09
1
3
7
9
21
24
25
   

チラシ配布・・・思わぬ収穫②

10月30日はあすぽーと秋の講演会です。
申し込み受付中。詳しくはコチラ→秋の講演会


昨日のチラシの配布で思わぬ収穫はまだまだありました。
実は地元のラジオ局で「あすぽーとが講演会をやるよ~。」って、
放送を申し出てくれたり・・・→今朝8時過ぎに放送されました。
「広告料が2000円かかるけどタウンニュースに載せましょうか?」
って申し出があったり・・・。
→こちらは去年取材してしくれた記者さんに告知記事を書いてもらえるようお願い済みだったけど。明日10月1日掲載予定。
皆さんの協力しようって気持ち・・・うれしいですね!

3年目ともなると、広がりがすごすぎ!
協力してくださった皆さんの期待を裏切らない講演会にしなくては!!

そして・・・発達障害支援センターでは。
センター長にお会いしてお話しすることができました。
「チラシを置くだけじゃなく掲示板に貼っておきましょうか。
また、支援センターに訪問された方にはお渡ししますよ。」
いつもの穏やかな笑顔で言ってくださいました。
そしてなんと!!予定が入らなければ来て下さるそうです^^v

せっかくお会いしたので・・・。
「小学校では発達障害の認知が進んで来ているように感じましたが、中学ではまだまだですね。小中連携支援シートも小学校の先生と一緒に時間をかけて作成したものの、中学校では認知されていないように感じます。」
・・・と、ズバリ言っちゃいました。

センター長も「中学ではまだまだひとつの括りで指導する傾向が強いですね。先日ある中学へお話に行って・・・先生が書いてくれたアンケートに、、、褒めることが必要だと初めて思った、、、ってあったんですよ。発達障害以前の問題ですね。」・・・と、同じように感じる部分がありそうです。

「中学生は難しい年頃です。反発、反抗して、とにかく大人の言うことを聞きたくない。でも、だからと言って明確な答えも持っていない。反抗しすぎて親との関係が悪い子は学校で受け入れてもらえないと行き場がありません。せめて良いところくらい認めて褒めてあげてほしいですね。私も要請があればたくさんの中学でお話をしたいと思います。」

なるほど・・・。そうね、確かに反抗しても答えは持っていないよね。
だってアイデンテテイを探すために反抗しているんだもの。
答えが見つかったら、反抗も終息を向かえそうだよね^^;

もうひとつ質問・・・。
「中学はひとつの括りで指導しがちだとお伺いしましたが、高校はどうですか?」

「高校は選択できるので一概には言えませんね。
でも、今はいくらでも高校を卒業する道があります。
定時制や通信制も3年で卒業できますし、サポート校も出来ました。
最低週3回通えば3年で高校卒業資格が取得できます。
定時制やサポート校では発達障害への支援を積極的に行っているところもあります。」

そうなんですか?知らなかった。

「そうそう、あすぽーとさんが開くコミニテイでお話してもらえばいいじゃないですか?
定時制もサポート校も選べる時代ですからね。
学校によって特色や対象とする生徒も違います。
生徒を獲得するための広報も必要です。
だから、お話ししてくださいと頼めば来てくれますよ。
コミニテイの参加者だって聞いてみたいのでは?」

さすがセンター長ならではのアドバイス!

知りたいことを知れるチャンスと、ゲスト不足を解消できる・・・ナイスアイデア!

チラシを配布しながら、新しい出会いや思わぬ収穫・・・まだまだあるかもね^^
あと一ヶ月、せっかくだから楽しみながら活動しましょ!
スポンサーサイト

チラシ配布!・・・思わぬ収穫!

10月30日はあすぽーと秋の講演会です。
申し込み受付中。詳しくはコチラ→秋の講演会


今日はママ友に手伝ってもらって・・・。
地元の小中学校や幼稚園へチラシを配りに行きました。

人に出会うと思わぬ収穫があるものです。

きな君が通っていた小学校で、
「校長先生ちょっとだけよろしいですか?」・・・・と、お伺いしたら。
なんと校長室を空けてくださって、
「先生廊下でいいですよ。」って言ったのだけど、
「まあ、お茶でもどうぞ。」・・・と、言われ。

せっかくだから、きな君が勉強から撤収した事をお話しました。
「ぼくはね教育者だけれども、自分の子育ては全く思い通りには行かなかった。」
校長先生の息子さん、なんと中学1年生で不登校から大工見習い&一人暮らし・・・という、ツワモノでした。ツワモノすぎるでしょ!!
中学3年生のときに怪我で入院して、考える時間が出来て、
やっぱり勉強しようって思い、通信制の高校へ進学。
大学を経て現在教師をしているそうです。

「子供って回り道してするもの。」
・・・って、育児を富士山登山にたとえてお話してくれました。

「あるべき姿を伝えることは大事。
学校へ行かなくてはならない。勉強もしなくてはならない。将来働かなくてはならない。そういう、あるべき姿。
富士山のてっぺんを一緒に見上げることは大事だと思う。

でもね、いますぐ富士山のてっぺんに行かなくていいの。
子供は1合目2合目でうろうろしていたり、引き返したりしながら、自分なりのあるべき姿に到達する。

親はね、いますぐてっぺんに行かせようとしちゃう。
いますぐあるべき姿を望んでしまう。
そうならないから、がみがみ言ったり過干渉しちゃうんだけど、
この時期の子供はあんまり追い詰めると逃げ出して樹海に入り込んじゃう。
樹海に入ったら出てくるのに苦労する。
出れなくて大変なことになってしまう場合もある。

逆に、まっすぐに短時間でてっぺんに行ってしまう例もある。
でもね、寄り道していない子は弱いんだ。
だから寄り道していろんな経験するのは良いことなんだよ。

だからあるべき姿を示しつつ、
1合目や2合目でちょっとしたことを認めてあげるんだよ。

まだ子供が小さいとき、失敗したり励ましたりしながらあるべき姿に進んで行ったでしょ。
オムツをはずすとか、一人で着られるとか・・・。
それは幼児が幼児なりにあるべき姿に向かって歩いているんだよ。
実は、大きくなったってそれはちっとも変わらないんだ。

ちょっとした変化を見逃さず認めてあげることが子育てなんだよ。
それが目を離さない、心を離さないってことなんだ。

高校??受験なんて失敗したって何とでもなる。
やりたいことが見つかればどこからでもやり直せるよ。
うちの息子なんて、何一つぼくの思い通りにならなかったけど、
自分なりのあるべき姿には到達しているよ。

最後に校長先生は、
「まあ、当時はぼくも心穏やかではいられなかったけどね。
妻は肝が座っていたけど、ぼくの方はオドオドしちゃって。」・・・と、
照れくさそうに言いました。

うん!!なんか元気もらえた!





産業高校の文化祭へ。

10月30日はあすぽーと秋の講演会です。
お申し込み受付中。詳しくはコチラ→秋の講演会


勉強を撤収したきな君・・・。
毎日遊び倒して、、、楽しそうです^^

昨日は産業高校の文化祭へ。

校則なし、制服なし、校歌なし、上履きなし・・・。そして学食あり!
公立高校だけど専門を選べて実習が多い、そんな学校が割りと近くにあるので。
まあ、勉強から撤収しているので高校へ行くかどうか!?

きな君は主に食べていたので、
母は校内をくまなく探索。
校舎は新しくて、開放的。
教室がやや狭いので、一クラスあたりの人数がすくないのかな?
クラスごとというより、部活ごとの展示が多かったのもびっくり。
制服がないので入学式の写真は中学の制服でバラバラだったよ。

縛りが本当に少ない学校なのに、
どちらかというと地味目な生徒が多かったかも。
子供ってそんなものかもね~。

きな君はとても楽しかったようで、
「おれこの高校行く!」・・・って言ってたけど、
勉強から撤収したら入れないよ~。

まあでも、撤収を認めた以上・・・余計なことは言うまい。
あああ~でも!こんだけ大胆に撤収したら、、、結果が見えているだけに!!
余計な言葉を飲み込むのは大変です。

でもね、この学校にはなんと!!定時制がありました。
学食も夕方定食なるものが!!→学食はおいといて^^;
全日制無理だったときの受け皿発見!!

そうそう、失敗したときのために受け皿を探しておこうかな^^



ボルダリングはじめました。

10月30日はあすぽーと秋の講演会です。
お申し込み受付中!詳しくはコチラ→秋の講演会



最近きな君は体を動かしたいと言うので・・・。
って、どこのオッサンだよ!!中学生が運動不足なんて!!
でもウチには本当に運動不足のオッサンがいるので・・・。

男3人でボルダリングを始めました。
最近、市内にいくつも出来たボルダリング場。
宿泊体験ではいつも壁のぼりを選択しているし、
一度行ってみたら、男3人はまりました!!
本当はきな君だけにやらせる予定だったのだけど、
3人で登りに行ってます。→予算の都合で母は留守番!

スクールはなくて最初に利用ルールを聞くだけ。
まあ、他人に教えてもらうことが苦手な子だからね・・・ちょうどいいかも!
なんと3歳から80歳まで出来るボルダリング・・・。
同じ壁でも選ぶ石に寄って難易度が違って、達成感を得られるそうな。
ちなみにアイスロックなどいろんな種類の壁があります。

最初は怖がっていたもっちも、意欲的に登ります。
おデブぽっちゃり系のすけさんは手に豆が出来て被害甚大だけど^^;

きな君は本当に楽しくて仕方がない様子。
この間はハーフパンツが大胆に破れるというアクシデントの中、
パンツ丸出しで登り続けたきな君^^;→恥ずかしくない子だから 汗。
・・・他人のふり!!!

部活も文科系だし、学校もそう遠くはないし・・・。
もともと動いて考える多動君なのに、運動不足はもやもやするよね!?

すけさんのダイエットを兼ねて・・・男3人の週末の楽しみになればな^^




撤収!!

10月30日あすぽーと秋の講演会・・・受付中!
詳しくはこちら→秋の講演会


突然ですが・・・しかも講演会の準備を進めているこんな時期に!
きな君は学校以外のすべての勉強から撤退することになりました。
とにかく学習がイヤダ!!・・・と言うので。
高校へ入れなかったら??
「腹を括って働く。」・・・とまで言われて、
まあ・・・君が決めたのならそれは尊重するけど。
ある意味で親も腹を括る必要はある!!!
→働くって・・・自給自足、、、じゃないよね!?

そもそもまったく集中できない状態。
なにもかも集中できない。
本人もなんかもやもやしていつもつまらなくて苛立っているし。
→こっちも苛立って来ちゃうよ!!

すけさんも容認するくらいの・・・イヤダアピール!
ここは夫婦で学習から撤収することに決めました。

派手な反抗はしないけど、思春期なんだろうな~。
もやもやのぶつけどころ・・・探しているんだろうな。

唯一の光明は、学校へは行くと言っていること。
ふーん、学校へは行くんだ。それはありがたいな。
学校へ行くって、小学校に入学したときの大きな目標だった。
学校さえ行ってくれればあとは望まないって思っていたはず。

ちょっと過去を振り返って、学校へ行くなら好きにしなさいって、
すけさんもわたしも言うことが出来た。

母が出来ることって・・・。
塾をやめたら・・・公立に入れなかったときのために、貯金?
貯金しておくか~・・・どこに転んでも良いように。

まあ・・・現在もっちの宿題を一緒にやっていて思うことがある。
理解の仕方も、考え方も、なんもかんも全く違うの。
もっちは線でつながっているから、道順どおりの理解を求める。
だからつまずくと止まっちゃうの。一歩一歩順番どおりに理解したがる。
一方、点の世界のきな君は、飛べるっていうか・・・うーん表現が難しいな。
庭の置石を自在に飛び移るように・・・いやたまに落ちるから自在ではないけど、
理解のプロセスをスキップしちゃうっていうのかな!?
理解への到達が早い反面、プロセスをスキップしちゃっているから応用が利かない。
そして・・・スキップできない難問に当たると立ち止まってしまう。

立ち止まってもやもやしているきな君。
勉強しなくてももやもやは消えないよ。
自分でもやもやのぶつけどころ探すんだぞ!!





科学部レポート・・・⑥

10月30日はあすぽーと秋の講演会です。
受け付けを開始しています。詳しくはコチラ→秋の講演会


ロケット発射日和なお天気!!
勇んで飛ばしに行ったようなのですが、
ペットボトルロケット・・・重大な欠陥により飛びませんでした 涙。

機密性が弱くて・・・空気入れで空気を入れると、
最初に入れた水がじゃじゃもれ(T・T)

空気が漏れたら飛ばないな、そりゃ。
後日修理をして再トライ・・・します。

もはやきな君の興味は薄れているんだけどね。
それでも最後までちゃんとやりたいな~。

ADHDの子は興味がとどまってくれないからね。
→アスペなんだけど、興味はポンポン移ってとどまらない。
これも特性なんだろうな。

まあ、最後までちゃんとやる習慣・・・はつかないので、
一緒に最後までやった達成感を重ねるしかないだろうな。

まあ・・・緑地で発射する予定だったので、
その後、芝生で転げまわって楽しかったみたいだけど^^v

もっちよりきな君のズボンがドロドロでした^^;


大切なことは・・・。

10月30日はあすぽーと秋の講演会です。
受付を開始しています。詳しくはコチラ→秋の講演会


今日は晴天に恵まれ体育祭日和。
家族できな君の雄姿を見に行きました。
ラジオ体操、クラウチングスタート、
自宅での特訓の成果は出ていたようだ。
ビデオの撮影や委員会の仕事もがんばっていた。
まあ、リレーでバトンを持たずにスタートラインに着いたときは笑えたけど^^
親から見ると、とっても良い運動会に見えた・・・。

でもね、実はとーっても苦痛だったみたい。
すっごい不機嫌で帰宅!
周囲の雑音が特に耐えがたかったもよう。
まあ、きな君の競技がすべて終わったときに、
「もう帰りたい。」・・・ってこぼしていたもんな。

5年、6年と・・・・当日は楽しく競技が出来て、
負けたことに納得がいかないとかはあったけど、
途中で帰りたくなることはなくなっていた。

やっぱり、いくら似たようなことをするとはいえ、
初めての事はストレスが溜まるんだろうな~。

「楽しかった~。」・・・を期待してしまった母。
「せっかく家族で応援に行ったのに、ネガテイブ発言やめようよ。」
って、言っちゃたよ・・・ほんとダメだな~わたし。

ちょっとがんばれると過剰に期待しちゃうんだな~。

「周囲の発言がすべて自分への罵倒に聞こえるんだ。」
そう言われて初めて、そこまで辛かったんだなって気がついた。

浮き上がれないきな君に言った。
「来年から出たくなければ出なくていいよ。体育祭。
体育祭に出れたとか出れないとか、たいしたことじゃないから。」

「うん、そうだね。お母さんはいつも本当の事を言ってくれる。
今日は応援に来てくれてありがとう。」
→反省中にありがとうって言われると・・・ズキっと来ちゃうね。

いやいや、勝手に期待した自分に言い聞かせてもいるんだ。
行事に参加できればすばらしいけど、出来なくてもなんの問題もない。
君が心穏やかに過ごせること・・・それだけが大事なのに。

分かっているつもりだったんだけどな~。
母としてまだまだです。

LD対策モデルが見つからない。

10月30日は「あすぽーと秋の講演会です。
申し込み受付中!
詳しくはこちら→秋の講演会

昨日・・・やっとスタンプ押し終わりました!!
3000枚!
終わるころに、「コピーしちゃえばよかったのに」と、すけさんぼそり。

いまさら・・・言うなっ!!

まあ、昨日・・・子供たちはばぁばが連れて行ってしまったので集中できました^^v
大好きな銭湯に連れて行ってもらえるし、きな君リフレッシュできるといいな。

体育祭に集中ちているため・・・どうしても他の事がおろそかになりがち。
昨日もリュックサックをチェックしたら、しわしわのプリントがギッシリ!
ちょっとずつ進めていた勉強もガッツリ溜まりはじめている。

宿題はやっているのだろうか?
心配だけど、もはややらせるには気の毒な状態。

行事があると、きな君のペースでいつもの生活を守ることはむずかしい。

きな君の学習を見ていると、ほぼやっつけ!!
なんか楽しさを見出せないというか・・・。
だからストレスがたまるとできなくなっちゃうし、
量が溜まるとやる気がなくなっちゃう!

天野先生も「大学へはぜひ行ってほしい。」って・・・。
進学しても就労につながるとは限らないけど、やりたいことの幅は広がると思う・・・って。

確かに・・・やりたいことが出てきたときに、単位を持っていると学ぶハードルが低くなるしね。

それに、学校にはモデルがあるともおっしゃっていて、
自然になんとなくいろんなことが分からないから、
社会性やコミニケーションのモデルがある学校へ行けることは悪いことじゃないよね。

LDに関するお話も出たんだけどね・・・。
LDについて自分なりに調べたりもするけど、
いまひとつどうすればいいのか分からない。
LDも連続体なんだよね・・・。
他の連続体と違って、LDはなんとなーくでは支援がしにくくて。
学校という枠も固いし、年齢とともに難しくなるよね。
→記憶力とひらめきではついていけなくなる。

そう、こうすればいいって・・・LDモデルが私にも見えない。

書くことが苦手。集中できない・・・に、付け加えて、
中学になって小さな字で細かくごちゃごちゃと書かれるテキストは、気が散りやすく・・・どれが問題でどれが説明か??
そもそもごちゃごちゃしすぎて読むのが面倒くさい・・・という三重、四重苦になってしまい・・・。

書けない、集中できない、面倒なんて・・・そもそも学習に向いていない。
・・・いや、本人が向いていないのではなくて、本人に合ったやり方ではないのかな!?

なんかね・・・作文の宿題が出るたびに泣く姿を見ると、
書く・・・という手間だけでも省いてやりたいな~・・・と思ってしまって。

行事の練習でどたばたの最中・・・考え込んでしまう母でした。
できないから考えちゃうのかな^^;

9月度はーとコミニテイ・・・2015♪

おしらせ・・・10月30日はあすぽーと秋の講演会です。
受け付け開始しました。詳しくはこちら→講演会


昨日のコミニテイはあいにくの雨。
行事などで参加できないって方も何人かいて、
いつもよりちょっとこじんまりでしたが、
それでも20人くらいの方が顔を見せてくれました。
初めて参加する方も何人かいましたね。

・・・イベントのチラシ配布のために、コミニテイが終わった後、チラシを受け取りに駆けつけてくれたTさんとKさん・・・本当にありがとう。

講師は保育氏の天野先生!
天野先生は2回目の登場ですが・・・(貴重な代休を使ってきてくださいました。)
本当に熱く語ってくれました。

いちばんすごいなって思ったのが、
おそらくスペクトラムであるご主人が、
手洗い場の雑巾で口を拭いたとき・・・
「この人、何があっても生きていけそうだな」って、魅かれたんですって!
さすが、ネガテイブな中からポジテイブを探す、スーパー保育士!!

・・・まっ、雑巾とタオルを間違えるなんて、スペクトラムっ子あるあるだよね!?
わたしは「それ雑巾だよ!!よく見ようよ~」って突っ込んじゃうな~^^;

スペクトラムなご主人は小学校の教師。
来年は定年だそうです。定年まで勤め上げられるなんて、素敵!
「子供の気持ちになって同じ目線で遊べるから・・・。
お母さんたちも分かるでしょ!?」
・・・分かりますとも!精神的に幼くて、でもそれって強みでもあるんだね!!
ちなみにご主人の童心で不登校の子が何人も修学旅行に参加できるまでになったそうですよ。
きっときっと、ほかの大人にはない共感ポイントがあったのでしょうね。

そして、一番響いた言葉が、
「教育者や養育者は、私が環境!・・・なんです。」
私がこの子の環境になるって決めることが大事。
毎日間違いなく同じことを繰り返せるように、
余暇を楽しむことができるように、
そして、安心してそばにいてもらえる保育者になれるように、
30年以上保育に携わる傍ら、障害児保育や教育の勉強をしてこられたそうです。

「国が法律を定めてやらねばならぬ・・・と、言った以上、
私たち現場はやらなければならないんです。
でも、わからないから混乱する。混乱して起こる失敗は命取りになりかねない。
もう自分で勉強するしかない・・・って思って、いろんなところで学んだ。」

「今日できたのに、明日になるとできない子がいる。
なんでできないの?・・・って、聞くでしょ!?
そんなこと聞かない。
当然できると思われることができないから困っているの。
それがその子の弱みなの。弱みをなんでなんて聞かない。
それはできる方法を考えればいい。
それが環境・・・だから教育者、教える人が環境なの。
弱みを追求するより強みを見つけて伸ばす。
IQが測定不能な子が就労できた例を知っているけど、
知能が測定不能でも、強みは必ずあるって事ですよ。」

ちょっと早口で、抑揚をつけながら・・・熱く熱く語る天野先生。
忘れっぽい私がメモを見なくても記事がかけるくらい、
気持ちにも頭にもガッツーンって来ちゃいましたよ!



あすぽーと 秋の講演会のお知らせ。

今年も秋のイベントを開く運びとなりました。
いつもあすぽーとを応援してくださっているみなさんのお陰です。
ありがとー!!

はーといっぱいコミニテイ  
あったか子育て~安心できる人の声は届く~

講師:じゅんさん 「発達障害がある子のこころを育てる」の著者であり療育士。
             脳性まひ&自閉症・アスペルガー症候群・定型発達の三つ子のママ。
    
   :石井恵子先生 幼児~青年まで30年の経験を持つベテラン療育士。  

一部 : じゅんさん講演。10:00~11:00
二部 : じゅんさん、石井先生とのてい談。11:00~12:00
三部 : 終了後、希望者のみじゅんさんと懇談会。12:30~13:30
      石井先生はお時間の都合で懇談会には参加されません。

日時  : 10月30日(金)10:00~〔9:30受付開始〕
会場  : 相模原市民会館3階 第一大会議室
       相模原市中央区中央3-13-15
参加費 : 500円
募集人数: 100人(申し込み順) 

市民ファンド ゆめの芽助成金事業
後援 相模原市教育委員会 相模原市社会福祉協議会
協力 相模原市発達障害支援センター


申し込みは「お名前・参加人数・連絡先」を明記の上、ファックスかメールでお申し込みください。
基本的に受付完了の返信はいたしませんのでよろしくお願いいたします。
(どうしても返事がないと安心できないって方はその旨をご記入ください。)

ファックス 042-758-9627
メール   smile06302002@gmail.com

今年もステキな講師をお迎えすることが出来ました。
じゅんさんの著書を読んでどんなに元気をもらったコトでしょう!!
石井先生はあすぽーとのコミニテイでママたちの信頼厚い療育士。
お二人のお話を聞けることが、私も今から楽しみです。
お時間がある方はぜひぜひご参加ください。
お待ちしておりまーす^^



奥も、幅も。

放送委員のきな君は、
体育祭では委員の仕事もしなくてはならない。

背渡りでは背中をどすどすと走られ、
リレーでは第一走になってしまい、ピストル音でスタートすることになり、
委員では小学校のときから関係が悪い子とペア・・・涙。

まあ、ピリピリしていて、些細なことにイライラしてしまう。

学校側の配慮は期待できないし・・・と、思っていたんだけど。
新卒の新米先生が話をよく聞いてくれるみたい。
先生というよりはお兄さん的な感じみたいだね。
威圧感がないから話しやすいようす。

余談ですが・・・教育現場で要らないものの一つだよね、威圧感って。
もちろん育児の現場にも要らないよね。
威圧感で・・・「うまく行った。」って実感を得られたコトないもん。
パワーで押したときって敗北感しか残らない。
・・・なんでしょうね、あの残念な気持ち。
分かっちゃいるけど、パワーで押しちゃうんだよね^^;

もちろん芯の強さは必要だけど、それは自分に向く強さ。
力で人は変わらない・・・。

先生がうまいことガスを抜いてくれているんだろうな~。
だからきな君はなんとかかんとか頑張っている。

きな君から、「T先生も怒ってた。おれだって怒ってる。」って聞いて・・・。
なんか支援のあり方を考えてしまったわ。

もちろん、あれやこれや具体的な方策もあるけど、
こうやって共感してくれるだけでも、それは立派な支援なんだなって。
きっと新米先生は支援しようなんて考えていない。
でも、結果・・・きな君のストレスを軽減してくれている。
そういう支援が本当の意味での支援なのかもしれないな~。

支援って・・・奥が深いだけじゃなくて、幅も広い。

ラジオ体操って難しい。

連日の体育祭ネタですみません。

でも!!運動会から体育祭になるだけで新たな課題でいっぱい。

その中の一つがラジオ体操!!
体育祭の準備運動で行うラジオ体操が・・・うまく出来ない。
わたしの世代は驚きだけど、実はきな君初のラジオ体操なんです。

幼稚園ではミッキー体操、小学校では掛け声で準備運動、わがS市では夏休みのラジオ体操は全くしない!!・・・と、ラジオ体操から13年間縁遠い生活をしてきたきな君。

「お母さん・・・おれラジオ体操苦手なの。一緒に練習して。」・・・と泣きつかれたときは驚いたけど。
Eテレでみんなの体操を録画して一緒にやってみて驚いた。
本当に全然できない!!ラジオ体操がこんなに出来ない人がいることにびっくり!
そもそも手足がバラバラの動きが苦手で・・・笑っちゃいけないけど爆笑もののカッコ悪さ。
某テレビ番組の「運動神経ない芸人中学生」に出れそうです^^;

もっちは普通に出来るから、やっぱりこれも特性なんだろうね。
まあいいか。ラジオ体操がうまく出来ない特性はさほど人生に影響しないだろう。

それでも最低限、恥をかかないよう毎日練習!
「手足バラバラに動くときは手を優先してやれば見栄えがいい。」・・・という事に気が付いたが、時すでに遅し。一度刷り込んだ動きを変更することも難しい。

もっちが掴んだ兄の弱みを離さずバカにするので、途中でケンカになるし・・・あと1週間で恥をかかないレベルになるのか?

本当に課題が多い体育祭です^^;

制服に八つ当たり!

今朝・・・お弁当を作っていたら。
「ごはんはオニギリにして。食べやすいから。」
この期に及んで、楽する計画に余念がない。
体育祭・・・よほど憂鬱と見える。

行事ってさ・・・やっぱり100%オッケーじゃないんだよね!?

結局ご飯の上にどーんとお肉が乗った、
しょうが焼きどっか~ん弁当はすけさんが持って行きました^^;

「いってきま~す。」・・・ってさ、どこへ??
背中にリュック、片手にお弁当と水筒セット、
Tシャツにハーフパンツ・・・遠足??

「・・・だから制服嫌いなんだよ!!
服なんてなんでもいいじゃん!!!
暑いし、面倒くさいし、もう!!」


・・・って、母が休みでよかったね。
玄関に「弁当」の張り紙に続いて「制服」も追加しようか?
・・・ベルトもよく忘れちゃうから「ベルト」も書いておこうか??

制服にスゴイ八つ当たり!!
涙ぐんで、あわやパニックになりそうな勢いだ。
ホント・・・よほど今日は不安なんだね~。

仕方ないよ~・・・中学の体育祭は初めてだし。
慣れ親しんだ小学校でさえ、、、ね!?

運の悪いことに、楽な競技を希望したら・・・希望者が殺到して、
50メートルタイムが希望者の中で一番早かったきな君は、
スウエーデンリレーに回されてしまった・・・らしい。
バトンの受け渡しとか、知らない子とチームを組むとか、課題でいっぱい。

みんなと同じ条件って・・・やっぱり大変なんだろうな。
でも、本人も表向きはみんなと同じを求めているし。
学校もそんな本人の気持ちを踏まえての支援が・・・出来ないだろうな。
だったら、本人の気持ちを優先して・・・みんなと同じで頑張ってみよう。
・・・ここは踏ん張りどころ。
あと1週間、学校だけでもなんとか頑張って!!!




明日の予定。

帰宅したきな君・・・めずらしく明日の予定を発表!

「明日も4時間体育祭の練習だから、
お弁当は力がつく肉とか頼むわ!!

野菜なしで、肉・米・・・的な弁当がいいな。
あと、明日は部活サボって早く帰って、
シャワー浴びて寝るから。」

なるほど・・・。
イヤな日だから、予定をちゃんと決めたのか。
そうだねぇ~・・・予定が決まればちょっとだけ安心だもんね。

それにしても、きな君の予定って・・・、
イヤなコトを乗り越えるために、あとは・・・めいいっぱい緩めているね^^;

本能かしら??自己防衛的な??
まあそうやって切り替えるんだろうな。

「しょうが焼き用のお肉があるから、
しょうが焼きどっか~ん弁当にするよ~!」

「いいねぇ~。でもマジでキャベツとか要らないからね、ほんと!」

・・・それは、ノーコメント!

でも、期待にお応えして・・・お肉は多めに解凍しておこうかな。
なにしろ・・・お肉がどっかーん!!だからね!

体育祭まであと一週間・・・なんとか頑張れるといいな。


自分で決める!

体育祭の準備が始まりました。
学年競技は5年生のときにトラブルになった背渡り。
そのときの記事はコチラ
よりによってまた背渡りですか 涙。

金曜日は3時間も練習があったようで・・・。

不機嫌でしかも部活をサボって帰宅。
「疲れた、疲れた、疲れた・・・シャワー浴びて寝る。」
そりゃそうだろう・・・運動会の練習は6年生のときしか全部参加していない。
しかも6年のときは運動会に関係ないところはユルユルに緩めてもらっていたし、
今回が初の・・・Theみんなと同じ練習なのだ。

「もう塾もやめたい。」と、ごねまくり・・・・。

更に土曜日は遊びすぎて・・・。
夜になって宿題がたくさん出ていたことに気が付いて・・・号泣!

「あそぶときだけ元気なのはルール違反!」
・・・と、釘をさしたものの。
「塾も部活も宿題も、そして体育祭の練習も・・・
お母さんが決めることじゃないから、やるかやらないかは自分で決めなさいよ。」
・・・と、どうするかはきな君に丸投げ!

きな君がやらなきゃいけないと思っていて、でも一人じゃできないコトは手伝うけど、
やりたくなくてやめたいなら・・・やめればいいさ。
部活だって体育祭の練習だって・・・休みたければ休んでいい。

もう中学生だからね。自分がどうしたいか??どうすればいいか?
自分で考えられるんじゃない?

宿題も、テスト前の勉強も、持ち物の管理も、
きな君は自分ひとりじゃできないから手伝っている。
本人は泣くし、ごねるし、文句も言うが・・・最後はお礼を言ってくれる。
「さっきは文句を言っちゃったけど、付き合ってください。」・・・って、言ってくる。
それは本人がやらなきゃいけないと思いつつ、ひとりじゃできないコト。
だから・・・母も大変だ~と言いつつ、時に闘いつつ、手伝う。

でも、きな君がどうしても休みたかったり、やめたかったりするのなら・・・。
それは母の出る幕じゃないもんね。

子どもだって侮ってはいけないよね!?
ちゃ~んと自分で考えて決められる!!
逆に、自分で決めろ!!って言った方がちゃんと考える。
スペクトラムっ子だって・・・いや、だからこそ、
ちゃんと自分のメリットデメリットを天秤にかけて考えるのはうまい!

まあ、万一失敗しても、まだ中学生だもん。いくらでも取り返せるよね。

「塾は・・・もう少し頑張ってみる。おれだって高校は行きたいから。
部活はあんまり疲れたときは休む。
宿題はやらないのも面倒だから・・・頑張ってやる!」

それにしても将来働きたくないから自給自足なのに・・・・高校は行くんだ^^;

ちゃんと着地点見つけられたもよう~。
きな君、君が決めたなら・・・それで行こう!

はーとコミニテイのおしらせ。

9月度「はーとコミニテイ」のおしらせ。

9月18日 金曜日 9:50~(受付は9:30より)
大野北公民館 3階 工作室 JR横浜線淵野辺駅南口徒歩1分

前回のあすぽーと通信には場所を書いてませんのでお間違えのないようお願いいたします。

ゲスト 天野先生(保育士)

天野先生は二度目の登場。前回は保育の現場で支援できることや、支援をしやすくするために親が出来ることなどをお話しいただきました。また、昨年のイベントでは保育を引き受けてくださいました。今年も「保育引き受けますよ」・・・と、頼もしいお言葉をいただいております。


コミニテイ終了後にイベントのボランテイアをお申し込みの方を対象に簡単な説明会を行います。また、チラシの配布を申し出てくださった方にはチラシをお渡ししますので、お時間を取っていただけたらと思います。

おしらせ・・・里親講座。

児童ホームを訪問しました。
昨年の「うすいまさとライブ&トーク」の広報活動の中で出会い、
イベントにもたくさんの職員の方が見えましたし、
コミニテイのゲストとしても参加してくれた・・・
あすぽーとと縁の深い児童ホームさんです。

その児童ホームさんが講演会を開催するのでお知らせします。

里親講座もっと知ってほしい里親制度のこと」

平成27年 10月 3日 土曜日
一部 映画上映「おまえ うまそうだな」 10:00~12:00(受付9:30~)
二部 里親体験談 基調講演       13:00~15:30(受付12:30~)

基調講演講師 草間 吉夫氏
前高萩市長 現東北福祉大学特任教授
「ひとりぼっちの私が市長になった」


一部のみ、二部のみの参加歓迎
事前申し込み不要  入場無料
保育はありません。

実地団体 さがみ里親会 中心子どもの家 相模原南児童ホーム家庭養育支援センター 相模原市社会福祉協議会 相模原市

あすぽーとは里親をお勧めしているわけではありません。
個人としては、とても人様の子どもを育てる自信はないし、里親になっても必ずうまく行くとは限らないそうです。
涙涙で引き取られ、大切に育てられている子がいる一方で、ホームに戻ってくるケースもあるそうです。

でも、大人の都合で、そういう現実と向き合わざるをえない子どもがいるって、知ることは大切だと思います。
たくさんの人が知ることで世の中動くかもしれないですよね。
発達障害もそう・・・何かをしてもらうと言うよりは、ちゃんと正しく知ってほしい。

同行したメンバーは時間をなんとかやりくりして、基調講演だけでも聴きに行きたいと言ってましたが、残念ながらわたしはもっちの学校行事のため、またの機会に・・・ちゃんと知りたいですね!

募金を具体的に考える。

今週はきな君の学校で・・・募金週間で、
毎朝「福祉委員」の子が募金箱を持って待っている。

新しいPSPを買うために貯めている貯金箱から、
毎日200円を持って登校するきな君。

なんで200円?なんで毎日?
・・・って不思議満載なんだけど、

本人からすると、
いったいいくらすればいいの?
5日のうちでどの日にすればいいの?・・・ってな疑問あり。

いろんなところ、だらしなーい子なんだけどね^^;
決まりがないと不安になる・・・ほんと、不思議な子だよ。

スペクトラムっ子自分ルールなんだよね~。

考えた末に・・・。
200円は先生が初日に募金した金額。
どの日にするのが適切か分からないから毎日してしまえ・・・という結論に。

そこまで募金を具体的に考えたことがなかったけど、
そういえば、募金って言葉だけじゃ分かりにくいところあるよね。
いくらとか?いつとか?・・・そうそう募金箱ってひとつなかな?

→募金箱はクラスメートのものを選んでいるそうです。

べつに強制ではないのだけど、
なんだろうね~。そういうまじめさはピカイチ!

感心しつつ、将来募金詐欺とかに引っかからないといいけど・・・と、チョイ心配!

だまされない良い人になれよ~!!

パートナー解消!?

昨日はすごい雨でしたね・・・。
仕事のあと、ものすごーい土砂降りの中帰って来て、
あんまり雨が降るとカサもレインコートも役に立たないのね。
全身ずぶぬれになりました。

もっちも母のあと、土砂降りの中帰宅。
第一声が、「疲れた。」だった。

車でお迎えに行こうかと思ったけど、
もっちはみんなと土砂降りを分かち合えるかなと思って。
それはそれで楽しいものだよね。

きな君は登校渋りに繋がっちゃうため、
こんなときは必ずお迎えだったけど、
もっちはもっち。
出来ることを手伝うのは過干渉・・・と、お家で待つことに。

着替えたあと少し遊んで・・・気が付いたら寝室で寝てました。
がっつり4時間寝て、宿題やってお風呂に入ってご飯食べて、また寝た^^;

これがもっちの強みなんだよね!?
疲れたら細かいことは考えず、ガーって寝る!

きな君は逆に興奮してしまってそれが出来ないから、
疲れがたまって余計にストレスがたまっちゃう。

でもね・・・。
この間の役員会で、
「夏休み明けてから登校しぶりが多くて、各クラス2名ずつくらいいる。」
って報告を受けたばかり。
12人を超える登校渋りがある中で・・・
ちょっぴり文句を言いつつ、登校できてエライじゃん!!きな君!

学校側はどう捉えているんだろう?
「一日もはやくこの状況を打開したい。」とは言っていたよ!?
でもさ、「11日までに夏休みの宿題の全員完全提出を目指す。」
・・・って、矛盾しているよね~。
宿題に対しての厳しさも登校しぶりに一役買っているんじゃないの?
250人の生徒に対して、「これだけの宿題をここまでにやれ!」って、
号令ひとつでうまく行くわけないと思うけど。
個々の特性に合わせた教育・・・を目指すって説明会で言ってなかったけ?
そんな姿勢・・・微塵も見えないんだよね?

学校とはともに子どもを支えるパートナーだと思っているから、
悪く思いたくないけど・・・・。
まあ、中学生になったきな君の適応力が上がったから、
こんな客観的に考えられるけど・・・。
現在は、パートナーではないよね。ちょっと冷ややかに学校を見ちゃってる。
→なんか経済力ついた奥さんって感じ?

まあ、こういう環境の中でもやっていく力がついた・・・ってコトで、
我が家的には、まあ親子で経験のひとつにしようかな。






あすぽーとミーテイング。

今日は10月30日のイベントの打ち合わせがありました。

なんと!!チラシに記載漏れがあり、
ハンコを作ってスタッフ総出で押しまくることになりました。
その数・・・1万枚!

せっかく今年はチラシの作成を外部発注してラクをする予定だったのに!

スタッフのみなさん!!内職頑張りましょ!
ハプニングの一つもないと盛り上がらないわ^^v
→ハプニングは続く予感だけど^^;

当日のタイムスケジュールから、
広報活動の分担、
ボランテイアの割り振り、
決めなきゃいけないことは山のよう。

さらに明後日の児童ホーム訪問を皮切りに、
広報のために訪ね歩く生活が始まります。

資料や書類の作成も山のよう!

そんな時期が今年もやって来ましたね。
大変だけど、楽しみでもある・・・そんな時期が!

動くのはいいのだけど・・・頭のほうがついていかなくて、
最近忘れっぽいし^^;病気かと思うほど忘れるのよ~!

あすぽーとのコトだけでなく、
子どもの提出物などへの支障が出そう。
→あすぽーとはメンバーがカバーしてくれるけど、
子どもの提出物は・・・ヤバイ!

今日ももっちに、
「ふれあい祭りの食券、明日だよ。」って指摘されてドキッ!!
そうだ、役員の書類も提出しなきゃ!
ペットボトルも忘れないうちに持たせたいな~。

きな君と母はウッカリなので・・・
もっち、君だけが頼りだよ~!

あと少し準備すれば、告知できると思います。
みなさんお楽しみに!

一生会えないかと・・・。

昨日は役員会のあと、
きな君の同級生のお家でお茶をいただいた。
中学生になって同じクラスになり仲良くしてもらっている。

そうしたら・・・。

「この間ウチが旅行している間遊べなかったでしょ。
帰ってきてきな君に電話したら・・・。
うわー!!O君だ!!もう一生会えないかと思ったよ!
うれしいよ~。遊ぼうよ!
・・・って、きな君が言っていたみたい。
最後に会ってから1週間くらいなのに、大げさすぎて・・・親子で笑っちゃった^^」

わたしも笑っちゃいました^^;
容易に想像できちゃって!

1週間がはてしなく感じたんだろうね。
きな君は人間関係に神経質でトラブルも多いけど、
信用できると思ったら、大好きオーラ全開!!!
照れくさいとか恥ずかしいとかなく、
自分の感情をストレートすぎるくらいぶつけます。

・・・・まあ、イヤだと思ったら最後、
坊主にくけりゃ袈裟まで、、、を地で行きますが 笑。
ネガテイブな場合でもストレートだから困っちゃうんだけど。

良くも悪くも・・・自分に正直なスペクトラムっ子。

それにしても・・・小学校に入学したときはお友達さえいなかったのに。
信用できて大好きなお友達が出来た・・・・って、
それは周囲に理解者がいるってことだよね?!
理解者にめぐり合えるって・・・、
きな君にとっても、わたしにとっても幸せなこと。

小さくていい、少なくてもいい・・・理解しあえる人に出会える、
そんな幸せにこれからもめぐり合えますように・・・m(- -)m




二足歩行で・・・。

きな君はアニメが大好き。
最近はドラマとかも見るけど、基本アニメが好き。

母にはよく分からないけど、こだわりがあって・・・。
好きな映画は何度も見るけど、「面白くない」って言う映画もある。

たとえば・・・
「レミーのおいしいレストラン」とか、
「オオカミ子どもの雨と雪」とか、
「魔女の宅急便」とか、・・・繰り返し繰り返し見るけど、
「これ、どこが面白いのか分からない。」・・・って映画もある。

最近は映画以外のアニメを見ることは少なくなってきた。
ドラえもんくらいかな~??あとはもっちが見るものを一緒にみたりはするけど。
もっちはあんまり執着ないから、思い出したら見る・・・ってな感じ。

でもドラえもんのほかにもう一つ・・・。

小さなときからずーっとはまっているアニメ??に、
「羊のショーン」がある。
中学生になった今も、毎週欠かさず楽しみに見ている。
「トム&ジェリー」とかもそうだけど、無声のアニメ・・・好きだよね。

もちろんこの夏、もっちとすけさんと映画「羊のショーン」も見に行きましたよ。

「もう、お母さんも来ればよかったのに。スッゴイ楽しかった。
世界観が変わっちゃうよ!!。」・・・と、意気洋々と帰ってきました。

まあ、何の世界観が変わったのか??よく分からないけど^^;

そして今日・・・羊のショーンを見ながらぼそり。

「そうか・・・この羊たちは二足歩行するから脳が発達しているんだ!」
真剣に語るきな君に・・・「いや、アニメだから。」とは言えなかった母でした。

普段は4つ足で草をはむ羊が・・・・集合かかると二足歩行で走って来る。
そして色んないたずらや作戦を決行するんだよね~。

すーっと不思議に思っていたんだろうな。
牧場の羊が・・・なんで??

そう、それは二足歩行で脳が発達したから!

科学部レポート・・・⑤ 飽きたらポイ!

「科学部のレポート、実験しなくても良くなった。
先生がそう言っているんだよね。
だから、、、おれ爬虫類について調べようかな?」

・・・って、せっかくロケット作ったのに!!
時間もお金も手間もたくさんかけたんだよ~。
どうせ来年も再来年もレポート作るんだから、
今年はロケットにすればいいじゃない。

「それは分かっているんだけどね。
うーん、どうしようかな~。」
・・・・って、もはや爬虫類の図鑑ガン見ですけど。

この長雨でロケットを飛ばせない間に・・・。
飽きてしまったらしい・・・(涙)
飽きたらポイだからな~。
もう!!お天気のバカ!

アスペ君って一つのことに熱中する・・・はずだけど、
きな君はまだそんなものに出会えなくて・・・

あっ、、ゲームとマンガは好きかも。
でも能動ではなく受動的な物だからな、、汗。
能動的に好きなものに出会えるといいなあ~。
出来れば早く^^;→母の希望!

すぐに飛びつくけど、飽きたらポイ・・・は13年間変わらない。
しかも、それまでの努力とか手間とか関係なし!
本当にあっさりとポイできる→その執着のなさはある意味でスゴイ!

ただ、爬虫類だけは・・・ずーっとLove!!
あっ・・・両生類も好き!
そりゃあ、爬虫類について考えていれば楽しいでしょうけど。
それに・・・飼うとかはやめてよ~。
餌が生きた虫とか小動物になっちゃうから、、、。

それにしても、科学部の方針はどうしてこうもコロコロ変わるのだろう?
きな君が先生の方針を受け止め切れないのか?
それとも、先生も飽きちゃうのか??→そんなわけないか^^;

さてさて、科学部レポートはどうなることやら・・・。

わたしの仕事は・・・。

新学期がはじまりました。
ウッキウキで登校するもっちと・・・テンション低いきな君。
昨日はせっかく作ったロケットが!!飛ばす前に壊れて 涙。

さっそく今日は水筒を忘れていって・・・。

なんかあつらえたように、テンション下げる因子が!!

そうそう・・・「ぼくはイヤだけど勉強します。」は、
まったく効果がなかったときな君からクレームが!!
きな君はおまじないのように唱えれば、宿題がサクサク進むと思ったらしい。
・・・・そんなわけないでしょ!!

とりあえず、夏休みの課題が終り・・・。
日常が戻ってきました。

きな君も「宿題がたまると大変なことになる」・・・という事はちょっと理解出来たらしい。
そして、たくさんの課題をやるのは自分には難しい・・・とも。
とにかく今後は少しずつ仕上げていくことで合意!
・・・・まあ、あっという間に破棄されそうだが。

そしてもうひとつ、きな君からの苦言!
「おれは体も頭もひとつしかないから、やることをいっぺんに言わないでよ!」
・・・・わかっていますよ~。だからためないで欲しいのよ~!

Nさんからのコメントにもありましたが、
なんで宿題をするんだろう?どういうやり方なら出来るんだろう?
・・・・って、トコロまで本人が考えられるようになるといいのだけど。
やはりそこは想像力が・・・・難しいですね。

今は説教部屋へ行きたくない・・・という気持ちが、小さなモチベーションなのかな?

なにしろ、将来は働くのイヤだから自給自足で生活すると。
→たぶん自給自足の方が過酷だけどね。
家も自分で作るし、食べ物も自分で作る!!・・・って、トコロまではカッコ良いのだけど。

お家を作る材料は??農作物の種は?畜産だって餌が必要だよ。
電気代は?水道は??ガスは使わないの?
・・・「え??自給自足ってお金いるの?」
お金は必要だよ~。・・・って、そこは想像できないんだなあ~。

想像は出来ないなら・・・ずーっとやりたいコトに出会えばいい。
出会えなくても、大人になれば具体的な選択支も見えてくるだろう。

具体的に見えてくれば・・・・自分で考えて行動するようになるかもしれない、たぶん。

それまで・・・最低限の学力を確保するのが、わたしの仕事かな。


プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR