02
1
3
7
9
10
13
14
16
20
21
22
25
27
28
   

無敵なきな君!

今日という今日は・・・!!!

今日は最後の懇談会でした。
まあ、懇談会はいつもと同じだったのだけど、
ふと黒板を見ると、けっこうな量の宿題が!!

いつもこんなにしていないけど・・・。

まあ分かっていたことではあるけど、
本当かどうかはっきりするまでは、怒ることもできず。
・・・ある意味これで、ガツンと言える!

母が帰宅したとき、きな君は不在!
お友達と、雨の中ご苦労なことにゲームをしていたらしい。
きな君は帰宅後も、通信を使ってゲームをやるといるのだが・・・。

「宿題は??」
「終わってる~。」
・・・・と、いつものやりとり。
でもでも!!
「今日はお母さんは学校に行ったから、どんな宿題か知ってるよ。」

「・・・・。」
絶句するきな君。

「音読も日記もどうやら毎日出ているみたいだけど??」

「・・・。」
気絶しそうなきな君。

「白状するよ。まったくやっていませんでした!!」
白状したらすっきり、とばかりにゲームをやろうとするものだから・・・。

きな君・・・こってりと絞られました。

来月6日から行われる最後の漢字50問テスト・・・。
100点取るまではゲームは禁止!

「それにしても、お母さんってさ・・・優しいよね。
なんだかんだ言ってもチャンスをくれる。」

いやいや・・・あれだけ怒られて、母を優しいと言う君のほうが大物だよ。
普通は凹んだり、反抗的になるって!!

「うん、確かに!おれは反抗もせず、いつも説教をおとなしく聞いて・・・。
ちょっとはエライと思うでしょ?」

エライって・・・ちょっとは凹んで、がんばろうよ!

懇談会で・・・お母様方が口をそろえて、
「ウチの子は、促すとやりますが自ら計画的に学習できません。」
・・・と、心配顔でおっしゃっていたが、
おそらく、きな君の無計画ぶりに敵うお子様はいらっしゃらないと思う。

きな君は・・・促してもやらない 汗。
どちらかと言うとサボる手段を考える。

ある意味ここは、きな君は無敵!?
・・・ちょっと悲しい無敵っぷりだけど 笑。
スポンサーサイト

おバカな家族・・・LOVE!!

最近のもっちはやたら反抗的!
目だった反抗期が未だないきな君とは対照的に、
育児書どおりに、6歳反抗期がやってきたようだ。
まあ、反抗期と言っても・・・。
きな君のパニックに鍛えられた母から見ると、笑ってしまう程度なのだけど ^^

そんなもっちが最近、怒ると片目をヒクヒクさせて怒ったことをアピールする。
そのお顔あんまりかわいくないな~。って、やんわり否定したら恐ろしい逆襲が!

「どんなもっちだってカワイイって、いつも言ってるじゃん!
このお顔だってカワイイって言ってよ!!早く言って!!」

地団太を踏むもっちに負けて・・・。
「うーん、かわいいよ。確かにどんなもっちもカワイイ。
でもそのお顔はかわいいけど、恐い・・・から、コワカワイイ??って感じ?」

コワカワイイで納得してくれたけど、もっちはどこでこのお顔を覚えたのだろう?
もしかしてきな君もしているのかな??

そこで、きな君に聞いてみた。
「最近、もっちがこういうお顔をするのだけど、もしかして、きな君もしている??」

「お母さんひどい!濡れ衣だ!」・・・こちらもすごい抵抗が!

「いや、誰かから仕入れないと、自分であのお顔を作るとは思えないんだよね。」 

「だからって、おれを疑うなんて!
そもそも、おれはそんな高度な顔できないよ!

・・・・そうでした。きな君は顔のパーツを、左右不対称に動かせないのでした。
ASDにありがちなシングルフォーカス!なにしろウインクも出来ないのだから 汗。

きな君ごめん・・・君を疑うなんて母が悪かったよ。
・・・とすると、幼稚園か。
まあでも、良くも悪くも、お友達を真似するって、けっこう大事な発達だしね。

・・・アスペ君はほとんどまねして来ない。かたくなに、独自路線!!

ちなみにきな君がもっちのお顔をまねしてくれたけど、
へんな「まばたき」にしかならず 涙。

でもきな君の「まばたき」にヒントを得て・・・。
「もっち、怒ったときにするコワカワイイお顔は、
ウインクにしてみたら?そしたら、ちょーカワイイ!になるよ♪」

・・・っと、提案してみた。
もっちはウインクが大好き!もちろん、アイドル並みにうまい。

でもでも、きな君も成長している。
だって、両目つぶってしまうけど、時間差が出来るようになったもの。

こうして、もっちが片目をヒクヒクさせると、
「もっち違うよ~ウインクだよ!」って指摘することに・・・。
「ウインクだよ~。」って聞くと、
きな君も反応してウインク時間差まばたきしてしまう。
それに対してもっちが反抗しようとしても、
きな君の時間差ウインクで笑ってしまって、反抗できない ^^

ぴょん家・・・何をやっているんだか。ほーんと、おバカな家族だよね?!
でもね・・・こだわり、パニック、不眠でこころ休まらない時代を考えると、
こんなバカみたいな時間がとーっても安らぐんだよね。

おバカな家族・・・LOVE!!

はーとコミニテイ・・・2月19日。

2月19日のコミニテイは、
南児童ホームの先生をお2人もお招きして、
地元淵野辺で開催しました。

あじさい会館も、広くていいけど・・・。
なんだろう??ちょっとしたアウェイ感っていうの??
やっぱり地元は落ち着きます^^;

先日告知した勉強会を主催する、
「れいんぼうず」さんの運営者お2人も参加してくださいました。
思えば、ほかの団体さんから「見学させてください。」って言われるなんて、
「あすぽーと」も出世したものです 笑。
なんか、久しぶりに発足した当時のことを思い出しちゃったな。
とにかく前を向いて2年間走り続けて、気付いたら今になっていた。

発足した当時、不安になるたびに、
「とりあえず3年頑張ろう!」と、心に決めて前を向いたっけ??
決めないとやめたくなりそうで・・・。
応援してくれたコミニテイママに話したら、
「3年といわず10年くらい頑張ってよ!」って、エールをもらったりしてね。
どうやら、3年といわず・・・もう少し長いお付き合いになりそうですよ。

まあ、まだまだ綱渡り運営ですが^^;

話しが脱線してしまいました。

ゲストの先生とは、
イベントの営業のさなか知り合い、
佐々木正美先生の言葉を大事にしている者同士、
意気投合して・・・。
本当に暖かい先生方なんですよ。
先生方が所属するホームでは、
10年間、毎年佐々木先生をお招きして講演会を開いていました。
実はわたしも何度も参加しているんですよ~。
・・・世の中って狭い。
なんと、下鳥先生は当時佐々木先生を送迎する係り?をしていたそうで、
車を運転しながら、仕事で関わる子どもたちのことを相談していたそうです。
・・・・ちょっとうらやましい。

今回も佐々木先生のお言葉を紹介してくださいました。
過保護とは、子どもがしてほしいことをやりすぎること。
過干渉とは、子どもがして欲しくないことをすること。
どんなに過保護に育ててもいいけど、過干渉はなるべくしないほうがいい。

わたしも子育てに迷ったとき、
いつもこの言葉を思い出し・・・なるべく過保護を選ぶようにしています。
たとえば子どもが忘れ物をしたとき・・・。
届けてあげると甘えて癖になりそうだと思ってしまい・・・迷いませんか?
そういうときに、子どもの目線で考えてみると、
届けてあげたら喜ぶだろうな・・・って思うんです。
これは過保護ですよね。
でも、思春期でお母さんに世話を焼かれることを嫌がる場合もありますよね?
それなのに届けるのは、過干渉かもしれません。

相手の目線で考えるって・・・大切なことですよね。
でも・・・わたしは本当に苦手だった。
頑固でこだわりが強いから、自分の我を無理やり通す人だった。
今もそういうところはあるけど、
きな君にたーくさん教えられちゃったから、
少しは、周囲を見れるようになってきたと、自分では思っているんだけど^^;

またまた本題から・・・脱線したもよう 汗。

れいんぼうずワークショップ告知。

今日ははーとコミニテイの日でした。
インフルエンザが流行っているからでしょうか?
いつも元気に集ってくれる常連ママたちの姿が見えず、
ちょっとこじんまりしたコミニテイでした。
それでも、スタッフやゲストを含め、20人弱の方々があつまり、
楽しい時間を過ごしました。

コミニテイの記事はまたアップします。

実は今日、新しくサークルを立ち上げた「れいんぼうず」さんの
スタッフさんお2人がコミニテイに参加hしてくださいました。
れいんぼうずさんの初めてのワークショップが、
2月27日にあるそうなので、その告知をさせていただきます。

明星大 星山先生によるワークショップ

日時  2015年2月27日 10:00~12:00
場所  相模原市 緑区役所内 情報交換ルーム
会費  500円
定員  30名

全3回 2回目以降の日時や場所は未定。
また、アップさせてもらいますね。

後援:相模原市教育委員会

コミニケーションサポーター講座
 子どもの困り感に寄り添い、どうヘルプしたらいいのか学びます。
ポートフォリオ製作(お子さんの取り説のようなもの)
なかなか伝えられないお子さんのことを上手に伝えるために作ってみましょう。
不器用体験
疑似体験により子どもの心と接し、理解してみましょう。
子育て悩み相談
身近な人には相談しにくいお子様のことを話してみませんか?

お申し込みはメールにて
rainbows.sagami@gmail.com
担当者 「れいんぼうず」 村崎

あすぽーとでも、疑似体験やリましたね。
「おお~難しい!」という、想定内の声のほか、
やたら燃えてしまって、
軍手をしていても短時間で見事な折鶴を折ってしまったママがいたり。
でも、集まった方々の緊張がほぐれて、楽しかったですね。

あすぽーとのコミニテイも、
身近な人には話しにくいことを話せる場として、
また、同じ悩みを持つもの同士理解しあえる場として、
賛同をいただいて毎月開催できています。

こういう、共感の場がまたひとつ新たに誕生したことを、
とーっても、頼もしく思います。

お時間がある方は参加してみてはいかがでしょうか?
まだ、お席はあるみたいですよ^^v
わたしも、仕事のシフトが土曜日に分かるので、
オフでしたら参加したいなって思っています。

コミニテイのあと、ちょっとお話しをしたのですが、
同じ市内のサークル同士、協力できるところは協力しあいたいですね。







はーとコミニテイのお知らせ。

明日は、「はーとコミニテイ」の日です。

2月19日9:50~大野北公民館3F工作室にて。
今回のゲストは、南児童ホームの先生方をお招きしております。
発達障害を持つ子供たちと、どう関わりサポートしているか、お話ししていただきます。

今年度最後のコミニテイとなります。
次回は4月23日を予定しています。
会場は未定です。

宜しくお願いします。

母の勘違い!

今朝、朝の情報番組。

某ファストフードメーカーのCMで、
ドッキリなんだけど、
お会計は家族への愛情表現!!って言うものがあって。
家族でハグして愛を表現しているのを・・・
じーっと見つめるきな君。

きな君は、
「ぼくだってまだまだ甘えたいよ~。」って、
思春期の男子にはないストレートな愛情表現をするお子様なので、

「あれれ、きな君もママのハグがいいのかな?」
冗談交じりに言ってみた。

ところが・・・。

「いらねーよ。」即答にしてキッパリ!

おお~・・・ついに来たのか?
母と距離を置く時が・・・。
さみしさ半分、ほっとした気持ち半分。
でもでも、きな君だって12歳の男の子だもの。
いつまでも、お母さんにベッタリとはいくまい。

「あらあら、そんなこと言っちゃって!
まだまだ甘えたいんじゃないの??」

ちょっとからかってみる^^;

「うん。甘えたいよ。」こちらも即答にしてキッパリ!!

あれれ??思春期到来じゃないのかな?

「だって、ママのハグはいらないって??」

「うん。いらないよ。
だって、今は時間ないし、帰ってきたらしてね。
約束だからね~♪」

へっっ??
そーいう理由?

ママベッタリを卒業じゃなくて・・・。
単なる、母の勘違い??
なーんだ・・・ちょっと残念。

きな君って、本当に素直で天真爛漫で、
いっつも、ストレートに母にぶつかってくれて・・・。

でも本当は、甘えたいきな君かわいくて、
ちょっと嬉しかったりして^^ えへへ^^v




そう来るか!!

きな君のうっかりには慣れているけど、
いまだ・・・おぉ~そう来るか!!ってことがある。

妹の家から帰るとき、
きな君が落ちていたDSのカセットを拾って、
「あ~・・・また忘れるところだった!」
って、大事そうにバッグにしまったので、
母としては、
「ちょっとは成長したな~!」・・・って、感心していたのだけど。

実はそのカセット、
きな君の物ではなく甥っ子のものだった 汗。
まさか!!!
何のカセットか確認せずに自分のものだと思っていたとは、
予想できず。

余計なものを持ち帰って来ただけでなく、
なんと・・・以前なくしてあれだけ不便だった充電器が見当たらない。
お泊りしたバアバの家にあるといいのだけど。
「なかったら、またお年玉で買うんでしょ?」
・・・当然です^^

帰宅後に、
「いい加減にゲームをやめなさい!」
・・・って、言ったら。
「はーい、どうせしばらく出来ないからいいや。」
・・・・って、まあ自分のしくじりに対して、あきらめは良くなったな。

小学校6年間で、なくし物はだいぶ減ったけど、
これがきな君の特性だから、なくなることは望めないね。
まあ、自分の責任だと感じているだけ、お兄さんになったってことで。

中学になっても・・・。
持ち物や提出物との戦いは続きそうだ!
ともに戦おう!きな君!

部活動見学会。

きな君は今日、中学の部活動見学だった。

「おれ科学部にする。」

・・・なんで?

「みんな優しかったし。」

・・・それだけ?

「パソコンで自分たちでゲームを作ってた。」

ほかの部活は?

「陸上は厳しそうだったし、
卓球は素振りばっかりしてつまらなかった。」

・・・いや、卓球に限らず、
テニスも、バドミントンも、野球も・・・みんなやるでしょ。

どうやら、運動部の基礎練習を見て、
「つまらない」と、判断した模様。

・・・科学部って週に何回くらい活動があるの?

「しらない。」

・・・プログラムのほかに何かするの?

「しらない。」

お母さんはご近所さんに、べっこうアメを作ったりしてるって聞いたけど。
・・・さらに、帰宅部を回避したい子が集まっているともね。

知らないのに、科学部にするの??
ほかの文化部は?

「美術は絵が下手だし、吹奏楽は音感悪いし、
演劇部は笑っちゃうし、科学部くらいしかやりたいものなかった。」

・・・・だったら、いろいろ聞いてくれば良かったのに。

運動会の練習で登校しぶりになっていたことを考えると、
厳しい運動部より、楽しい文化部のほうがいいかも。
運動部は先輩後輩の関係とか、あいまいで難しい社会性を必要とするし。

きな君が、連合運動会の決勝に進出して陸部に入りたいって言ったとき、
ちょっとだけ母も夢を見てしまったけど、それはあきらめよ~。
大丈夫!きな君のお母さんになって12年!
良い意味であきらめることには慣れている。

・・・夢って言ってもね、活躍して欲しいとかじゃなくて、
人並みに運動部で頑張れるきな君を見れるのかなって夢。
まあ、夢を見て現実に打ちのめされるより、
きな君自身が、ちゃんと目覚めさせてくれてよかったわ。

そう、親が余計な夢を見ている場合ではない。

まずは、部活云々より、
安定した中学校生活を送れることが先決!
帰宅部回避の部活なら、部活のフォローは後回しに出来る!
一般の学校生活で、苦手分野をどうフォローするか?
そっちに集中しなきゃ!



すけさんの健康診断。

父の法要の帰りに、
姉妹仲良く3人でお米を買った。
彼女たちは驚くに違いない。

我が家はなんと本日追加購入!
10日で5キロが消える。

しかも、きな君がら、
朝食はコメが良い・・・と、リクエスト。
給食はイヤだとか、朝ごはんはコメだとか、
お米の消費が更に激しくなること間違いなし。
どうしよ~5日で5キロとかになっちゃったら!!

ところで・・・。
すけさんが先日健康診断を受けて、
コレステロール値が高いとか、
肝臓がフォアグラ化してますとか、
とにかく痩せなさいとか・・・
毎年指摘されつつ、ちっとも改善されないことのほかに、
今年新たにひっかっかたものがある。

それは、眼圧が高いってこと。
実は昨年も高かったようなんだけど、
昨年は風邪をこじらせたさなかの検診だったので、
そのせいだと思われたらしく、様子をみましょうってことだったんだけど、
今年も高くて・・・これはちょっと要注意だなってことに。

眼圧が高いと、視神経を傷つけて緑内障になってしまうらしい。
緑内障になってしまうと治療は出来ないので、
実際は、緑内障になる前に点滴で眼圧を下げることに。
注射がダメな大人なのに・・・・。

いまだ原因が分からない緑内障。
ご高齢の方がなるかもしれないってイメージがあるけど、
最近は若者にも増えてきている・・・らしい。
原因がわからないものの、
インターネットやスマホ、ゲームなど、
・・・そうそう、勉強も要素のひとつに入っていた。
とにかく、目を酷使する時間が増え、かつ低年齢化していることが、
まったくの無関係とはいえない・・・だろう、という考えもあるようだ。

我が家の息子たちも、困ったことに大のゲームっ子だ。
とくにきな君はほどほどという言葉を知らないので、
ある程度こちらで気をつけたいとは思うけど、
すけさん含め、本当は自分で気をつけて欲しいのだけど。
すけさんの健康診断で引っかかっているものは、
すべて摂生すれば問題ないことなのに、
なかなか出来ずに、毎年引っかかっている。

ここらで、心を入れ替えないと・・・。
まあ、私も横に割れたお腹を何とかしようと思いつつ、
いかんともしがたいのだけどね。

音楽発表会♪

今日はもっちの音楽発表会だった。
毎年この時期に行われる園行事のひとつ。

毎月専門の先生による音楽指導があるので、
1年間の練習の成果を披露する場所だ。
先生方の電子ピアノやリズムも入るけど、
園児にしてはなかなか完成度が高い。

まっ、ぴょんはこの手のトレーニングにあまり興味がない。
幼稚園や学校は、集団でしか学べないことに重きを置くべきであって、
勉強とか音楽とかアートとか、個人的に上達するより、
集団のなかで学ぶコミニケーションが何より大事だと思っている。
それは自閉症の子どもでも同じ。
同じようにコミニケーションを取る必要はまったくないけど、
集団の中に入るからこそ見える課題や、支援が見えてくるのだと思う。

音楽発表会・・・もっちなんて、
年少のときは途中で寝てた 笑。
年中のときは自宅で復習をするよう言われて驚いた。
「私は下手でも気にならないので。」ってお断りしたら、先生も驚いていた 笑。
こちら参照→幼稚園面談!

また、だれがどの楽器をやる・・・とか、
お母さんたちも心穏やかではいられなくなるようだし、
厳しい練習に登園をしぶる子どももいる。
がんばりすぎた先生たちは、本番が終わると号泣!

まだ園児なのに、そんなに頑張ってどうする!?
子どもによって興味の持ちようも違うし、やる気や自信のつく時期もさまざま。
学校へ行ったら、イヤでも同じ方向を見なくてはならない時間があるのだ。
幼稚園のときくらい、自分のペースでいいのにって思ってしまう。

きな君を育てていると、
どうしても出来ないと困ること以外は、どうでも良いことに見えてしまう。
そもそも母自身が、苦手なことは棚上げだし 笑。

毎年ダメだしをされていたもっち・・・。
→本人はだめ出しに気が付かず、
「ぼくメロデイオン得意!」って自信満々だったけど 笑。

今年は音楽の時間をとても楽しみにするようになって、
メロデイオンがめきめき上達し、
課題曲「top of the world」をあっという間に暗譜し、
本番ではマリンバを演奏させてもらった。
母としては、毎年メロデイオンでダメだしされているのに、
本当にマリンバなんて出来るのか?
かえって心配だったけど、テンポ良く演奏していて驚いた。

おぉ~・・・自らやる気になると、上達もスゴイんだな~。
当たり前のことだけど、子どもの姿見て再確認。
この1ヶ月、プチ先生になって、「はい、やり直し!」って
母に熱血指導するのには閉口したけど 汗。

代表で「おわりの言葉」まで言わせてもらって、
もっちの成長ももちろん感じたけど、
この長く退屈な音楽会で、ゲームやマンガも禁止の中、
耐えたきな君もすごいと思った。
さらに、終了後・・・。
ファミレスでご飯を食べたのだけど、
ハンバーグ&ライス大盛り&パンケーキという・・・。
ココアも5杯くらい飲んでいたし、どこまで胃袋が成長するのか??
こちらはお財布が不安に・・・汗。

もっち、きな君・・・今日はほんとうにお疲れ様でした。









ステキなお話し。

ある本で読んだことがある。

アスペルガー症候群の子どもは、
年齢に関係なくまんべんなくいじめられやすい。

こんな記述を読むと、母親だもん・・・チクッと来ちゃう。
でもね、身に覚えがありすぎてぐうの音も出ない。

今日も、
「お母さん、今日K君の意外な一面を見ちゃったよ。」
・・・・って、言うからステキなお話を期待しちゃったのに、
「今日、いつもの嫌なヤツラが、おれのことバイ菌扱いしてさ、
先生に感づかれて、総合の授業で取り上げられたんだけど、
先生に促されていないのにK君が自発的に謝りに来たんだよ。
ちょっと見直しちゃったな~ ^^」

まあ、ステキなお話しにも聞こえるけど、
年がら年中こういう嫌がらせが繰り返されるとね・・・。
まあ、決まった一部の生徒だけどさ。
総合の授業で取り上げるって、よほど目に余ったのだろうな。
ちゃんと毎日学校へ行って、わが子ながらエライな~。
母なんか聞くだけでブルーだし、どっちゃり疲れるのに、
本人は本当に頑張っているよね~。

それにしても、きな君って自分でも言っているけど、
(本人の表現によると)怒りっぽくて気が短いけど、気が良いヤツだよね。

アスぺ君は、いじめられ易いかもしれない。
怒りっぽいし、気が短いしけど、
でもそれは、素直で、正直で、純粋な証!

いじめっ子が謝れたことを評価できる。
ステキだよね~→親ばか!
母はそんな君を誇りに思うし、愛おしい ^^v

失敗の産物!

昨日の夕方・・・。
きな君は傘を買いにコンビニへ!!

先月、立て続けに傘を2本も折ってくれた。

きな君はひっくり返っても壊れないビニール傘。
ほう・・・彼もちょっとは考えているようだ。
そして雪に備えて、ちゃっかりと暖かい手袋を買って来た。
→「ぜんぜん積もらない!!つまんない!!」って、帰宅したけど。

手袋を使って雪遊びしたくてしたくて!!
なにしろ、落ち着きがないきな君!

そして・・・。
朝から忘れ物の嵐!!
出て行ったかと思ったらバタバタと帰宅!
「やばい!調理実習のおわんとお箸忘れた!」
大急ぎで、レジ袋におわんとお箸を入れて出て行くきな君。
もはやお箸入れを探す暇もない。
レジ袋に直入れ!
「もう・・・なんで昨日言わないの?」
母的には気が遠くなりそうになったけど、まあきな君が食べるのだしいいか。
そして、行ったと思ったらまた帰宅!
「そもそも、おれはランドセルを忘れてる!」
・・・・君はどこへ行くつもりだったのか?

そして、先ほど・・・。
どっちゃりとお便りをまとめだしされて。
もう!!何日貯めたのよ!
待ちに待った月間予定表を見て・・・。
集金を忘れたことが発覚!

「ちょっと!今日集金日だったんじゃないの?」
「お母さん、よく知っているね?大丈夫だよ!今日も集金袋持ってきた!」
・・・・って、何が大丈夫なのだか??ちょっとは焦ってよ!

昨日、きな君はきな君の特性を大事に大人になって欲しいって・・・
自分が言ったものの、彼の特性は彼の前途を阻みそうで怖い。
まあでも、失敗をいつまでも引きずるよりはいいか~!
それに、きな君の自分にポジテイブ思考!!
これは積み重ねた失敗の産物かもしれないね~。

ある意味めでたし!





直したいところなんてない。

進学を控えて、ドキドキがとまらないぴょんの元に一通のお便りが。

今年から教育委員会が運用する、
「小中連携支援シート」を利用したい人は学校へ連絡を・・・。
という内容のものだった。
記入例を見ると、
通級や療育の時期や期間、また医療機関の受診の有無などや、
学校や家庭での課題や対処支援法などを記入する。
療育記録や家庭での課題や支援法は私が書いて学校へ提出。
学校でのことは担任と相談しながら、また必要なら面談をして作成。
そしてこのシートは小学校が中学校へ提出してくれるとのこと。

もちろん、我が家は即申請!
療育で一緒だったママもとりあえず申請するみたい。

これがきな君と中学の架け橋になるんだな~。
本当は中学の先生も面談に参加してくれると心強いのだけどな。
・・・・ちょっとわがままな希望かしら?

どうか私たちの切なる想いを中学校が受け止めてくれますように。

いっぽう、もっちにも「環境調査表」なるものが届いた。
きな君の時も2年に1回作成して学校へ提出した。

記入項目のひとつに、
「お子さんの直したいところ」・・・。
直したいって・・・大人のエゴだよね。
佐々木正美先生に言われたことば。
「直す所があると思っているようでは理解しているとはいえない。」
・・・そう、きな君のときは直してほしいことでいっぱいだった。
そんなことを言われても、私だって大変なのよ!!
って言葉を飲み込むしかなかった私。
あれから4年・・・きな君と一緒にちょっとづつ成長した母にとって・・・。
「直したいところ」って項目・・・ちょっと抵抗あるな~。

もっちは慎重すぎて積極性に欠けて見える点があるし、
とーってもマイペースなところもあるけど、
そこは手を貸して欲しいところであって、直したいとは思えない。

だってそれはもっちの特性だし、
慎重でマイペースなところを大事に持って大人になってほしいな。
もちろんきな君も、きな君の特性を大切に持って大人になってほしいな。

それに・・・子どもに限らず、
人間の欠点なんてそうそう直りませんよ。
ぴょんなんて、直らない欠点たくさんあるけど、
生きていくのにあんまり困っていないし、
欠点だって、大切にすべき自分の一部なんだから。




父の1回忌にて。

昨日は父の1回忌の法要。
落ち着きのない子供を連れて行くには、
やや勇気の要る場所だが・・・。

生きている限り、冠婚葬祭と縁を切ることは出来ないし。
許される年齢で経験を積むって重要よね。

・・・・ということで、なるべく緊張感漂う場所にも、
子どもたちを連れて行くことにしている。

まあ、きな君も来年度は中学生。
ある程度は自分で理解できる年齢だろう・・・。
と、思っていたのだけど 汗。

読経が始まったても、
上着を着て、リュックを背負って、
DSを入れるポシェットを首から提げている 汗。
ひとり登山者のようないでたち!!

小声で、「きな君リュック!ポシェット!上着!」と、ささやく。
すけさんをはさんでいたので、伝わらなくて、
身振り手振りも加わり、
きな君だけでなく、母もちょっとおかしな人に見えた可能性あり。

ふう・・・。
自分で連れてきたものの、早く終わって欲しい・・・と、思っていたけど。
もっちのお焼香に付きっ切りだった母が見ていないうちに、
きな君もお焼香を済ませていて・・・。
妹いわく・・・。
「きな君、前はトルネード焼香だったから、
ちょっと見ちゃったけど、意外と普通だった。」

・・・トルネード焼香とは、お線香をつまんだ手を、
なぜかクルクルと回しながら眉間でぴたりと止める、
きな君があみだした??お焼香 笑。

前回注意したことを覚えていたのかな?
教えて経験を積めば、なんとかうまく立ち回れるようになるのね。

大きくなったのは体だけじゃないって、ちょっと実感 涙。

法要後、身内で食事をしにとんかつ屋さんへ。
「おれ、ロースかつ定食 大 !!白いご飯と赤だし。」

おお~ちゃんと自分でオーダーできるのね。
でもでも!!
ええ~??大??って、思ったけど。
大人用の草履のようなサイズのとんかつをペロリ!
山盛りキャベツもちゃんと食べた。

体はまだまだ大きくなりそうです 笑。


プロフィール

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR