06
3
4
12
14
16
17
18
19
20
25
30
   

もっちの手紙!

もっちの担任が離任することになりました。
若いけど、厳しくも温かい先生でした。

1週間ほど前、
子供たちが楽しみにしていた自由に食べる給食タイムで、
ちょっと大き目のトラブルが発生!
「先生も泣いたの。大粒の涙流していた。」・・・ともっち。
そのときは、トラブルくらいで泣くタイプには見えないけど??って、
(何気にひどいこと言ってるかな?)思ったけど、
きっと先生も最後の思い出になるって楽しみにしていたんだろうね(。pω-。)

なにしろ今日のおたよりで、明日で離任です。
みんなで何かしたいけど時間なし!

そこでもっちと相談してお手紙を書きました。
クラス全員でドッジボールをしている絵と手紙です。
真ん中で笑っている先生。

「ぼくお手紙ちゃんと書けるか心配。」って言ったけど、
もっちが自分で考えた方が先生が喜ぶよ・・・って言ったら。
難しい顔して自分で考えて書き上げました。

「ぼくは先生が学校にきてくれてとてもうれしいです。
先生は怒るときや泣くときがあるけれど、笑っている先生が一番大すきです。
先生は大変なときがたくさんあるけれどがんばってほしいです。
としをとっても元気でいてほしいし、今もわらってほしいです。
あしたもわらっている顔がみたいです。
つぎの学校でうるさかったり、たいへんなことがあってもずっとわらってほしいです。
そして一秒一秒たい切にしていってください。一秒一秒の時間はいちどしかない。
だから一秒一秒わらっていてください。
3月23日木曜日 もっち」

いつも作文手伝わされているけど、
自分でちゃんと書けるじゃん!!

もっち・・・先生が泣いてショックだったんだな。
たんたんと経緯を話してくれたから、わからなかった。
クラス運営ももっちのクラスは順調だと思っていたけど、
うるさかったり大変なこと・・・が、あったのを、子どもはちゃんと見ているんだね。

先生へのお手紙だけど、読んでいて身につまされた。
きっと、私も怒ったり泣いたり(泣かないか^^;)するたび、
笑って欲しいって思っているんだろうな。

それにしても、一秒一秒って・・・それも身につまされる。
忙しいようで、けっこう手抜きしているもんなぁΣ(ω |||)
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR