10
4
5
9
10
11
12
14
15
17
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

NGワード・・・花火!

前にも記事に書いたことがあったけど、
ご近所のクレーマーさん。

行動に波があって、
きな君はとても怖いみたい。

そりゃそーだ。
ただでさえ、イレギュラーなことが苦手なのに、
人格そのものがコロコロ変わるのだから。

先日、私が声をかけられたときは、
「ボールが落ちていたのだけど、ぴょんさんのお宅のものではありませんか?」
って、親切な呼びかけだった。
我が家はボール遊びを禁止しているので、
(これまたご近所さんが嫌がって、ボール遊びで警察沙汰になったことがある)
我が家のものではないですよ・・・って、ご近所らしい会話をした。

ところが・・・。
夏休み最終日・・・7時半頃に家の前で花火をしていたら、

突然同じ方が、懐中電灯で我が家を照射し、
「フン、うるさい!フン、死ね!」などといい始めた。

すけさんが、
「なんか文句あるのか?」って言い返したら、
ベランダからおうちの中へ引っ込んでしまったけど、
きなくんのおびえ方が尋常じゃないので、花火は中止になった。

すけさんは、「自宅で子供と花火も出来ないのかよ~!」ってご立腹!
ボールもダメ、花火もダメ、立ち話もダメ!・・・
そりゃ、文句のひとつも言いたくなるし、

すけさんの「お前のわめき声が一番迷惑!」って言葉にも一理ある。
でも、きな君は怖いみたいだし、中止は妥当じゃないかしら?

ことのほかリアルに残るスペクトラムっ子にとっては、
そういう言葉の一つ一つがとても怖いと思う。

クレーマーさんの言いなりになっているのではなく、
きな君が安らげるほうをチョイスしたと思いたい。

ご近所の犬がほえても、ベランダから、
「フン、ばばあ、フン死ね!」とか叫んでいるし、
まあ、いつものことといえば、いつものことだし、
ベランダから文句を叫んでいるときは、「フン」という、
音声チックのようなものが認められる状態なので、
精神的にちょっと不安定なのかもしれないし、
きな君が、敏感になりすぎているのかも知れないけどね。

きな君に聞いてみると、
最近、米軍の輸送機が夜に飛んだりすると、
やはり懐中電灯で照射しながら、
「フン死ね!フン、うるせー!」とか叫んでいて、
そのお宅側の窓際にベッドがあるきな君は、
まぶしいし、うるさいし、いつも目が覚めて、
気持ちがざわざわしていたみたい。

そっか~・・・母は気付かなかったよ。
→自分だけ爆睡^^;
早く言ってくれてよかったのに。

とりあえず、きな君のベッドの横の窓はシャッターを閉めておくことにした。

昨日は、のどかなもっちが、
「花火楽しかったね~!」などと言うと、
「花火って言わないで、気持ちがイライラする。」・・・って、
きな君にとって、花火はNGワードになってしまって・・・。
夏の思い出が、思い出したくない思い出に!

スペクトラムっ子にとって、
嫌な思い出と楽しい思い出を切り分けて考えるのは難しいみたい。
どちらかに傾いて残る。
ちょっと嫌なことがあったけど、まあまあ楽しかった!・・・なんて、
そうは問屋がおろさない。
きな君のそういう特性をあらためて感じた。

我が家では当分の間・・・「花火」は禁句となりそうです。



スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR