がり、痛みも出始めてちょっと痛いたしい。

どうか、お義母さんが穏やかな日々を過ごせますように。


プロフィール

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR