05
4
5
6
7
9
14
15
16
19
21
25
27
28
29
30
31
   

ちゃんと覚悟してます。

就労支援施設見学ツアーの日はハードだったΣ(´Д`*)
ツアー解散後、もっちの参観と懇談会。
そして、きな君の担任と面談!

来年の支援や配慮の話を想定していたのだけど、、
メインは「高校進学について」

担任の見解は・・・。

学力が低い高校だと、型にはめ、厳しさで統率する傾向がある。

また、その学校の滑り止めとなると、私立でも同じ傾向。

配慮があるように思われる定時制も、通う子供たちがそれぞれの問題を抱えている。

ある程度の学力がある学校の方が、子供たちの精神も大人だし、教員にもゆとりがある。

先生が思いのほかきな君を観察してくれていたことに、まず驚いた。
あまりにもおっしゃる通り。
そうなの。きな君の一番の難しさは周囲の人たちだから、
このままじゃ通うところがないってことだね。
きな君ピンチ!

そうは言っても、私は強制したくない。
高校入試に失敗するリスクがあっても、ね。

きな君にああいう特性がある以上、
どんな高校に入っても、必ず通えて必ず卒業できる保障ないし。

だったら自分で考えて、自分で進学先を決めて、
もし失敗したらやり直せばいい。

私の出番は失敗を避けることじゃなくて、
失敗したときにより沿うことだと思っているから。

大人は成功体験ばかりに目が行ってしまうけど、
それって大人に取っても受け入れやすいから、かもしれない。
だから、子供が自分の力で成功する前に、押したり引いたりして強引に成功に導こうとするし、失敗するとあからさまにガッカリする。

でもね、寄り添ってくれる大人さえいれば、子供は失敗から学び自力で成功へと辿り着く
成功体験って、そういうコトだと思う。

・・・というわけで、
これまでも、これからも、私たち親子は私たちのスタイルで行きたいと思います。
先生、大丈夫ですよ。ちゃんと覚悟しているから^^



スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR