09
1
4
6
7
8
10
12
13
14
17
18
19
20
24
25
26
27
28
29
30
   

分かっていないのは・・・。

昨日の続き・・・。
ネガテイヴな記事が続いちゃうね^^;

きな君のお話を聞いていて、思ったコト。
音楽の先生だけの問題じゃない・・・よね!?
実は、先生の持つ要素って、自分にもあったりして、
イヤだなって思う反面、反省したりして。

Yさんのコメントにもあったけど、
実は子どもって、色んなこと見ているし分かっている。

自分もそうだけど、大人って解決しにくいことを、
権力って言うか、力でねじ伏せちゃうよね。
大人だけの世界だと、許されないことも、
相手が子どもだとしちゃうよね。

私だけかな~!?そんなお母さん(汗)

体罰・・・までは行かなくても、ヒドイ言葉や一歩的な態度、
大人の世界に持ち込んだら・・・(冷汗)
ほら、相手が自分のお友達だったら、こんな言い方はしないって態度、
子ども相手に取っちゃうコト・・・ない??(ない人もいるよね)

でも子どもは見ているし、冷静に評価している・・・てコト、
気づいてないのよね・・・いや、気づいているけど、やってしまう場合もあるね。
・・・ぴょんは、分かっちゃいるけどやめられない派。
分かっているのよ、でも止まらないのよ。

自分の気分で怒りすぎたり、思い込みで怒ったり。
・・・まあ、やりすぎたら、謝るようには心がけてはいるけど。

最近のきな君はね、「今のはいくらなんでも言い過ぎでしょ。」
と、謝罪を要求してくる・・・どっちが大人なんだか。

きな君は言われても仕方なのない分量を自ら決めているみたい。
スペクトラムっ子らしいマイルールだけど、
子どもは自分がしたコト、分かっているし、相手のコトも分かっている。

分かっていないのは、大人のほうかも。

ほんと、育児って難しい・・・。
子どもから、育児から学んでばかり。
毎日毎日、喜んで、凹んで、反省して・・・。

でもやりがいあって、達成感や充実をくれる。

不思議な世界ですな~♡






スポンサーサイト

No title

ぴょんさんのブログ読んで、グサグサきましたよ~(^_^;)
我が子に伝えられることって、今の自分の器で考えられることしかないですもんね。
最近、うちの子どもたちも「今は理解してくれたな」「全然納得してないな」が良くわかるようになって、ごまかしがきかなくなってきましたよ。
だからといって、自分を繕うとすると、変な言い訳で子どもを説き伏せようとしちゃうから、私も「素直に謝る」ことで許してもらってます(-.-)
一番嘘をつけない相手ですね。

Yさんへ

ほんと、変な言い訳しちゃうと収拾がつかなくなっちゃうよね(汗)
ウソつかずに謝る・・・が、一番だと、個人的には思う!!
だから、しょっちゅう謝っているけど(笑)
でも、子どもって寛容だよね。
必ず許してくれる・・・。
ほんと、子どもの心の広さにはかなわないよね。

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR