09
1
4
6
7
8
10
12
13
14
17
18
19
20
24
25
26
27
28
29
30
   

1月度・・・はーとコミニテイ♪・・・2

コミニテイでいつも不思議に思うこと。

お子様の年齢はもちろん、ママの年齢も違うし、
お子さんの在籍するクラスもまちまち。
発達障害と言っても、
自閉症スペクトラムの子もいれば、
ご病気で障害を持っているお子様もいる。
幼稚園の子もいるし、小学校の学年もまちまち。

それこそ、初めて会うママもいるし、
お顔を見たことはあるけど、初めてお話しするママにいる。

おしゃべりすると、まるで旧知の友 笑。

初めて来てくれたママが言ってた。
「子どもを預けて、ちょっと自分もクールダウンしたくて。
・・・・でも、いいのかな?って気持ちもある。」

なんかさ、子どもの障害に関わらず、
こういう後ろめたさって、無用の長物だと思わない?
ママ達だってリフレッシュしたいし、
ゆっくり流れる時間を感じてもいいじゃない。

「他人に任せられることは任せていいと思うよ。
抜いてもいい手も抜いていいじゃない。
ぜーんぶ、ママが背負うことなんてないと思っている」
って、お話ししたら・・・・。
アンケートに「ちょっと気が楽になった。」って、ありました。

いや、これもお話ししたのだけど、
きな君ともっち・・・。
大変さのレベルというか、次元というか・・・まったく違う。
スペクトラムっ子を育てるって、本当にパワーがいること。
ぜーんぶをママが1人で背負うなんて・・・無理!
無理じゃなくても、負担が重過ぎる。
それに・・・ママって子どもを大切に思うあまり、
うまく行かないこともある。
だから、専門家に任せられることは任せていいし、
預かってもらえる場所があれば、預けてもいい。
ママの気持ちが軽くなれば、子どもとちゃんと向き合えるし、
かえってプラスになることが多い・・・と思う。

なんでも、ほどほどがいい。
ほどほど母さんのほうが、子どもにとっても楽なんだよね。

こんど会うことが出来たら、
預けてみてどうだったか聞いてみたいな。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR