06
3
4
12
14
16
17
18
19
20
25
30
   

音楽発表会♪

今日はもっちの音楽発表会だった。
毎年この時期に行われる園行事のひとつ。

毎月専門の先生による音楽指導があるので、
1年間の練習の成果を披露する場所だ。
先生方の電子ピアノやリズムも入るけど、
園児にしてはなかなか完成度が高い。

まっ、ぴょんはこの手のトレーニングにあまり興味がない。
幼稚園や学校は、集団でしか学べないことに重きを置くべきであって、
勉強とか音楽とかアートとか、個人的に上達するより、
集団のなかで学ぶコミニケーションが何より大事だと思っている。
それは自閉症の子どもでも同じ。
同じようにコミニケーションを取る必要はまったくないけど、
集団の中に入るからこそ見える課題や、支援が見えてくるのだと思う。

音楽発表会・・・もっちなんて、
年少のときは途中で寝てた 笑。
年中のときは自宅で復習をするよう言われて驚いた。
「私は下手でも気にならないので。」ってお断りしたら、先生も驚いていた 笑。
こちら参照→幼稚園面談!

また、だれがどの楽器をやる・・・とか、
お母さんたちも心穏やかではいられなくなるようだし、
厳しい練習に登園をしぶる子どももいる。
がんばりすぎた先生たちは、本番が終わると号泣!

まだ園児なのに、そんなに頑張ってどうする!?
子どもによって興味の持ちようも違うし、やる気や自信のつく時期もさまざま。
学校へ行ったら、イヤでも同じ方向を見なくてはならない時間があるのだ。
幼稚園のときくらい、自分のペースでいいのにって思ってしまう。

きな君を育てていると、
どうしても出来ないと困ること以外は、どうでも良いことに見えてしまう。
そもそも母自身が、苦手なことは棚上げだし 笑。

毎年ダメだしをされていたもっち・・・。
→本人はだめ出しに気が付かず、
「ぼくメロデイオン得意!」って自信満々だったけど 笑。

今年は音楽の時間をとても楽しみにするようになって、
メロデイオンがめきめき上達し、
課題曲「top of the world」をあっという間に暗譜し、
本番ではマリンバを演奏させてもらった。
母としては、毎年メロデイオンでダメだしされているのに、
本当にマリンバなんて出来るのか?
かえって心配だったけど、テンポ良く演奏していて驚いた。

おぉ~・・・自らやる気になると、上達もスゴイんだな~。
当たり前のことだけど、子どもの姿見て再確認。
この1ヶ月、プチ先生になって、「はい、やり直し!」って
母に熱血指導するのには閉口したけど 汗。

代表で「おわりの言葉」まで言わせてもらって、
もっちの成長ももちろん感じたけど、
この長く退屈な音楽会で、ゲームやマンガも禁止の中、
耐えたきな君もすごいと思った。
さらに、終了後・・・。
ファミレスでご飯を食べたのだけど、
ハンバーグ&ライス大盛り&パンケーキという・・・。
ココアも5杯くらい飲んでいたし、どこまで胃袋が成長するのか??
こちらはお財布が不安に・・・汗。

もっち、きな君・・・今日はほんとうにお疲れ様でした。









スポンサーサイト

No title

もっち、きなくん、お疲れ様でした☆
心にも、胃袋にも、いっぱい成長が見られましたね~♪

もっちの成長は、「主役は誰なの?」って思えちゃう先生や他のお母さんたちの様子に流されずに、もっちの成長を応援していたぴょんさんに支えられていると思ったよ。

もっちは、プチ先生だったんだね。
かわいいね~!!


きらきらさんへ

きらきらさんありがとう。

そうなの、もっちはプチ先生で、なかなか厳しくて 笑。
わたしは・・・ぜんぜんもっち先生の言うとおり暗譜できなくてさ。

去年まで何もできなかったもっちが、得意げに教えてくれるとほんと嬉しくて・・・こういう自然な成長を待ちたいよね。

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR