10
4
5
9
10
11
12
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

活動しつつ、自分が学ぶ。

コミニテイで配布している「あすぽーと通信」
私なんかが発信したものが、皆さんの役に立つかどうか??
そんな迷いもあるけど、毎月試行錯誤しながら発行している。

今月も、締め切り間際に頭を抱えつつなんとか書き上げた。

エピソードのひとつとして、
入学したきな君の登校しぶりをなんとかしようと、
毎朝、一緒に散歩したり公園で体を動かしたりして、
登校モードに切り替えたことを紹介。

・・・ふと、きな君はあの頃のことを覚えているのだろうか??
と、おもい・・・聞いてみた。

「きな君、小学校入学したとき学校が嫌いだったの覚えている?」

「覚えているよ。
今も学校はあんまり好きじゃない。
友達に会えるのは嬉しいけど、キライなやつにも会っちゃうから。」

「そっかあ~。
じゃあさ、お母さんと朝早くおきて、散歩したり公園へ行ったの覚えている?」

「覚えているよ。
鉄棒したりしたよね。逆上がりの練習とかさ。
思い出すと懐かしいね。
あのころ使っていた鉄棒、小さくなって、もう使えないんだよ。」

・・・ちゃんと覚えているものなんだね。
それにしても、いまだ学校があんまり好きじゃないって、
ちょっと、予想外の衝撃!!
・・・まあ、キライじゃないだけ良いか~^^;
ここはポジテイブに行こう!

スペクトラムっ子にとって、学校は楽しいことだけにはならないのかも。
きな君もこの6年間で、ずいぶん楽しいことも増えたけど、
切り替えにくいことや、負担に感じること、理解に苦しむことと向き合う場所なんだね。

きな君の成長で、母は学校でのそういうものが見えにくくなってきている。
それどころか、もっとがんばってよ、分かってよ、って・・・
負担をかける側になりがち。

たまには子供と話し合うことって大事。
見えていないものが見えてきたりする。

あすぽーとの活動をしつつ、
まだまだ、きな君を育てるかぎり・・・
私自身、学ぶことだらけです^^







スポンサーサイト

No title

きな君の発言は前向きだね^^
うちのゾロは『学校』ってどんなとこ?って質問に
「98%嫌なこと」と書き切ったらしいよ(×_×)
98%は嫌なことばかり
でも、2%の楽しいことを捨てたくない一心で学校に行く。。。
その話をスクールカウンセラーさんから聞かされた時
カウンセラーさんとふたりで切なくなっちゃった。
(あ、そうそう。ゾロ、今スクールカウンセリングを月2で受けてるんだよ)
せめて『20%くらいは楽しいことがあるじゃん』と自覚できるといいんだけど。
きな君の『あまり好きじゃない』とゾロの『嫌いだけど好きなとこもほんの少しだけはある』には とても大きな隔たりがあるなと思った。
こっちは今、ゾロ達にとって地獄の音楽会シーズンなんだよね。だからなお更『イヤイヤ度』が跳ね上がってるのではないかもしれない。
だから、これが終れば精神的・肉体的苦痛が減って、楽しいことが20%に拡大してくれるんじゃないかと、母は前向きに捉えてるんですけどね(笑)

いやいや・・・2%しか好きなことがないのに、ゾロ君のほうがすごいよ~。
それに・・・きな君は今日は登校しぶりがひどくて欠席。
2%じゃきな君は学校へ行けないとおもうよ。

それにしても、音楽会はダメな子はダメだよね。
きな君は大丈夫に成ってきたけど、音楽はあんまり好きじゃないみたい。
音楽というよりは、先生が担任じゃないし・・専門性の高い先生はこだわりが強くて苦手みたい。
・・・って、自分もこだわり強いのにね^^;

はやく、苦痛シーズンが終わってゾロ君が楽しく学校へ行けるようになるといいね。
きな君も明日は行ってくれるかな~。

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR