04
5
8
11
   

言語化で広がる世界。

自閉症の少年デイランのお話し。
このコラムで知りました。
私たちは発達障害や自閉症のことを知りたくて、いろんな学び方をしていますが・・・。
当事者の声にまさるものはないですね。

それにしても、この動画にとても親近感を覚えるのは、オーラがきな君に似てるからかしら?!
あの走り方・・・しぐさ・・・、私にとっては違和感がなくて、落ち着く!
きな君は言葉はあるけど、歩いてきた道のりも似てる。
きっと多くの自閉症スペクトラムの人が歩いてきた道のり。
きな君が持っていた言葉も、長い間人に届かなくて、いろんなアプローチの末に、自分の考えをまとめて言語化できるようになった。まだまだ独りよがりで届かない言葉もあるけど(´∀`*;)ゞ
ここに辿り着けたデイラン少年も、きな君も本当にラッキーだと思う。

ラッキーなんて軽い言葉で片づけではいけないかな。
沢山の方のサポートでここまでこれたんだから・・・。

言葉で相手に何かを伝えられるって、それだけで世界が広がる。

共通点多く感じる、デイラン少年ときな君ですが、全く違う点もある!
デイラン少年のお母さん、ステキすぎ!!
会ってお話しを聞いてみたーい!けど、外国人ですからね^^;


スポンサーサイト

想定外を想定しておく。

発達ナビに新しい記事が掲載されました。
想定外のトラブルを減らす「問題行動対応マニュアル」とは!

あ~ちなみに、トラブルの数が減るわけじゃないけど。

マニュアルって言葉はあんまり好きじゃないけど、
まあ次ぎから次へと問題を起こしてくれるきな君を怒らないために、
想定外を想定して、想定内にするってややこしいことをしていたわけ。

想定外を想定内にする私のマニュアル・・・って言っても、
ざっくりだけどね。人間がざっくりなもんで^^;

問題行動が起きたとき、最初のマニュアルは「子どもの言い分を聞く」。
これを決めておくだけでも、問題解決がずいぶんとスムーズになったものです。
決めておかないと、つい子どもを責めちゃうからね^^;

今はマニュアルが出動することもあまりなくなってきたけど。
それはそれで嬉しい進歩だよね。

良かったら読んでみてください。



合理的配慮・・・始まっている地域あるみたいです。

今月のコミニテイでも話題になった「合理的配慮」!

基本的に「なんも変わらないだろーな。」って思っていたし、
予想通りすぎるくらい、何も変わった様子はない。

法律作っても変わらないんじゃ意味がないじゃん!
いやいや、まずははじめの一歩が大切。法を整備して、これから時間をかけて変わって行くはず!
って、肯定と否定が自分の中でごっちゃになるくらい・・・結局何も変わらないのだけどΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

実は変わっているところもあるらしいのです。

ある交流会で都内に住む、グレーゾーンのお子さんのママとお会いして、
都内・・・全域かどうかは不明。もしかしたら市で取り組んでいるのかもしれないけど・・・、「合理的配慮始まってますよ!」って、頼もしい答えが返って来ました。

日本って小さいけど広いなあ~。

「算数はレベルごとに4段階に分かれているし、LDの子はタブレットの子もいるし、掛け算表を見て問題を解くこと子もいますよ。」

ただ、どうしても掛け算表を見て解く子のほうが早いので、見れない子は複雑な感情もあるし、見れる子は「おれの方が早い!」と得意気になったりと、ザワザワしてしまうことも。
でもさ、今まで苦しい思いをしてきた子が「出来た!」って思える授業に近づいているのはすばらしい。まあまあ、今まで大変だったんだもん!少しの優越感は見逃してあげて欲しいわ。

これはまだまだ見える配慮、ここから掘り下げていく必要はあると思うけど、でも動き出しを感じられるって子どもや保護者にとっては希望だよね。

さすが首都東京だなあ~・・・近いけど他県の田舎とは違うわΣ(゚д゚|||)
支援教育でも「おのぼりさん」になってしまったぴょんさんでした^^

これが普通になる日がはやくやってきますように。

はーとコミニテイ・・・4/5/2016

4月20日・・・の、コミニテイ。
なんどか関連する記事を更新しましたが、あらためて感想を!

今回のゲスト講師は、若くて初々しい方々。
ベテランの重厚なお話も、というか、やはりベテラン先生のお話しは学びが大きいけど、若い方が一生懸命取り組んでいるのも・・・それはそれで引き込まれますね。

4月ということもあり、学校とのコミニケーションの取り方を中心にお話しいただきました。
私が感心したのは、連絡帳でのコミニケーション。
大事なことを連絡帳に書いたとき、やっぱり直接話したほうがいいなって思いますよね?
そんな時に「お返事はお電話で結構です。」って付け加えておくと、親だけでなく先生も助かるってお話し。下校までのあわただしい時間に連絡帳をしっかり書くのは先生も大変。ならば、連絡帳は判子のみにして都合の良い時間にお電話をもらうって・・・よく考えたら先生に対する合理的配慮よね^^;電話をもらうってなんか遠慮してしっていたけど、元教師にそうやって言われると安心してお電話をくださいって言えますね。

ゲストが3人もいたので、グループトークではそれぞれ先生が入ったグループと、残念ながら先生が足りなくて私とトークのグループと・・・細かく分かれてのデイスカッション!

どのグループもお話しが尽きないようでした。
なにしろ、終わりを告げても誰一人立ち上がらず、名残惜しむという・・・。
ちょっとスタッフもびっくりの展開でした。

普段は、先生のまわりをずらりと囲むママたちと、こじんまりと私とトークを楽しむママとのグループ分け。先生の周りのママの中には声を発しない方も多いのではないかな?
せっかくだら先生のお話を聞きたい!でも本当はおしゃべりもしたい!って・・・なんかママ達の気持ちが伝わって、なんとか先生のお話を聞きつつ、おしゃべりもできないかしら?

ママ達のスッキリが伝わってくるような・・・そんなコミニテイでした。
参加してくださった皆様、ゲストの先生方、ありがとうございました。


ペアレントトレーニングはスモールステップで!

発達ナビに新しい記事が公開されました。
接し方を学ぶたびに自己嫌悪!そんな時に親が心得ていたいこと

ペアレントトレーニングって学んだときはスゴイ!って思うけど、いざ実践って以外にもハードルが高い!トレーニングしたのに上手くできなくて、凹んじゃうママって意外と多いと思う。

前回のコミニテイでペアトレのママ感想の動画を見て・・・そんな簡単なものじゃないでしょって、ちょっと冷ややかに見ちゃったママ、以外に多いんじゃないかな?!
もうちょっとリアルな感想の動画かと思ったのだけど・・・。

ママも人間だし、発達障害児の破壊力はペアトレで簡単に解決するようなものじゃないのよね。なにしろ、ペアトレの想定を簡単に超える破壊力の持ち主だからΣ(゚д゚|||)

じゃあ、なんでペアトレするの??って事は今回は書いてません。
現在、ペアトレに対する考えが変化しつつあって自分でもよく分からないから。

でも、藁にもすがる思いでペアトレを受けたころの自分を振り返ると、ペアトレを受けたとして、じゃあどうやって前向きな気持ちを保ちつつ、活かしていったらいいの?って記事です。

良かったら読んでみてくださいね!





待ちきれないけど・・・。

昨日の記事の続きです。
実はあの話のあと、点と線の話に繋がっていたようで。
あくまで個人的見解と言うコトを前置きして、お話しします。

私も「点と線」のお話しはいろんなところで見聞きしました。
一番印象に残っているのは東田直樹さんの特集番組です。
「点と線」って言われても何のこっちゃ??・・・だった。
でも、東田直樹さんの文章を見て漠然と分かったような気がして。

やはり当事者の声ってすごいですよね。
どんなエライ先生や研究者が書いたり言ったりするより、ストレートに訴えてくる。
きな君が自分のことを言語化するようになって・・・「点と線」は私の中でも実像になりつつあります。・・・現在残像くらい^^;

シングルフォーカスも、線にならないところから来ているのだと思う。
点も線もひとつはひとつ。線で繋がっているからこそ多角度から見ることが出きる。
どれくらいバラバラの点なのか、どのくらい線になっているのか、それは個人差が大きいから一概には言えないだろうけど、きな君のようなアスペルガーの子はある程度、線を持ってもいるし、繋げて線にすることも出きるのだと思う。

きな君がいろんなことを獲得するたびに、「あ、繋がった」と感じるのだけど、ポンと飛び上がるように適応できる時って、観察している私からでも見えるくらい、いろんな点が線になるんだよね。

きな君の問題行動が嵐のようにやってきていたときって、とにかく療育して何とかしようって気持ちが強かったし、周囲も療育療育って空気だった。
でもね、療育って(ペアトレもだけど)点を繋げるお手伝い以上のものではないと最近になって思う。
繋げてあげるんじゃない、繋げるお手伝い・・・。どうやって繋げるかは本人次第って言うのが理想的。自分で獲得するから、意外な繋がり方をして、適応範囲もより広がるのだと思う。

療育やペアトレを否定はしないけど、それらの立ち位置の確認って大事だと思う。
まあ、今だからそう思うのだけど。

発達障害児の発達って、小さな点が小さな線を作り、小さな線が繋がって大きな線を作る・・・そんなイメージ。だから繋がるときは一気に来る!

私もしょっちゅう待ちきれないけど、でも待った分は一気に来る・・ような気がする。
これも、発達障害児子育ての楽しみかも!





おれはラクをしたい!

先日のコミニテイで私と同じグループだったママから、
「もう一度教えてください。」・・・と連絡がありました。
私などのお話を真剣に聞いてくださって・・・ありがとうございます。
全く持って個人的見解なのに、ほんと恐縮です。

それは・・・きな君の切り替えが悪いってお話し。
「朝練に行きたくない!」「終日練習はイヤだ!」
まいっかい、言うんで・・・「辞めれば?」ってなりますよね!?

学校へは行っているわけだし、別に部活を辞めたっていいんじゃな~い?って、ゆるい母は思ってしまう。

ところが・・・「え?おれ部活楽しいけど?」、、、byきな君。
じゃあなんで、いつもサボろうとするのよ?!(*`皿´*)ノ
不思議でしょ?ほんと、発達障害児七不思議Σ(ω |||)
楽しいのにサボろうとする!

本人曰く「楽しくても、やらなきゃいけないと分かっていても、基本おれはラクをしたいと思っちゃうんだよ。だから朝は起きたくないし、部活も行きたくないし、勉強もしたくない!」

いろんな切り替えが出きるようになったと思っていたけど、基本的に大変な方への切り替えは難しいままなのね。

もうひとつ、ラクな方を考えて切り替えが難しいのは、シングルフォーカスだから。
私だってラクしたいよ。毎朝起きたくないって思うけど、起きないと困ることも沢山あるわけで、やっぱり起きるわけ。
人は「こうしたい」って思ったとき、同時に逆からの視点で物事を見られるようになっている。そうやって思考や行動のバランスを取れるようになっているのね。
でも、発達障害児はそこに脳の機能障害があって、、、シングルフォーカス、つまりひとつの視点でしか見れないし、考えられないので、「ラクをしたい」・・・で止まってしまう。おそらくそれで切り替えが難しいのね。

いつもいつも手を焼かせて!!って思っちゃうけど、それが発達障害なんですね。

きな君が自分のことを言語化するようになって来て思うこと。
今まで本を読んだり、勉強会に参加したりして、発達障害への理解を深めて来たと思っていたけど・・・・最近、きな君の言葉を聞くと、なんかズレていたような気がする。このズレに関しては、まだ明確な形で私も理解出来ていないので・・・そのうちきな君と一緒に擦ズレの正体を突き止めましょうか。

ってなお話しでした。
もしも分かりにくいところなどあれば、質問を受け付けますのでご連絡くださいね。

アスペ君に見抜かれた!!

昨日はあすぽーとのコミニテイがありました。
参加者20人、スタッフと講師6人・・・子どももいて、公民館の工作室いっぱいでした。
コミニテイの様子はまた後日アップします。

昨日きな君が・・・。
「おれ、お母さんのことが心配なのよ!!」
真剣に私を心配???してくれている様子。
でも、一体何が?

「お母さん死んじゃいそう。疲れた顔してる。」
そう言って、肩をもんでくれました。
「痛いよ~!力抜いてよ!」
ハンドボール部の握力で全力でもまれたら壊れるよ。
・・・そこまでは気遣えないのねw( ̄o ̄)w

でも、きな君の言葉に泣いちゃいます。
かつて私の心配どころか、私の負担の9割を占めていたきな君が!!
私の心労の元凶だったきな君が!!

っていうか、アスペ君に悟られるほど疲れた顔してたの??
今日のコミニテイで恐ろしい顔でみんな実はびっくりだったらどうしよう。

まあいいや!本当にうれしかったから。
恐ろしい顔はご愛嬌ってことで!!

発達障害児子育てって、大変だけど・・・たまにこういうご褒美があるよね。
ちっちゃいことでも嬉しさ倍増!普段の困ったスパイスが効いてるから(*’U`*)

れいんぼうずさんの講座告知。

「れいんぼうず」さん主催の講座のお知らせ。

5月9日月曜日 9:30~11:30(受け付け9:00~)
サンエールさがみはら 第二研修室
参加費 500円

講師 星山先生(明星大学教授)

あすぽーと主催の講座ではないため、質問やお問い合わせにはあすぽーとでお答えすることは出来ません。れいんぼうずさんに直接お問い合わせください。

れいんぼうずさんの連絡先はこちら→

子どものグズグズには理由があります。

発達ナビに新しい記事が掲載されました。
子どもの愚痴は「荷物を預けに来ているだけ」ってどういうこと?

これは、子どもがグズグズ言うのは理由があるってお話しです。

子どもってどうしようもないことをグズグズ泣いたり訴えたりしますよね?
大人から見ると、「言っても仕方ないじゃない!」とか「いつまで言っているのかしら?」って、つい思ってしまいますが、実はこのグズグズにはちゃんと前向きな理由があるんです。

きな君のグズグズに辟易していた私に、スクールカウンセラーが理由を教えてくれました。
子どもがグズグズ言うと、わたしなど未だに「うるさいな」ってイライラしちゃうけど。
でも、このグズグズに適正に対処するって大切なんですよ。

・・・とまあ、そんなお話しです。

よかったらぜひ読んでみてください。

いよいよ明日はコミニテイですね。
みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

点を大きく育てよう!

最近きな君は「カッコイイ」ことに敏感!

・・・お分かりだと思うけど、おしゃれなものではない。

なんて言うのかな~?!
昨日はテレビで、アフリカで養鶏をしている人が語るお父さんに・・・。
「カッコいいな~。親子でカッコイイ!アフリカを選ぶところがまたカッコイイ!」
・・・と、カッコイイ連発!

「そうだね・・・となると話を聞いている千原せいじもカッコイイよね!」
「せいじ?なんで?」
「だってさ、この番組を見ていると、誰と話しても変わらないし、誰とでも心を開くし、それにアフリカだよ!」
「そうだね・・・せいじのアフリカは仕事だからべつにカッコよくないんだけど。」
→カッコイイアフリカの基準はなんだろう???
「でも誰とでも心を開けるのはスゴイな!おれできないもん。」

なんか内面のカッコよさに敏感なの。思春期なんだな~。

ドラマで「仕事を辞めてできるだけ息子のそばにいてやりたい。」っていうお母さん役の人をみて・・・「いいお母さんだ!」

なんかさ、ちょっとひねくれっこ!
両親が不甲斐ないから、外にモデルを求めているのかしら??
「そうだね~・・・なんかごめんね~。」→なぜか謝る。子育てって反省点がいっぱいでさ、つい謝っちゃう。
「え~なんで??お母さんは仕事をしていても側にいてくれるじゃん!そこは大丈夫!」
・・・なんか泣いちゃうよ!っていうか、大丈夫じゃないところあるんだね。→聞くのが怖い!
あるよ、あるよ・・・きっと山のようにある!→なので聞かない。

こうやって書いてみると、なぜこの子が空気を読めないのか?分からない。
人の内面を本当によく見て、結構正当に評価してる。

自閉症って線ではなくて点なんだな~ってあらためて思う。
線を繋げるのは難しいけど、点を大きくすることは出きるんだな。


あすぽーとミーテイング!

今日はあすぽーとのミーテイングでした。

10月の講演会の見通しを立てることが議題。
早いと思うでしょ。
でもね、タイムテーブルを作ってみると結構いっぱいΣ(゚д゚|||)

会場を確保して、いろんな方面の後援を取り付けて、チラシを作成して、広報に告知して、チラシ配って・・・あ~夏に中間報告もあるし、ボランテイアの募集や配置・・・etc.
ほんとやることが盛りだくさんだな!

とりあえず、難関っていうか、決まらないと始まらない会場を確保できて「ほっ」p(*^-^*)q
「ここダメ!あそこだめ!こっちもダメ!きゃーどうしよう!!」・・・ってトコロから、スタッフのYさんが探してくれました。

参加費を徴収すると言ったら、会場費が150%になる・・・って言われたけど、
スタッフのNさんが「営利目的ではありません。教育委員会の後援もいただきます。何とかなりませんか?」・・・と、交渉して!!

なんと100%で貸していただけることになりました。
さすがNさん、いつも予算はギリギリですからね、、、大助かり!

今年もいよいよ始まるなーって、講演会が動き始めると実感します。

今日のミーテイングで、「自助・共助・公助」の話題が出て・・・。
あすぽーとの活動はまさしく共助。
共に助けるって、力が何倍にもなるような・・・そんなエネルギーが生まれるよね。
ともに助け合う地域へ!!今年も始動します!






もっちに怒られる!!

右足首腱鞘炎(。pω-。)
違和感があった時点で病院へ行けばいいのに、
歩けなくなってからピンチを感じる。

なんどやってもすぐに病院へ行けないわたし。
もはやこれって特性?

子どもの頃の古傷って、何十年たっても痛くなるのよね。
まあ、体のキズはまだいいか。
古傷も、病院へ行きたくなくて放っておいたら骨折してた。
そのままくっついたから疲れてくると痛くなる。
うーん、やっぱり特性?病院キライ病!

でもね、足が痛くなってイイコトも発見!
歩けなくなっても、子どもたちを見失うこともなくて。
平和な暮らしができるようになったものだなぁ~って、なんかハッピー!

歩けないほどの痛みは治まったけど、
なるべく階段を使わないで生活をしていたら・・・。

けさ、もっちに月曜セットを持たせるの忘れたΣ(´Д`*)
二階に置きっぱなしだったΣ(゚д゚|||)
忘れっぽいのも拍車がかかり・・・これも特性?
このさい、特性だと思いたい忘れっぽさ。

またもっちの信用を失ったなぁ~。
はあ~、きっとまたプリプリ怒って帰って来るだろうな。



やる気を忘れてしまいます。

発達障害児、興味がないことには取り組めない。
最近のきな君を見ていると、それがなぜなのか??
分かったような気がする。

実は、きな君の学習への意欲と言うか、やる気スイッチ!!
なんと!!もう1ヶ月も継続しています!!

ちゃんと勉強して、高校に入って、大学に行って、
お世話になった理科の先生と同じ理科の先生になる!!

きな君のやる気スイッチは入ることなく人生を終わるか??
もしくは入ったときには私は死んでいるかもしれない!!・・・と、本気で思っていた。
「探さずに待っていれば大丈夫!」佐々木先生の言ったとおりでしたね。→ちょっと疑っていた。

ただ、やっぱりスペクトラムっ子・・・っていうかADHDの特性なのかな?
自分のやる気スイッチが入ったことをすぐに忘れちゃうの。

やる気はある!目標もある!
でも、気が散りやすい特性のために、漫画を読んじゃったり、テレビを見ちゃったり、もっちと遊んじゃったり・・・今日は気分が乗らなかったり(結構毎日!)

毎日、やる気スイッチが入っていることを思い出させてあげる必要があるみたい。
これは必須なんだよね~。

だから、興味や目標が明確でないと・・・出きるわけがないって今は思う。

未来が全く見えずに待つことって難しいよね?
私もさんざん、促したり、なだめたり、怒ったりしたもんな~。
ほぼ無駄だったけどね^^;

いつまで続くか分からないやる気スイッチ!!
でも入っている間は、思い出させてあげようっと!

切れちゃったらまた待てるように、メンタル強化しなきゃ^^;









はーとコミニテイのおしらせ♪

4月のはーとコミニテイのおしらせ!

日時  :    4月22日 金曜日 9:50~11:50(開場9:30)
場所  :    大野北公民館 工作室
ゲスト講師 : 山田先生 発達障害児向け学習塾Leaf講師(元小学校教諭)

「小学校の学級および支援体制について(仮タイトル)」

Leafは(株)リタリコが運営する発達障害児向け学習塾、幼児教室の名称です。
またリタリコは就労支援、放課後デイなども展開しています。

私もリタリコが運営する発達障害サイト「発達ナビ」でコラムを連載しています。
なので・・・ちょっと強引にお願いして先生を派遣していただきました^^;
4月なので学校との関わり方や支援の求め方など具体的なお話が出きる先生を・・・という、無茶な要求をしたにも関わらず、快く協力をしていただきました。

またまた新しい出会い、どんなお話が聞けるのか??
楽しみですね~!

おまえもか、もっち!!

もっちの参観にて・・・。
おまえもかブルータス!!

集中力ゼロ!やることがぶっちぎりで遅い!

でも大丈夫!!
きな君で慣れっこの母は、必殺「他人のふり!」
いや、自分の子を気にしすぎたり、近くに行って口を出したりすると、
返ってイライラしちゃうから・・・遠い目で見るとイイ!!

先生の指示を聞いてないから、名指しで!!
「もっちさん、大丈夫ですか?」って言われるし。

授業は散漫でのんびりで突っ込みどころいっぱいだけど・・・。

「いつももっち君にお世話になってます。
ほんとうに優しくして貰っているみたいで。」
・・・などと言ってくれるママも多く、
コミニケーションは問題ないのだけどな~。

私もよくばりさんになったものだわ。
コミニケーションは・・・なんて、それだけで充分じゃないの!
今も、「今日はケンカ止められた!一発殴りたかった!!」ってキレて帰って来るお坊ちゃまがいる。それを思えば優秀よね~!!

でもちょっと集中力が上がるように対策を練らなくては・・・。

春は落ち着かない!

新学期・・・きな君はやっぱり不安定。
学校へは行きます。部活も行きます。
大きな混乱もないし、ぱっと見は適応しているように見えます。

でもね、普通に適応しているように見える内側は、自分の限界を超えそうなくらい頑張って頑張って頑張って・・・アスペ君が「普通」の生活をするために払う労力は大きすぎて。

発熱を繰り返したり、自宅では当り散らしたり・・・。
自宅で叫んでいることは、だいたいこんな感じ。

新しい担任は怒りっぽい!怒りスイッチがお母さんより早く入る!
多数決で班長が決まるため、面倒な仕事を押し付けられる!
その上、班長だからという理由で代表で怒られる!
一人でも出来ない人がいると連帯責任で怒られるので、どんなに頑張っても怒られる!
部活で新入生が入ってきて、トラブルが多発しミーテイングが増える!
苦手な子と同じクラスになり、からかわれて苛立つ!

全部ね、担任の理解と少しの配慮があれば収まることなんだけど。
中学での支援がない以上、もう「頑張って」というしかない。
頑張れなくなったら、部活を止めたり、学校を休んだり・・・って選択も覚悟しとこ。

昨日は・・・「英語を作った人」にまで八つ当たり!
「なんで英語のつづりはルールが曖昧なんだよ!だれだよ、英語作ったヤツ!勉強する人の身になって作れよ(*`皿´*)ノ明確なルールじゃないと気持ち悪いんだよ!!」
おもわず笑ってしまったが・・・。

あんまりスゴイ日に、私もプツンと来ちゃって・・・。
今のところ、きな君の八つ当たりを流してくれるもっちが一番大人です。
あ~・・・でも、もっちもあんまりお利口にしていると爆発しそうで怖い!

何度迎えても、やっぱり春は落ちつかないなぁ。

褒めても自己肯定感が上がらない理由。

発達ナビに新しい記事が公開されました。
私の個人的見解ですが、自己肯定感について書かせていただきました。

「褒めても褒めても自己肯定感が上がらない理由とは?」
・・・またも編集ですが、ちょっと過激なタイトル。
編集してもらえちゃうので、最近タイトルは適当で入稿(´∀`*;)ゞ
・・・基本、まあいいっか~な人生が色濃く現れているわ。

褒めることを否定するわけではないですよ。
でも、褒める=自己肯定感ではないよって記事です。

自己肯定感が試される時って、試練が訪れたときだと思うんです。
うまく行かなかったり、失敗したりした自分を丸ごと認められる強さ。

それが自己肯定感だと個人的には思っています。

褒められるときってそれとは真逆の状況が多いですよね!?
だから、褒めるとか、励ましではない関わりが必要になって来ると思うんです。

褒めるでも叱るでもない、自己肯定感を持たせる関わりとは・・・。

良かった読んでみてくださいね。


きな君・・・智恵熱??

新学年が始まって一週間。
早々にきな君・・・発熱!

目立つトラブルやパニックがないぶん、体に出ちゃうのかも。

昨日、一緒に勉強していて・・・。
「おれ、書いてちゃんと勉強する!
今までちゃんと勉強したこと無かったし、
この1年サボりまくっていたから、頑張って取り戻す!」

耳を疑う言葉が!っていうか、智恵熱??
っていうか気持ち悪いΣ(゚д゚|||)

書くことが苦手な上に、13歳までなるべく書かずに生きてきたため、
一生懸命書いてはいるものの、時間がかかるΣ(ω |||)
しかも、一人だとすぐに集中力が途切れてしまうので、
きな君の学習時間は母も一緒にやらないと難しい。

ただでさえ手抜き家事が・・・ますますΣ(゚д゚|||)・・・言い訳か^^;

まあ、学校でのトラブルなどの対応で時間をとられるよりは建設的でいいかな~。

熱の割には、すき焼きをばくばく食べて、がーっと寝たら復活したもよう!




子育て調査!

発達ナビで行われた調査の結果が出ました。→発達ナビ子育て調査

ちなみに私もアンケートに協力しました。
アンケートをやりながら、
孤立していたころと、あすぽーとを立ち上げて理解者が増えた今では、
きっと私の回答はずいぶん違うだろうな・・・って思いながら、今の私の立場で答えてみました。

障害者差別解消法や合理的配慮についての記事も添付されていますので、興味のある方はごらんになってください。

障害者差別解消法が施行されたからと言って、環境が劇的に変わる!!・・・というコトはまず無いでしょう^^;

でも、あすぽーとを立ち上げて実感していることのひとつに、「人は知ることで強くなれる」という一面。
知ることができる学びの場が、それも共に学ぶ人がいるような場は、その場に存在するだけでエネルギーが沸いてくる!!
そうやって強くなっていくママたちを沢山見てきました。
たぶん、私の自己満足ではないと思います・・・たぶん!

もっち習い事デビュー!

もっちが「体操教室に行きたい!」と言い出しました。
習い事はやりたくない派だったもっち!!初めての習い事です。

一緒に体験レッスンを受けたのだけど、
もっち、意外とちゃんと出来る!
どんくさいイメージしかなかったけど、
トランポリンは言われたとおりに出きるし、ブリッジやⅤ字バランスは美しいし、
驚いた!!

私ってもっちのこと良く知らないんだな~・・・ってちょっと反省!
体が柔らかいんだな~・・・。
きな君にばかり手をかけていて、もっちのコトちゃんと見てなかったのね(。pω-。)

まあ、いちばんすばらしかったのは、安心して座って観ていられるってコト。
順番で揉めたり、待てずにフェードアウトしたり、言うコト聞けなかったり、ケンカが始まったりしないってステキ!
どちらかと言うと、順番を譲るような、これでいいのか確かめるような・・・そんなタイプ!

母は・・・初めて最初から最後まで座って見学できました。

同級生も多いお教室で、もっちが体育館に入ると、
「もっち君!」「あ~もっち君だ!」などと、お友達に囲まれて・・・平和!
これがきな君だと、相手は声をかけただけなのに、威嚇したりケンカになったりしちゃうもん。

もっちも、頑張って習ってみると言うので、もっち習い事デビューします。

まじめなもっち、自宅で跳び箱のための手足のトレーニングに余念がない!
目標の側転!!!出きるようになるといいね!

母のできること。

国語の学習目標・・・を書いていたきな君。

「ぼくは漢字が苦手なので、今は小学校3年生の漢字を練習しています。
頑張って中学の漢字まで練習します。
国語の文法もあんまり得意ではないけど、毎日練習しています。」

・・・と、書かれていた。

「わざわざ3年生の漢字を練習しているって書かなくてもいいんじゃない?
はずかしくないの?」

新学期、クラスはどうしても浮き足立って、些細なことをつつかれてイライラしてしまうから・・・。
母としては火の粉を払い、トラブルを回避してほしいのだけどΣ(ω |||)

「なんで?はずかしくないよ。本当のことだもん。」

まあ、そうだけどさ。

中学生の国語の文法のドリルを毎日2枚ずつやり始めて、
実はきな君は国語の文法や読解は得意なのだと分かって・・・。
→国語はある意味で全部ルールだもんね!
「国語の授業で褒められた。おれは国語が得意なのかも知れないv(o゚∀゚o)v」
昨日までキライでも褒められるとやる気出ちゃうんだね~、子どもって!
現在、国語に燃えてます。
漢字も3年生から総復習してみると、やる気まんまん!

なんか得意なこと見つけると、苦手もちょっと頑張るって本当だな~。

まあ、問題は夕方・・・部活と学校で疲れていると猛アピールして、
勉強したくないとごねまくり、もっちと母に八つ当たりしまくり、
自分の中に溜まったもやもやを吐き出してからじゃないと学習できないってコト。

学校でのコミニケーション上のトラブルや、周囲からの嫌がらせなどへの、親や教師の直接介入を嫌がるようになって来て、、、、本人が望まない以上、母は見守るというか祈るというか、そんなことしか出来なくなった。
もやもやのはけ口となるのも、数少ない母の出きることかもなあ~。

見通しが立ってきた!

想像以上に・・・いえいえ、もはや普通に??
新学年に適応しているきな君!

入学式の準備や片付けも積極的にやっていたなあ~。
・・・役員をやるとこういう姿が見れて、ちょっとごほうび!

担任は残念ながら変わってしまって、本人も初日は凹んでいたけど、立ち直るのも早い!
・・・・まあ、新担任は部活の顧問なので慣れているしね^^

委員会は今年も放送委員会。
イジメがあっったり、今もきな君だけ機材を触らせてもらえなかったり、あんまり良いイメージがなかっただろうに。
昨年度、途中で投げ出さずにやり遂げただけでも充分頑張ったのに、なぜ今年も??

「肉団子ヤロー・・・とか、文句言ってたじゃん。その先輩は今年ちがう委員会なの?」
「たぶん、同じ放送委員会だよ。委員長やりたいとか言ってたし。」

「え・・・と、ではなぜわざわざ苦手なミートボール君がいる委員会を選んだの?」
「見返してやるためだよ!おれのこと無能とか要らないとか散々言ってやがったからな!」

・・・なるほど。
私ならそんな人がいたら放送委員を避けるけど・・・このあたりきな君ワールドなのか?
でも、ちょっと感心!馬鹿にする人がいるから避けるのではなく、あえて火中の栗を拾おうとするその姿勢!・・・母には無理!

「それに、立候補がかぶっちゃって・・・その場合は多数決なんだけど、おれ初めて多数決で選んでもらえた!」
そっかあ~それはうれしいね!無能とか言われていたけど、みんなちゃんと見てくれていたんじゃないの?
「うん、まあ・・・対戦相手もあんまり人気がないヤツだったから。」
・・・って、意外と冷静に自分を分析しているのね。

そんなスタートを切りました。
中学に入ってから、雨後のたけのこのように・・・ぐんぐんたくましくなって行くきな君!
まだまだいろんなコトあると思うけど、なんとかなる!そんな見通し立ってきたかも。

桜満開!!・・・入学式!

昨日は中学校の入学式でした。
今年は花見が出来なかったけど、入学式で満開の桜を見ることができました。

息子たちの入卒はなかったけど、役員として参加させていただきました。
参加と言っても、受付と役員決めのお手伝い・・・。式の最中は外で待機。
お迎えする立場として、お祝いの気持ちも込めて、みなさん春物のスーツでお出迎えしたのですが、寒くて寒くて凍死しそうでした~Σ(ω |||)

役員決めは・・・毎年ですが、なかなか決まらず。
一年間、役員のお仕事をしてきたけど、役員決めの立会いが一番疲れた~。
まあ、昨年の私もさんざん嫌がったので、押し黙る皆さんの気持ちは重々理解できるけど^^;

結局は抽選で決めたのですが、絶望的な表情をする新役員に、
「大丈夫ですよ~。」とお仕事の詳細の説明をさせていただいて・・・。
「私はやってよかったと思いますよ。」と、付け加えてみたけど。

あすぽーとの役割もあるので、今年は出来れば辞退しようと思っているけど、
いやいやでも、やってみると意外と楽しいんですよね。
何よりも新しい出会いがあったし、子どもも喜んでくれるし。

ただ、今年の役員決めは・・・。
「なんで役員なんてやらなければならないんだ。」
「早く帰らせてくれ。」・・・といった苦情が出て。
苦情の勢いがすごすぎて帰っていただいた方もいてΣ(゚д゚|||)

また、役員決めが始まる前に帰ってしまう人も後を立たず・・・まだ子どもたちが退場する前の式の途中なのに、ちょっと残念でした。一生に一回のわが子の中学入学なのに、もったいないな。

役員がなんで必要か?そこから説明が必要だったのか?
まあ、それはこちらの準備不足だよね。

私は子どもの学校生活のクオリテイをあげるためだとおもうのだけど。

前にも少し書いたけど、「みんなの学校」って遠いわ。
みんなの学校は保護者や地域の人たちのボランテイアあって成り立つ学校のあり方。
本を読んだときも「これは難しいだろう??」と違和感を感じたけど、現実にはほぼ無理なくらい難しいことなんだな~。

佐々木正美教室で、「日本人は個人主義になり、孤立し孤独になり、様々な問題を抱えるようになった。」って聞いた。
聞いたときは、なんだかピンと来なかったけど・・・昨日はちょっと先生の言葉を思い出しました。

自分も個人主義になりがちだな~って、わが身を振り返り・・・。
ひとごとじゃないよね???!ちょっと反省です。






おれは人に好かれにくい。

明日から新学期!

「新しいクラスメートだれだろーね??」
「えーっと、オー君とⅠさん、あとM君と4人でいいや!」

・・・それは、クラスじゃなくて班だけどΣ(ω |||)

「おれは人に好かれにくいからなー!3人しか友達いないんだよ!」

いつもの母子の会話に、、、いぶかしげなすけさん!
「人に好かれないのに、なんであんなに明るいんだ???大丈夫か?アイツ?」

「人に好かれない(。pω-。)・・・って、凹んでいたほうがいいの?
私は、コミニケーションがうまく行かなくても、元気に学校に行っているきな君ってすごいと思うけど!?」

「でもさ、人に好かれないって・・・もうちょっと協調性を身に付けたほうが。」

あなた何年スペクトラムっ子の親をやってんだか。
常識や普通に縛られすぎ~(*`ω´*)
きな君の言っていることは、私が目指してきたことだから、私はけっこう満足しているんですけど。

親ばかだけど、きな君ってすごいと思うのよ。
→うすいさんじゃないけど、親ばか代表なわたし。

人に好かれない・・・って、自分を的確に評価しているし、
友達は出来ないことを覚悟するよう医者に言われたのに、3人もいるし!
コミニケーションがうまく行かなくても、学校へ行けるし。
「自分は人に好かれない」って自己評価しているのに、自己肯定感が低いわけでもないし。

「やめてくれ、聞けば聞くほど・・・おれが落ち込む!」

なかなかなれないよ、この境地は!!

きな君のドリームクラスになるといいねヽ(≧∀≦)ノ






世界自閉症啓発デー

今日は世界自閉症啓発デーですね・・・。
青い物を身に付けるくらいしか出来ませんが・・・、
自閉症スペクトラムの子どもを育てるお母さんとして、
世の中に少しでも理解が広がるよう、せめて祈りたいと思います。

4月2日を前に、あすぽーとに「うすいまさと」さんからご連絡がありました。

ひとつは「いいところ応援歌」がYoutubeにアップされたこと。
自閉症児を育てていると、ライブに足を運ぶことが難しいこともあるだろうと、
手弁当でレコーデイングや撮影を行ったそうです。
いいところ応援歌

ぜひ見てくださいね^^

もうひとつ、4月5日火曜日18:10~NHK総合 首都圏ネットワークにてある女の子の成長を追いながら、いいところ応援歌の動画製作のもようが放送されます。

お時間がある方はぜひ見てくださいね。

ちなみに・・・きな君とこの動画を見てみたら、
「え??これって、おれのコト??」
・・・うん、たぶん君のコト(ノω`*)ノ

きな君、行方不明???

昨夜、我が家は大パニックでした(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

昼過ぎに映画を見に行ったきり・・・きな君が帰ってこないΣ(゚д゚|||)
映画館から家までは30分くらいだし、なんでなんで??

どーして夜まで帰って来ない???

最初は14:30上映が見れなくて17:00上映だったのかなって・・・。
でも21:00を過ぎた頃から・・・それにしても遅くないか??って不安になる。

どこからどう探したら良いか分からないし、携帯持ってないし、
その上すけさんが車に乗って行っちゃったから、家の中でソワソワするしかなくて。

きな君を13年間育てて、頭が真っ白になる様々ことがあったけど、こういう不安は初めてΣ(´Д`*)

事件や事故に巻き込まれてなければいいのだけど・・・警察に連絡したほうがいいのか??
でもでも、警察のご厄介になるほどの事なのか??

以前、とあるスペクトラムっ子が、パトカーに追われて確保保護されたってブログを読んで、のんきに笑っていたけど・・・他人事ではなくなっっちゃった!!警察にご厄介はスペクトラムっ子あるあるなのかしら??

あ~・・・頼りないけどとりあえずすけさんに連絡!

「エイプリールフール??」
そんなコトで電話するほど暇じゃないわ!!
「まじで?どこ行っちゃったんだよ~、アイツ!」

もう警察に届けるしかない!!・・・って、覚悟を決めたとき!!
「遅くなってごめんなさーい!」

きな君・・・帰ってきました!
どうやら帰りに乗る電車を間違えて、トンでもない迷子になっていたっぽい。

とりあえず、無事でよかったよ~!
そして、迷子ごときで警察に届けなくて良かった~!

さらにさらに・・・「映画は楽しかったの?」
「うん、それはもう・・・面白かった!!」
当初の目的、「楽しかったって帰ってくる」のは達成しました。


寿命が縮まりました~(*`・з・´)






我が家の春休み!

毎日お外を遊び歩いていたもっち・・・今日はダウン!

朝からお腹が痛くてトイレにGO!
もっちはお腹が痛くてトイレに行くときは、
「お母さん、トイレでぼくにファイトって言って!」・・・と懇願するので、
私はトイレの前で、「ファイト、もっち!ファイト、もっち!」と、言い続けることに。

でも、そんなバカなことを頼んでもらえるって、ちょっとうれしかったりして(´∀`*)

さて、きな君、今日はお友達と映画を見に行った。
もっちがこんな状態だから送っていくことも出来ず。
suica片手に電車でGO!

ところが2時間弱でしょんぼりと「ただいま。」
帰ってきた!
「ケンカでもしたの~?」ドキドキの母にひとこと。

「満席だった。」

ええ~次の席を取って時間をつぶしていればいいじゃない。
「友達は塾があるから。」

せっかく今朝、学生証を探しまくって見つけたのに!!

楽しみを奪われて(不可抗力だけど)落ち込むきな君。
それにしても成長だよね~。
昔は泣いて暴れて大変だったのに!!!
落ち込むだけで自己完結!

「別にさ、映画って見ている間はしゃべったりしないんだから、
ひとりで見に行けば~。」

「きらーん、その手があったか!」
→誰でもすぐに気がつく手だけど^^;

そして・・・現在再び映画館へ行っている。
待ち時間暇だろうから、ゲームを持たせてあげた(甘いわ、わたし)。

久々に部活が休みだし、最近勉強も頑張っているし・・・。
頑張ると楽しいのメリハリって大事よね!?

母としては・・・楽しかった~って帰ってきて欲しいな!
春休みもあと3日です(*’U`*)


プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR