08
4
5
7
8
9
14
20
22
23
24
25
26
27
28
29
31
   

押してもだめなら・・・。

お久しぶりです。

自宅が浸水したり(。pω-。)
すけさんからきな君にアデノが移ったりΣ(゚д゚|||)
・・・と、なんだか落ち着かなくて・・・。

「流行り目(アデノ)は目やにが治まるまで登校できません」と、診断されたきな君!
目やには出ていないのに、夏休み明けは休む気満々です。

「学校へ行きたくないだけでしょ!」と言うと、
「そうだよ!」・・・と、開き直り。

学校へ行かなくても良い方法を考えてばかりのきな君!
チャンスとばかりに、「休む休む」で、母を苛立たせます。

「大人は仕事を休んだらお給料をもらえなくなっちゃうから、どんな時も休まなくて言い方法を考えるんだよ!!」

ちなみにすけさんは同じアデノで、後遺症防止の為、眼球とまぶたの間を切るくらいひどい症状だったけど、休んだのは一日のみ!

でもきな君は、「ふーん、大人って大変だね、でもおれはまだ大人じゃないから」と、他人事。

いろんな方法で押してみたけど、「休む決意」は固い!

押してもだめなら・・・引いてみよう。
自分から「行く」と言わせるしかあるまい。

「ゲームやってもいい?」と聞かれたら、「学校へ行かない子が何を言っている!(*`皿´*)ノ」と言いたいのをぐっと我慢して、「目に良くないからね・・・。治るまでの我慢だよ(つД`)ノ」と、いかにも心配している口調で言う。

「お友達に誘われた。遊びに行く」と言われれば、「出席停止だもんね、移したら大変だからやめておこう(。pω-。)」・・・と、休むことは肯定して、遊ぶことを否定してみる。

面白いことに、北風から太陽にシフトチェンジしたら・・・あっと言う間に、「やっぱ学校へ行くよ!」と、きな君もシフトチェンジ!

新学期、なんとか登校できそうだわ^^v


スポンサーサイト

たくましくなりました^^

今日はきな君は練習試合!
早朝から夕方までお弁当持ちで一日試合!
・・・のはずだった。

3年生は引退して、2年生は実質6名!(ハンドのスタメンは7名)
きな君でも試合に出してもらえるだろう・・・と、思っていたのだけど。

「試合出れたよ~!3分だけど!」
3分??なんで?・・・戸惑う母と、意に介さずマシンガントークのきな君。
「おれオフェンスは出来ないけど、デイフェンスは得意!(本当かどうか??)
3分で3本もカットしたんだよ!!」

まあ、本人も喜んでいるし、ここは一緒に喜ぼうかな!

実は、練習試合でも試合がある日は、いつもの青パンツではなくて、黒のパンツが必要らしい。

「だってそんなコト聞いていない」って、きな君らしいよ。
普通は周囲を見て、いつ黒いパンツがいるのか?
なんとなーく解ると思うのだけど。

でも、本人はへっちゃらで、「おれこれから常に黒パンを持ち歩くことにする!」
って意外と学習しているし・・・頼もしくなったな^^v

いいんだよね~別に失敗しても!そこから学ぶこといっぱいあるから!

その上、

「試合が終わったあと、鬼先生が練習するとか言いだしてさ、おれ試合3分しか出てないから、なにもかも1番出来てさ、楽しかったよ!」・・・超ポジテイブ!!

いいね!いいね!試合だろうと、試合後の練習だろうと、きな君が満足すればいいよ!

相変わらず、独特な動きで、アスペっぽさが前面に出ているきな君。
でも!
日焼けしたせいもあるけど、なんかたくましくなったな~。



アデノウイルス!

すけさんが、流行り目になってしまいました。
原因がアデノウイルスなので薬もなく、
充血だけでなく、痛み涙が止まらず、黒目も充血してしまうので、見えにくく、さらに感染力が強いので、昨日は会社もお休み・・・。
眼帯は不要と言われたけど、眼帯をしていると涙が少ないようで、頻繁に消毒して滅菌ガーゼを取り替えて眼帯をしています。
問題なのは、反対の目もかなり充血していて、たぶん反対の目も感染しちゃったみたいだなぁ・・・はあ、長引きそう。

きな君の部活でも、お休みしている子がいるようで、アデノウイルス、猛威を振るっているようです。
我が家も気休めとわかりつつ、消毒して、タオルを別にして、感染を恐れています。
すけさんが悪いわけじゃないのに、もはやばい菌扱いです( ノД`)
熱に弱いらしいので、お洗濯やお布団は日光に当てて、後は目を触らないようにしています。

一番の問題は・・・月末の旅行で、プールに入るのは私になりそうでΣ(ω |||)
水着か~・・・キッツイな。

アデノは50種以上型があり、目だけでなく、咽頭、胃腸など、型によって症状もさまざまですが、昨年もっちが咽頭に感染したときは10日も熱が出ました(。pω-。)

みなさんも気をつけてくださいね!

夏休み!親もがんばります!

アスレチックへ行きました^^v
アスレチックと言っても、山の中で山登りの合間にアスレチック!
筋肉痛で足がパンパンです。

お盆休みは部活もなくて、きな君はお友達もあんまりいなくて(。pω-。)
お友達があんまりいないのは仕方がないとして、
楽しい夏休みにはしてあげたい!
となると、ここは親が頑張るしかない!!!

プール!映画!花火!アスレチック!

子どもは喜んでくれたけど、親はヨロヨロヘトヘトΣ(´Д`*)

コミニケーションの難しさは・・・大きくなると益々浮き彫りになる。
きな君の適応力は上がっているのに、なぜか難しくなる。
ちょっと親子で苦しいところ。きな君は人と関わりたいタイプだから余計にね。

中学に入ると、アスペ君は周囲と自分を比べて自己肯定感が下がりやすいと言われているけど、ほんとうにその通りなんだよね。
ここを上手く乗り越えたいな~。
お友達が出来なくても、周囲と比べてできない事が多くても、せめて自己肯定感を守りたい・・・と言うのが、今の私の課題かな。




子どものために。

発達ナビに新しい記事が公開されました。
カミングアウトについての記事です。

編集に手間取り・・・というか、
流れや表現が編集と私でなかなか一致せず、
予定よりもずいぶん遅い公開となりました。

難しくてデリケートなテーマ。
実は、お互いに納得して編集を終えても、
「これで本当に良いのか?」と、思わなくもなくて、
公開までの間は、上がった記事を見ないようにしていました。

たしか今日公開だったな~と、あらためて読んでみて、
コミニテイで皆さんにお話ししていることとブレていないし、
今の私としては、最低限まとまっていると思います。

出だしから閲覧数も多く、きっと関心がとても高いテーマなのでしょう。
小心者なので、閲覧数が増えると逆に心配になるΣ(゚д゚|||)
タイトルは、「すべき?」となっていますが、あくまで私の場合です。
カミングアウトの形は、これまた発達障害児の数だけあって良いと思うし、「しない」という選択肢ももちろん有りだと思います。

カミングアウトは「子どものため」に行うもの・・・それが伝われば嬉しいです。
良かったら読んでみてください。



苗字違うよ!

オリンピック!!!盛り上がっていますね(*≧∪≦)
実は、我が家でも盛り上がっています!!

すぐに影響されるきな君!
お風呂で競泳!
テーブルで卓球!
マットレスで柔道!
居間で体操!
廊下で陸上!
なんちゃってオリンピックで、
古い家はギシギシミシミシ・・・壊れそうです。

スポーツ観戦でもスペクトラムな一面が!
「卓球の早いラリーはイヤだ!怖い!息が出来ない!」
と、見ているだけなのに騒ぐ!そしてフェードアウト!
早いラリーは見通しがつかなくて不安になるみたいなんだよね?!

もうひとつ、「卓球三姉妹!」と言う言葉に、
「えええ???苗字違うけど、兄弟だったの??」・・・まじで驚く。
こちも「えええ??」って感じです。

どうかお家が壊れる前に、夏休みが終わりますように。

デコボコは意外なところにも。

スペクトラムっ子ママは子どもに過度の期待をしない。
・・・というか、できない。
出きる出来ないよりも、とにかく登校してほしい!
行ける行けないよりも、心を健全に保ってほしい!
低いステップをいかに上手く跳ばせるかが大事なのです。

頭の良し悪しは生まれ持ったもの。
アドラーもびっくり!の記事で書いた言葉には続きがあって・・・。
それは、、、。
「生まれ持った能力を上手く使えるかどうかも、実は生まれ持ったもの」て、コト。

きな君がWISCを受けたとき、デコボコが大きかったものの、平均を大きく超えるスコアを見てすけさんは喜んだ!!
・・・のも束の間!現実を前に、彼がつぶやいた言葉が・・・。

「マシンはF1なのに、操縦者が君(ぴょん)って感じだよな。」
(ノ∇≦*)爆笑!!上手いこと言うでしょ^^

そう!どんなにすばらしいマシンもドライバーの腕が良くないと早く走れないんです。
きな君は自分の能力を上手く使えないって凹があったのね。

*そんなんで喜んでいる場合じゃないから病院へ行ったのに、男って不思議??Σ(゚д゚|||)

WISCで計測できる数値なんて、氷山の一角!スペクトラムっ子のデコボコって奥が深いなぁ。

大里先生の講演!

大里先生の虹色ネット10周年記念講演にて。

小学校で毎年行っている校長講話、とても良かったです。
支援教育や就学相談のお話しを通して、
子どもたちに、「おもいやり」や「命」、「可能性」について話されていました。
難しいテーマなのに、子どもでも解りやすい構成。
この「校長講話」は、後日あすぽーとでもやっていただく予定です。

また、具体的な事例を元にお話しが進むのは、事例検討会を行っている虹色ネットならでは。
保護者が対象のあすぽーととは、講演の組み立てがずいぶん違いました。
相手が、子ども、保護者、教員と、変わるたびにお話しの構成を変えてくれているのですね。
でも、ゴールって言うのかな?「言いたいこと」は同じに聞こえました。

今回の講演でいちばん感銘というか、いや、驚いたことかな?
ひとつだけご紹介します。

かつて指導主事だった先生が、「視覚」・「肢体」・「知的」と3つの障害を持った子どものために、「ないのなら作ればいい」と、新しい支援級を作ったってお話しです。

しかも、教える教員がいなかったので、同じく教員のご自分の奥さんにお願いしたって聞いて・・・。

子どもの学ぶ権利を守るためにはここまでする・・・我がS市も捨てたもんじゃありませんね。

まあ、義務教育*としながら重複障害者を想定していない特別支援体制だったとも言えるけど。

*重度の障害者にも義務教育が適用されたのは、1979年。
37年前。フィラデルフィアで生まれたTEACCHよりも歴史が浅い。
それまで重度の障害者は就学猶予や就学免除で、学ぶ機会を奪われていた*

すみません、脱線しました。

大里先生のお話はいつも、基本的にポジテイブだけど、色んな紆余曲折があったことは容易にわかります。

先生のような方にボランテイアで講師として来てもらえているあすぽーとは、本当に恵まれています。
本当はもっともっといろんなお話が出たのですが、またコミニテイにも来てくださると言うコトで、次のお楽しみにしましょう。



アドラーもびっくり!きな君の生態!

昨日本屋さんで・・・。

いつも思うけど、勉強が出きる!!頭がよくなる!
・・・って本!!多いよね?!

まあそれだけ関心がある分野なんだろうけど。
スペクトラムっ子ママには関心がもてません。

身も蓋もない言い方をすれば、頭の良さは生まれ持ったもの。

まあ、手には取らないけど、平積みの帯は目に入る!!

「歯磨きするのと同じように、勉強が習慣になる!!」
思わず、吹き出しましたヽ(*>□<*)!

だって、中学2年生のきな君!!
まだ、歯磨きが習慣になっていませんΣ(゚д゚|||)

アドラー*もびっくり!!手前のハードルで躓いてます^^;
勉強はともかく、歯磨きのハードルを何とか飛ばせたいな!

*アドラー関連の本でした。


平和ってなんだろう??

毎度毎度、頭を抱える・・・美術の宿題!

平和をアピールするポスターの下絵!

私まで頭を抱えてしまう!!
平和ってなんだろう?

体操の内村選手がゴールドメダルに・・・「みんなの頑張りってよくわからないものも入っている」って言ってたけど、めっちゃ共感!!
頑張りって見えないから、よく分からないよね?!

頑張とおなじく平和もよく分からない。
っていうか、頑張りよりもよく分からない。

平和ってどこにあるんだろう??
テロや戦争がなければ平和なのだろうか?
もちろん、テロや戦争がないのは絶対条件だろうけど、
そこに住む人が幸せでないと平和とはいえないよね?
となると、幸せってなんだろう??

・・・とまあ、考えるだけで頭がショートしそうになる。

そんな難しいテーマじゃなくても・・・Σ(ω |||)
修学旅行が平和学習になったからかな~。

きな君と考えた結果!
平和ってよく分からないものへの、一歩前進の出来事ってことで、
先日のオバマ大統領の広島訪問のイメージすることにした。
オバマ大統領と、原爆の子の像と、折鶴を組み合わせて・・・きな君でも描けるように出きるだけ簡略化!
なにしろ、下絵って事は学校でポスターを書かなくてはならないもんね。

人物が苦手なきな君!
「えーっと、これはジャワ原人??」
彼の描く人は、どうやら進化が止まってしまっているので、現代人になるまでちょっと練習してみようかな。











ストレスだと認識して気にしない!

明日からきな君の部活が、待ちに待った連休になります。
昨日今日と、極めつけの大会見学。
なんと7時間も座って試合を延々見る。
たぶん、きな君だけじゃなくて、中学生がそんなに集中できないんだろうね。
しかも周囲の雑音(からかいや悪口)にストレスはピーク!!
よくぞ手を出さずに頑張ってきたよ。金メダル級の頑張りだわ!

実は・・・部活はきな君だけじゃなくて母もストレスが溜まる。
熱心な(っていうか、無理解で熱心な)保護者から、
「よく体調崩すよね?」
「なんで合唱を優先するの?レギュラーはずれるよ!」
「一年が二年のポスト狙って頑張ってる」
「休んでばかりだと、言われても仕方がないよ!」
などなど・・・本当に熱心なだけで悪気はないのだろうけど、言われるたびに、
つい「もうちょっと頑張ろう」って思っちゃうんだよね。
レギュラーなんて狙ってないのだけどΣ(ω |||)

なんだろう、相談とかしていないのにバシバシ来るアドバイスって、結構キツイんだね~。

本人も分かってはいるんだろうな~。休みがちだから、先輩や同級生だけじゃなく後輩にまで軽んじられちゃうし、だからこそ益々行きたくなくなるし、辛いところなのよね(。pω-。)
もともと、コミニケーションが苦手だし、周囲が思春期に入って、小学校のときより断然人間関係が難しくなっている。本人が一番きついのに私まで「頑張れ」なんて言っちゃいけないよね。

なんで辞めないのかは謎だけど、本人が辛いけどやる!!って言うなら付き合うしかないんだよね~Σ(´Д`*)

不思議なのですが、「ああ、私はこの人のお話にストレス感じているんだ」って意識したら、気持ちが楽になりました。
周囲のママにストレスを感じるって言うスペクトラムっ子ママは、意外と多くて。コミニテイでも聞くし、「聞いてよメール」をくれるママもいて・・・。
経験上、無理解な人と真っ向から争っても良いことはないので、聞き流しつつ、「ストレスだと認識して気にしない」のが、今のところ私の対処法です。

でもでも、明日から部活は大型連休!親子でのんびりします。




発達ナビに新しい記事が掲載されました。

発達ナビに新しい記事が掲載されました。

子どもの問題行動は子どもの問題ではなくて大人の問題!
私の持論ですが、問題が深刻なほど、子ども以外に原因を求めることで、その問題の本質が見えやすくなる。

と、そんなお話しになっています。

暑い日が続いています。
体調をくずさないよう、お気をつけてくださいね。

合唱コンクール!

昨日、NHK合唱コンクールの県予選の予選??が終わりました。
県予選にエントリーした学校で、有志での参加はきな君の学校のみ!
しかもほとんどの子が、他の部活との掛け持ち!
我がS市からエントリーした公立中も、きな君の学校のみ!

きな君もそうだったけど、運動部で練習して、合唱の練習をして、また運動部に戻る!
なんて、超ハードな練習!暑い中エアコンもなく、窓を閉め切っての合唱!
(苦情が来ちゃうのと、雑音をシャットするため)
熱中症で倒れる子もいた。それでも暑い中毎日練習した。
それでも、年間を通してみっちり練習している学校に追いつくには、時間がなくて・・・。

でも、音楽の先生が、知り合いの声楽の先生にお願いしてくれて、本格的な練習が出来た。
観客席で、他の学校の歌を聞くたびに・・・もはや下手すぎて目立つのでは??と、心配で心配で、私の方が緊張しちゃったけど!!
他校にそん色ないできばえでした。あっこれは親ばかじゃないよ!!
学校でやる合唱コンクールの延長を想像していたけど、ぜんぜん違った。
有志の強みというか、どの学校も人数が少ないなか、人数制限いっぱいの40人での合唱!
特に男子の声量や、強弱など、際立っているものもあった。

残念ながら、本選には進出できませんでした。

しかし、母はきな君しか目に入らず。
6年生まで合唱のたびに脱走していたきな君は、ちょうど真ん中で人に囲まれた場所で、どうどうと真剣に歌っていた。入退場は緊張からか、動きがギクシャクしていたけど^^;
・・・子どもってこんなに成長するんだなあ~。
親は、子どもが出来ないとやきもきしちゃうけど、知らない間に出きるようになっていたよ。

今も、きな君の「出来ない」「やらない」が気になってしょうがないのだけど・・・。
でも、きっと同じだろうね。いつのまにか通り過ぎちゃうのかもしれないな!
・・・そうは思いつつ、いろんな事が気になっちゃうんだけど!

とにもかくにも!!きな君、本番おめでとう!お疲れ様!




おしらせ!

未定だった次回のコミニテイの会場が決定しました。

9月15日 9:50~

大野北公民館 工作室にて行います。


取り急ぎ、お知らせまで!

ピントがずれていました。

明日はきな君の合唱の本番です。
実は、きな君の音程はかなり正確だという評価で、曲中でハミングをする3人の中のひとりに選ばれたもよう。

このブログでも何度か書いているけど、私はきな君を音痴だとおもってました。
へんな自作の歌を歌うし、聞いていると気持ち悪くなることもありましたが、ちゃんと先生に習ったら、実は音感が良かったらしいのです。

*思わず、小さい頃から音楽をやっていれば!!・・・と、思ったけど。(親ばか)
きな君は人ごみが苦手で、合唱は出来ないし、耳が敏感で音楽のザワザワに耐えられなかったし、ぜんぜん無理だわ。
・・・っていうか、きっと耳が良いから音楽キライだったんだな~。
親なのに気がつかなかったな~・・・ちょっと新しい発見!

ちなみに、合唱をやっている妹から、「きな君は音感がいいね」と何度か言われた事がありましたが、心優しきリップサービスだと思ってました。

しかし、専門の先生の評価を聞いて・・・本当に親の目ってピントがずれているんだな~。
こんなずれた目で、なんやかやとアドバイスしても、聞き入れないはずだな~と。
・・・ちなみに、当たり前だけど、音楽のアドバイスじゃないですよ。

佐々木正美先生が、「子どもの才能は探してはいけない。親が捜すと間違える。出てくるのを待てば良い。」と、言った意味が、いまごろしみじみ実感です。

分かっていても、「ちょっと本格的に音楽習ってみる?」なんて言って、「うーん、音楽は趣味で良い」と本人に却下されました。
もちろん音楽の道へ!!なんて思ってはいないけど、趣味でも本格的にって、あ~ほんと親ばかです。

っていうか、音感はともかくリズム感は大丈夫だったのかな~?
・・・まだ、きな君への評価が辛い母!
それも、私のピントがずれているのかしら??

嬉しいやら、凹むやら・・・でも、明日の本番は楽しみです。

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR