08
1
3
6
7
9
10
11
13
14
15
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

さようなら・・・まめたん。

昨夜、ペットの陸亀のまめたんが死んだ。

いや、昨夜かどうかも分からない。
なんせ、餌を食べないのは冬眠に入ったものだと思い込み、
昨夜、異様なにおいで発覚した。

ごめんね、まめたん。
気付いてあげられなくて。

亀は衛生上の問題から、死んだら火葬しなくてはならない。
生ゴミとして捨てるか、火葬場へ持ち込むか・・・。

今朝、すけさんが生ゴミとして処分しようとして・・・。
・・・おいおい(汗)
もちろん止めたけど。

「だって、お金がかかるから・・・。」・・・って、
そりゃ、無駄遣いはだめよ!
でもさ、そこは遣おうよ!!

あなた、普段無駄遣い大王なのに、
そこ節約する???
遣う場所・・・間違えている!

「おれのお年玉使っていいから!!」
・・・きな君の方がよほどモラルがある。

放課後・・・子供たちと3人で、火葬場へ。
お供えはまめたんの大好きな青梗菜とお花。
そして、まめたんへの手紙。
子供たちのお別れはなかなか終わらなかった。
特にきな君は、腐敗が進んで悪臭がしているまめたんの
甲羅をなでながら別れを惜しんでいた。

涙ぐむふたりの肩を抱いて、
「まめたんを忘れない。」・・・って、誓い合った。

「また、亀を飼いたい!!」・・・って、せがまれたけど、
すでに2頭の飼育に失敗!
やっぱり外来種は日本で飼うの難しいのでは?

とりあえず、初代まめたんのお墓まいりをして、
3代目の亀の購入は保留にした。

ペットって・・・。
なくなったらホント切なくて悲しいけど、
子供の教育的な観点から言えば、学ぶことも多い。

まめたん・・・今まで、そして最期までありがとう。

12月7日はあすぽーとのイベントです。
詳しくは「うすいまさとライブ&トーク」の記事をご覧ください。

スポンサーサイト

No title

まめたんにきちんとお別れができてよかったですね。
まめたんは、きな君ともっちの心に「生の尊さ」という贈り物を残してくれたのでしょうね。

Nさんへ

本当に・・・。
「死」というものは、口だけで教えることはできない。
身をもって示してくれたまめたん。
まめたんが教えてくれたものは、息子たちの心に刻まれたと思います。

そして、ちゃんと見送れてよかったです。


Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR