06
3
4
12
14
16
17
18
19
20
25
30
   

失敗は成功の元!

昨日の三者面談で、厳しい現実を突きつけられたきな君。

でも親としては、配慮がない中・・・まあまあ頑張っていると思っているので、何も言うコトはないな~って感じ。

学校に配慮を求めるべきか??
チラッと思ったけど、おそらく配慮は得られないし、きな君の前でその話をすると、せっかく成績が下がって学ぶチャンスが到来したのに潰すしかねないので、やはり言うコトはないな~って感じ。
→今回の結果が学校の配慮がないせいだ!なんて勘違いされたらもったいないもの。
配慮がなくても期末テストは受けられたのに受けなかったんだし。

帰宅後に、「成績が悪くても行ける学校はあるよ。志望校に行けなくてもいいから、いけない場合にどうするかは、自分で考えようね。」と言っただけ!

「次はちゃんと試験の準備をして、這ってでも受ける!」→それはそれで迷惑なコトもあるけど^^;
「科目ごとにファイルを用意して、提出物に備えないと・・・。まずは冬休みの宿題だな!」
ほーんと、いい薬になったみたい^^v

試験を休んでしまった理由についても、
「体調が悪いって言うのはいい訳だった。本当はあんまり勉強をしていなくてやりたくなかった。」と正直にカミングアウト!

「お母さん頼みがある。一緒に文具店に行って、管理し易いファイルを選んで欲しい。
たぶん、科目ごとに分けておかないとダメだと思う。」
ふーんようやく気がついたんだ。
「科目ごとにバラバラだと半分はなくなるから、全科目のファイルがひとつになるような文具が有るといいね。」この件に関しての親の意見は以上!

子どもって面白いよね。
失敗して痛い思いをすれば、ちゃんと反省して対応を講じる。
親は子どもの失敗を恐れるけど、失敗ってリスクももちろんあるけど、有り余るメリットがある!ってこと、またまたきな君に教えてもらったな~。









スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR