07
1
3
4
8
9
11
12
14
15
16
18
19
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

気が遠くなる。

とある図形の問題。
図形を使った計算問題・・・って感じのちょっと複雑な問題。

きな君と一緒に解いたあと、
「一辺の長さを変えてもう一度解いてみようか?」
と、3センチから5センチに変えて解かせてみた。

その問題とちょっと格闘したあと、きな君は不思議なことを言い出した。
「うーん、なんかスゴイ数になって、因数分解できないよ!
うん、これは長さを変えると解けない問題なんだ。」

なんだろう??
この自分に都合の良い解釈??
そもそも中学レベルの問題で、解けない問題なんてないのでは?

とりあえず、私も解いてみる!
っていうか、簡単ではないけど解けるよ~。

ついでにきな君の中間式を見てみる。
「きな君、75×3が235になっているよ。
・・・あのさ、これは解けない問題って結論付ける前に、
自分のミスを疑う必要があるのではないだろうか?」

自分を疑わないから、凡ミスを連発してしまうのではないだろうか?

ちょっと気が遠くなったひととき。




スポンサーサイト

No title

計算まちがいがあったのが「✖」の原因で
考え方は大丈夫だったのですね。

こうした問題で、出題者が何をどこまで求めているかですよね。
途中式を評価する見方も欲しいです。

Nさんへ

さすがNさん。
そっかあ~、つい間違いに目が行ってしまうけど、考え方は合っていました。

きな君の書いた中間式は解読が本当に大変で、もう少し整然と書く必要があるけど、そうですね、考え方があっていれば評価されてもいいような気がしますね。


Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR