07
1
3
4
8
9
11
12
14
15
16
18
19
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

親子で、課題多き面談!

三者面談終わりました。

成績に関する詳しい話は特になく・・・。
各教科担当のコメントが伝えられた。

予想はしていたけど、あれだけ手伝っても、提出物の不備が・・。
それと、授業前の探し物が気になる先生が多いらしく、
「配布時にきちんと管理すると後が楽ですよ。」と助言された。

分かってないよな~。
配布時にきちんと管理できるくらいなら、支援をお願いなんてしない。
なんかちょっとガッカリ。

まあそれは置いておこう。
今回の面談では試したい事があった。

三者面談など、改まって向き合うのが苦手なきな君。
これまでの6回すべて・・・隣の母しか見ない。
見るってレベルじゃない、体ごとガッツリ母のほうを向いている。

先生→母→きな君!
もしくは、きな君→母→先生!
という、私を間に入れないと話しが出来ない。

授業中に全く関係のない問題の解き方とか質問する、
あの大胆不敵なきな君はどこへ行ったのやら???

高校入試ではどこを受験しても面接があるし、
このままでは印象は最悪Σ(´Д`*)
話し合って、今回から母ではなく先生を見ることで合意。

「言葉遣いにも気をつけるのよ。」
「まかせろ!僕は敬語が得意!」・・・って言っていたのに。

先生:「今学期頑張ったことは?」
きな:「委員会。」・・・。
ちょっとちょっと!!「です」くらいつけようよΣ(ω |||)

得意?なはずなのに敬語じゃないし、ぼそぼそ喋るし、先生じゃなくて遠くを見てる。
うーん、頑張ってはいるんだけど・・・残念っていうかやっぱり印象悪そう。

「聞かれたことは敬語で答える」とか、
「遠くではなく先生の口元を見る」とか、
「無表情すぎるので、自然な表情」とか、
課題が沢山見えた面談でした。

そうそう、母の課題も。
配布時にきちんと管理するなんて、無理難題を求められないよう・・・学校に理解を求めないとね。


スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR