10
4
5
9
10
11
12
14
15
17
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

セラピー卒業に向けて

きな君にセラピー卒業を告げるチャンス・・・
意外に早くやって来ました。
もっちがいると、割り込んできて話がややこしくなるから、絶対に二人きりの時!!と決めてた。

昨夜、「今日はお母さんとお風呂に入りたい。」・・・ときな君。

はっきり言って週末くらいゆっくり入りたいお風呂・・・
いつもなら、「お父さんと入ってらっしゃい!!」
と言ってしまうところだが・・・

これはチャンスかも!
お風呂でスキンシップしながら、さらりと話してしまおう!


二人で湯船に浸かりながら・・・
「今日はちょっと大事なお話があるんだ。」

「お説教??」

「お説教じゃないよ。心当たりある?」

「注射??いやだな~」

「注射でもない。」

「良かった~♪、、、じゃあなんでもいいや!」
笑顔のきな君・・・

私も深呼吸!
「実は、3月8日にプレを卒業することになりました。」

「えええええぇぇ~!!」
きな君、絶句!

そうだよね。でも、乗り越えよう。
「学校に行きたくなかったの覚えているかな?毎日泣いていたよね。」
「うん。」

「プレに行くと少し元気が出て、頑張って学校行けたね。」
「うん。」

「プレは学校に行く元気をもらうために行ってたんだ。でもきな君は、学校が楽しくなってプレがなくても学校に行けるほど成長したんだよ。専門家の先生が太鼓判を押してくれたの。」
「まだ、行きたい。」

慎重に言葉を選ぶ私・・・子供と話すのにすごく緊張!
「きな君のほかにも学校に行く元気がない子供がいっぱいいるの。きな君は自分で元気を作れるようになったんだから、きな君のプレの時間を、元気がない子供にゆずろう。」

しばらく無言・・・そして、
「話題変えよう、お母さん。あやとりの話しよう。おれ、今もっている本のあやとりは、ほとんど暗記したんだよ!!」

分かってる・・・きな君には重たすぎて、これ以上は話たくないんだね。
泣いてもいない。パニックにもなっていない。
彼は冷静に受け止めている。

私の仕事はここまでと判断。
これ以上この話は一切しないと決めた。
あとは、残り5回のプレで少しずつ受け入れて行けるよね。

スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR