06
3
4
12
14
16
17
18
19
20
25
30
   

ぴょんが思うに・・・。

ここ数日の、どよーん、もやもやもだいぶ整理がついて来た。

すけさんにも散々指摘されたけど、
まず、一番いけなかったのは・・・メールでやり取りしちゃったこと。
メールで届いた文章だけを読むと、ほんとぶっ飛んじゃったけど・・・。

きな君のお話を聞くと、
いつものちょっとしたトラブル??
先生の意図は、きな君の問題行動への指摘じゃなくて、もしかして別にある??
なんて、思い始めてきた。
まあ、まだ、どこにその意図があるのか分からないけど。

だって、本当にいつものことだもん。

ひとつ心当たりがあるのは、
今年度のきな君は「先生が見ていないときにやられる」
・・・と、かなりの頻度で訴えている。
→ちなみに、きな君の口癖はジャイアンと同じで「ぶっ飛ばす」。

低学年の子たち・・・ごちゃ混ぜになっちゃったのかな~?
きな君も、以前はいろんな記憶が混ざり、とんでもない方向へ行ってしまうコトがたびたびあって。
スペクトラムっ子では、こういうコト珍しくないし。

しかも、夏休み中は「先生が見ていない」時に、トラブルになった子とは一度も会っていないのに、
夏休み中も、繰り返し訴えて、行きたくないと騒いだりもした。
たぶん、デイでも繰り返していたんじゃないかな?

そもそも、どこから先生が見ていない・・・なんて言葉が出てきてしまったのかしら?
以前から不思議に思っていたのだけど。

今まで、学校でも相当回数、先生の見ていないところで色んなコトをされたはず。
・・・下校時に、石を投げつけられたり、習字セットで叩かれたり・・・そんなこともあったね。

でも、先生が見ていないところでやられた・・・なんて言ったことは一度もない。

実は、きな君がこの発端のトラブルを先生にお話したとき、
「見ていなかった。」と言われたコトが未消化で頭の中に残っていると思われる。

そもそも子供のケンカ、ほかの場所ではすぐに仲裁されてしまうけど、
デイでは、ケンカも学びのひとつで、キケンがない限りはやらせてもらえる。

だから、ごく普通の対応だとは思うけど、時にこだわりが残ってしまう場合もあるんだね。
・・・覚えておこう。

こういったしこりが残ってしまうと本当に厄介なんだ~。
なにしろ、忘れてくれない。忘れないだけでなく、話が大きくなっていってしまう。

私も深く考えていなかったけど、このこだわり、どこかで消化してもらわないとね。

また、きな君は、お友達は自分と同じ考えだと思いがち。
これまた困ったもので、相手がはっきり否定してくれれば理解できるものの、曖昧だと自分と同じだと思ってしまう。これはアスペ君には多いと思うけど、きな君はひときわその傾向が強い!

お友達と話していて、「おまえアイツ嫌いじゃないの~?なんで、なんで???おれ、アイツキライだよ!!」・・・なんて、自分と違う考えを持っていることに驚いていることがたまにある。
→そんなきな君を見て、母はびっくりしているけど。

きな君の作った「キライな仲間同士」・・・。
「おれアイツキライ!!大ッキライ!・・・お前もキライだろ?」
なんて、すごい勢いで話して、はっきり否定しない相手を仲間だと思い込んでいた・・・なんてコトは充分考えられちゃうな・・・いや、目に浮かぶ。

そんなこんなが折り重なって、
お話が噛みあわなくなってしまったのでは?・・・と、あくまで私の考えだけどね。

まあ、先生の意図がどのあたりにあるのか分からないし、
今度は、直接聞いてみようと思っています。

さいわい・・・いろんなこと根ほり葉ほり聞いたにも関わらず・・・。
きな君は、全く気にならない様子で・・・。

まだまだ単純で素直だな・・・と。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR