09
1
4
6
7
8
10
12
13
14
17
18
19
20
24
25
26
27
28
29
30
   

避難訓練・・・の適した環境って???

先日、引き取り避難訓練がありました。
毎年9月・・・関東大震災の日に行っていた避難訓練!
それが、昨年から5月とか6月とかに変更になったのです。

9月の避難訓練は・・・。
何しろ暑い!!
じめじめして、防災頭巾を被るなんて、もはや拷問!
並んでいるきな君も、待っているもっちも、ご機嫌は最悪!
自転車もNGだから、暑い中30分ちかく歩いて帰る。

門を出た瞬間、防災頭巾は脱ぐにしても、
すでに顔は真っ赤で、「暑い!疲れた!のどが渇いた!」
・・・もはや駄々っ子!
数は少ないが、学校に車を横づけする違反者などを見つけようものなら!!!
「なんであの人は車なの?なんで僕は歩きなの?」
デカイ声で叫んで駄々をこねる。
・・・ルールを守らない人がいけないのは百も承知だが、
母の立場も考えてほしい。
こんなくだらないことで、人間関係がギクシャクしたりしたらどうするのよ(汗)

毎年毎年、水筒を用意したり、
飴などを与えて気分を変えたり、
車を見つけないルートを選んだり・・・。
涙ぐましい努力が必要だった・・・避難訓練!

ところが・・・。
5月の避難訓練って・・・素敵!!
もう、素敵過ぎる(笑)
だってさ、乾いた気持ちよい風の中、
防災頭巾も並んで聞くお話も・・・爽快!!
毎年、保護者の私語を注意されていたけど、
保護者だって、ちゃんと黙って並んでられる気温!

水筒も飴も必要なし!
違反の車を見つけても、心は揺らがない!

たしか、私が子供の時も9月1日が避難訓練だった。
長い間、不快な環境の中、避難訓練は繰り返されてきたけど。

同じ避難訓練でも、さわやかな気候の下でやると、
それだけで充実した訓練になる。

やっぱり環境って大事。
スペクトラムっ子だけじゃない・・・私だって、気持ちよく訓練できたもの(笑)
ちなみにもっちは楽しかったようで、「明日も歩きたい♪」なんて言ってた。

避難訓練だけじゃなくて・・・環境を整える大切さ、
再確認しちゃいました。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR