11
2
4
8
10
12
13
17
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

レジリエンスとは?

10月22日はあすぽーと秋の講演会です。
講師:明星大学教授 星山麻木先生
詳しくはこちら^^→「はーといっぱいコミュニテイ」

日戸先生のお話し・・・どこから話そうかと考えていましたが、
まずは「レジリエンス」という、聞きなれない言葉から入りましょう。

実は私は「レジリエンス」という言葉を1年ほど前に、
発達障害とは全く関係のない場所で耳にして、
「レジリエンス」=「立ち直り力」という言葉に強く魅かれました。

なので・・・今回の講演タイトル、「自閉症スペクトラムのある子のレジリエンスを育てる」を見て、行く前から興奮していました。ワクワクが止まらない!

「レジリエンス」は英語で、回復力、弾力性、反発力と訳され、もともとは建築用語だったみたいですね。
精神医療の世界では、「困難で脅威的な環境にも関わらず、上手く適応する家庭、能力、結果」また、「ストレスや葛藤のある状況の下で精神的なバランスを保つ力」と定義されています。

最初に注目をされたのは、統合失調症の臨床においてだったそうです。
同じくらいの知的状態、病気のレベルでも、地域に溶け込む能力に差異があるのはなぜか?
これが「レジリエンス」に注目する最初の疑問だった様です。
実は、発達障害の子供にも同じ事が言えると思います。同じくらいの知的能力、同じような過敏症、同じくらいの自閉レベルでも、社会に出て行ける人とそうでない人に差異があると言うのは、発達障害児ママならうすうす感じていますよね!?

レジリエンスという言葉に出会う前から、私は失敗を受け入れる力が自己肯定感と繋がっていると思っていました。厳密には、自尊心とレジリエンスは分けて考えられていて、2つ揃って自己肯定感というところでしょうか。

自尊心とは、成功や称賛を通じて育つ。自分を信じる力。
レジリエンスとは、失敗したときに、人を頼ることで育つ。人を信じる力。

レジリエンスは、失敗したときに他の人から「大丈夫」と言ってもらうことで育つそうです。

子どもが失敗をしたとき、日本の大人は、叱ってリカバーしようとします。
特に他人が絡むとそうですよね?!
「お母さんがいるから大丈夫」なんて言うと、甘やかして子どもをダメにするという風潮があります。
でも、人を信じる力は、「大丈夫」って言ってもらわないと育たないそうですよ。

そしてこれは経験者として自信を持って言えるけど、「お母さんがいるから大丈夫」って伝え続けたら、「大丈夫」の適応範囲って広がるんですよ!それも驚くほど!
まあ、きな君の場合は結果が見えるまで、5年ほどかかりましたが、やってみる価値はあると思います。

これは定型発達の子も同じ原理ですが、脳の回路が違う為、発達障害の子は繰り返し繰り返し、「大丈夫」と手助けしてもらわないと、それがまるでルールになるくらい繰り返してもらわないと、定着しないのだと思います。

これは他の療育も同じで、繰り返し繰り返し伝えることで、見通しを持ち不安感を解消していくそうです。

定型発達の子は、周囲と同調する能力を持っているため、周囲の子が「大丈夫」と言われているのを見るだけでもレジリエンスは育つが、発達障害児は同調が苦手だし、人にも自分にも興味が薄いので、繰り返すことが必要だそうです。
だからこそ、発達障害児の難しさを克服するようなやり方ではうまく行かないわけです。そんな厳しいことを繰り返されたらたまらないですよね?

レジリエンスが高い人には共通点があるそうです。
1、未知のことに興味を持ち、チャレンジする意欲がある。
2、この先、いろいろある!と分かった上で楽観的。
3、自分の気持ちをコントロールする力があり、気分転換の手段を持っている。

みなさんはどうですか?
この3点を見ていると、私はきな君にずいぶんとレジリエンスを鍛えられたと思いますね。
だって、きな君診断前の私は、未来が絶望的で、チャレンジする意欲を失い、気分転換なんて考えられなかったわけだから^^;

最後にレジリエンスを育てる4つのステップをご紹介します。
ステップ1、生活習慣を整える
ステップ2、人を頼って成功する体験を積み重ねる
ステップ3、興味を生かして家庭内の役割を持つ
ステップ4、サポートを受けて気持ちを切り替える

長くなりました^^;4つのステップについては次回に続きます。
スポンサーサイト

No title

『大丈夫!」の声掛けの持つ重要性、納得です。自尊心は、誉められることの経験が、多い昨今にはこれは肯定できますね。自分がどれほど好きなの???・・・と、思ってしまう人もたまに、いたりしてね(-_-;)      『大丈夫!」と、言われる経験は、あまり多くはないのかもしれないな~。  自尊心、レジリエンスの両輪がバランスよく回ることに、エネルギーがそそがれなくては・・・!(^^)!

裏のなごちゃんへ

私も、褒めすぎ注意報出ているよ~って思うときあります。

褒められすぎるのって意外と重かったりもしますよね?!

私も講義を聴きながら、本当に納得できて。

自分の自尊心やレジリエンスも大事にしたいな~って、ちょっと自分のケアもしておかないとね!

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR