07
1
3
4
8
9
11
12
14
15
16
18
19
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

台風の影響!

台風が過ぎたあと・・・。
きな君が3年ぶりに喘息発作を起こしたの(汗)

水曜だから休診日が多い上、
なぜか、病院が閉まる時間になってから・・・。
「お母さん、胸が痛いし苦しい。」

なんか呼吸音もおかしくて・・・。
背中に耳を当てると、ヒューって嫌な音が。

これは病院にいかないとまずいな。
夜間診療が開く時間を待って、地元の救急センターへ。

受付で・・・。
「喘息っぽいとのことですが、発作は起きてませんね!?」
何度も確認される・・・「発作ってほどじゃないと思います。」

ところが、ドクターが胸の音を聞いたとたん、「喘息発作です。」と診断。
自宅で気管支を広げるテープを貼って薬も飲んだけど、効果も出てない。
センターで吸入をしてみても効果なし!
・・・のんきな母をよそに、かなりヒドイ発作が起きてたみたい。

「最後に発作が起きたのはいつですか?」
「喘息で通院していたのはいつまでですか?」
矢継ぎ早に聞かれるも・・・母思い出せず(涙)
だって3年も経っちゃうとさ、全く思い出せなくて。

とりあえず薬が効かないので、点滴をすることに。

きな君・・・点滴って言葉を聞いたとたん!!
「いやだ!やらない!治った!」
そして、勝手に病室を出ようとする(汗)

母は・・・「説得しますからお願いします。」

「いやだいやだいやだ!!!」
涙をぽろぽろ流しながら嫌がるきな君!
でも、ここは譲れない。
母とドクターの強い態度に、逃げられないと思ったのか・・・。
「じゃあ、点滴してもいいかなって思える見返りは?条件つけさせてよ!」
はあ??なんじゃそりゃ!・・・久々のアスペ節♪

・・・条件は銭湯につれて行くことになりました。

しかし、いざ点滴を打とうとすると・・・。
力んで腕がぷるぷる震えて・・・。
けっきょく液漏れして・・・もう一度刺すことに。
いやいや、泣いて暴れて大変(涙)

点滴が半分も入ったころ・・・呼吸が落ち着いてきた。
「台風一過の空のように、きれいな音になったよ。」
・・・と、無事に帰ることが出来ました。

それにしても・・・。
まだまだ想定外のことはダメなんだね~。
ダメだけど、見返り次第では大丈夫なんだね~!?
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR