12
2
7
13
14
19
20
21
24
25
27
28
29
   

うすいまさとのライブ&トーク♪・・・ありがとう編。

年内になんとか・・・イベントの記事が終わりそうです^^v
いや、無理やり終わらせるので・・・ちょっと長いです 汗。

アンコールが終わったとき、
相模原市発達支援センターのセンター長が花束を贈呈してくださりました。
予算が厳しいあすぽーとのイベント・・・察してくださったのか??
ポケットマネーで大きな花束を用意してくださいました。
ありがとう・・・センター長!   ぺこり。

自分の子どもの発達に疑問符がついたとき、発達障害支援センターって、
名前も堅いし・・・敷居が高く感じる人も少なくない、、、と思う。
だから、センター長の暖かいお人柄をご紹介できたらいいなって思っていたの。
メンバーが支援センターへご協力の要請をしに伺ったとき、
こころよく引き受けてくださったセンター長に感謝!!

この話をイベント前にうすいさんにお話ししたところ、
「では、パソコンで出している映像・・・・
後援、教育委員会 社会福祉協議会の下に・・・。
協力 発達障害支援センター あすぽーとを応援してくださる皆様って、
入れてみたらどうですか?」・・・って、嬉しいご提案をいただけた。

そうね・・・教育委員会とか社会福祉協議会とか、
ネームバリューでご協力してくれるというか、ほら、チラシとか見たときに・・・
教育委員会が認めているなら安心だわ・・・的な後押しも大事だけど、
あすぽーとを応援してくれているみなさんのお力もすごく感じるイベントだった。
コミニテイに参加してくれるみなさんが、教育機関を回ってくれたり、
ボランテイアを買って出てくれたり、
あすぽーと応援隊の後押しあってのイベントだもんね。

終了後は、うすいさんのCDや著書の販売。
うすいさんもサインや握手に応えてくれて・・・。みなさんうれしそうでした♪

お見送りをしている私にも、いろんな方が声をかけてくれて・・・。
「あの~・・・私、Ⅰさんの学生時代の友人で、
Ⅰさんがチラシを送ってくれたので、来てみました。」・・・って、嬉しい出会い!
Ⅰさんは私の幼馴なじみ。Ⅰさんのお知り合いの妹さんのお子さんが
支援センターにお世話になっているらしく、
受け付けボランテイアのAさんとは知り合いだったみたい。

さらに・・・。図書館のポスターを見て来ました。
あのポスターを見つけたとき、本当にうれしかった。
ありがとう!!ポスターを貼ってくれて!!・・・って、
すっごい勢いでお礼を言ってくださる方。

いや、こちらこそうれしかった。ちゃんと見てくれた人がいて・・・
がんばって、色んなところに掲示のお願いしてよかった。

また、コミニテイに参加したい!!・・・と、
声をかけてくださった方々も数多くいました。ぜひぜひ参加してくださいね!

スタッフでどうぞって、差し入れをしてくれた方もいました。ありがとー。


ウチの子は発達障害じゃないけど、
育児に向き合う姿が本当に参考になった・・・って、言ってくださった方々もいて、
これまた、うれしい感想だった。

ほんの少しだけど、発達障害の理解を広げる場になったんじゃないかな?
終わってみると、反省点も多いけど、成功のラインは超えたんじゃないのかな?

今回は本当に大掛かりになってしまって、
メンバーには負担がかかり、とても大変だったと思います。
こんなに大変な思いをして成功しなかったら???
そんなネガテイブな考えがなんど頭をよぎったでしょうか 笑。
今回は、成功と言ってよいところへたどり着けましたが、
たとえ成功にたどり着けなくても、踏み出した一歩は前を向いている・・・
そんな気持ちで、また来年イベントを開く予定でいます。

最後にあすぽーとのメンバーご紹介。
司会を担当してくれたNSさん。
視覚障害者のための朗読ボランテイアである彼女の
聞き易く美しい声がイベントを盛り上げてくれました。
また、お釣りの両替やイベント保険など、金融に関することを担当してくれました。

総監督的なNさんは、
支援センターや教育委員会、社協などとの対外交渉を引き受けてくださり、
また、印刷など地味でたいへんな作業もコツコツやってくださいました。
塾の講師である彼女は、
私の書くつたない文章の推敲をしてくださるありがたい存在でもあります。

そして、いつも一番たいへんなところを引き受けてくださるYさん。
Yさんなくしてあすぽーとのイベントは成り立ちません。
うすいさんとの窓口を一手に引き受け、
会場の手配や打ち合わせ、当日のスケジュールの作成、
申し込み人数の集計やボランテイアの配置。
その他もろもろ・・・細かくて面倒なことは、みーんなYさんがやってくれました。

・・・うーむ、ぴょんさんは一体何をしていたのでしょう???
ぴょんさんはいなくても出来ちゃったんじゃないかなって、
素朴な疑問が!!ヤバイ 汗。
来年度のイベントは、ぴょんさんももう少し頑張ります!

本当にみなさんありがとうございました。
スポンサーサイト

うすいまさとライブ&トーク・・・ライブ編!

なおと君、ひとみちゃん・・・そして、
アスペルガー症候群のよしと君。

講演が終わったあと、
参加者の皆さんをうすいさんと一緒にお見送りしながら、
よしと君のお話しをちょっとお聞きしたのだけど。

よしと君は、習い事でスポーツを始めて、
集団の中に居場所が出来て、
なんだかうまく行っているみたい♪

おお~うらやましい!!・・・と、思いつつ、
ほんと同じアスペルガー症候群でも特性は違うんだねぇ~・・・
しみじみと思ってしまいました。
ウチは集団に入れると、トラブルが大きくなるので・・・汗。
まあ、なおと君やひとみちゃんと向き合ってきたうすいさんご夫婦にとって、
アスペルガー症候群は個性の範囲なのかもしれない・・・笑。

うすいさんが書いたよしと君へのお手紙を読んでくれて、
うすいさんはちゃんと3人のお子さんい向き合っているのだなって、
あらためて守備範囲の広さに感服!!

今回は、歌→トーク→歌・・・のサンドイッチ方式だったので、
お話しの後は、またまた歌を聞かせてくれました。
どうしても生で聞きたかった「ママへ」。
この歌を聴くとどうしても泣いてしまう。
自閉症児のお母さんに対する気持ちがすーっと入ってきて、
・・・なんだか反省してしまうの。
たぶんきな君は、「ママへ」の歌に描かれているように、
お母さんである私を信じてくれていると思うけど、
はたして・・・私はそんなお母さんでいるかしら??・・・ってね。
たぶん、わたしは落第だけど、
そうやって母を信じてくれるきな君にたいして湧き上がる、
「ありがとう」って気持ち!
歌を聴いたときだけでなく、この気持ち・・・持続せねば!!

映像を使って分かり易いパフォーマンスの「いいところ応援歌!」
そうそう、どんな特性も良く見ることが出来きる!・・・はず。
・・・きな君のケンカ早いとか、忘れ物やなくし物が多いとか・・・・も、
きっときっと良いところに変換できる・・・はず。
→ちょっと、まだ思い浮かばないけど、きっとあるよね???

そして「レッツ・チャレンジ」!
なんかさ、うすいさんの曲を聴くと・・・反省ばかりしちゃうのよね。
私はあんまりチャレンジしない派・・・って言うか、
無理をさせたくなくて、保守的な面があるのよね。
・・・きな君も保守的になって・・・ないか^^;
でも、やりたくないことはやらない傾向が強くて・・・。
中学入学を控えて、このままで大丈夫かなって心配が大きくなるばかり。

いろいろ考えさせられちゃったな。

6曲歌ってフィニッシュ!!

もう・・手が千切れそうなほど拍手して!!
アンコール!!

もうすこしだけ・・・続きます。



うすいまさとライブ&トーク♪・・・ひとみちゃん編

今回のイベントで、
あらかじめうすいさんへお願いしておいたことがある。

あすぽーとは発達障害児の保護者の会だけれども、
ウエスト症候群のお子さんを持つ保護者からの申し込みあって・・・。
少しで良いので、ウエスト症候群にも触れてください・・・って。

残念ながら、
ウエスト症候群のお子さんの体調が悪く、
前日に欠席のご連絡があったのだけど・・・。

でも、ほかにもウエスト症候群のお子さんの保護者がいるかも知れないし、
それに・・・なによりも、ウエスト症候群って、
ほとんどの人が聞いたこともないような障害を、
どう受容しているのか?
・・・・自分も聞いてみたくて、うすいさんにはご連絡せずに、
そのままお話ししていただきました。

うすいさんはかなりの時間を、
ひとみちゃんのお話に割いてくれました。

「はじめての女の子。これがまたかわいいんだ。親父にとっては。」
・・・・照れくさそうにつぶやく、うすいさんが印象的だった。

私は、朝日新聞に載ったお子さんの写真を見て、
・・・ずいぶんと軽いのだなって、またもや勝手に思い込んでいた。
私の知っているウエスト症候群のお子さんは、
肢体も不自由だし、重度の知的障害もあって・・・
その上喘息もあるし、もちろん癲癇もあるので、
笑顔で兄弟と写真に納まっているひとみちゃんとは、リンクしなくて。

でも、実は・・・重い障害があって、
ご夫婦で試行錯誤しながらの育児。
ゆっくりゆっくりの成長を楽しみながら・・・。

IQが全てではないけど・・・って、前置きして。
IQ26のひとみちゃんが、
ちょっとづつ色んなものを獲得していく様子を、
映像を交えてお話ししてくれた。

なぞりがきや、絵本の読み聞かせ・・・。
ひとみちゃん成長に合わせて、
それでも発達をあきらめないうすいさんご夫婦に本当に頭が下がるな~。

きな君には知的な障害はない。
凸凹はあるけど、いまのところ学習で大きな遅れはない。
もちろん低学年のときは、図工など自分で考えて作るものは事前に家庭で作ったり、
作文のテーマに沿った質問をお風呂でインタビューしたり、
ある程度のフォローは必須だったけど、
じっくりゆっくり、時間をかけて何かを教えるって・・・あんまりなかったから、
それがどんなに根気と忍耐と努力が必要か・・・ちょっと想像がつかないな。

まあ、勝手にどこか行かないとか、
順番を守る・・・とか、物を壊さない、失くさない・・・とか、
かなり根気と忍耐と努力が必要だった分野もあるけど。

でもでも、想像がつかないほどのものがあったとは思うけど、
でも、うすいさんご夫婦の想いの深さは伝わってきて、
「うすいさんのお話しが聞けて、わたし幸せだな。」って、思った。

発達障害とか、肢体不自由とか、知的障害とか、
そんな枠を通り抜けて・・・いろんな方にもっと聞いて欲しかったな。
もっと、いろんなところに営業すればよかったな・・・
なんて、先に立たない後悔を感じちゃったわ。

親の気持ちって言うのかな?・・・想いって言うのかな?
そういうものって、本当に共通点があって、
区別する必要はないのではないかな。
それは、コミニテイでも感じることなんだけど、
親の想いは同じ。

うーん、やっぱりここに戻ってしまうけど、
コミニテイ・・・大切にしよ~。

もうちょっと続きます・・・気長にお付き合いくださいね^^



うすいまさとライブ&トーク♪・・・なおと君のマンガ!

うすいまさとさんのトークは・・・。
トークと言いつつ、映像をフル活用して、
目で確認しながらお話しを聞けるという、
スペクトラムっ子にも分かりやすい内容だった。

ほーんと、40人以上の子どもが入っているはずなのに、
お利口さんだったよ・・・みーんな。
車椅子への対応のために、一部座席を格納しておいたので、
ベビーカーをたたまずに入れたのも、良かったみたいだね。
いつものベビーカー・・・落ち着くよね。

トークの内容は、
主に高機能自閉症のなおとくんと、
点頭癲癇・・・ウエスト症候群のひとみちゃんのお話しで、
家庭での取り組みや、なおと君の気持ちの表現などだった。
本当に充実した内容で、
アンケートでも「もっとトークを聞きたかった」という声が多数あった。

ちょっとびっくりだったのが、
なおと君も学校の理解をなかなか得られなかったって事実。
・・・いや、お招きしておいて勉強不足なんだけど、
なおと君は、支援級から交流をかさねて6年生で普通級へ編入し、
中学も普通級に進学・・・くらいの知識しかなくて・・・。
わたしはてっきり、入学時から恵まれていて良い結果が生まれた・・・って、
勝手に勘違いしていた・・・のよね。
実は3年までは交流もさせてもらえず、
交流が始まっても、些細なことで支援級に返されてしまう・・・という、
どちらかというと、あまり理解のない場所だったのかもしれない。

そんななかでなおと君が、
学校の対応に納得がいかずに書いたマンガを紹介していただいた。
体育の時間に騒いでしまったなおと君を先生は支援級に帰してしまった。
売り言葉に買い言葉で、「もう交流しなくていい」くらいの言葉を、
先生もなおと君にぶつけてしまった。
当然プチパニックになり、
マンガにも「なおとは先生とさよならした」・・・って、書いてあったけど、

・・・不思議なのは、成り行きを聞いていて、
「そりゃパニックになるよね?」「ちょっと先生の対応は大人気ないよね?」
なーんて、先が読めるような・・・お粗末な対応。
いや、対応なんて呼べないよね。
うるさいから支援級に返す・・・なんて、教師じゃなくても誰にでもできること。

厳しい言い方かもしれないけど、教師はプロフェッショナルであって欲しいから。

スペクトラムっ子と24時間格闘している親から見たら、
起きるべくして起こったトラブルって感じだよね。
・・・24時間なんて大げさだなって思うかもしれないけど、
未就園のときは、本当に24時間目が離せず、睡眠障害で夜も眠れない・・・
過酷な育児をしているお母さんはたくさんいる。
わたしだって夜が来るのが怖かった・・・・
眠らないきな君のために、何時間も立って揺らしてあげる。
そんな生活が4年も続いたのだから。
まあ、コミニテイでお話しを聞いていると、
わたしなんてまだまだ甘かったなって思うくらい、
過酷な現実と戦うお母さんがいる。

ちなみにもっちが生まれるときも、
またあの生活が戻ってくるのか??・・・って、
ちょっとばかりビビッていたけど、
6歳になった今に至るまで、過酷な生活はやってこない。
・・・めんどうな反抗やゴネゴネモードはあるけどね 笑。
おそらくもっち3人いや5人より、きな君1人のほうが破壊力がある。

ほんと、おそるべし・・・スペクトラムっ子!!
うすいさんの著書に、奥様から「子どもを殺してしまうかも!」って、
お電話があったくだり・・・読んで泣いた。
そりゃそうだよ~。きな君1人でもギリギリだったんだよ~。
3人のスペクトラムっ子を抱えて、どんなに大変だったか?わたしにだって想像がつかない。

そんな現実をスペクトラムっ子ママは1人で背負っていることが多い。
そして、その戦いを理解してくれる人はほとんどいない。
はーとコミニテイを熱烈に支持してくれるママたちは、
そんな現実と孤独に耐えて来たママたち・・・。
イベントの最中なのに、
「コミニテイがんばろ!!」って、自分に言い聞かせちゃった^^

お話しが脱線してしまったわね。
うすいさんはそのマンガを先生に見せて理解を求めた。
先生となおと君はそれを契機に理解が深まった・・・って言っていたけど。
その仲直りしたくだりが、あんまりあっさりしていたから、
ちょっと腑に落ちないというか、そんなんで本当になおと君は納得できたのかな?
とか、なおと君の気持ちの移り変わりをもう少し聞きたかったなって思いはある。

・・・いや、いろんなタイプがいるけど、
ウチの息子は、一度信頼を失うと・・・なかなか取り戻してくれないから。

アンケートに、教師の方から・・・以前このお話を聞いてちょっと傷ついた。
今回は、仲直りまで描かれていて良かったってご意見があって・・・。
立場が違えば、思いも違う・・・当たり前のことを考えさせられた。
理解を求めるだけでなく、
私たち保護者も相手に理解を示さなくてはならないのでしょうね。

お互い様だけど、理解を一方的に示して受容するのって難しい。
子どもが関係しているから、譲れない部分もあるし。
私からみたら、傷ついたのは大人たちではなくてなおと君というか・・・。
大人たちの表面の理解で、なおと君の気持ちがおざなりでは本末転倒だし。

支援センター長の横で、講演を聞きながら・・・。
本当に、イロイロな想いがぐるぐる駆け巡り、
世間の理解を得ることの難しさをあらためて確認した・・・かも。

おそらくこのお話しについての考え方は、
本当に人それぞれだと思う。
人それぞれだと思うからこそ、
私の想いを、正直に突っ込んで書いてみました。

そして・・・これは私の個人的な意見で、あすぽーとのメンバーであっても考え方や受け止め方はそれぞれでしょうね。
→まだ、ゆっくりメンバーと話も出来ていないし・・・2人は外で待機だったのでほとんど見れてないし、ほかのメンバーがどう感じているか??・・・私も分からないの。

いろんな立場でのご意見がありましたら遠慮なくお寄せくださいね^^

人との距離感!

保険証!!・・・ありました!
なんと、いつも入れている引き出しの中にありました 汗。
あんなに探したのに!
きっと、私の視野も狭くなっていたのでしょうね。

このところ、
学校からのお電話が続いたり、
きな君が体調を崩したり、
イベントの事業報告書の作成に手間取ったり、
イベントを通して、取材もそうだけど、
記事を読んだ方からのご連絡やら、
そんな中、親戚が亡くなったり・・・。
普段の生活 プラス 突発的な出来事が多くて、
ライブの記事もまとまらなくて・・・
思考が停止しかかっているときに、
学校からヘビーなお電話が!

きな君と同じ学校へ通う、スペクトラムっ子の習い事の先生が、
学校へ抗議に来た・・・という、ご連絡。
現実逃避を通り超えて幽体離脱しそうでした。
「きな君という子にいじめられているそうだが、学校はどう対応するんだ!」
・・・という、抗議内容だったそうです。

それに付け加えて、
このところ切り替えが悪くて、
移動教室のときにカーテンの後ろから出て来れないことをとがめられ、
大喧嘩になった・・・というお話が。

切り替えが悪いのはもう仕方がないし、スルーして。

きな君に対する抗議ねえ~。
まあね、そんなこともあるだろう。
誤解を招き易い子だから。
しかしご家庭をとおり超えて、他人が学校へ乗り込んでくるとは驚いた。

私はきな君が誤解され易い子だと良く知っているし、
逆の立場なら同じことをしたかもしれないし、争うつもりはまったくない・・・。
また、スペクトラムっ子が自分の主観だけでお話してしまうのは、
きな君の親だから重々承知しているし、慣れていない方が鵜呑みにしてしまうのも理解できる・・・って、
お伝えしたけど・・・ほかに何を言えばいいのかも分からない状況で 汗。

「学校への対応や相手方へのご理解有り難うございます。
次は必ず私が対応して、お互い様だってことをお伝えします。」
・・・って、担任は言ってくれたけど、それはもちろん有難いけど、
中学へ行っても同じように対応してもらえるのかな??

むしろ、今の現状より環境が変わるこれからのほうが・・・心配!

担任もこの際、きな君にも出来事をお話しして、
これ以上、トラブルにならないように距離を持つことを提案した・・・らしいけど。
人との距離を適正に持つことが難しい障害なわけで、
それはちょっとハードルが高いと思われるんだよね。
この距離感を保つのが難しい・・・って、担任なら理解しているはずだけど、
おそらく、担任や母である私の想像をはるかに超えて難しいのだと思う。

もっちの様に・・・。
「ぼくのサンタさんへのお願いは、
早く一年生になってランドセル背負って学校へ行きたい♪ってコト。」
・・・なんて、楽しげな様相はまったくない。
役所から届いた「就学証明書」をみたきな君の反応は、
「返しといて」・・・だったから。
冗談にも取れるけど、たぶん本気で言ってる。

現在、早退したり、お迎えしたりが続いて、
この週末も嘔吐下痢で苦しんだきな君。
→いや、きな君がそんなだと、母もツライけどね。
冬休み、親子でちょっとエネルギーを蓄えないと・・・。
3学期はもっと厳しいかもね~。

タウンニュースの取材を受けました。

実は先週の水曜日・・・。
地元のタウンニュース紙の取材を受けました。

どうやら、イベントのチラシを見たライターさんが、
あすぽーとの普段の活動に興味をもってくれたらしいのです。

なんと、今日の朝日新聞、毎日新聞、読売新聞に・・・挟まっています。
まあ、地域限定なので・・・さほど広くは配布されませんが^^;
私の手元には相模原市中央区版があるけど、緑区や南区も掲載されるのかな?

とーっても嬉しかった。
いや、取材とかは緊張するから・・・出来ればほかの人にお任せしたいけど、
発達障害の保護者以外に、
あすぽーとの普段の活動に興味を持ってもらえた・・・って、
そのことがうれしい!!

イベントのようにちょっと派手な活動ではなく、
毎月毎月、地道に開いているコミニテイのほうが、
本当は私にとって、あすぽーとにとって大切な活動だから。

来月のコミニテイの予定も載せていただけるって、お話しだったけど、
小さなスペースに載せきらなかったのでしょうか。
でも、いいのです。
イベントのあとのコミニテイ・・・。
一時的に参加者が増えます。その上、タウンニュース紙の告知が入ると、
対応が難しくなるのが目に見えています。
なにしろ、私たち・・・ただの主婦ですからね 笑。

はーとコミニテイは、ゆっくりじっくり・・・地道に一歩ずつ、
参加者の声を受け止められる範囲で、成長をしていきたいのです。

とりあえず、今日掲載されるのでご報告まで!

明日はイベントの報告記事・・・書けるといいな。
師走らしい師走を過ごしているため、気長にお待ちくださいね。

現実と逃避の往復!

イベントが終ったものの、
後始末的な雑務に終われ・・・
久々に「疲れたな~。」って感じる今日このごろ。

選挙の投票所へ持っていくお手紙や、
保険証が見当たらない 汗。
選挙のお手紙は用済みなのに、今朝発見!
さらに、親戚の葬儀があるのに
葬儀用の数珠が見当たらない。
・・・探しても探しても、見当たらない。

あんまり探していると、わけもなく腹が立ってくる。

こんなとき皆さんはどうしますか?

わたしは現実逃避してしまいます。
考えると、イライラしてきちゃうから・・・。
「そうだ!今日は忘れようっと♪
時間が出来てからかんがえよっと!」・・・ってね。

しかし、時間が出来ることはなくて・・・。
どんどん時が経ち、

見当たらなくなった辺りの記憶がまったくない!!
やばし!!

うーむ!!
ぴょんの現実逃避策!!
裏目に出ているのかも 汗。

ここ数日・・・現実逃避→探す→現実逃避→探す・・・を繰り返し、
今日、あすぽーとのメンバーに、
「保険証は再発行しようよ!」
・・・と、もっともなご意見をいただく!

うん、再発行すれば、
数珠はなくなっていても、まあ問題はないよね。

おとなしく再発行して・・・。
この現実と逃避の往復をやめることにしよっと!

うすいまさとのライブ&トーク♪・・・本番!

司会の第一声を聞きながら・・・私もスタンバイ!
けっこう入っているはずだけど、
会場が広いせいか、圧倒されるような威圧感はない。
・・・・よかった。

そして、主催者あいさつのため、司会からマイクを受け取る。
はっきりゆっくり聞き取りやすいよう、
また、言葉を切ってから動作に移るなど、
自分なりに工夫してお話ししたつもり。
内容も、なるべく個人的なことはさけて、
あすぽーとの代表として、あすぽーとの立場で原稿を書いた。
・・・・Nさんに手伝ってもらったけど^^;えへへ。
私の主観が入ると、うすいさんのお話を邪魔してしまうかも知れないから。

・・・・はあ、緊張しました。

袖に入って司会がうすいさんを呼ぶ声を聞きながら、
そのまま客席へ・・・発達障害支援センター長のお隣が私の席。
後ろには聴覚障害のある方が参加していて、
私のナナメ横には手話通訳が座っていた。
この聴覚障害がある方は、
体調を崩したお父上を見舞うために前日新潟へ!
参加は難しいだろうなって思っていたら、
なんと当日朝、トンボ帰りで戻ってきてくれて・・・。
そんなに楽しみにしていてくれたんだなって、ウルウルきちゃう。

それにしても手話通訳ってスゴイ!
うすいさんはかなり映像や字幕を使ってくださったので、
おそらく通訳し易い現場だったと思うけど、
素人からみると、本当にスゴーイ!
余談だけど・・・手話でお話しするとき、
お顔の表情が本当に豊かで、
コミニケーションのあり方って、ほんと人それぞれなんだなって、
あらためて実感!
ほら、自閉症者も文字盤とか絵カードとか使うでしょ。
それって、手話と同じだよね。

ちょっと脱線しちゃうけど、
自閉症作家の東田直樹さんの新聞記事を読んで、
「言語のない自閉症者が文章を書けるわけがない。」って偏見!
ずいぶん多かったようなんだけど、
私たちは、様々なコミニケーションのあり方を受容できるようになりたいよね。

うすいさんは、ステージの上でも、そのお人柄がにじみ出ていて、
「今日はお子さんもたくさん来てくれました。
おこさんの声、ぼくはまったく気にならないので、いっしょに楽しみましょう!」
・・・・最初にそう言っていただけると、お子様連れのみなさんホッとしただろうな。
実はこの会場のどこかに、きな君ともっちもいるはずで、
センター長のお隣で、あすぽーと代表という立場で座っていたので、
わが子が気になりつつ、なす術もなかったわたし。
・・・・はい、うすいさんのお言葉で一番ほっとしたのはわたしです^^

うすいさんの歌が始まると、いよいよ本番と、
気持ちが盛り上がってきた。
2曲目の「脳の歌」は、映像を使いながら、
分かり易く「障害」と「脳」の関係を説明しながら、
アップテンポの曲で、盛り上がる。
この曲は、本当に好評で・・・
すけさんも「そういうことかって分かり易かった。」って言ってくれたし、
「障害」という言葉が重苦しくなく、ポジテイブに伝えていて、
受け入れ易かったと思う。

しかーし・・・。
この曲の歌詞を映像で送っていたのはすけさんだったため、
0・5秒とか微妙に遅れるたびに、気が気がじゃなかったよ 汗。
「だって、あの曲聞くの2回目だぜ。うまく行ったほうだよ。」・・・byすけさん。
そりゃそうだ・・・・でも、妻としてはほんと冷や汗だったよ。

ここでうすいさんはギターを置いてトークに移行!

トークについてはまた後日・・・にします。
なんせ内容がてんこ盛り!
ちょっとずつアップしていきますね。

ぶっ壊れるのは・・・。

筆箱ネタが続きますが・・・。

ジップロックで良いと言っていたきな君。
お店で筆箱を選び始めると、
「カッコイイな~これ!
鉛筆もキャップも消しゴムも定規も!!
みんなお揃いである!!
定規なんてさ、二つ折りで30センチだよ!
しかもここ!!分度器になってる!」

ふと、ちゃんとしたものを持たせれば、
物を大事にするまも知れないと思った母。

全部そろえると結構なお値段だったが、
「大事にする」というきな君の言葉を信じ、購入!!

もちろん、きな君は大喜びで、
筆箱を大事そうに抱えて帰宅。

新しい持ち物に名前を書きながら、
ふと、古い筆箱が目に入った。

そいうえば・・・このプーマの筆箱も!!
かなりお高いものだったけど、
それなりの物を持たせれば大事にするかも!!
・・・・と、思い切って購入したような・・・。

ぶっ壊れてます 汗!!

はあ・・・最近忘れっぽい母。
ニューの筆箱もぶっ壊れるのは時間の問題か・・・涙。

ライブの記事は少しお待ちください。
少々頭が疲れてまして・・・まとまらないのです 笑。

気持ちが痛い!

今週はちょっと忙しく・・・汗。
イベントの内容は来週ゆっくりアップしますね。

昨夜、きな君とぴょんは筆箱を買いに走った。
・・・・と言うのも、ジップロックに名前を書いたのは、
きな君ではなく先生だと判明したから。
→字が美しすぎてね 汗。
さすがに何日もジップロックなのを確認されるのは、
母として恥ずかしすぎる。

そんなこんなで、きな君のお話をゆっくり聞きながら、
お出かけするチャンスとなって・・・案外楽しかったような。

そんな中でちょっとびっくりしたきな君の言葉。

「言葉って痛い。
刺さるし、残るし・・・殴られるよりずっと気持ちが痛い。」

きな君の同級生に会ってね。
その女の子が、きな君をばしばし叩きながらしゃべるから、
いつキレちゃうかヤキモキしながら見てた母。
そんな母にきな君が言った言葉。

アスペ君って、たまにドキッとすることを言う。

「キモイとか、嫌われ者とか言われて、かーっとなっちゃうんだよね。」

そんなことを言われて耐えているきな君を想像すると、
母も気持ちが痛いよ。
・・・・まあ、鉄拳制裁に出ているみたいだけどね。




筆箱の代用品!

今日は頭を使わずアップできるネタを・・・。

きな君の筆箱が壊れた。
きな君の物は大体すぐ壊れるのだけど、
まあ、スゴイ壊れ方だ。
チャックの部分が壊れたというか・・・
使えなくなったのではなく、バラバラ事件!
どうやったらこうなるのかしら??

とりあえず買いに行こ~・・・。

「いらない!」byきな君。
いらないってどうするのだろう??
きな君的にはゲームを中断したくなくて言い出したので、
おそらく購入の代替案はないと思うが・・・。
ものぐさな行為の代償を払ってもらったほうがいいかも!

そう思って、昨日ほうっておいたのだけど・・・。

今日、きな君が帰宅。
おもむろに、宿題をランドセルから出して・・・。
筆箱はないはず!!きっと困っただろう・・・と、思っていたら!!
なんと、筆箱の中身がジップロックに入って登場!
ちゃんと鉛筆に消しゴム、赤鉛筆・・・定規まで入ってる。
ご丁寧に名前まで書いてある。
・・・落としたら恥ずかしいッつうの!!

「きな君、買いに行こうよ~。」
「いや、別にいらないよ~使えるし!」

・・・って、それは用途が違うものだよ~。

結局、要らないの一点張りで・・・。
しばらく彼の筆箱はジップロックになりそうです。

それにしても・・・母ならジップロックなんて恥ずかしくて持てないけど 汗。

うすいまさとのライブ&トーク♪・・・舞台裏!

12月7日・・・いよいよ当日。
4:50起床、まずは12人前のお弁当を作る。
経費削減のため、お弁当は手作り!
12個に詰めるの思いのほか大変で、9:00の集合に10分遅刻!
みなさんすみません 汗。

受付開始は13:30だけど、
大急ぎで準備開始!

9:30・・・ボランテイア7人が到着!
楽曲提供のお仕事をしているⅠ君が一番乗り。
中学の後輩・・・弟の同級生!
簡単な説明の後、会場を見てもらう。
そうこうしているうちに・・・。

9:45・・・うすいまさとさん到着!
簡単なご挨拶のあと、機材搬入!
男子5人で運ぶ!

書籍は女子が受け取り、売り場の設置!
書籍、CD脳の歌 CDママへ・・・
それぞれ会場購入特典がつくため、
妹2人がラッピング!
この、のんびりコンビはマイペースなオーラ全開なので、
スタッフのYさんが気を遣ってくれて・・・。
「あの2人は口出しせずお任せしたほうが良いですよね?」
・・・・さすがスペクトラムっ子ママ、見る眼が鋭い!

ステージでは、機材の設置がはじまり、
司会のS子さんが見守る・・・。
「ぴょんさん、わたしもう泣いてしまいそうです。」
・・・S子さん、ダメですよ~泣くのは終わってから。
内輪の感動は外に伝わらないから、うすいさんの歌で泣きましょ。

私は受付でクリスマスの飾りつけ。
さらに、アンケートや「あすぽーと通信」、など、
配布資料を200セット作る。
・・・・社会福祉協議会の方がお手伝いに見える。
社協のKさんがいなければ、このイベントは成り立たなかったって言うほど、
さまざまお世話になりっぱなし。
何からなにまで、本当に有り難うございます。

そして、リハーサル。
照明の位置や、サウンドチェック、司会の流れなど確認をして、
本番と同じようにやってみる。
ぴょんはあすぽーとの代表として挨拶・・・も、緊張したけど、
すけさんが、映像を使って歌詞を表示する操作を任され・・・妻としても緊張。
サウンドチェックのⅠ君はさすが!!
うすいさんは誰でも出来るっておっしゃったけど、
ほかの男子はみんなお手上げだった。
「Ⅰ君、ほんとうに助かりました。」
「・・・って、お姉さんまだ始まってもいませんよ。
本番、頑張りましょう!」・・・励まされる。

リハーサルが進む中、
受け付けや場内整理をする班の昼食タイムに!

書籍をラッピングしているはずののんびりコンビの様子を見に行く。
なんと・・・終わっていない 汗。
「私も手伝う!」・・・と、意気込んだものの、
これがまたなかなか難しい!
「ちょっとぴょんちゃん、クルリンパ出来てないわよ。」
・・・クルリンパっていったい??
→どうやら彼女たちが編み出したラッピング法らしい。
のんびりコンビにダメだしされて・・・。
ぴょんは、特典品のチェックとと箱詰め!
少々あおって昼食にこぎつける。
スタッフのNさんは、「すべて終わってから食べます。」
・・・って、おそらく食事ができる気分じゃないのだろう。

Yさんを含め、ほかの方々には、
やや強引にお弁当を配り、食べていただく。
腹が減っては戦が出来ぬっていうからね。

リハーサルに戻り、
発達障害支援センター長の挨拶をいただくタイミングを確認。
また、終了後のお見送りの打ち合わせ・・・。
「テーブルを用意していただいて、サインの要望などにこたえます。」
・・・・と、うすいさんの有難いお言葉。
でもでも、ぜーんぶラッピングしちゃいましたけど 汗!!
「あの、お会計終了後に、購入者がラッピングを破いてサインを依頼するって形で良いですか?」
あせって、解決策を提示!もちろんOKが出た・・・。
滞りなく、リハーサル終了!

うすいさんに昼食を運ぶと・・・。
「ライブ前は食事をしません。水分も常温の水だけ。
あとでいただきます。」・・・とのこと。
・・・このこだわりに口出しは無用だと思い、
楽屋にお茶とお弁当を置いて出てきた。

受け付けチームと入れ替わりで、
リハーサル参加チームの昼食。
「久々に家庭の味だ~。しかも大好きなから揚げだ!」
Ⅰ君がことのほか喜んでくれて・・・。
経費削減策が良いほうに転んだ・・・ラッキー!

ぴょんたちがお弁当を食べていると、Yさんが受け付けチームに号令をかける。
「のんびりコンビ!集合だよ~!」・・・妹2人をあおる 笑。
わたしだってのんびり食べてはいられない。

12:45早くも来場者が見え始める。
急いで保育士がスタンバイする休憩室へご挨拶。
カワイイエプロンにおもちゃや布団、オムツ・・・準備は万端だ。
さすがベテラン保育士チーム!
宜しくお願いします。

13:00繰り上げて受付と開場を開始!
前三列は見えにくいので、人を入れない予定だったけど、
どうしても最前列で見たい方もいて・・・。
予定外にボランテイアの方々は本当に良く対処してくれて・・・。

舞台袖では、司会とうすいさんがスタンバイ。
うすいさんはチューニングなどをしながら、呼吸を整えていた。

13:50「まもなく開演となりますのでお席にお着きください。」
司会の呼びかけが入る。
わたしは受付の状況を確認して・・・・。

14:00司会の第一声!!

つづく・・・。

教科書ってどんな味??

先日のライブの記事をまとめたいのだけど、
ちょっと時間がかかりそうです。

今日は、きな君面白小話を・・・。
いや面白がってて良いものなのかどうかは疑問だけど・・・。

まあ、我が家では開き直って面白がってます・・・笑。

きな君が大好きなドラマ、「信長協奏曲」にて。
家康君がサブローからもらったエロ本をボロボロにしているのを見て・・・。

「なんであの本あんなにボロボロなんだろ?」
きな君は不思議に思ったようす。
「カワイイ女の子が載っているから、スリスリしちゃってるのかな?」
・・・返答に困る母 汗。

「きな君の教科書だってボロボロじゃん。」by母。

「あ~・・・だって俺はたまに教科書食べるから。

「・・・・・。
いまなんとおっしゃりましたか?」

「いや、食べたくなるときあるんだよ。」

「・・・・。」→ないだろそんなとき!!  ぴょん心の声。

「はあ~・・・教科書ってさ、どんな味するの?」

「うーん、味がないアメって感じ。」

・・・どんな感じだよ~ 涙。

「えーっと、教科書、教科書・・・。
お母さんもさ、食べてみれば分かるよ!!

遠慮しときます。


不安になると口に何か入れてしまう癖・・・。
まだ治ってなかったのね。

テイッシュや折り紙、鉛筆、キーホルダー、ホチキスの芯・・・。
学校は食べ物を持ち込めないから、色んなものを食べてしまう。

ふーん、最近のお気に入りは教科書なんだね。
きな君が口に入れるものを持たせないようにしたりしてたけど、
さすがに教科書は無理!・・・鉛筆も無理だけど 汗。

学校もさ、ガムとかアメくらい・・・食べてもいいと思うんだけどな。
ほら、メジャーリーガーとかガム噛んでるじゃん。
ガムを噛むと集中できたりするんだよね~。
少なくとも、ガムがあれば教科書は食べないと思うんだよね~ 笑。

うすいまさとのライブ&トーク♪

昨日・・・「うすいまさとライブ&トーク」
感動、感動、感動・・・のうちに終わりました。

大人が143人、中学生以下の正確な人数は分かりませんが、
・・・参加費から人数を割り出したため。
事前のお申し込みでは40人強だったので、
180人を超えて、目標の200人に迫る、
運営人数5人のあすぽーとにしては、大入りのイベントとなりました。

しかしながら・・・。
身の程しらずのイベントを企画したため、
反省点は山ほどあります。

まず、受付で人数をカウントしなかったため、
受付の通過人数を把握できず、受付の撤収が出来ずに、
あすぽーとスタッフはライブをあまり鑑賞できませんでした。
私は、支援センターの所長とご一緒に鑑賞をさせていただいたので、
ちょっとメンバーに申し訳ないです。
一番頼りない私が、代表をさせていただいているため、
いつも裏方のみなさんの支えで、おいしいところ取りをしているようで・・・汗。
・・・本当は裏方のほうが好きなんですけどね 笑。
でも!!正直に言えば、ライブ本当に良かったです♪・・・えへへ。

また、受付に何のイベントかをお知らせする看板などを用意し忘れ、
受付のボランテイアの方にはご迷惑をおかけしました。

また、パソコンを持ち込まなかったため、
当日のお申し込みのメールの返信が出来たのは、
全てが終わった夜でした。
参加していただけたのか?・・・申し訳ないです。

でも、こちらの反省点とは違い、
ボランテイアさんには頑張っていただきました。
今回のボランテイア優秀賞・・・は、サウンドチェックをしてくれたⅠ君。
専門ではないとは言え、さすがは音楽関係者!
微妙な調整を1人で頑張ってくれました。
完璧なお仕事をしてくれたⅠ君でしたが、
チックなのか?奇声なのか?規則正しく「シュ、シュ、シュ」
・・・って音がどこかから出ているのか?メッチャあせっていたらしいです・・・笑。
あんまり規則正しくて、機械だと思ったようですね。
Ⅰ君、裏方だけでなく、身近にスペクトラムっ子を感じていただけたかな?

そして、保育室の方々。
ライブにまったく触れることなく裏方に徹していただきました。
6人のお子さんを保育していただいたようです。
こちらは専門の保育士さんにお願いしたので、
まったく心配することなくイベントに集中できました。

場内ボランテイアの方々、
おかげさまで、40人を超えるお子様が参加しているにも関わらず、
大きな混乱なくイベントを終了できました。

受付のみなさんは、こちらの不備が多いポジションだったにも関わらず、
大きな混乱なくおわりました。
当日に清算まで出来てしまうなんて思いもよらず・・・。
みなさんの正確な仕事ぶりに頭が下がります。

また、書籍の販売までお手伝いしてくれた方々。
おかげさまで、わたしはお見送りに専念できました。
うすいさんも希望する方々に、サインやお話しをしてくださり、
みなさん本当に嬉しそうでした。

そして・・・ぴょんぴょんブラザーズ!!
実は私の兄弟姉妹・・・勢ぞろいで働いてもらいました。
すぐ下の弟は場内整理。
下の弟は記録映像。
妹と弟嫁の「のんびりコンビ」には、受付や本の袋詰や販売など。
すけさんは、ライブのパソコン操作。
妹の旦那には機材の搬入。
お昼のお弁当ひとつで、一日働かせて、ごめんね^^;

みなさんのお陰で、昨日のイベントは滞りなく終了しました。
あすぽーとスタッフは、このあと・・・。
後援をいただいた教育委員会さんや、
助成金をくださったゆめの芽さんへ、
イベントの内容や収支の報告をしなければならないけど。
次回のミーテイングまでは、イベントが盛大に行われた余韻にひたりましょうか・・・笑。

イベントの様子については、次回ご報告いたします。

きな君色に・・・。

今日はもっちのお遊戯会だった。
もっちはやる気満々で、
毎日全ての役を1人でこなす、1人芝居に明け暮れていた。

ちょっと広い場所があると、スーパーなどでも、
「オオカミなんて怖くない♪怖くない♪」と、歌って踊ってしまう 笑

お隣のクラスの先生からも、
「もっち君は本当に台詞が上手!」・・・と、褒められ、
なんせ子どもが褒められることに慣れていないものだから、母も照れてしまう。

きな君の行事は、はっきり言って、
「何事もなく無事に!!マッハで終わって!!」・・・と、
祈りつづけ、胃が痛くなってしまうのに!!!

もっちの行事は心待ちに出来る。

頭が大きいので、
ヤギの角と耳をつけたカチューシャが、すっぽーん!!と、外れた以外は、
たいしたハプニングもなく、カワイイカワイイで終わった。

きな君のスリル&ハプニングも楽しいけど、のどかに楽しめるもっちも良いよね~。育児が2倍楽しめる^^

もっちの出番が終わるやいなや、きな君行方不明・・・汗。
必死で探す母・・・やはりぴょん家の行事、ハプニングは必須なのか??

見つけ次第、もっちはすけさんに託し、母ときな君は撤収!!

幼稚園からの帰り道・・・。
もっちの勇姿に触発されたきな君・・・踊らずにはいられない。

そして、残念なほど格好が悪い・・・涙。

「やめようよ~。きな君。帰ってから踊ろ??」
・・・「はーい!」、と言うものの止まらない踊り。道行く人が振り返る。

そこにきな君のお友達が!!
「よー、お前どこ行くんだよ!」・・・踊りながらたずねるきな君!
「Kん家!!」・・・止まって振り返って答えるお友達。

・・・・自分で聞いておきながら、
顔を見ることもせず、返事もせず、踊りながら去って行くのやめよーよ。

どんな行事も、きな君色に染まってしまう、
ぴょん家なのでした。

いよいよ明日はあすぽーとのイベントです。
当日席もご用意しましたので、お時間がある方は、ぜひお越しください。
詳しくは11月4日の「うすいまさとライブ&トーク」の記事をご覧ください。

イベントのお申し込みについて。

今日、お申し込みの返信メールもれがあり、
お申し込みしてくれた方にご迷惑をおかけしてしまいました。

また、ファックスのほうは、ご質問のないものは返信をしておらず、
メールにてご確認をしてくださる方もいらっしゃいます。
メールのほうはご返信をさせていただいておりますが、
漏れがあったようです。
不安を与えてしまったことをお詫びいたします。

本当にお申し込みが完了しているのか??
私でも不安になってしまうと思います。
このあたりは来年の課題とさせていただきますので、
どうか今年はご容赦ください。

お席のほうは、もともと一部閉鎖して200名としておりましたが、
お子様のお申し込みも多く、お席にはゆとりをもって対応したいと思います。
優先席、車椅子席以外は、閉鎖するのをやめて、
200以上のお席を用意することとしました。
当初の募集人数は埋まりつつありますが、
あじさい会館には350席あります。優先席車椅子席を閉鎖しても、
当日お席が足りない・・・などという事態になることはありませんので、
どうか安心してお越しください。

また、これにより当日の飛び込み参加も受付が出来ます。
イベント保険などの関係上、なるべく事前にお申し込みしていただくと助かりますが、
ぎりぎりまでご都合が分からない方も、ご都合がつきましたらどうぞお越しください。

今日は最後のミーテイングを行いました。
秋はイロイロありますからね・・・
それでなくても、あすぽーとはボランテイアだから、
みんなほかに多忙な生活を抱えつつ頑張っている。
メンバーのモチベーションもギリギリなところで維持しているんだなって、思った。
気が付かなくて本当に申し訳ない!
→そもそも鈍感なのよね、ぴょんは^^;
でもでも、大変だった分!!
きっと達成感というか充実感というか、それも大きいよね。

去年のイベントの準備期間!
初めてづくしで、本当に気持ちが不安だったけど、
終わったときの達成感というか高揚感というか・・・。
受験に合格したときのような・・・
この年齢で、こんな気持ちを得られるなんて幸せだなって思った。

今年はさらにパワーアップしたイベントを企画しちゃったから、
大変なことも多いけど!!
きっと、終わったあと気持ちいいね!
みんなで達成感を分かち合おう!

でも、泣いても笑っても・・・明後日は本番!!
ここまで来たら、楽しんでしまおうよ!!

がんばれ!あすぽーとスタッフのみんな!
がんばれ!自分!・・・笑




うすいまさとライブ&トーク 朝日新聞で告知!

本日の朝日新聞神奈川版に・・・。
あすぽーとのイベント、
「うすいまさとライブ&トーク」が告知されました。

火曜日に朝日新聞の方から、
新聞に載せても良いですか?・・・と連絡があって、
驚いた・・・びっくり。

以前、うすいさんを取材したことがあるようで、
その絡みだと思うけど・・・。
ちょっとは社会へ発信できているのかも!
あすぽーと!!

朝日新聞神奈川版をお持ちの方はぜひ、
ちらりと見てやってくださいな^^

ぴょんの弟くんなんて・・・。
朝5時半に、買って来てくれたようで!!
「朝日25面見た。」と連絡をくれました。
ぴょんは寝ていましたが・・・汗。

もちろん、朝いちばんでぴょんも買いましたよ。

子どもを合わせると、
思っていた以上に席が埋まり・・・。
200席の目標まであと少し!

あすぽーと一丸となって、ラストスパート!!

12月7日はあすぽーとのイベントです。
詳しくは11月4日の「うすいまさとライブ&トーク」をご覧ください。
まだ少し空席はありますので、ぜひご参加ください。

大切だから難しい。

今日・・・出勤すると。
常連のお客様から、
手作りの入浴剤をいただきました。

以前「はーとコミニテイ」に、
よく顔を見せてくれた方です・・・が、
ちょっとした行き違いから、
あるときを機に、
ぱったり姿を見せてもらえなくなって・・・。

とっても心配していたのですが、
たまたまお店の常連さんで、
私とは良く顔を合わせます。
時に言葉を交わしたり、
情報をそっと伝え合ったり・・・。

「なかなかいけなくてすみません。」
なんて言ってくださるのだけど、
謝る必要なんてないんですよ。

コミニテイは不特定多数の方が集まるため、
行き違いもあるでしょう。
私が原因のことがないとも限らないと思っています。
足を運ばなくなった方も、
ちょっとネガテイブな理由の場合もあれば、
悩みが解決して、コミニテイが必要でなくなるような
ポジテイブな理由もあるでしょう。

月に1度、たた2時間のコミニテイ。
発達障害者の保護者支援者・・・と、
対象がざっくりなのも、予約が要らないのも、
料金が無料なのも・・・門戸を大きく開けておきたいから。
コミニテイを必要としてくださる方が、気軽に足を運べる場でありたい。

・・・・と、
あすぽーとでは考えていますが、
きれいごとばかりで片付かないのが人間関係ですよね。
うまく行かないこともある。
それがコミニケーションと言うもので、
何もかもうまく行くなら、スペクトラムっ子が悩むこともない。

だから、足が遠のいてしまった方が、
元気に声をかけてくださると、本当に嬉しい^^v

入浴剤は、重曹とクエン酸、ローズマリーのようなハーブで出来ていて、
肌が弱いきな君も入れるし、なんと発泡するみたい。
ありがたく、子どもの入浴時に使わせていただきます。

コミニケーションって難しい。
だけど、大切にしているから難しいのかもしれない。

12月7日はあすぽーとのイベントです。
詳しくは11月4日「うすいまさとライブ&トーク」の記事をご覧ください。










たまごになったきな君!

学習発表会が終わりました・・・。
はあ~、緊張してどっちゃり疲れた。
いや、私は何もしていないのだけど、
きな君を見ているだけで疲れました。

スペクトラムっ子とのお付き合いも12年。
たいていのことには慣れたけど、
緊張しすぎて、過呼吸気味の息子を、
手出し出来ない場所で見るのは・・・胃が痛くなる。

そもそも、前後左右に人で埋まった場所にじっと立っているなんて・・・。
そりゃ過呼吸気味にもなる。
なんせ、小さいときは威嚇するし、怒鳴るし、押すし・・・人ごみパニックな子だったので、
それに比べれば、自己完結しているので成長と言えば成長かも知れないけど。

実行委員としての仕事は、人ごみから解放された場所なので、
不思議なくらい普通にこなしていた。
問題は、また人ごみに戻ったあと。
肩で息をしながら、どんどん小さくなるきな君。

そんな君を見るのは、母もツライ。
すぐさま行って、外へ連れ出したかったよ。
ラストは人ごみの中で、合唱!!
・・・きな君、耐えかねて、脱走!
まさか、6年で脱走を目撃するとは思わなかったけど、
ちょっとほっとした。

担任がそっと様子を見に行き、
保健室へ連れ出してくれた。

「見に行ったら、たまごのように丸まって小さくなっていました。」
なんだろ??・・・そういう時って、外部からの刺激を少なくしたいのか??
小さく丸まるんだよね・・・笑。

がんばったね!
おつかれさま・・・きな君^^v

12月7日はあすぽーとのイベントです。
詳しくは11月4日の「うすいまさとライブ&トーク」の記事をご覧ください。

プロフィール

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR