06
3
4
12
14
16
17
18
19
20
25
26
27
28
29
30
   

面談・・・きな君!

今日はきな君の担任と個人面談でした。

去年も同じ担任だったので、2年分の成長を一緒に振り返れて・・・。

授業中にふてくされていることや、
切り替えタイムが必要なこと・・・激減したそうです。
もちろん、まったくなくなった訳ではないけど^^;

機嫌が悪くても、先生の一言でちゃんと自分を振り返られる・・・みたい。

たとえば、ふてくされてうずくまっているきな君に、
「そろそろ起きないとまずいよ!」って、移動教室を促したお友達に、
「うるせーな!」・・・と、置かれた手を振り払ったきな君。
先生は・・・「きな君、このままじゃ君は今日一日大変だよ。
お友達が善意で言ったことをそんな風に切り替えしているようじゃ、一日持たないよ。」
・・・って、たしなめたら、「それはそうだ。」って、反発もせず受け入れたり、

お友達としゃべっているうちに、エスカレートして・・・言葉が荒くなったときに、
「きな君・・・このままじゃどうなるか先生は予言で来ちゃうよ。」・・・って、言葉を挟むと、
自分で「そうだ、ケンカになる!」って・・・体ごと一歩ひくようになったり、
→体ごとって言うのが、きな君らしいよね^^

ちょっとしたフォローで、切り替われるようになった・・・と。

さらに、昨日ほかのクラスの子ともめたとき、
クラスメートが、「きな君は悪くない!最初は我慢してた。」って、かばってもらえたり・・・。
→最初はってことは、最後は手を出したのかもしれないけど・・・あえて突っ込まなかったわ^^;

ほんとうに成長した・・・と、いうのが、担任と母の共通の感想。

ただし・・・家庭科や理科の実技では、不器用さやがさつさが目立ち、
うまく出来ないことも多い様子。
・・・まあ、それでも本人は実技が好きだから、前向きにやっているみたいだけど。

学習は書字以外は問題なし。
先生が言うには、まあまあ出来る方らしいけど・・・。
家でまったく勉強しない子なので、どれくらい出来ているのかよく分からないのよね。
若干・・・先生のリップサービスが入っているような・・・。
ただし、意欲に波があるので・・・そこは課題だし、
書字が必要のない科目はないので・・・そこも課題!
→最終的に課題ばかり(汗)

それに、忘れ物が目立つことや、人との間合いというか距離感というか・・・近すぎてしまうことなど、中学に向けての課題もあって・・・中学へは申し送りはしなくてはならないだろう・・・とのこと。

まあでも、思っていたより・・・中学に向けては前向きなのよね!?
とりあえず、担任と母で、申し送り事項を考えておくという宿題が出た。

最後に・・・嬉しい情報がひとつ。
生徒に書かせたアンケート・・・・。
相談できる人って項目に、きな君は「お母さん」と書いたみたい!

お母さんも、相談しやすいお母さんを維持できるよう・・・がんばらねば!



スポンサーサイト

お疲れ様でした

ご無沙汰しています
Samantha です。

伝わる言葉をかけられる、先生素敵ですね。
言葉のかけ方、関わり方次第で、良くも悪くもなりますよね。
私も思いながら言葉を選びますが、日々考察し、実践です。


No title

相手を信じているから言葉が伝わるのでしょうね。
今日、中学生の女子から思い切り反発されました。
「今のままじゃヤバイよ」の親心から発したものでしたが
受け入れるどころか、その場から出て行きました。
自己嫌悪です。

No title

きな君の行動パターンを熟知されている担任ですね。
確かな信頼関係を感じます。

他に感じたのは、自分で気づくこと。
先生がヒントを出しただけで、自己抑制が利くなんて素晴らしいと思います。
今までの失敗を通じて、自分の短所をきちんとわきまえているところが立派です。
ウチはまだまだ自分自身を理解出来ていませんが、いつかきな君のようになれたらいいな。

samanthaさんへ

お久しぶりです。

本当に先生には学ばされます。
ひとつひとつの言葉もステキですが、
そこに愛情がありますね。

言葉にしちゃうと陳腐に感じますが、
想いが強い方ですね。

samanhtaさんは、いつも高みを目指していて、
やっぱり想いの強い先生なんだろうな~・・・って、思います。


Nさんへ

出て行っちゃいましたか・・・。

おそらく本人も分かっているのでしょうね。
「今のままじゃヤバイ!」って・・・。
でも、腰が重くて焦りとかジレンマがあるのかもしれませんね。

そこに、本当のことを言ってくれる人が現れたけど、難しい年頃ですからね。反発しちゃいましたね。

でも、反発できるって、Nさんを信頼している証拠だと思います。

壁が高すぎて、途方にくれているときは・・・出来ることから。
私の場合ですが、本人が出来そうなことを提案して・・・自信がつけばエンジンもかかります。エンジンがかかってきたらちょっとずつハードルアップです。

とんきちさんへ

きな君もやっと・・・やっと!!
自分が見え始めたところですよ^^

そこは6年生になって、成長したところですね。
欲をいえば、中学に入る頃には、先生の助言がなくても自分で気付けると安心なのですが・・・。

よくばりすぎですね^^;

きな君は失敗からたくさん学んで、時間をかけてここまで来たので、トモ君もまだまだこれからですよ~。

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR