06
3
4
12
14
16
17
18
19
20
25
30
   

フードをかぶる理由!

10月22日はあすぽーと秋の講演会です。
講師:明星大学教授 星山麻木先生
詳しくはこちら^^→「はーといっぱいコミュニテイ」

先日、支援教育講座で、
聴覚過敏の子が、フードを被る・・・ってお話しを聞きました。

そうなんですよ、きな君もフードが好きで、
ファスナーやボタンを上まで留めて、フードをガッチリ被って・・・。
怪しい人にしか見えなくなってしまう(。pω-。)

小さい頃は雪ん子みたいでかわいかったけど、
身長が170センチを超えた現在、怪しいひとにしか見えません。

これでマスクとサングラスしたら、コンビニに入れないんじゃ??
と、思うくらい怪しい・・・。

なので、いつも「フード被るのやめよう」と、注意していた。

だから、星山先生の話しを聞いてびっくり!!
でも、まてよ???きな君はそこまで聴覚過敏なのかな~??
多少は過敏だと思うけど、大丈夫な範囲も広がってるし。

そこで、直接本人に聞いてみました!
「なぜフードを被るのか??」
思ったとおり、音を遮るためではありませんでした。

「人の視線が気になるからだよ。
フードを被ると、自分の視野も狭くなって、人の視線を感じにくくなる。
ほら、ちょっと見られているだけで、イライラして文句とか言いたくなるじゃん?!」
・・・普通、言いたくなりませんが。
きな君が、注意されてもされても、フードを被りたくなる理由はちゃんとあったみたいです。


そうだそうだ、その特性があったね。
やはり視線は苦手なんだね?!
幼い頃は、視線が合うと「見んなよ!」って怒鳴ったり、押したりしていたもんな。
最近はそんな事もなくなって・・・母はその特性、忘れていたよ。

久しぶりに、きな君の自閉症を感じました^^;

子どもの、言っても言っても治らない・・・って事には意外な理由が潜んでいるのかもしれないね。
今度から、「やめなさい」ってオウムみたいに繰り返すのではなくて、「理由を聞いてみよう」と思います。

ちなみに空書きは出来たので、きな君は透明な板を持っている・・・というか、遠近感を持っているみたいです。

きな君がいると、支援教育講座の復習が出来て助かるわ!

スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR