11
2
4
8
10
12
13
17
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
   

お久しぶりすぎて・・・。

何から書いて良いのやら。
とりあえず、やっとパソコンが届きました。
人のことを言えた義理は全くありませんが・・・
駆け込み購入者が多かったのでしょう。
届くまでの時間がかなりかかりましたね(汗)
・・・次回からは早め行動を心がけます。

メールボックスも見ることができず、返信が遅れました。
その間にコミニテイがあり、参加希望のご連絡を下さった方々への返信が、
今日になってしまい、本当に申し訳なく思っております。
返信がなかったため参加しなかった・・・なんて方はいらっしゃらなかったでしょうか?
本当にご迷惑をおかけしました。
重ねてお詫びを申しあげます。

なお、はーとコミニテイは当日会場に来ていただければ参加ができますので、
今後もどうぞ、お気軽にご参加ください。

実はパソコンがつかえなくなってすぐ、
4月15日未明に義母が亡くなりました。
3日前に緩和病棟へ移ったばかりでした。
最期は、子供に見せたくないというすけさんの希望で、
私と子供たちは自宅で苦しまないよう祈っていました。
前々日にお見舞いへいったときは、まだ元気な様子を見せてくれたのに、
覚悟していたとはいえ、突然でした。
危篤の一方が入った夜、
月の横に輝く火星がお義母さんの命の光のように思えて、
友人に火星の存在をメールしました。
「あの光はいつの光かしら?」と返信してくれた方がいて、
命の輝きもずっと後になって届くものもあるのかも知れないと、
そう考えれば、
受け取り手がいる限り命の光は存在するのかも知れないと感じて、
ずいぶん落ち着けたものです。

葬儀の席できな君がボソリ。
「よく怒る人だった。でも最期に怒られたのは、俺だと思う。」
最期に怒られたのが自分だと思うと、少し嬉しいとはにかんだきな君。
実は、もう会えないと悲しむもっちに対して、普段と表情の変わらないきな君。
人が亡くなるということを感じるのは難しいのかと思っていた。
でも、きな君にはきな君のアプローチがあるのね。
会えなくなった事は見えないけど、怒られた事実は頭の中に見える。
だから、バアバとの最期の思い出を大事にしたいのね。
→やや、希望的な観測だけど。

きな君の言葉で私もたくさん怒られたことを思い出し、
怒られつつ、やさしくしてもらったことも頭を駆け巡り、涙が止まりませんでした。
きな君ありがとう。君のおかげでお母さんもちゃんとお別れできたよ。

お義父さんの「結婚して四十数年、楽しい時間でした。」という言葉と、
抑えられない涙に・・・お義母さんは14年も不自由な介護生活だったけど、
幸せな人生だったと、参列者の誰もが思ったようです。
最期に怒られたのがきな君なら、いちばん怒られたのはお義父さん・・・。
なのに、みんなに愛されて・・・にくめない人だったんだな。

「たくさん怒ったから、怒り虫は置いていけたね。
今度生まれ変わったら優しい人になっているよ。」
・・と、きな君。やはり不思議ちゃんアプローチ。

私も嫁として、いろんなことがあったけど・・・。
「お義母さんのことは一生理解できない!!」なんて思ったこともあったけど、
でも、やはり憎めない人でした。
ストレートで裏表のない、自分の感情に正直な人だった。
うらやましいくらいにね^^;
そして、いろんなことを教えてもらったし(やや反面教師的に^^;)
いろんな意味で強くしてくれたし、大人にしてくれた人だと思う。
だからやっぱり、最期にささげる言葉はこれかな?!

「ありがとう。お義母さん!」

スポンサーサイト

No title

心より お悔やみ申し上げます。

短い期間に大切な人とのお別れが重なって
ぴょんさん、大丈夫ですか?

「今はゆっくりこころをほぐしてね」と言ってあげたいけれど
この時期のスペクトラムっ子の母は気が休まらないかしらね。。。

それにしても、きなくんの『怒り虫』の発言、いいね。^^
しんみりと読み進めていたのだけど、
『怒り虫~やさしい人』のところにきたら
きなくんの とても客観的かつ優しい発想♪が出てきて
それまでしんみりしてたのが、ほっこりしちゃったわ ^^

ぴょんさん、よかったね。
きなくんの不思議ちゃん的な発想のお蔭で
お義母さんと心の中で ちゃんとお別れできたんだもの。
いい息子を持ったなぁ。。。

たえさんへ

ありがとう。たえさん。
お別れ続きで、もうたくさんだけど・・・。
不思議と気持ちは落ち着いているの。
きな君のおかげかな?
なんかね・・・泣いたらすっきり。

いろいろあったけど、前向きに捉えられているかも。
不思議ちゃん・・・意外と真理に近いのかも。

ほんと、よい息子を持ったわ。

たぶんもっちの反応が正しい??っていうか、
一般的だけど、どんどん悲しくなってしまうのにくらべ、
きな君は、不思議でステキな反応でした。

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR