03
6
8
12
13
16
18
20
21
26
28
   

きな君のループ!

昨日、きな君が面白いことを言った。

スペクトラムっ子がなんで常同行動を好むかってコトだと思うのだけど。

「おれがさ~、なんで同じ作業の繰り返しが好きかって言うと・・・。
それは時間軸がループして戻るから。ループして戻ると安心するんだよ。」

同じ行動を繰り返すと、時間軸が進んでは戻り進んでは戻りというループが出来て、落ち着きと言うか安心をもたらすそうだ。

「だから行事が苦手なんだよ。
行事って時間軸が進むばかりで戻らない。次々と展開されて行って落ち着く暇もない。」

言われて見ると、きな君の発達はこのループの大きさと比例しているような気がする。

くるくる回るような常同行動で落ち着いていた頃に比べれば、きな君が許容するループは大きくなっている。
くるくる回るって、1秒くらいのループだけど・・・同じ台詞を繰り返したり、同じページを繰り返し見たりは1~2分のループ!
単純なゲームにはまったりってこれは10分くらいのループだし、同じアニメや映画を繰り返し見たりは30分以上のループ。
初めて行ったときは30分で帰りたがったデイズにーランドは開園から閉園まで楽しめる1日ループになった。

泣いて嫌がっていた「遠足」とか「運動会」なんていう大きなループでさえ許容できるように楽しめるようになったし、式典など苦手なものでも脱走したり休んだりしなくなって来て・・・きな君のループは一見すると定型の子と同じく見えなくなったように感じる。

でも、ここが落とし穴な気がするんだよね。ループは広げられるけどなくなるわけじゃないし、苦手なことになるとループは狭まるのかもしれない。きな君のループを大切にすることがパニックなどを回避する手段だったのかもしれないなぁ・・・って、今気がついても遅いけど。

きな君の考えは、スペクトラムな人が点で考えるってコトにと同じだなって思う。
私たち線で考える人は時間軸が進むことに違和感を覚えないけど、点の上にいるきな君は違和感を感じてしまうんだろうね。
ループして戻ることで時間軸の進行を許容しているのかもしれないなぁ。

いつもいつもボーっとしているようにしか見えないけど、中身は環境に適応するために動いているんだなぁ・・・。

それにしても、新たなスペクトラムな世界、、、気付かせてくれてありがとう、きな君!


スポンサーサイト

やる気スイッチ、あった!

ゲームをやらない日々も、もはや定着したような。
きな君は、まだ「理科の先生」を目指して毎日学習!
どうしちゃったんだろ??
なんか、頑張りすぎてちょっと気持ち悪いくらいΣ(゚д゚|||)

一緒にやって欲しいって言うから・・・。
まあ、私は「単語帳作って」とか「採点して」とか雑用係なんだけど。
・・・恥ずかしながら、もう教えることが厳しくなってきました(。pω-。)

まあ、いきなり中学1年生の勉強だと難しいものもあって・・・。
いや、最初は中1の復習をやろうと思ったのよ。
でも漢字なんてほとんど書けないし、これじゃやる気も出ないなあって思って。
漢字は小学校3年生から復習!
その代わり、止めや跳ね、払いなどもちゃんと書くことで合意。

国語の文法も簡単なテキストを毎日2枚ずつやり始めた。

英語も毎日10ずつ単語を覚える??
いや覚えたものを忘れちゃってるから、思い出す??

社会も単語帳5枚とか10枚とか、ちょっとずつ覚えたり。

苦手な教科はとにかく薄くて簡単でさくさく出きるテキストを選んでみた。
なんかこう・・・小さい出来たが沢山あると続くかなあって思って。

逆に得意な数学や理科は自分でやりたいようにやらせている。
・・・なんか分厚い参考書を買ってきて、いろいろ書き込んだり調べたりしてる。
意外とアナログなんだな~、きな君って!

いや、本当は塾に行った方が早いと思うのよ。
でも自分のペースでやりたいって言うから・・・。
まあ、でもこのモチベーションがいつまで続くか怪しいものだし、
とりあえず、やらないよりはましだから、本人のやりたいようにやらせているけど。

「お母さん、おれにもやる気スイッチあったね!」

・・・まあ、母はやる気スイッチが切れちゃうこともあるって覚悟しているけど。


佐々木先生のコラム!

佐々木正美先生のコラムをとても楽しみにしています。
今月更新された(→コラムの中で、
「休み時間と放課後の落ちこぼれをなくして欲しい」・・・と、ありました。
仲間と自由に楽しくコミニケーションをすること、それをなくして、
いくら勉強や課題をクリアしても、とってつけたような実体のないもの。

鋭くて厳しい指摘です。そして、身をもって実感しています。
コミニケーション能力とトラブルや問題行動は反比例しているんじゃないか?
・・・・とさえ、思います。

きな君はまさしく、「休み時間と放課後のおちこぼれ」でした。
仲間と自由にコミニケーションを楽しむどころか、トラブルや問題行動ばかり。
心からコミニケーションを楽しむきな君を見られるようになったのは最近のこと。
それとともに問題行動やトラブルも激減しています。

逆にもっちは、休み時間と放課後は優等生!
放課後、遊びに行かないことはまずありません。
自転車には乗れないし、戦隊ものはキライだし、ゲームもあんまり持っていない。
でも、それらが問題になって遊べないってコトはないんですよね!?
もっち、仲間と自由にコミニケーションを楽しむことだけは、合格点です。
先生からは、「やることが遅い」とか、「勉強が遅れそう」とか、「ケアレスミスが多い」とか、実に的を得たもっちの欠点を指摘されるけど、全く気にならないのは、この「お友達と遊ぶ才能」に恵まれているからかもしれません。

そう、スペクトラムっ子ママからすれば、「お友達と遊べる」って、東大に入るとか、全国大会で入賞するとかと同じ才能に見えるんですね。当たり前の事が当たり前に出きる、周囲は評価しないけど、それって生まれ持ったものすごい才能!

当たり前すぎてみんな無関心だったことが、最近当たり前に出来なくなってきている。
先生はそのことをとても危惧されているのだと思います。
もう、無関心ではいられないところまで来ているのかも知れません。

ぜひ、読んでいただきたいコラムです。




毛虫の長所を見つけたい!

ウサギ、ツバメ、毛虫・・・。
戦国武将が兜のモチーフに選んだ生き物。
・・・昨日のお昼にテレビでみたのだけど。

ウサギは大きな耳で情報を逃さない、
ツバメは子孫繁栄の縁起物、
毛虫は前にしか進まない、

それぞれちゃーんと意味がある。
・・・当たり前か^^;

いやいや、感心したんです。
ウサギやツバメなどの小さな動物・・・はともかく、
毛虫なんて私は存在自体にギャーってなって見たくもないのに・・・。

昔の人は、小さな毛虫の長所をちゃんと見ることが出来たんだな~。
しかも自分の生死をかける戦場への験担ぎとするなんて・・・。
そっかあ、毛虫は前にしか進まないんだ。知らなかったなあ。

テレビ見ていたらね、自分が小さく感じたわ。

スペクトラムっ子のいいところを見つけるのは難しい。
きな君を育てていると、時折いや、けっこう頻繁に思ってしまうコト。

でもね、そう思ってしまうときの私って、自由な発想を失って何かに縛られているんじゃないかな!?
なんか、多すぎる情報に惑わされて、子どもそのものを見る力が弱まっているのかも。

私も母として、毛虫の長所を見つけられるくらいの器になりたいわ!

きな君、いつもダメだしばかりしてごめんよ~!!






ポジテイブチョイス!

発達ナビに新しい記事が掲載されました。
子育てで孤立していた私を変えた「ポジテイブチョイス」思考法!

ちょっと大げさなタイトル・・・ですが。
ネガテイブな考えが頭の中を24時間グルグルしている自分がキライで、
眠れないし、欝っぽいし、生きているのが辛いし・・・って時に、
自分の考えを無意識に任せないで、意識がある自分が決めるって方法に辿り着きました。

けっこう苦し紛れに生まれたんですよね、ポジテイブチョイス!

掲載文では削除されていましたが、
ポジテイブチョイスは、自分にノルマを課すようなものは適していません。
あくまでも自分が前向きになるため、ぶっちゃけ楽になるための選択。

ポイントは意識してちゃんと決める!
自分で決定する。

って、それだけのお話しなんですけどね。
でも、繰り返すうちにポジテイブな思考が普通になって来るんですよ。
よかったら読んでみてくださいね。

ありがとう!

きな君が大好きな理科の先生が明日離任することになって・・・。

「学校で泣いちゃったよ~!」

カンブリア紀のオパビニアの魅力を分かり合える唯一の人間が、きな君の元を去ってしまう。
・・・最近のきな君は古代生物にはまっていて、、、、一緒に図鑑を見て話しを聞いてくれるありがたい先生!
その上、かなりの美人で優しいと来たら・・・泣くのも無理はない。

「おれ、先生のこと大好きだったのに・・・理科のテストは不甲斐ない点数ばかりだった。
なんでだ~!!もっと頑張ればよかった!もっともっと頑張ればよかった!」

家でも泣く!

そしてなぜか理科の勉強を夜中までする???
「おれは中学の理科の先生になって、K先生と同じ学校に就職する!」
・・・・汗。
→理科だけ勉強しても先生になれないし、同じ学校に就職できるかどうか分からないからΣ(ω |||)
まあいいか・・・勉強する気になっているんだから、ほっとこ!

幼稚園では泣いて暴れて、私から離れられなかったきな君!
転校するお友達が気になって気になって、見に行きたがったきな君!
プレで先生が変わるとき、お教室からビーズを持ち出してしまったきな君!

・・・会えない=見えない。見えないと言うコトは「無い」と同じ。
だから、私が去っていくことに耐えられなかった。
お友達を目で見て確認したかった。(喋ったこともない子でした)
先生と一緒の空間にあったモノが欲しかった。

ちなみに・・・自分から去っていくのは全然平気なんだけどね。
ここのあたりが、スペクトラムっ子だよね??

そう考えると本当に成長したものだわ。
今回のきな君は・・・。
「泣く」って、中学生の男の子にしては幼いけど、これは自己完結だし、
「理科の先生になる」って、先生が「有る」未来にするために動こうとしてる。
まあ、それが正解かどうかは置いておいて・・・。

私とはほぼ面識がない先生だったけど、きな君にステキな思い出をありがとう!

お母さんなら頑張れる!

小学生のもっちは給食が終わり早帰り。
当然、母といる時間も多くなり、いろんなことを話す。

「ねえ、お母さんお願いがあるのだけど。」
・・・よくばりさんじゃないもっちのお願いってなんだろう??
わくわくして聞いてみたら。

「お母さん、もう少し優しく言って欲しい。」
・・・がーん!!私へのダメだしでした。

「ぼくが一回で聞けなくても、2回3回目でも、優しく言って欲しい。」
グサグサ刺さる・・・。ぐうの音もでません。

「お母さんなら頑張れる!やってみよう!」
最後は励まされました。

「ありがとう。教えてくれて。頑張ってみるよ。」・・・としか言えないですね。

親子って上下関係になりがち。
親には責任があるし、ある程度の上下関係は仕方がない・・・(母の願望)
でも、子ども側からしたら、「理不尽だよ。」って思うこと、多いだろうな。

子どもだけど人間として関わりたい・・・(当たり前かΣ(ω |||))
よその子に出来ないことはわが子にもしない・・・(努力目標)
でもね・・・それは果てしなく難しいΣ(´Д`*)

よその子にできないコトの筆頭は体罰。
だから私は絶対に手はあげない→ここは頑張っている!
・・・・でも、その分口で責めてしまう傾向にある。
私の口撃はすけさんでも閉口!子どもが叶うわけもなく・・・。

分かってる!分かっているの!
子どもには見えないところで、ひそかに反省もしている!

わが子にダイレクトに指摘されて・・・ちょっと凹む。
いや、凹んでいる場合ではないね!
ここは、3回目までは優しくいえるように、本気で取り組んでみようかな!

きな君、勉強する。

昨日は部活が休みだったため、きな君ともっちはおばあちゃんの家へ!

なにしろ自宅でゲームを禁止されているので、
お友達の家で貸してもらうか、おばあちゃん家に避難するか、、、でしかゲームが出来ない。
しかも部活が忙しくておばあちゃんの家に行く時間もあまりとれず(。pω-。)

久しぶりにゲーム三昧の一日を送り、リフレッシュした二人!
楽しそうに帰ってきました。

たまにはそういう日があってもいいかもね。

自宅に戻ると夕方の学習タイム!
実は知り合いのスペクトラムっ子にきな君と似たタイプの子がいて、
学習に身が入らず、塾を転々として、成績は下がる一方という、まさしくきな君タイプなんだけど、
なんとこの子のママが、9月から始めた自己流の自宅学習を定着させ、成績を上げたそうな。
いや、テストを見せてもらったけど・・・ほんと同一人物とは思えないくらいに向上!!

っていうか、そんな方法があるなんて信じられないけど、
「塾に行くよりもお金はかからないし、きな君も試してみれば!」・・・と、言われ、
我が家でも実践中!
とにかく毎日やることが肝心らしいので・・・。
もちろん、おばあちゃんの家に行く前も、そして帰ってきてからも、やりました、いや、やれました・・・って感じ?

まあ、自宅学習なので、もちろん親の手間はかかります。多少の予算も必要。
でも、あのきな君が、文句も言わずにやってる・・・ちょっと怖いくらいに。

しかし、学習である以上・・・成果がでないと良い学習法ではないよね。
お友達は小学生なので中学生はどうなんだろうってのもあるし。
まずは続けられて、そして2年生で成果が現れたら!!
詳しいやり方・・・(ってほどのものじゃなくて単純なんだけど)・・・・を更新します。

ちなみにきな君がやると、負けじともっちもやる!!良い相乗効果は出ています。

スペクトラムっ子にはスペクトラムっ子のツボがあるのかしらね??

球技大会・・・炊き出しにて!

昨日はきな君の中学校の球技大会!
母も炊き出しに参加してきました(*’U`*)

メインの球技大会のほうは・・・。
ハンドボールだったにも関わらず、まったく活躍できない!!・・・いや、どちらかと言うと足を引っ張っていたきな君!
本人は「背が高いからカットに集中した!」と、もっともらしいことを言って満足げだったので・・・まあ、いいかな。
ただ、「息子さん部活なに?」って炊き出し仲間に聞かれたとき、「ハンドボール」とは言い辛かったけどΣ(ω |||)

炊き出しメニューは、250人分のポトフとあげパン!
想像しただけでも面倒くさい・・・いや大変そうで、実は億劫だったのだけど、
主婦が10人集まればけっこう簡単に出来てしまうのね。

自閉症児が見通しが立たないと嫌がるの、ちょっと分かる気がしたわ。
見通しが立っていれば、イヤだなって思うことも無かったわけで・・・。
私はイヤだなってくらいで済むけど、想像力に障害がある子は怖いだろうな。
ちなみに私は年末のお節作りを想像していたけど、日ごろの夕飯レベルでした^^;

さすが中学生、あげパンもポトフも即完食!
おかわりのジャンケン合戦も燃えた!

私とジャンケンして買った人がゲットってルールで負けた人はどんどん座っていくのだけど、負けたきな君は座らずジャンケンをしてる(*`・з・´)まあ最終的には座ったけど、母はイライラ!

帰宅したきな君!「お母さん、ちゃんとぼくの不正に気がついたね!ええって顔するの見たよ!」
・・・学校で会っても飛びついて来なくなったのは成長だけど、変なアピールは止めてほしい。
どうやら、母の注目を集めたかったみたいΣ(´Д`*)

分かっているよ!自分のお母さんが炊き出しを持ってきて、みんなに「ありがとうございます!」「美味しかった」ってもてはやされて、得意になってうれしくなっちゃったんだよね!?自分に注目を集めたくなっちゃったんだよね!?

分かるけど、やり方を間違えているから誤解されるよ~。
とりあえず、「あげパンひとつのためにカッコ悪かったよ!」って釘を刺しておいたけど。

笑いの獲得!

発達ナビに新しい記事が公開されました。
他人が笑うとパニックになる息子が、笑顔ある生活を取り戻すまで。

笑うという行為に混乱したきな君。
「笑う」って曖昧ですよね~。とーっても曖昧だけど、大事なものですよね!?
発達障害児の苦手な「意味がたくさんあって曖昧なこと」なんですよ。笑いって!
笑う=パニック・・・これを乗り越えるのは本当に大変だったのだけど。

実はこのエピソードなくして今の私たち親子はない!
・・・と、言うくらいその後の道筋をつけてくれました。

診断前だったこともあり、「自閉症者には理解できない」で片付けず、
体当たりで、笑いという「曖昧ワード」の扉を開くことが出来た。
それは、その後に立ちふさがる「曖昧ワード」の曖昧さを獲得するツールとしてなくてはならないものに!!

発達障害児を育てていると、
「はあ~、やれやれΣ(´Д`*)」ってコトが畳み掛けてくる!
なんで私ばかり!って思わずにはいられない毎日!

でもね、大変であればあるほど・・・。
その後の道筋を示す地図が埋まっている。
いや、当時は大変だったのよ~。何度投げ出そうとしたか分からない。

今だからこそ見える地図!
困難を乗り越えて地図を沢山手に入れると、装備がグレードアップして少々の攻撃ではびくともしなくなるような・・・(*≧∪≦)
発達障害児子育てって・・・リアルなロープレゲームみたいだなぁ!!(ノ∇≦*)

何も考えていません!

ずぶ濡れで帰ってきたきな君のリュックを洗うために、
久しぶりに中身を出すことになったのだけど・・・。

分けの分からないプリントがぎっしり!!
きな君はこれをミルフィーユって呼んでいる。

そのミルフィーユのてっぺんに保健体育の提出済みプリントがあって・・・。
ちらりと見てみた!
現在やっている長距離についての問い。

実はきな君、そこそこ長距離が得意!上位タイム者に名前も出ていた。
ただ走るだけだしね・・・多動で動き回っているから体力あるのかも((^∀^*))
まあ実技はいいとして・・・。

「何を意識して走りましたか?」って問いの答えが!
「何も考えずに走りました。」Σ(ω |||)

ははははは・・・。笑うしかない。
そう、ふざけているわけではないの。
本当に何も考えず、特に意識せず走っていたんだろうな!

そうだよね~・・・走りながら何か意識するなんて、無理だよね^^;
シングルフォーカス君・・・基本的に頭の中はひとつなんだから!

保健体育の先生が理解ある方で良かった。
評価は驚きの「B」です(*´∀`人 ♪・・・よくBにしてくれたよ。

スペクトラムっ子!
プリントをちゃんと提出しているだけでも感心感心!
頑張ったね!母の評価は「A」だよ!!





お疲れ様です

きな君、ずぶ濡れの影響か・・・週末は熱を出して寝込む(。pω-。)

昨日はすけさんの会社のイベント!なので、もっちとすけさんと母でイチゴ狩りへ。
もともときな君はイチゴが嫌いだし、部活もあるから申し込んでなかったのだけど・・・。

熱は下がったけど部活は行けないので、きな君だけ実家へ。

実は地名からウチの近くだと思ったのだけど
イチゴ狩りは横須賀だった・・・Σ(゚д゚|||)
横須賀まで高速代を払ってイチゴ狩りだけで帰るのはもったいなくて、
油壺マリンパークへ行ってみる。

たぶん、この3人でのレジャーは初めてなのだけど、いろいろ考えちゃった。

もっちとレジャーってなんて楽しくてラクラクなの!!

そんなこと考えちゃう自分もどうかと思うのだけど、
だってね、トラブルが起きない!
それに、本当に楽しそうなもっち!
純粋に楽しいだけのわが子を見るのって本当に「うれしたのし」なひと時。
薄暗い場所も、人ごみの中も、ピリピリしないし、
ぶつかってきた子どもににらみもきかせないし、
周囲に暴言も吐かない!!
母も自分のペースでゆっくり見学できるし、
落ち着いていられる。

なんか、本当にのんびりしたあ~。

もちろん、きな君とも充分楽しいって思っていたけど、
私ってば!いろんな事に気を使い、ピリピリしているんだな~。
って言うか、そんなストレス下にあることが普通になっちゃっているんだね。
慣れって怖いわぁ~(´Д`*)

ほんと、すぺくらむっ子育児をしているママさんたち!
お疲れ様です!!






優しいって事にします。

先日きな君がずぶ濡れで帰ってきました。
パンツまでずぶ濡れΣ(゚д゚|||)

「傘どうしたの?」
「貸したら自分の分がなくなった。」
「1本しかないのに何で貸したの?」
「傘がなくて絶望的になっているヤツがいたから。」

傘がなくて絶望的になっている子の気持ちは分かるが、
1本しかない傘を貸して自分がずぶ濡れになってしまうのはちょっとΣ(ω |||)
アスペ君の思考回路・・・やはり分からない。

もしかして女の子?(*ノ∪`*)好きな子ならアリかな?って思って、
「ふーん、誰に貸したの?」って聞いたら、
きな君の口から聞いたこともない男子の名前でした。

「おれは濡れるくらいどってことないんだけど、
濡れるのがどうしてもイヤなヤツっているんだよ!
イヤなのに我慢するのかわいそうじゃん!」

君はパンツまでずぶ濡れでもどってことないでしょうけど、
あなたの制服、靴、カバン・・・乾かさなきゃいけない母は絶望的だわ!

すけさんは「優しいじゃないか。」

そうね・・・思考回路が分からないって思うよりも、
「優しい」って思ったほうが建設的ね。
あまり人に理解されない「イヤだ~(*` 艸 ´)」が多いきな君は、
イヤだって気持ちが分かりすぎちゃうのかも!

うん、優しいって事にしておこう!!

今日はコミニテイでした。
みぞれの中、20人ほどのママが集まってくれました。
障害者差別解消法、合理的配慮・・・難しかった。
自分の考えをまとめてからアップさせていただきます。

4月は22日、5月は20日がコミニテイの予定です。


忘れていたけど・・・。

忘れていたんだけど・・・。
我が家はゲームが禁止になっている。

禁止になったとき、
自分がめっちゃ切れてしまったことは覚えているんだけど、
なんで禁止になったのだろう?思い出せない。
→まじやばい!本当に忘れっぽくて。

でも、ゲームをこっそりやろうという行動も見えないので、
そこそこ納得、そこそこ怖いってトコロだったのかな?
「やりたい!」って言わないから、禁止にしたことすら忘れていたんだけど、
不思議なことに、ゲームがあってもなくてもあまり変わらない生活。
変化といえば、おもちゃが散らかるくらいかしら?

ケンカも増えるかと思いきや、
ゲームを止めるときのストレスでぎゃーってならないから、
これまた変わらないというか、減ったような気がする。

もっちはゲームがあってもなくても、相変わらず放課後は、
「ただいま!」→「トイレ」→「行って来ます!」・・・と出て行くし、

きな君はゲームが出来なくてつまらないから、デユエマカード熱が再燃して・・・。
周囲のお友達を巻き込んで、熱中してる。

コミニケーション苦手なのに、なぜか巻き込まれた周囲もカード熱再燃!
このスペクトラムっ子の不思議なコミニケーションン能力!
なんなんでしょうね??

大人は禁煙とか禁酒とか・・・ダイエットとか、結構きついけど、
子どもって順応がいいよね~。
まあ、子どもも忘れているっぽいから、しばらくゲームのない生活楽しもう^^








告知っていつ、どんなタイミング???

発達ナビに新しい記事が掲載されました。
伝えるだけじゃない。本人への障害告知、最適なタイミングとは!

「最適」ってちょっとオーバーですが、きな君への告知の記事を書かせていただきました。

告知って・・・実は伝えたら終わりじゃないんです。
本人の中に生まれたもやもやが何なのか??
告知という形で伝えるだけでは半分!
実は、告知された本人が障害を受容するところまでが告知。

いつ告知をしたらいいんだろう??ってところから、
専門家に相談(いや質問?)、告知への準備、大本命の告知、
投げたボールをきな君がしっかり受け止める受容まで!
文字にするとすぐですが、我が家では4年くらいかかりました。

子どもによって、親によって、辿る道は違うっていうか違っていいので、
まあ、ウチはこんな感じだったよ~って記事です。
・・・すみません、雑な表現で^^;

振り返ると・・・。

告知っていうと大変なことに聞こえちゃうけど、
アイデンテテイを探すお手伝いのようなもの。
自分にはどんなことが出来てどんなことが苦手なのか?
自分の特性を見つめるという意味では、
どんな子どもも自分を受容するステップがあってもいいと思う。


良かったら読んでみてください。

はーとコミニテイのおしらせ♪

はーとコミニテイのお知らせ!

3月11日 9:50より(開場9:30)
大野北公民館 3階 工作室


1月にもゲストとしていらしてくださった、大里校長先生が来て下さいます。
前回は満員御礼で会場が狭いくらいでしたね^^;
インクルージョンなど、耳にするけど分かりにくいことなど教えていただきました。

今回は、4月から施行される障害者差別禁止法について・・・や、
入学前に準備しておいたほうが良いこと・・・や、
学校と円滑に話し合うために・・・などを聞いてみたいな~と、
あくまで私の勝手な希望ですが、伝えてもらいました。

インクルージョンもそうだったけど、難しいことも「知る」って大事。
知ることで広がる世界がありますよね。

どんなお話しなのか、わくわくしますね(*≧∪≦)

また、あすぽーととは関係が有りませんが、
以前講演会やコミニテイに参加してくださったジョガボーラさんが、社会福祉協議会と発達障害児のサッカー教室を開きます。
体を動かすって楽しいなって、そんなお教室みたいです。
お話しを聞いたママから、詳細が決まったらぜひ教えてって声がアンケートにあったのでお知らせします。
詳しくはこちら→発達障害を持つ子どもたちとのスポーツ交流会!

募集が30人なので、興味のある方はお早めにお問い合わせを!

勉強をしないのも調整です。

「おれさ、最近数学の授業が楽しくて仕方ないんだよね!!」
一見、とっても勉強が好きな子どもに聞こえてしまうが・・・。

母の素朴な疑問???
「でもさ、そんなに数学が好きなのに、家では全く勉強しないよね?」

するときな君の素朴な疑問???
「学校で勉強しているのになんでわざわざ勉強しないといけないのさ??」

親子でスゴイ温度差!

「いや、苦手なものならともかく、好きなんだから家でもやればいいじゃない?」
→本当は苦手なものもやって欲しいが、せめて得意なもので自主学習の習慣がつけばいいのに!

「家でまで勉強なんかしたら飽きるじゃん!
おれは、せめて数学だけは飽きないように調整しているんだよ。」

なんかもっともらしい言い訳で丸め込まれそうな。

最近、ものの言い方がぐーっと大人びて来た。
対等に物を言えるようになって、やっぱり考え方とか捉え方とか全く持って違うんだなって、アスペ君の不思議を感じることも多い。
年齢が上がって思春期を迎えても・・・主観が強い考え方は変わらないのね。
とにかく自分がどう感じて、どう思うか、、、が大事!!
よく言えば周囲に振り回されないが、その分周囲に取り残される可能性大!
まあでも、いいのかな。だって、周囲と同じを望んでいなさそうだから。

なんかね・・・自分の主観できな君を計ろうとして結局は無駄に終わることばかり。
っていうか、だいぶ壊されたとはいえ・・・母の常識の枠に収まらないのね。
きな君を心から理解するためには、どれくらい壊れないとダメなのかしらΣ(ω |||)

みどりのお話が続きます。

みどりと言えば・・・。
こんなこともありました。

「ねえ、お母さん・・・。GReeeeNって知ってる?」
・・・まあ、詳しくは分からないけど、そういうグループがいるのは知ってるよ。

「おれも知ってる!えーっと、ミュージシャンだけど歯科医で、顔を出さない人たち!」
・・・うん、そうみたいだね。

っていうか、どうしたの急に???
君はアニソンと合唱曲と、歌曲しか聴かないのに。
→・・・うーむ、書いていてかなりの偏りを感じる。中1の選曲とは思えない。

なんで??急にGReeeeN??学校でなんかあった?

「さすがお母さん、スルドイ!!」
・・・あったんだ。なんか想像つくけど、、、、話してごらん。

「いや、今日の放送はおれの当番だったんだけど、Tがさ、GReeeeNのCDかけてって言うから・・・。
おれ一生懸命探したけど見つからなくて・・・。
見当たらないって言ったら、どこに目をつけてんだとか言っちゃってさ、
しかも全然グリーンじゃないCD持ってきて偉そうにかけろとか言っちゃって!!
くどくど、GReeeeNについて説明されたΣ(´Д`*)」

→なんかオチが想像できちゃうのが、アスペ君ね!!

「そう、おれは緑色のジャケットを探していて・・・だってさ、おれGReeeeNなんて知らないもん。」

ひとつ賢くなったきな君でした(〃▽〃)

ちなみにきな君はGReeeeNの曲を学校で歌ったことがあったそうです(´∀`*)
やっぱり、名前は覚えないんだね~Σ(ω |||)


色で識別します。

「Yさんの息子さんもカードゲームにはまっているんだって!
今度、一緒にやってみれば?」

なにげなくきな君に向けて発した言葉が迷走w( ̄o ̄)w
「えーと、みどり?」
・・・いや、息子さんだってば!それにみどりって誰??

「みどりじゃないとすると、白?」
・・・はっ??なんで?

「じゃあ、赤かな?・・・おれ赤は苦手!」
緑、白、赤ってイタリア国旗かっっ!!!

「ああ、赤が苦手だってこと本人に言わないでよ。失礼だから!」
・・・よく分からないけど、どうやらちょっとしか会った事がない人は、名前を覚えられずインスピレーションなのか何なのか分からないけど、色で識別しているっぽい!

きな君が大好きだったプレの先生・・・3人とも名前は覚えていないなかったもんね。
→3人とも丸1年担当してもらったのに!
本人なりに何とかしようと色で識別しているのだろうけど、周囲と共有できてないわ。

「よく分からないけどさ、わざわざウチの息子が赤さんのことは苦手ですって、本人には言わないよ。」
・・・・まあ、きな君的には気を使ったのだろうけど、そこまで空気を読めない母じゃないよ。

しかし、気を使うようになったもんだ!
っていうか、アスペ君って、空気を読むマイルール作っているんだな~。
「空気を読めない」って口で言うのは簡単だけど、本人は努力しているのね!

あすぽーと3年半のあゆみ。

今日はあすぽーとのミーテイング!
来年度の講演会の助成金のプレゼンを控え、
あすぽーとのこれまでの歩みをまとめてみました。

講演会含めコミニテイは4月で30回の節目。
リピーターも多いのですが、30回で足を運んでくださった方は延べ人数で約千人。
あすぽーとという地元でひっそりと立ち上げた小さなサークル。
元密着で地道に続けてきた活動の広がりに、スタッフも驚きを隠せません。

講師をお招きできず雑談会としたコミニテイも2回ありましたが、
どんなに辛い状況でも、なにかひとつ前向きなものを持ち帰ってもらいたいと、
コミニテイのほとんどは、ボランテイアできてくださる先生をお招きして、
多くのママ達と共に学び続けてきました。

講師の手配は、サークルの運営上最大の難関でしたが、
当たって砕けろの精神で、出会いがあるたびにお願いをして回るという地味にもほどがあるやり方で、よくもまあここまで来れたものです。
ボランテイアで来て下さった方は16人(たぶん)。
何度も足を運んでくださった方もいらっしゃいます。
現在5月の講師にコミニテイママに大人気の石井先生4回目の登場を打診中!→どこまでもずうずうしいオバちゃんスタッフ^^;

私たちスタッフの力なんて微々たるもので、
足を運んでくれる、講師や参加者のみなさんのお陰でサークルが成り立っているんだな~って、あらためて感謝です。

3年半の歩みの長さを実感する出来事がもうひとつ。
それは、わたしの自宅に3年半の書類や資料がごちゃまぜになってどっちゃりあること。
今年度のプレゼンを控え、必要なものをさがそうと、ひっくり返してみたけど・・・。
もう、やばいです!捨ててないはずなのに見当たらないものや、こんなのもういらないだろうってものまで・・・整理できるめどがつかず・・・。なんか、一箇所に入りきらないからいろんなところに置いているんだよね。
とりあえず、これがあれば何とかってものを引っ張り出して・・・そしてまたごちゃ混ぜのまま蓋を閉じるという、きな君のことを全く言えない状況です。

やばいな~・・・やっぱり私もちょっとADDかも。
今月は子どもたちの1年間の書類や資料も整理しなくてはならないし・・・。
我が家が片付く日は来るのだろうか????→たぶん、来ない(。pω-。)












忘れちゃったけど・・・。

もっちのクラスの懇談会で・・・。
いやあ~、スリルない懇談会もいいものですな(*’U`*)

くつろいだ気分で参加できる懇談会・・・。
ぼーっとしていたら、「ひとことお願いします。」って言われて。
私がぼーっとしている間に、反対側の端っこの人が・・・「こっちからはイヤ!」とアピールして私からに。
私の近くに座った皆さん、心の準備の猶予をあげられなくてごめんなさい。

ひとことって言われてもね・・・。
「毎日嫌がらずに学校へ行って、毎日笑顔で帰ってくる!」って、きな君が未だ達成できない目標をクリアしているもっち!
それだけで充分なので、一年間のお礼を!!まあ、私は申し分ないけど・・・マイペースなもっちにペースを乱された先生は大変だったろうな、と思い、入念にお礼を!!
・・・それと、親としての立場を「他から見たら、勉強や生活などもっちが至らない点はたくさんあるだろうけど。学校に楽しく行って、放課後お友達と楽しく遊んで、それだけで親として充分満足」と、伝えておきました。

そのあと、いろんなママの一言を聞いて・・。
やはり何人かは登校しぶりがあるらしく、涙ながらに話すママもいて・・・。
あわや、もらい泣きしそうに!
スッゴイ共感しちゃって、「大丈夫よ~」・・・って、声をかけたかったけど、知らないママがいっぱいで・・・懇談会が終わるとどのママだったか分からない。
この忘れっぽさ、ほんと困るわ~!忘れちゃったけど、気持ちだけは応援しています!



プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR