06
3
4
12
14
16
17
18
19
20
25
29
30
   

人との距離感!

保険証!!・・・ありました!
なんと、いつも入れている引き出しの中にありました 汗。
あんなに探したのに!
きっと、私の視野も狭くなっていたのでしょうね。

このところ、
学校からのお電話が続いたり、
きな君が体調を崩したり、
イベントの事業報告書の作成に手間取ったり、
イベントを通して、取材もそうだけど、
記事を読んだ方からのご連絡やら、
そんな中、親戚が亡くなったり・・・。
普段の生活 プラス 突発的な出来事が多くて、
ライブの記事もまとまらなくて・・・
思考が停止しかかっているときに、
学校からヘビーなお電話が!

きな君と同じ学校へ通う、スペクトラムっ子の習い事の先生が、
学校へ抗議に来た・・・という、ご連絡。
現実逃避を通り超えて幽体離脱しそうでした。
「きな君という子にいじめられているそうだが、学校はどう対応するんだ!」
・・・という、抗議内容だったそうです。

それに付け加えて、
このところ切り替えが悪くて、
移動教室のときにカーテンの後ろから出て来れないことをとがめられ、
大喧嘩になった・・・というお話が。

切り替えが悪いのはもう仕方がないし、スルーして。

きな君に対する抗議ねえ~。
まあね、そんなこともあるだろう。
誤解を招き易い子だから。
しかしご家庭をとおり超えて、他人が学校へ乗り込んでくるとは驚いた。

私はきな君が誤解され易い子だと良く知っているし、
逆の立場なら同じことをしたかもしれないし、争うつもりはまったくない・・・。
また、スペクトラムっ子が自分の主観だけでお話してしまうのは、
きな君の親だから重々承知しているし、慣れていない方が鵜呑みにしてしまうのも理解できる・・・って、
お伝えしたけど・・・ほかに何を言えばいいのかも分からない状況で 汗。

「学校への対応や相手方へのご理解有り難うございます。
次は必ず私が対応して、お互い様だってことをお伝えします。」
・・・って、担任は言ってくれたけど、それはもちろん有難いけど、
中学へ行っても同じように対応してもらえるのかな??

むしろ、今の現状より環境が変わるこれからのほうが・・・心配!

担任もこの際、きな君にも出来事をお話しして、
これ以上、トラブルにならないように距離を持つことを提案した・・・らしいけど。
人との距離を適正に持つことが難しい障害なわけで、
それはちょっとハードルが高いと思われるんだよね。
この距離感を保つのが難しい・・・って、担任なら理解しているはずだけど、
おそらく、担任や母である私の想像をはるかに超えて難しいのだと思う。

もっちの様に・・・。
「ぼくのサンタさんへのお願いは、
早く一年生になってランドセル背負って学校へ行きたい♪ってコト。」
・・・なんて、楽しげな様相はまったくない。
役所から届いた「就学証明書」をみたきな君の反応は、
「返しといて」・・・だったから。
冗談にも取れるけど、たぶん本気で言ってる。

現在、早退したり、お迎えしたりが続いて、
この週末も嘔吐下痢で苦しんだきな君。
→いや、きな君がそんなだと、母もツライけどね。
冬休み、親子でちょっとエネルギーを蓄えないと・・・。
3学期はもっと厳しいかもね~。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR