10
4
5
9
10
11
12
14
15
17
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

びっくりしたこと!

昨日の星山先生の講座で・・・。
とーっても驚いた事があります。

スウェーデンから帰国したばかりの星山先生!
北欧が支援教育先進国って、以前デンマークを視察した方にも聞いていて、
星山先生が、ウッキウキでスウェーデンのことを話すのを見て、
「やっぱ、北欧はすごいな~。」って思いつつ、日本が後進国なのはわかりきっていることだし、そんなに驚きはなかったのだけど。

「ADD(のび太君タイプ)もHD(ジャイアンタイプ)は、動かした方がいい。動きながら発達していくんだから、大きくなって落ち着いてくるまでは、まわる、跳ぶ、揺れるはやった方がいい。」

・・・ここまでは、私も認識していたし、そもそもスペクトラムっ子の脳は「まわる・跳ぶ・揺れる」を欲していて、こっちが頑張ってやらせようと思わなくても、トランポリンやブランコが好きだったし、くるくる回って落ち着くのは良くある話だよね?!

「スウェーデンでは、授業中に回る椅子や揺れる椅子を使われているんだから!」
本当におどろきました!おどろきすぎて・・・。
しーんとした講習中に、「へっ??」という素っ頓狂な声が出てしまう。

きな君が椅子を揺らしてしまうことを認めてもらう為に、どれだけ私や6年の担任が心を砕いたことか!!頑張っても頑張っても認めてもらえないことも多いのに、北欧には揺れる椅子が存在していたんだね~。

よーく考えたら、揺れるくらいで落ち着くなら揺らしてあげればいいんだよね?!

それにしても、先生のお話を聞いていると・・・今まで悩んでいたことってなんだったのだろう?
人と違うってただそれだけ。

まあ、日本では人と違うってなかなかハードルが高いことではあるけど、よーく考えれば対処法があるのかもしれないな。



スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR