06
3
4
12
14
16
17
18
19
20
25
26
27
28
29
30
   

中学説明会!

今日・・・中学校の説明会があったの。
ウソか本当か・・・
こればっかりは、入学してみないと分からないけど、

指導の重点のひとつとして・・・。
「通常級で生活する軽度発達障害生徒の理解と対応を進めます。」
って項目があって、ちょっとほっとした・・・反面、
軽度発達障害ってくくり・・・あんまり好きじゃない。
発達障害もスペクトラムであって、
軽度とか重度とか・・・明確な境界線がないものね。
普通級に在籍しているから軽度・・・って考えちゃうと、
目に見えない困り感が理解できなくなってしまうような気がしちゃうのよね。

昨日のコミニテイの雑談で、みなさんのお話を聞いていて、
確かに共通点というか、共感できることはたくさんある。
「夜寝ない子どもだった。」
「目を離すとどこへ行くか分からなくて。」
「同じ公園へ行けなくて、毎日違う公園へ行っていた。」
「公園でエネルギーを抜かないと。」
・・・みんな、「うん、うん」ってうなづいたり、苦笑したり、
ほーんと、共感して・・・楽しそうだけど、
だけど、実際の子どもはひと括りにはできないよね。
お母さんの気持ちは共感できても、子どもはそれぞれ違う。

手帳がある子もいれば、取得できなかった子もいるし、
ADHDって言われた子も、広汎性の子もいるし、アスペルガーの子もいる。
LDを伴う子もいるし、同じLDでも苦手な部分は違う。
過敏な感覚や、独特な思考も、個人よってまったく違う。

だから、通常級で生活する軽度発達障害・・・って括らず、
個人の特性を大切にしてほしいな。

あすぽーとも発足当時は、子どもの共通点を探して行錯誤したけど、
子どもの特性は多岐に渡りすぎて難しかった・・・というか無理だった。
お母さんの気持ち・・・って、共通点を見つけてからは、
なんかすとんと落ち着いたのよね。

まあ、指導の重点の一文だけでは、
きな君進学予定の中学の考えは分からないけどね~。
期待と不安が入り乱れる今日このごろ。

入学してみないと、わからないね。

・・・とりあえず、給食は見せていただいた結果、
きな君にはハードルが高そうなので、お弁当を選択しようと思います。
こういうのは、すぐに決まるから・・・ある意味簡単でいいのだけどね 笑。





スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR