06
3
4
12
14
16
17
18
19
20
25
29
30
   

アスペの取り扱いに慣れてきた。

「アスペな自分がけっこう好き」
ここ一年くらいで、きな君が時々口にする言葉。
「うん、お母さんもけっこう好き」
ウソじゃないですよ^^
本心で言える自分に幸せを感じたりします。

困った状況がなくなったわけじゃないけれど、
困った状況を笑えるくらいの余裕は出来たよね。

あんなに自分をもてあましていたのに!
なにしろ、自分の気持ちすら・・・良く分からない。
何が不安なのか?何に困っているのか?
スペクトラムっ子は言語で表現が出来ないから。

そんなもてあましていた自分と向き合うことで・・・。

自分の取り扱いに慣れてきたって感じ。
取説なくして使い方が分からなかったけど、
なんとか使っているうちに分かってきた!!・・・みたいな^^
家電と違ってリコールは出来ないから、使いづらい部分は、
他の機能で代用するとか、諦めて使わないとか、困ったときの選択肢も分かってきた。

使い方に慣れてくると、悪くないな~って、思う。

現在、中3で、他の機能で代用しづらい「コツコツ勉強」と格闘中!

あんまり勉強するの嫌がるから、
「そんなに勉強が嫌いなのに、なんで教師になりたいの?」
・・・素朴な疑問をぶつけてみた。

「そういえばそうだね。勉強しないとなれないのにな~。
でもなりたいんだよね~。」
本気で考え込んでいました!

「でも、おれのリサーチによると、勉強が好きだから教師になった先生に会ったことないんだよね?!だから勉強が嫌いでも教師になれるんじゃないかな?」

・・・きな君は、学校の先生に教師になった理由をリサーチ。
なんともアスペっぽいアプローチでしょ^^

「なるほど。でもさ、理由が勉強好きじゃなくても、勉強嫌いだけど教師になった先生はいないのでは?」

「は!!それはそうかもしれないね・・・できれば、気がつきたくなかったよ。」

母の言葉を嫌味と取らずに本気で考える思春期男子!
笑っちゃいます。
やっぱりアスペ君、けっこう好きかも!






スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR