10
4
5
9
10
11
12
14
15
17
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

お勉強しちゃいました^^v

先日ちょっとだけお話したけど、
教員のための研修に参加させてもらえたこと。

相手の側から物を見ると新たな視点が開けて、
保護者としてもより学校への理解が深まると思うので・・・。

少しずつご紹介させていただきます^^

講演のタイトルは・・・
「通常学級におけると特別支援教育の充実のために」
そして、
「個別支援と一斉指導の一体化」
・・・と、サブタイトルがついていました。

実は昨年度、個別支援が必要な児童への「理解」を中心に講義が行なわれ(私は不参加)、
今年度は、「支援」という観点から講義が行なわれました。

私は全く耳にしたことがなかったのだけど、
「学校心理学」という分野で研究をしている先生がいるんですね。
学校心理学とは、学校生活全般のクオリテイを高めるための「援助」・・・を研究しているのだそうです。

本当に興味深い内容でした。
まさか、学校生活が学問として体系付けられ、研究をしているとは・・・目からウロコ。
ちょっと残念なのは、実際の教育現場で生かされているとは・・・!?
いやいや・・・批判はやめておこう(汗)

しかし、今後多くの人が学ぶことによって、学校が抱える問題を解決する糸口になっていくのでは・・・?
そう期待したいと、いや期待できると思いましたね^^v

まず最初に問いかけから。
特別支援教育の充実には、なぜ、個別支援と一斉指導の一体化が必要なのか?

まずここで、最初のウロコ・・・。
そう、個別支援と一斉指導・・・別々に考えるから難しいことになっていくのかも。
きな君の担任の先生方も・・・発達の問題を抱えている子供の指導がうまいなって、特に感じる先生は、きな君を含め出来るだけ一斉指導できるよう工夫していた。その上で個別に関わるっていうのかな?

個別の集まりの全体ではなく、全体の中の個別を意識している感じ。

この一斉指導と個別指導の一体化が必要だと定義した上で、学校現場で行き詰ってしまっているのはなぜか?
まずは「集団育成」と「個別支援」という、いわば相反するもの両方の力が教師・・・しかも担任1人に求められてしまっている。
そのうえ、「個別支援が必要な児童・生徒」は増加しており、予算と人的支援がない中で教師はどこまで取り組めばいいのか??

考えただけでも先生って大変!!!・・・。保護者への対応も難しくなってきているし、確かに私が子供の頃にはいた副担任もいないし、やらなきゃいけないコトは増えているだろうし。

ここで、この行き詰まりを解消する手立てとしてのポイントが・・・。
①校内システムの工夫
②教師の資質向上・・・の2点。

資質・・・と言うとちょっと語弊を感じてしまうかも知れないけど、どちらかと言うとどの教師でも対応できるようにするためのシステムの工夫と、個別支援を必要とする子供たちへの正しい認識を共有するって感じでした。

この手立てをお話しする前に・・・
まずは、「個別支援が必要な生徒」・・・の定義を説明します。

1、生育歴(核家族化が進み、経験の不足から身につけておくべき能力の育成が不十分)

2、情緒の問題を抱えている(不安・恐怖など)

3、家庭の問題(家庭不和・ネグレクトなど)

4、器質的な問題(発達障害・・・LD・ADHD・自閉症スペクトラムなど)

・・・の4点・・・なんだけど、個人的には4、もしくはあっても3くらいだと思っていたので、その範囲の広さに驚いた。実際に、4ばかりでなく1~3が増えているところに学級経営が難しくなって行く因があるようです。


ちょっと分かりにくかったかな?
コチラもまとめるのに、脳みそが炎上しています・・・(汗)

今日お話したかったのは、
個別支援と一斉指導は同じ枠組みの中で行なわれる・・・ってコトと、
個別支援が必要な生徒の定義と、
先生1人の肩に乗っかるものが多くて・・・行き詰まりを解消するための道はどこにあるの?・・・ってコト。

1時間とはいえ・・・内容盛りだくさんの講義だったので・・・。
炎上した頭を冷やしつつ・・・
ちょっとづつ区切って更新したいと思います。

次は今日のお話を踏まえて、じゃあどうしたら良いの?・・・ってところをお話します。

つづく♪
スポンサーサイト

No title

一斉指導においては、程度や方法の差はあれ、「すべての子どもが支援を必要としている」という立場に立つと。
当然のことですが、つい忘れていました。

Nさんへ

私は教える立場にないので、新鮮でした。

でも、家庭でも同じかも知れません。

発達障害の子供がいると、つい定型発達のほうは大丈夫だと思いがち。
反省です。

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR