08
1
3
6
7
9
10
11
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はーとコミニテイ・・・6月6日・・・②

ちょっと間が開いてしまいましたが・・・。
はーと♡コミニテイで感じたこと。

「共感できるのがうれしい!」
参加してくれたお母さんの感想。

「絶対に次も参加します。」
いつもニコニコしているけど、おとなしいお母さんのガッツポーズ!!

「いっぱい喋りすぎちゃった。」
いいんですよ~。雑談なんだから。

児童館に貼っておいたポスターを見て来てくれたお母さん。
2回目ってコトは、居心地が良かったのかな?
先生に質問したり、前回より積極的!

「こんな勉強会があるので良かった参加しましょう。」
情報を提示してくれたお母さん。

そして参加できなかったお母さん達の
「行きたかったな~」・・・ってつぶやき。
次回は、ぜひぜひ、来てくださいな。

今まで知らなかった者同士・・・。
でも、みんな一緒。
共感できるものがあるから!

スペクトラムっ子を育てているとね・・・。
先を考えると、いろんな課題がある。
個人的な課題もあるだろうし、社会的な課題もあるだろうし。
まあ、どんな子供を育てていても課題はあるんだけど。
スペクトラムっ子の場合は、
不安や悩みを共感できる場が少なくて、
母は、いっぱいいっぱいになっちゃう。

課題を解決するのは、結局は自分なんだけど。
共感できる仲間がいると心強いよね。

まずは時間をかけて、みんなに信頼されるコミニテイ作りを目指したいな。
ここに来れば、不安を吐き出せる、愚痴も言える、共感できる。

そして、発達障害を肯定的に感じられる・・・。
→ここが大事!
そんな、コミニテイをみんなで作って行きたいな。

地道にコツコツと。

スポンサーサイト

No title

そうなんですよね。
スペクトラムっ子って、見た目はまったく健常児だし、勉強だってそこそこできちゃう子も多いし。
でも抱えている問題はたくさんで、特にうちのようにADHDもあって、感情のコントロールが効きにくいとトラブルも多くなって、謝って歩いているうちにいつの間にか親も孤立しがちと言いますか。。。
どうしたらいいのかな?って焦っちゃうとイライラして子どもに厳しく接しちゃったって自己嫌悪に陥っちゃったり。。。
私はとりあえず一番もんもんと悩んでいた日々を脱出してからの『親の会』への出席だったけど、やっぱり多くの方のアドバイスや体験談なんかを聞いたり愚痴を聞いてもらったりすると、今までとても悩んでいたことが馬鹿馬鹿しくなっちゃったり、これでいいのかな?って不安が和らいだり、先の見通しがもてたりして、とても救われるんですよね。
ぴょんさんたちの開くコミニティーは、色んな体験会なんかもあって、近くに住んでいたら私も参加したい~!!!と、いつも思うのよね。
告知とか性に関することとか、みんなどうしてるの?って言うことも勉強会みたいな形でやったりしてるのですか?

No title

共感できる人がいるって、貴重ですよね。
健常児のお母さんに話してもイマイチ理解してもらえないから。
聞いてもらえるだけ、ありがたいけど自分の中のモヤモヤは晴れないというか…
年齢が上がるにつれて、親同士の繋がりって薄れていくので、ぴょんさんたちのコミュニティってとっても大切な場だと思います。

たえさんのコメント同様、告知や性の問題って皆さんどうしてるんだろう?
学校でも今度「生理」の話が女の子にあるみたい。
大事な話だから良く聞いてきてねって話したけど、どこまで話せばいいのか…

たえさんへ

うんうん、分かります。
私も謝って歩いていた組だから。

そうよね。
そうしているうちに孤立して、子供に当たってしまうのも分かる。

そんな状況の時が1番つらかったな~。

自分ひとりの悩みじゃないって思えると、不思議と寛容になるんだよね。

告知についてだけど、これはよく話題になりますね。
なんだろう、ウチもそうだけど、他の人のお話を聞いていると、
10歳を過ぎると、告知時期のサインを出してくるというか・・・自分を知りたくなるのかもしれない。

個人的には、サインが出たら迷わず「そうだよ」って伝えてあげて欲しいと思う。大げさでなくさらっと。一度否定してしまうと、あらたまって言い出しにくいだけでなく、親が思わず否定してしまうようなものを持っているって、子供的にツライから。

サインはいろいろ。
療育に通っている自分ってなんだろうとか、発達障害って言葉を覚えて親に聞いてきたりとか、なんで自分はトラブルが多いのかとか・・・でもちゃんと出してくる。
そんな時に、ぜひ・・・さらっと肯定してあげてください。

サインがないのにわざわざ伝える必要もないみたいですよ。
→佐々木正美教室で聞きました。

きっとたえさんもそうだと思うけど、朝からバッタに夢中な息子・・・カワイイですよね?ちょっと違うけど、そこがいいのよって思ってますよね?そのまま伝えてあげれば大丈夫だと思いますよ。



Kさんへ

健常児のお母さんと話してももやもやが・・・ありますね。
みんな良い人だし、話も聞いてくれるけど、共感は出来ないからかも~。
ほんと、みんなコミニテイでは水を得た魚のよう。

告知も難しいけど、性は本当に難しいですね。
学校の性教育では、やっぱり知識しか得られませんでした。
ちゃんと聞いてはきたけど。
「お母さんは月経ある?初潮は何歳だった?」とか、「精通したら大人だよね。早く来ないかな~」とか・・・ちょっとずれてて。
五年生でめだかを飼育して、繁殖させて性教育を兼ねるみたいだけど。
あくまでメダカはメダカ・・・人の性とは結びつかないようです。
ちゃんと理解する子もいるのかな~?ウチが幼いだけかな~・・・。

ただ、息子の通っているデイでは、専門家を呼んで性教室を開くようです。そんな専門家がいるんだ~って、ちょっとびっくりだけど。
私もまだどんなものか分からないけど、内容が分かったらアップしますね。

先日、TDLで後ろに並んでいた高校生らしきカップルが・・・目のやり場に困るほどのラブシーンを見せてくれまして・・・。
あと数年でこの子たちと同じくらいになるかと思うと、悠長にはしていられないな~。

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR