06
3
4
12
14
16
17
18
19
20
25
26
27
28
29
30
   

ちょっと気になること。

最近のきな君は・・・
成長したのか?こちらが慣れたのか???
まあまあ穏便にくらしているのだけど・・・。

ちょっと気になることもある。

それは、自分のペースに強引に巻き込んで、
自分がやりたいようにやること。

それが一人でやることなら、
少々マイペースに見えてもなんら問題ないけど・・・。

コミニケーションの場においてだと、
ちょっと・・・いや、かなり微妙。

アスペ君は、
想像力、コミニケーション能力、社会性の障害。
社会性はずいぶん改善したし、
もはや、問題点として取り上げるほどではない。
たぶんね、社会性が一番ルール化しやすいからだと思う。

想像力も、コミニケーション能力も、
以前に比べたらずいぶん成長したけど、
こちらは、正解があってないようなものだから、
やっぱり難しいのだろうね。

毎日毎日、あの手この手でもっちを言いくるめ、
自分のペースに巻き込んで遊ぼうとするのだけど、
もっちだってもうすぐ6歳。
きな君のペースにばかり乗っていられない。
それでケンカになるのだけど・・・(汗)

今朝、もっちが熱を出して・・・。
「お母さん、一緒にゴロンして。
お隣で手をつないで!」
・・・と、言ったら。

宿題を迫られていたきな君!
勉強よりもっちとゴロンの方が楽しそうだ!
「ねえ、もっち・・・おれが一緒にゴロンしてやるよ。
ねえ、ねえ、いいでしょ。
ほらほら、はやく一緒にゴロンしよ~。」

迷惑顔で無視するもっちに、
マシンガントークで、自分のペースに持ち込もうとするきな君。

・・・・いや、ちょっと想像してみようよ。
もっちは、一緒にゴロンして手をつなぐの、
誰でも良いと思っているわけじゃないよ。

「・・・ええ??そうなの?
(いや、そーだろ!→母心の叫び)
・・・そうぞうって言われも、分からないよ。」

・・・お母さん以外に抱っことかされるのすごく嫌がるよね(汗)

では、もっちの気持ちじゃなくて、
自分の気持ちに置き換えてみよう!

きな君は現在8度5分のお熱があります。

「うん、想像してみた。
ちょっとツライ時の温度です。」

ちょっとツライから、お母さんにそばにいて欲しくないかな?

「うん、お母さんのそばで寝ていたい。」

そこへお父さんがやってきました!
お父さんはきな君の気持ちをまったく考えません。
・・・いや、お父さんでいいだろ。
お父さんがそばで抱っこしてゴロンしてあげるよ。

・・・って、しつこく言われたら、どう??

「え???イヤだ!絶対イヤだ!」

・・・おんなじこと、今もっちにしたよね!?
きな君がどうしたいか?・・・じゃなくて、
もっちがどうしたいか??
もっちだけじゃないよ。自分と一緒にいる人がどうしたいか?
想像するって難しいけど、すっごく大切なんだ。

「ふーん、よく分からない。」

・・・いやだけど、分からないわけね。

相手の気持ちを想像するって、
それだでも難しいのに、教えるのはさらに難しいわ。

でも、少しずつ、
穏やかにゆっくりと、伝えていこうと思います。
スポンサーサイト

No title

相手の気持ちを考えるって、長~く生きてきた私たちにも難しいことですよね。
人は多分いつだって自分が真ん中にいるんですよ。その場所を自らだれかに空け渡してその人の気持ちになるなんて、かなりの人間修養が必要です。
極端ですが、なぜ人の気持ちを考えないといけないの?と言う青い人もいますから。言い続けながら自他共にゆっくりと変容を待つってことでしょうね。

No title

『自分に都合のいいように事を強引に進めようとする』する~。
それも かな~り強引に、やってるやってる~(笑)
読み進めて、最後のほうで思わず吹き出しちゃった。
これって、ゾロと私の間でも頻繁に繰り広げられてるわ~(大笑)

「自分も嫌なことは他の人にとっても嫌なことなんだよ」と
これまでゾロには一億回以上は言ったと思うんだけど、
「なるほどね。」って頷いた後に首かしげて考え込まれたりして
母はガックリと来るわけです。

で、先日受けたSSTで、作業療法士さんがゾロに教えていたのが
「1.目つきがきつくなって怒った顔をする。or泣きそうな顔になる
 2.「嫌だ」or「やめてよ」を2回以上繰り返す。
 3.口調が険悪になる
 4.相手が自分から顔をそむける。
 このどれかを相手がやったら、
 すぐに自分のやっていることをやめる!これがルールだ!
 なぜなら、それは、相手がとても嫌がっているからだ!」

・・・・。
なるほど。感情に訴えるのではなく、視覚に訴えるわけだね。
と、妙に納得してしまったわ。
問題は、ゾロがそのルールを頭に叩き込んでくれるかどうか。。。なんだけど。

hajiさんへ

コメントありがとう。
ご親切で教えていただいたのだけど、
ごめんなさい。お金持ちになることに興味はありません。
お金は必要だけど、それは労働に対する正当な報酬でありたいと思っています。
私のブログを媒介して、お金持ちプランが実行されることにも少し抵抗がありますので、今回のコメントは削除させていただきますね。

Nさんへ

そうですね。
相手の気持ちを考えるって、本当に難しいですよね。
実は、私たちは自分のために相手の気持ちを想像するのかもしれません。トラブルを避けようとか、関係の悪化を防ごうとか・・・。
そうやって、穏便な生活をしているわけですが、スペクトラムっ子にとっては、本当に難しいようで・・・。
だからトラブルや関係の悪化を招いてしまうのでしょうね。
無駄な軋轢を産まない程度でよいので、相手に合わせる術を見つけて欲しいですね。

その前に、私もきな君の気持ちを考えなくてはなりませんね。

たえさんへ

やっぱり・・・ゾロ君はきな君の兄弟のようだね。
たぶん私も1億回は言ってると思う^^;

視覚に訴える・・・・って、斬新な考えだね!子供によってはうまく行くかも。ゾロ君の獲得過程をぜひ知りたいわ。
でも、きな君は相手の顔をちゃんと見て話すことが苦手。視線を床や自分の手とかに落としてしゃべるんだよね。
細かい表情を観察しながらできるかしら?
でも、言葉での説得以外のアプローチが必要なのかも。できるだけ視覚に訴えるような・・・。

なんせ、1億回いっても効果がないのだから^^;
言っても効果はゼロかマイナスだよね(汗)

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR