06
3
4
12
14
16
17
18
19
20
25
29
30
   

スペクトラムっ子の理論!

以前にもチラリと触れましたが、
ある大学院生の研究に、あすぽーとで協力することになり・・・。
条件にあうスペクトラムっ子4人が選ばれ、昨日テストが行われました。

ADHDの子どもは楽しくて興奮状態にあるときには、指示がより入りにくい。
・・・・という、仮説を立て、それを実証するためにテストを行ったわけです。

控え室にスペクトラムっ子が4人・・・。
実は、ちょっと不安だったのです。
1人でも破壊力満点なADHD男子が、4人も集まるなんて!!

でも、不思議なことに・・・。
彼らは彼らのルールに共通点があって、
なんだか、落ち着いていました。

拍子抜け!!
でも、まあ・・・みんな靴を脱ぎ、
椅子に座ってられず、机に乗ったりしてたけど・・・笑

テストは・・・どんなことをやったのか??
実はよく分からないのです。
子どもだけで受けたので。
・・・・でも、楽しくて興奮状態に持ち込まなくてはならないので、
楽しかったようです^^v

楽しかったことは間違いがないだろうけど、
たぶん疲れたんだろうね。
最後はもっちときな君は大ケンカで・・・汗。
院生さんがびっくりするほどの、大泣き!!!

実はほかの兄弟もカマキリをめぐってケンカになり・・・。
疲れたんだろうね。

お兄ちゃんが捕まえた2匹のカマキリ!
妹は1匹貸して!!とせまったところ、
兄はなんと!!「お前の持っているカードと交換ならいいよ!」って、
ちょっとありえない交換条件をだした。
大切なカードと拾ったカマキリ!
ちょっと・・・ねえ。

当然、妹はその条件に納得できない。

大人は、拾ったカマキリ2匹いるんだから、
1匹あげればいいじゃないって思うけど。

そうは問屋がおろさないのだろうね。
カードがないなら、1匹は草むらに逃がし、
自分の分だけを持ち帰ろうとした・・・。

大人はさらに思うだろうね。
なんて意地悪な!!捨てるくらいならあげればいいのに。

でもね・・・。
帰ってきな君にこの話をしたら・・・。

「あたりまえじゃん!
カードをくれないんだから、カマキリはあげられないよ。」

・・・・でもさ、捨てるくらいならあげればいいじゃん

「だから、1匹にしたんだよ。
2匹だとあげなきゃいけないから、1匹すてて1匹にしたんじゃん。
交換じゃないとあげたくないの。ぜんぜん理論が通っているけど??
おれなら、カマキリをゲットするのにカードと交換するよ。」

そうなんだ・・・君たちにとっては普通のことなんだね。

母もまだまだだな~。ちょっと理解に苦しんだもの。
でもね、カマキリを逃がしたスペクトラムっ子の行動だけでは、
理解できなくても・・・・きな君の説明を聞いたら・・・。
なんかすとんと落ちて、納得できちゃたわ^^;

たとえ拾い物でもただじゃやれない。
欲しいならちゃんと対価を払え・・・byスペクトラムっ子!

ちなみに納得ができないすけさん・・・。
「じゃあ俺が拾った石でもカードと交換するのか?」
・・・いや、カマキリだから価値があるんだけど。

うん、ちゃんと理屈が通っているもんだわ^^v
スポンサーサイト

No title

きな君の説明で私も理解できました。
これって私の成長の証?

Nさんへ

Nさん素晴しいです^^v
きな君の説明で理解できるなんて・・・。
スペクトラムっ子スペシャリストになりつつありますね・・・笑

No title

ありがとう、きな君。
おばちゃんも納得です(^_^;)

あのあと、バトルは車の中でも続きましたよ~
兄ちゃんは文句言いながら妹に貸したものの、「お前のせいでカマキリが弱った!」と文句を言い続けていましたが。

でも、研究も待っていた時間も楽しかったようで、「またみんなで遊びたい!みんなの連絡先知ってる?」と言ってました。
また遊んでね~

Yさんへ

うん不思議と仲良かったね。
だけど、名前は1人も覚えていなくて・・・話してくれるときは服の色でお友達を識別していました^^;

カマキリはね・・・Yさんに断りなくアップしてごめんね。
でも、きな君の理屈を聞いたら・・・Yさんも納得するんじゃないかと・・・笑。

まあ・・・うちもかなりバトルは続いたよ。
なんだかんだ、テンションを上げて、疲れたのかもね。

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR