10
4
5
9
10
11
12
14
15
17
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

お願いする!

今日は放課後デイ!
週に三回通っているので、珍しいことではないけど。

四月から送迎していないので、中身が分かりづらくなり・・・。
このところ、話題から遠ざかっていました。

いつも、送っていただいたときに出迎えて
一言二言、先生からお話を伺うのだけど。
だいたい内容は、
「今日は公園に行きました。」・・・とか、
「ダンボールでお家を作ってます。」・・・とか、
出来ごとの報告なんだけど。

今日はちょっと違う話題だった。
それは、きな君に「加減」というものを教え始めた・・・らしいコト。

漠然として分かりにくいかな。
「加減」って、スペクトラムっ子にとっては難しいものだよね!?
場にふさわしい声の大きさや、テンション、果ては言葉遣いまで・・・。
私達は色んなコトを加減しながら生活している。

きな君も「加減」を見ながら行動するコトは苦手!!
それでも、声の大きさや、言葉遣いなんかは・・・そのつど注意すればいいけど。

戦いゴッコの加減・・・喧嘩するときの加減・・・。
テンションがおかしかったり、イラついているときは、全力でアタックしてしまう!
きな君の困ったところ・・・。

先生は、小さい子にはコレくらい、イライラしても許されるのはコレくらい・・・。
と、コチラが根負けせずに伝えていくことが大事だという。

彼が「分かった!」っていう時は、本当に分かっているんです。
でも、カ~っとなった時にはそれが難しいことがある。
でも、叱らずに根気よく教える。

そして先生は、お願いするのだそう。
「加減しろ!」って命令しない。
「頼むよ、きな君。小さい子には加減してやって欲しいんだ。」
そうやって伝えると彼は「わかった。」って言う。
彼が分かったっていう時は分かっているとき。

繰り返し繰り返し、お願いして・・・。
いつになるか分からないけど、カーっとなっても、
ちゃんと加減できるようになるまで。
デイだけでなく、学校でも自宅でも・・・。

・・・てね、先生が言っていたんだ。

根負け続きの母・・・。
自宅もですか~!?・・・あんまり自信ないけど、
ここは足並みを揃えるしかない!

それにしても・・・。
お願い・・・か。
それは伝わりやすそうだよね!?
だってさ、誰だって命令されるとちょっと嫌だけど、
お願いされると・・・。
同じコトを言われても、前向きに対処で来ちゃうよね。

ここは、母もお願いで行ってみようかな^^v
スポンサーサイト

No title

ほ~んと、加減教えるのって難しいよねぇ。
私も根負け続きだわv-388
なるほど~。お願い方式か。私もやってみようかな。

私が教わったのは『加減方法を数値に表す』
声の大きさも力加減も1~5までの数値に置き換えて、ふさわしいレベルを表にして、それを目に入りそうな場所に貼っていつでも確認できるようにするといいよって。
視覚優先で反抗期突入のゾロ君だから言って聞かせるよりそのほうが有効かなと思って実行しようと思ってたんだ。

命令されるよりお願いされるほうが確かに心穏やかに受け入れられるよね。ちょっとお兄さん気分をくすぐられるし(笑)
でも、カ~ッって頭に血が昇っちゃうと それまで覚えていた数値もお願いも吹っ飛んでっちゃうから困るんだよね。。。
それでも挫けず、何度も根気良く教えることが大切なんだね。
いつか加減ができる子になると信じて!
私かなり短気だからあんまり自信ないけど、お願いならできるかな。。。


No title

お願い・・どこまでも相手のことを尊重している言葉に感じました。
定型発育のはず(^_^;)の次男は、ADHDの長男より荒れると大変!
昨日も、長女の習い事を一緒に参観している間、ずっと私に注意されていて・・。
どんな言葉で言ったら解かってくれるのかな・・なんて思い、「お母さん、今とても困っているんだけど・・。」って言ったら、「わかった、やめる。」って。
また、すぐに同じこと繰り返すのだけど(*_*)、昨日は一番響いた言葉のようでした。

たえさんへ

数値目標・・・1年生の教室にもあったりしますよね??
うちは5年だけど、まだまだ難しい^^;

すべてが難しいわけではなくて、普段は比較的指示も入りやすいし、
「静かに!」・・・で聞けなくても、
「どっちが静かに出来るか・・・キャンデー賭けて競争だ!」
なーんて、競争意識をくすぐると乗ってくるし、そんなに困らないけど。
→やっぱり5年だよね?この辺は。

でもでも、問題は周りが見えないとき・・・。
きな君も、数値も言葉も入らないよ~。
泣き叫ぶくらいならいいのだけど・・・。
他害してしまうのが・・・母としてはツライ!
本人には理由がちゃんとあるのだけど、他害はその理由すら聞いてもらえないから。

でも、根負けしている場合ではないのかも。
この先を考えたら・・・この加減を覚えてもらわないと。
先は長いですね~。

Yさんへ

たしかまだ一年生だよね?
特に男の子は、発達障害を疑ってしまう、元気な定型っ子!!
いるよね~^^
中学年になるとぐっと落ち着くけど、長いよね。

男の子だから小さくてもプライドがあって・・・。

指示や命令は嫌がるし・・・反抗的!

でも、男の子だからお母さんに弱い面もあって・・・。
困っていると言われちゃうと、弱いのね^^

はたからみるとほほえましい♡
・・・けど、お母さんは大変なんだよね!

おはようございます♪

誰だって命令されるとちょっと嫌だけど、
お願いされると・・・。

「お願いすること」
いろんな場面で言えそうですね
うまく使って行こうと思います♪

春さんへ

本当に、うまく使えば色んなところで使えますね。

思えば、命令するのって自分の子供だけ。
→私はだけど。
お願いは、人として向き合う第一歩なのかも。


Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR