07
1
3
4
8
9
11
12
14
15
16
18
19
23
28
29
30
31
   

当事者の親としては・・・。

昨日、「金スマ」で発達障害・・・というか、
先日本を発売したモデルの栗原類さんと、
ピアニストの野田あすかさんの特集をやっていましたね!

お二人の特集前に、ざっくりと発達障害の説明がありましたが・・・。
なんでしょうねぇ、この違和感!
まあ、興味を持ってもらうためにちょっと大げさというか・・・。
すみません、またもや苦言からで。

いや、あの6.5%って数字!
栗原さんや野田さんのような子が15人に1人いるわけじゃありません。
何らかの配慮が必要な子が15人に1人です。
それも、たしか小中全学年の平均です。
しかも小学校入学当時は9パーセントで、もっと多くの子が支援を必要としていますし、適切な配慮や支援を受けて育つことで、学年が上がれば適応出きてこの数字から外れる場合もあるのです。

はっきりと診断がつく子から、グレーと呼ばれる子まで、ひっくるめた数字です。

また大人になってから発達障害の症状が現れるケース多いと字幕にありましたが、それはありえません。
本人には発達障害の症状(違和感とか、生き辛さとか)の自覚はあったはず。
発達障害と分かったのが大人になってからというだけです。
もしくは二次障害がどーんと出てしまって、よくよく調べたら発達障害というケースかもしれません。でも二次障害は発達障害ではなく、あくまでも適さない環境が生んだ別の病気です。

影響力がある番組だけに、世の中に間違った解釈が広がらなければいいと・・・・当事者の親としては切実に願っちゃうな~。





スポンサーサイト

私も「違うのに〜」って思いながら観てましたよ(^_^;)
発達障害をすごく特別なものとして紹介されることが違和感。
みんな凸凹があるのに〜、類くんの隣で話してるあなたも凸凹あるでしょ〜って思いながら観てました(^_^;)
みんなちがってあたりまえ、を紹介して欲しかったなぁ…

Yさんへ

そう、発達障害って特別なこと!!
って、感じが満載でしたね^^;

発達障害に関心が集まっているのは、ある意味で喜ばしいけど、正しい理解や認知を広げる活動の重要性がより高まっていますね。

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR