09
1
4
5
7
9
10
12
14
15
16
17
19
21
22
27
   

きな君の中に生まれた気持ち!

昨日・・・かかりつけの小児科で再診!

やっぱりいつもの小児科だと安心だよね。

昨夜の救急の簡易検査を見て・・・。
「膀胱炎の所見だね。」
・・・やっぱり膀胱炎じゃないの。

念のため、再検査・・・。
「うん、昨日とまったく同じ。膀胱炎だね。
いちおう原因菌を調べておくね。」

「痛みだけじゃなくて、おチンチンの中がむずむずするだろう?」
「うん、する。」・・・と、きな君。

先生はきな君の背中・・・
腎臓のあるあたりを入念に押して痛みがあるかどうかをチェック!

「膀胱炎はね・・・下側、つまり尿路側の炎症だと軽いのだけどね、
上側、つまり腎臓側が炎症を起こすと厄介なんだよ。」

ふーん・・・・きな君じゃないけどさ、
ちゃんと説明してもらえると安心だよね。

「どれくらいの炎症か確認するから、ちょっとおチンチン見せてみて!」

このとき驚くべきことが起きた!

「ええ??・・・そこはちょっと見せられません。」・・・」と、きな君!
あのきな君に・・・恥じらいが!!!
去年の夏、シーパラで全裸になっちゃったきな君が!!

ついについに・・・きな君の辞書にも「恥ずかしい」って項目が出来たのね。

看護師さんが気を利かせてくれて・・・。
「わたしとお母さんは後ろを向いているから、
先生は男だし、いいでしょ?」

「うん、そんなにひどい炎症じゃないよ。
先っぽを見ると、炎症の具合が分かるんだよ。」
・・・後ろから先生の説明が聞こえる。

「とりあえず、お薬を4日飲んで、
痛みやむずむずが治まったって、先っぽの腫れが引いたら大丈夫だよ。
・・・ああ、でも、お母さんに見せられない年頃だから、先生がチェックしようか?」

「お願いします。」・・・と、きな君。
おおー・・・やはり恥じらいが生まれている!

「熱が出たり、背中の痛みを感じたらすぐ来てね。」
「はい」

受け答えもずいぶん大人・・・。

ただ、昨夜同様・・・クルクル回る椅子に座ると回らずにいられないきな君でした^^;

こうやって成長とともに、新しい気持ちが生まれるのね。
スポンサーサイト

医者と母親・・・立場の違い!

昨夜、きな君が排尿痛を訴え、
ひっきりなしにトイレへ駆け込むようになった。

男の子ではめずらしいけど、膀胱炎かな??

実は、この一時間前にぴょんとすけさんはビールを飲んでしまったばかり(汗)

「タクシーを呼ぼう!」・・・という、ぴょんに、
きな君が拒否!
「タクシーはお金がかかるからいらない!」

でも、痛みに弱いきな君が「痛い!」というたびに切ない。

ぴょんは350缶半分しか飲んでないので、
アイステイーをがぶ飲みして、
熱いお風呂と水シャワーを交互に浴びて、酔いを醒ます。

「飲まなきゃ良かったよ。」
後悔先に立たず・・・。

2時間後・・・もう大丈夫だろうという事で、
きな君を連れて救急へ!

尿検査をして、白血球と潜血がプラス・・・おそらく膀胱炎!
これで一日分でも薬をいただければ、朝、受診するまで楽になるね^^

・・・と、思っていたのに。

医者は、

「ここでは詳しい検査が出来ないので、
今、抗生物質を飲むと原因菌が特定できなくなるので、
お薬は出せません!」
・・・・の一点張り!

「でも、おそらく膀胱炎なら、早く治療したほうがよいのでは?」
・・・食い下がる母。

「ここは、入院が必要か不必要か判断するだけです。」

・・・って、おかしくない??
電話で受診をしたいと連絡したとき、ちゃんと
「排尿痛!」って言いましたけど。
それに、今までは応急手当をしてくれるって位置づけだったような???

しかも、なれない場所で、多動が出るきな君に、
「どこかおかしいのか?」

・・・って、おかしいのはお前だろ!
・・・って、言葉を飲み込んで、お薬をお願いしたけど、

「医学的には処方できない。」・・・とばっさり!

検査結果を渡されて、お薬はもらえなかった。

そりゃ、わたしは医学的には知識もないし、
先生がきっと正しいのだろうけど、

母親として子供を心配する気持ちをもう少し分かってくれてもいいのにな・・・って思っちゃった。

あんなに努力してきたのに・・・目的も果たせず、
・・・会計2200円。

今朝は、紅茶の飲みすぎで胃が重くて・・・。

でも、気を取り直して、これから病院行きます!

数式は書かない。

あすぽーとで、とある大学の研究室の調査に協力することになりました。
8歳から12歳のADHDの症状が出ている子供とその保護者が対象と・・・かなり限定的なので、
協力できるのは、私ときな君ペアをあわせて、4組の親子・・・の予定。

今日、その大学の協力依頼書と、大人用、子供用の説明書をいただいて・・・。

まずは、私がきな君と説明書を読んで、子供なりに気持ちよく協力してもらわねば・・・。

ちょっと考えた結果・・・。
きな君の好きなドラマの設定を利用!

「ガリレオ」ってドラマ・・・知ってますよね。
きな君はあの研究と数式が大好き!

まずは・・・説明書を読んで・・・。

「きな君・・・この研究者は、仮説を立てたんだよ。
楽しい時には、頭に物事が入りにくい・・・って。」

「そっかあ~。仮説ね・・・。」

「ほら、仮説は実証しなければならなかったよね?」

「うん、うん!」
・・・想像以上に喰いつくな~!!
やっぱり、好きなドラマから引っ張ると理解力がちがう!

「立てた仮説を証明するために、きな君の協力が必要ってわけ!
どうかな・・・お母さんに協力してくれる??」

「いいよ~!」
・・・軽い、ほんと分かっているのかな?

「ゲームとかやるんでしょ??楽しそうだね。
それに・・・湯川先生くるんだよね??」

・・・来るわけないだろ!!→母、心の声!

「いや、湯川先生は来ないよ。栗林さんも来ない。
えーっと、あの研究室にたくさんいた若い学生さんみたいな人がふたり来る。
違う大学の研究だからね!」

「なんだ~・・・数式書くのかと思った。」

「いや、書かないよ。」

あれは・・・ドラマだから・・・。
って、私が振った話だけどね(汗)

湯川先生は来ないけど、きな君は協力してくれるみたいです^^

発達障害の今後に役立つことを願って!

無事のご帰還!

きな君・・・修学旅行から帰ってきました^^v
元気はつらつ、少したくましくなったような(親ばか)・・・。

大きなかばん、水筒にリュックと、荷物にからまって帰ってきました^^;

まずは、荷物を解いて整理しよう・・・。
母は明日仕事だし、今日やっておきたいからね。

雨でハイキングが中止になり、靴やレインコートを使用しなかったので、
思っていたよりきれい!
母が新しいズボンのウエストゴムの調整を忘れたため、
毎日同じズボンで過ごしていたらしい・・・ごめん。
なにしろ細身のきな君、ズボンが落ちて来て大変だったみたい。

なぜかリュックの中から、粉々のポテトチップスが(汗)
「違うんだよ~。俺じゃないの。
食べかけのポテトをリュックに入れておいたの。」
・・・入れておいただけじゃこんなにならないでしょ。

「班長会議から帰ってきたら、SとKとkoが土下座してて・・・。
ヤツラ、ふざけておれのリュック振り回して中がひどいことになってた。」
・・・まあ、仕方ないか。修学旅行に悪ふざけは付き物だしね。
せっかく買いに行ったポテトはゴミになっちゃったね。

「勿体ないから、おれが全部食べたよ。」
・・・って、いつも思うのだけど、そういうときは捨てていいんだよ。
っていうか、できれば捨ててくれ!
なんか捨てれないのよね・・・きな君。食べたい気持ちが勝っちゃうみたい。

お土産もちゃんと買ってきていたのだけど、
まずきな君のお菓子・・・3箱!これはぜったいにおうちで食べる!
そのほか約3点・・・これはばあばやじいじに上げていいよ・・・って!!
みんな味見をしたあとがありますけど・・・。

「うん、だってうまそうなんだもん。」
・・・どこまで食い意地張っているの??
よそ様に差し上げるものは食べちゃダメよ。

「でも!!この3箱は上げないでね!!おれのだから!」

ばあばに話したら・・・爆笑!
お土産はこの笑いで十分と言っていただいたわ。

それにしても・・・トラブルなく無事に帰って来ただけで・・・母も十分だわ。


元気メールまってます。

きな君が無事に出発したら・・・。
ほっとしたのか???昨夜急性胃腸炎に(汗)
どんだけ心配だったのか??
自分で笑っちゃうよ^^:

まあ、数日前にすけさんも体調を崩していたから、
お腹の風邪かな?

我が家の風邪事情はおいておいて・・・・。
時代の流れなのか??
いまどきの修学旅行では子供の様子が、
日に数回簡単なメールで配信される。
学校のホームページに写真までアップされる。
・・・きな君は移っていなかったけど(笑)

でもさ、あんまりデジタル化が進んだ世の中、
ぴょんはついていけないんだよね。
根っからのアナログ人間だから。
なんかさ、過剰な便利さは人間らしさを失う気がして。
・・・もちろん、根も葉もないぴょんの偏見だけど^^;

まあ・・・ぴょん以外はデジタル人間ばかりの我が家ですが。

・・・我が家のデジタル事情もおいておいて^^;

そんなアナログぴょんではありますが・・・。
でもでも、このメール配信はうれしかった。
台風や喘息など不安要素もあったし、
昨日地震があったり、東照宮の杉が台風で倒木の危険があるとか、
きな君がいる場所でちょっとニュースになっていたりとかして・・・。
「全員元気です!」って短いメッセージがほんと心強かっよぉ~。

明日も「全員元気です!」ってメッセージ!!
こころ待ちにしていまーす^^

しゅっぱーつ!

今朝6:15・・・きな君は大きなカバンを持って無事に出発した。

実は昨日、準備をしながら、ぽつんと言った。
「楽しみなんだけどね、なんだか気持ちがザワザワするんだ。」
きっと、期待と不安が混ざって、複雑な思いだったのね。

夜も眠れなくて何度も降りてきた。
・・・鼻炎の薬、眠気の副作用があるのにね。
高ぶる気持ちを抑えられなかったみたい。

「難しい本を読んでごらん、すぐ眠れるから。」
→ぴょんの睡眠薬は難しい本なのよ^^;

しばらくして寝室を見に行くと、
きな君は難しい本に埋もれて寝てた。
どうやら、母が処方した睡眠薬!・・・効いたみたい^^v

寝つきが悪かった分、寝起きも辛そうだった。
・・・でも、犬の世話、洗顔、朝食と朝の役割を終えて、
大きな荷物を背負って出発した。
あんまりにも荷物が大きくて、「車で送ろうか?」って、
喉まで出かかったけど飲み込んだ。
きな君、今日は母の助けを必要としていないから。

自分の足でしっかり歩いて行くきな君の背中を見送りながら思った。
・・・大きくなったな~って!

胸のザワザワをちゃんと自分の言葉で伝えて、
自分の力で切り替えて、
自分の足で前に向かって歩いていった。

嬉しいけど、さみしい・・・母の複雑な気持ち。

とにもかくにも出発しました。

いつ食べるお菓子???

明日から修学旅行!
台風が近づいていて・・・ちょっと心配。
気圧の変動で、咳が出ているし。

準備は本人にやらせるよう、説明会で念を押されたので、
きな君を中心に、いっしょに準備する。

リストをチェックしながら、大きなバッグに詰める。

あとはおやつと水筒だけ。
とりあえず、1000円をわたす。
「おやつ買っておいで!
袋のスナック菓子は、荷物がつぶれるとバリバリに割れるからダメ!
ガムやチョコも避けたほうがいいよ。」

母の助言もそこそこに、自転車でスーパーへ!

帰宅したきな君のお菓子を見て驚いた。
大きな袋のポテトチップス!
詰め放題のフーセンガム!
チョコ菓子が3つ・・・(汗)・・・ほか数点。

絶句!・・・(汗)

母の助言はまったく聞いてなかった模様。

袋のスナック菓子は説明会でダメって言われたしな~。
母が聞いてなかったみたいだし、大きなポテトチップスだけは母が買い取り、
筒に入ったものを買いに行かせる。

「筒のやつは重さに対して高いんだよな~。」
「でも!!ダメなものはダメ!」

ガムとチョコは説明会で何も言われてないし、まあいいや。
ダメって言われたら食べれないけど、それも勉強だよね。
・・・買いに行く前に止めたし。
ガムはテイッシュに包んで捨ててよ~。

再びスーパーへ行って筒に入ったポテトチップスを購入してきたきな君!

「あ~何度もスーパーに行って疲れた。
お腹もすいたよ。」

おもむろにお菓子を出して食べ始めるきな君!
あっけにとられる母・・・。

「え~っと、そのお菓子はいつ食べるものだっけ??」

「へ???修学旅行だけど・・・
ああぁ・・・・これ、食べちゃダメじゃん。」

・・・うん、食べちゃダメだよ(笑)

まったくもう・・・・。でもウケル^^;

きな君が班長兼室長なんだよね~。
そんな・・・スリル&ハプニング間違いないね^^;
・・・→たぶんやりたい人がきな君しかいなかったのだと思う。
それにしても、きな君に大役を任せるなんて・・・担任もクラスメートも大胆だよね。

おまけに台風まで来ちゃっているよ。
・・・ちなみにきな君はいつも雨なんだよね(汗)

まあ・・・楽しい旅行になりますように!

締め切りに追われる^^;

ここのところ、なーんか忙しくて。
いろんな事が、ぎりぎりになってしまう。

もう9月も終わり。
あさってからはきな君修学旅行。
のどが痛いとか、咳が出るとか、雲行き怪しいが(汗)
もう、明日は祝日でやっている病院なんてないよ。
→今日担任からもらった電話で「絶好調!」なんて言ったのに、夜になって体調悪いなんて困ったもんだ。
本人、点滴してでも行くって言うけど、たぶんそうなったら置いていかれるね(涙)

話がそれちゃったわ。
修学旅行は今度ゆっくりアップしよう^^

そう、もう10月なんだよね。
10月は行事が目白押し。

先ずは、小学校のふれあい祭り。
そして幼稚園運動会!
さらに小学校連合運動会!
最後に幼稚園バザー!

その上、子供とは関係ないけど、
来年の助成金申請書申し込み期限が来月15日。
この間、中間報告の資料を作り、
この間、あすぽーと通信14を書き、
そして、申請の締め切りが来る・・・と。
さらに、あすぽーと通信15も作らなきゃ!

頭がこんがらがっています。
何がなにやら・・・・。
まあ、それでも・・・
規約や名簿はあるので、去年よりは作業が少ないかな?

去年もそうだったけど、
なぜか、色んなものが同時進行になってしまい、
頭を抱える時期なんだよね。

でもでも!!
来年もスッゴイゲストをお招きする予定なので♪
実現するために、がんばっちゃうぞ!!
→はい・・・まだ今年のが終わってませんね。

セミナーで講演やライブを視聴するの、
自分が一番楽しみなんだよね^^;

うん、がんばろー。



欲しいものが・・見つからない。

我が家の息子たちは・・・物欲が薄い。

お誕生日に何が欲しい??・・・と、聞いても即答はほぼない。

6月誕生日のきな君も、
「うーん、欲しいものが出来てから買ってもらうよ。」
・・・で、焼肉を食べておしまいだった。

ところが・・・先日きな君が嬉しそうに、
「お母さん、おれね、サンタさんに貰うもの決めたんだ。
クリスマス楽しみだな~。」

どうやら、お誕生日プレゼントの延期はすっかり忘れた模様。
物欲が薄いというより、ただのおバカさんかもしれないが・・・。

まあ、修学旅行のバッグやら服やらお金が飛んで行ってしまっているので、
ここは忘れていただこう・・・永遠に^^;
→きな君は新しい服がいいなんて言う子ではないけど、著しすぎる成長でサイズアップが激しくて(涙)

そして・・・もっち!!
お誕生日の希望を聞くと・・・。
「ぼくのプレゼントはお母さんが決めていいよ^^」
やっぱり思い浮かばないもよう・・・。
でもさ、お母さんが決めるとまた福笑いとかになっちゃうから、もっち決めなよ。
→もっちは福笑いでも大喜びのカワイイ子だけど。

考え込んだもっち・・・。
考えた結果、「じゃあ、クリスマスにサンタさんに決めてもらお^^」
・・・お誕生日パス!!

その上、たぶんきな君がサンタさんに貰うものを決めたからマネしているだけだと思うけど、
「ぼくもサンタさんに貰うもの決めたんだ♪」
なんだろう・・・と思ったら???
「クリスマスツリーに付ける鈴!ステキでしょ!」
・・・めっちゃ嬉しそうに教えてくれた。

・・・一年に二度しかない何か買ってもらえるチャンスに、鈴ひとつ。

まあ、良い子といえば良い子なのだが、
まさか・・・親に気を遣ってないよね??
そんなのいやだからね!いいんだよ、わがまま言っても!

家計には優しいけど、ちょっと心配になる母でした。
・・・でも、きな君のお誕生日はスルーさせていただこうかな^^

石黒由美子さんのお話し。

今日は、市の幼稚園協会 父母の会連合研修会なるものに参加してきました。

頭数の調整のためだけに・・・けっこうしぶしぶ参加。
まあ、クラス委員さんにはお世話になっているし、むげには断れない。

しかも・・・カジュアルな装いはご遠慮ください・・・って、
さらに面倒くさいし、園バスでの送迎も・・・園児サイズの座席にお尻を入れるのも一苦労・・・。

市民ホールに着いて、開会したものの、
延々と挨拶や祝辞が続き、お隣のママの頭が揺れ始める。

休憩の後、講演が始まる。
プログラムには「夢をあきらめない シンクロナイズドスイマー石黒由美子氏」と書いてある。
・・・だれだろう?てっきり教育関係者のお話だと思っていたのに→ちゃんとお便りを読めよ^^;

石黒さんのお話が始まると、今までの面倒くさいしぶしぶな気分が吹き飛び、
彼女のお話にどんどん引き込まれて・・・前半お眠りになっていたお隣のママも、時に涙しながら真剣に聞いている。

石黒さんは8歳のときに大事故に遭遇し、網膜はく離、複雑骨折、記憶喪失、学習障害、腎臓病などの試練を乗り越え、オリンピックを目指すお話し。
うーん、文章にしちゃうと、1行だけど・・・そこには語りつくせないほどのドラマが。

一番感銘したのは・・・・彼女のお母さんのどこまでもポジテイヴなかかわり。

フランケンシュタインのようになってしまった彼女に、「世界で一番カワイイ。」
記憶障害で日本語すら忘れ、学習障害がある彼女に、「あなたは頭がいい!天才!」
大事故の影響で体をうまく動かすことも出来ない彼女に、「運動神経が抜群!」

・・・なかなか、言えないよね。私なんて子供にダメだしばかり。
ダメだ、ダメだ・・・って言っているから、ダメになるのかも。

小学校に復学したものの、学校で、いじめられ、勉強はどん底。
「ぜんぜんかわいくないし、頭も悪いし、お母さんがいう事を信じられない。」
そんなことをいう彼女に、「大事なのは今の現状じゃない。未来にどう開けるかだよ。」

彼女は次第に、未来のために今どうするかを考え始め、
腎臓病で運動制限がかかる中、ひたすらにオリンピックを目指す。
もともと、オリンピックが見えるような成績があるわけでもない。
正真正銘、ゼロ・・・いやマイナスから目指したオリンピックの夢を24歳で叶える。

もちろん、彼女のサクセスストーリーも素晴しいとは思う・・・けど、
でも、どん底な時に、常にポジテイブなかかわりをしたお母さんに頭が下がる。
たぶん、石黒さん自身、自分というよりはお母さんの素晴しさを訴えたかったのだと思う。
だって、どん底の現状の中、きっとお母さんだって、押しつぶされそうな気持ちになっていたに違いないのに、何があっても怒らず、けなさず、子供の未来を信じ続けた。

・・・なかなか出来ないよね~。
いや、なかなかどころか、ぜんぜん出来ない。

でも出来ないお母さんたちが子供を思っていないわけじゃない。
将来が不安だからこそしてしまうダメだしがほとんどだよね。

ようは私の気持ちがお母さんとして定まっていないんだな~って、思った。
「きな君はきな君のままで!発達障害のままで幸せになる!」・・・って、口では言うけど、定まってないんだな~。

ちょっと・・・いや、だいぶ反省!

私を頭数に入れてくれたクラス委員さん、本当にありがとう!
行くことをしぶってごめんなさい。

本当にいいお話でした^^v


写真撮影!

今日は毎年恒例の記念撮影へ行って来ました^^

ぴょんの同級生が写真館に嫁入りしたので、
子供が生まれてからは、毎年スタジオで撮影しているの。

面倒くさがりやのぴょんは、
写真の整理がまったくダメ!
アルバムもきな君が3歳くらいで終わっているし、
あとはデータのままか、箱にぶち込まれている感じ。
いつか整理しようと、箱に入れていたけど、
その機会は永遠に訪れないと思われる(苦笑)
→ほんとダメ母だよね(汗)

だから・・・。
唯一、この立派なアルバムに綴じてある、
写真屋さんで撮った写真が、
目で確認できる、家族のメモリアルになっていて、
ぴょんにとっては大事な行事のひとつ。

・・・ところが。
きな君にとっては、結構ツライ行事のひとつ。
だいぶましになって来たけど、
途中で泣き出したこともなんどかある。

きな君にとって七五三の着物は暑苦しいだけだし、
写真やさんの細かい要求も耐え難い!
・・・まずじっとすることが難しいのに。

「背筋伸ばして、顔を右にちょっと傾けて・・・
いや傾けすぎた!
左肩上げて・・・あ~ダメだ、下げて!」

・・・って、感じで要求されるのだけど、
微調整が苦手なスペクトラムっ子にとっては拷問に等しいよね。

でもさ、今年で12回目の撮影。
ずいぶん慣れてきたよね。

まあ、好きではないみたいだけど、
とりあえず、嫌がらなくなったし、
細かい要求は、母がきな君の体を調整。
表情も作るのが苦手なので、
すけさんのくだらない駄洒落で笑顔を作る。
・・・笑顔を作らせると、芸人の顔芸みたいになるんだよね。

家族でも数枚撮影してもらったのだけど、
すけさんが、写真屋さんの要求にきな君と同じ応えかたしていたのがウケタ^^;
ブレイクダンス??ってくらい、体がねじれて・・・君もスペクトラム??

それにしても・・・。
きな君が落ち着いて来た今年。
もっちはきな君に増して、(もちろんすけさんにも増して^^;)
写真屋さんの要求にこたえられるように。

なんか拍子抜けするくらい・・・楽になっちゃったな^^v
アルバムが届くの楽しみだな。

はーとコミニテイ・・・9月11日。

今朝の雨はすごかったですね~。
よりによって二ヶ月ぶりのコミニテイの日に!!

今日は集まらないかも・・・。
なんて思っていたけど。

日ごろの行いが良いせいか(笑)
ちょうどコミニテイの時間を避けるように、雨が止んでくれて、
今日もたくさんの人が集まってくれました。

ゲストは東北出身の元校長先生。
・・・校長先生が、今日一番緊張していた。
やっぱり、たくさんのお母さんたちに囲まれるのって、
男性にとっては圧迫感あるのかもね^^;

でも、たくさん用意された資料と、
発達障害児ママの集まりという事で、
言葉を選びつつ、東北訛りの朴訥としたしゃべり方に、
温かさを感じました。

発達障害に関してのお話はあまり出なかったけど、
・・・きっと、まだまだ教育の現場では認識が低いのでしょうね。
文部科学省の、また、県の、教育指導方針などのお話しは興味深かったです。
目標とするものと、現実とのギャップは大きいようだし、
発達障害含め、支援が必要とする人たちに配慮を見せつつ、
実は、分かっていないんだな~って思わざるを得ない部分もありました。
最先端の小中一環教育学校の、
廊下との区切りがないオープンフロア式の教室や、区民も利用できるプールなどは、
一見、ステキな環境だけど・・・発達障害を持つ子供にとっては、
区切りのない空間と、不特定多数の人が出入りする、苦手・・・いやツライ環境ですよね。

スペクトラムっ子にとっての教育現場は、まだまだ課題が多い、
いや、多すぎるのが現状だと感じました。

一番心に残っている言葉は、
「育児・育自・育耳」の三つのいくじ。
・・・聞く耳を育てるって、私にとっては新しい言葉で、
でも、子育てに関わらず、人がコミニケーションをとるのに、
もっとも必要なことですよね。

あとは自尊心のお話し・・・もっと聞きたかったな。
中国と日本のセールスの違いは、本当に自尊心の違いなのか?・・・とかね^^
個人的には、自己肯定感というものは、自分の弱さや欠点も受け入れるられる強さであって、
自分を売り込む能力とは関係ない気がしてね・・・。
ただ、高校生を対象としたアンケート調査などでは、日本の学生より圧倒的に中国の学生のほうが自尊心を持っている割合が大きいから・・・やっぱり自尊心なのかな。
となると、自己肯定感と自尊心は違うという事なのかもね。

発達障害を中心としたお話しでないからこそ、
イロイロ考えさせられました。

また機会があれば、ゆっくりとお話を聞いてみたいですね。


はーとコミニテイのお知らせ。

次回のコミニテイは、9月11日。
大野北公民館 工作室にて。
JR横浜線淵野辺駅南口徒歩1分。
9:50~です。

今回のゲストは、3月まで地元の公立小学校の校長先生だった方をお招きして、
教育現場で、今出来る支援とこれからの課題・・・をお話しいただきます。

個人的にとっても興味のあるお話しです。
今年中学に進学する息子がいるので、小学校と中学校で連携できることはあるのか?
・・・など、聞いてみたいです^^

後半は、先生も交えての雑談会です。

お時間がある方はぜひお立ち寄りください。

なお、参加を希望される方は直接会場へお越しください。

名誉保健委員!

保健委員のきな君。
1学期は紙芝居で、
2学期は人形劇で・・・
一年生に目や歯の大切さを訴える、
というお仕事があるようです。

自分も歯磨きは30秒だし、
ゲームやり放題、ごろ寝読書・・・な、
きな君が訴えて、果たして効果はあるのか???

・・・そんな疑問はさておき。

昨年の飼育委員は学校完結だったけど、
保健委員はなにかとお持ち帰りが多い。

人形劇の割り箸人形の製作に手こずるきな君。
「手伝って~・・・。」と、当然なる(汗)

それにしても、保健委員はほかにもいるはずなのに、
なんできな君が人形を全部つくるのだろう?

「えーっとね、あっちのふたりは背景係り、
こっちのふたりは人形係りなんだ。」

・・・で??こっちのふたりはきな君と誰なの?
「はっ??お母さんに決まっているじゃん^^v」

はあ??
なぜお母さんが小学校の保健委員の頭数に入っているの?

「・・・だってさ、前に紙芝居作ってくれたじゃん。
みんな、おれのお母さんの絵がうまいから頼りにしているんだ。」
→みんなにおだてられて、ほめられて・・・ちょっと自慢なきな君^^v

いや、あの紙芝居だって、
きな君がみんなの分も安請け合いしちゃってさ、
あれ、おかあさん徹夜で作ったんだよ~。

「まあまあ、いいじゃないですか^^
お母さんは、名誉保健委員・・・なんだよ!」

どんな名誉だ(汗)

「保健委員の中で絵が一番上手ってことなんだよ。」
→おだて上手。

・・・だから保健委員じゃないし!!

まあ、学校にはさんざんお世話になっているからね(汗)
自慢げなきな君の面子もつぶせないし・・・。
お手伝いさせていただきます^^v

遊ぶお友達は選ぶ!

ちょっと上から目線のタイトルをつけてしまいました^^;
でも、ちょっと意味は違うのです。
スペクトラムっ子は、全ての人とうまく付き合えるような器用さはないので・・・。
だれと遊ぶかは自分で選べるようにならなければならないと思うのです。
遊ぶお友達を選ぶって・・・
あくまで、トラブルにならない人と遊ぶって意味なのです。

まあ、お友達よりどりみどりな状況には先ずならないし、
遊んでくれる人もけっして多いわけではないので、
選んでいる場合でもないと思うのだけど、
それでも!!選ぶって大事!


先ほど同級生からきな君へお電話があった。
どうやら遊びのお誘いが・・・。

いつも誰か遊べないかな~・・・と、
遊べる人を探す旅にふらりと出てしまうような、きな君。
今日の放課後、我が家は静かだわ・・・と、思っていたら。

「おれ、行かない!」

「だから、おれ行かないってば!」

あっさり断る。
お友達もけっこうねばってくれたのだけど、
行かない意思は固い!

「おれ、AもBもキライだから・・・。」

どうやらメンバーがお気に召さない様子。

まあ、いつも・・・
「みんなと仲良くする必要ないよ~。
意地悪しなければ、好きとかキライとか、きな君の自由!」
と、教えてきた。
「どんなにキライでも、体調が悪いときやどうしようもなく困っているときは協力する。」
・・・を条件に。
そりゃ、まどみちおさんのお歌のように、友達百人できるのは憧れだけど、
なにごとも人には向き不向きがある。

きな君が選り好みせずに遊んでいた時代は大変だった。
何しろ、トラブルばかり起こすのだから。
きな君が考えて人と遊ぶのは、きな君の平和を維持するためでもある。

まあ、大好きなカードゲームをするチャンスを棒に振ってまで、
行かないを選択したきな君・・・母的にはあっぱれだと思うのだが、

「なんと言われようとおれは行かない!
人に悪口言うし、嫌なことするし、嫌なものは嫌だから!」

最後はちょっと、きつい口調で断り、電話を切った。

・・・もう少し、言い方って物があると思うけど(汗)

「だってさ、途中でほかのやつに電話代わってさ・・・。
もう6年だから選り好みするのやめろよとか言うんだよ。

おれにとっては、お前もキライなほうだからって言いそうになったよ。」

・・・それは言わずによく我慢したね。
最近はきな君の中で、
言っちゃいけないこと、やってはいけないことが、だいぶルール化されている。
・・・まあ、まだまだ地雷は踏むけど^^;

君のコミニケーションは見ていて(聞いていて?)ハラハラするけど、
ちょっとはものごと考えているんだね。

大人になったもんだ。

NGワード・・・花火!

前にも記事に書いたことがあったけど、
ご近所のクレーマーさん。

行動に波があって、
きな君はとても怖いみたい。

そりゃそーだ。
ただでさえ、イレギュラーなことが苦手なのに、
人格そのものがコロコロ変わるのだから。

先日、私が声をかけられたときは、
「ボールが落ちていたのだけど、ぴょんさんのお宅のものではありませんか?」
って、親切な呼びかけだった。
我が家はボール遊びを禁止しているので、
(これまたご近所さんが嫌がって、ボール遊びで警察沙汰になったことがある)
我が家のものではないですよ・・・って、ご近所らしい会話をした。

ところが・・・。
夏休み最終日・・・7時半頃に家の前で花火をしていたら、

突然同じ方が、懐中電灯で我が家を照射し、
「フン、うるさい!フン、死ね!」などといい始めた。

すけさんが、
「なんか文句あるのか?」って言い返したら、
ベランダからおうちの中へ引っ込んでしまったけど、
きなくんのおびえ方が尋常じゃないので、花火は中止になった。

すけさんは、「自宅で子供と花火も出来ないのかよ~!」ってご立腹!
ボールもダメ、花火もダメ、立ち話もダメ!・・・
そりゃ、文句のひとつも言いたくなるし、

すけさんの「お前のわめき声が一番迷惑!」って言葉にも一理ある。
でも、きな君は怖いみたいだし、中止は妥当じゃないかしら?

ことのほかリアルに残るスペクトラムっ子にとっては、
そういう言葉の一つ一つがとても怖いと思う。

クレーマーさんの言いなりになっているのではなく、
きな君が安らげるほうをチョイスしたと思いたい。

ご近所の犬がほえても、ベランダから、
「フン、ばばあ、フン死ね!」とか叫んでいるし、
まあ、いつものことといえば、いつものことだし、
ベランダから文句を叫んでいるときは、「フン」という、
音声チックのようなものが認められる状態なので、
精神的にちょっと不安定なのかもしれないし、
きな君が、敏感になりすぎているのかも知れないけどね。

きな君に聞いてみると、
最近、米軍の輸送機が夜に飛んだりすると、
やはり懐中電灯で照射しながら、
「フン死ね!フン、うるせー!」とか叫んでいて、
そのお宅側の窓際にベッドがあるきな君は、
まぶしいし、うるさいし、いつも目が覚めて、
気持ちがざわざわしていたみたい。

そっか~・・・母は気付かなかったよ。
→自分だけ爆睡^^;
早く言ってくれてよかったのに。

とりあえず、きな君のベッドの横の窓はシャッターを閉めておくことにした。

昨日は、のどかなもっちが、
「花火楽しかったね~!」などと言うと、
「花火って言わないで、気持ちがイライラする。」・・・って、
きな君にとって、花火はNGワードになってしまって・・・。
夏の思い出が、思い出したくない思い出に!

スペクトラムっ子にとって、
嫌な思い出と楽しい思い出を切り分けて考えるのは難しいみたい。
どちらかに傾いて残る。
ちょっと嫌なことがあったけど、まあまあ楽しかった!・・・なんて、
そうは問屋がおろさない。
きな君のそういう特性をあらためて感じた。

我が家では当分の間・・・「花火」は禁句となりそうです。



プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR