10
4
5
9
10
11
12
14
15
17
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ご協力ありがとう。

以前コミニテイにゲストとして来て下さった院生さん。
彼の研究にあすぽーとが・・・っていうか、協力したのは主に子どもたちだけど、
ADHDで小学校高学年という、条件を満たす親子で調査に協力したことがある。

イベント前でちゃんとアップしていなかったけど、
発達障害の研究に協力できるならと、みなさん快く引き受けてくれた。

本当は協力者みなさんで、調査報告を聞きたかったけど、
私と院生さんの予定すらなかなか合わず、
本日、私が代表して伺ってきました。

協力してくださった皆様には、後日私の方からご報告させていただきます。

院生さんの研究は後輩に引き継がれていくみたいだけど、
就職先でも、子供たちと深く関わるお仕事をするようで、また何かの形であすぽーとと関わることが出来るかもしれない・・・・と、おっしゃってました。

あすぽーとの目指す、共感の輪が広がって行くようで嬉しいですね。

この院生さん・・・・とってもしっかりしている反面、
印鑑の持参という連絡事項をうっかり忘れていたり、書類の送り先を書いてくれたのだけど・・・なかなか個性的な字だったりと、ちょっとスペクトラムかしら ^^; なんて思っちゃいました。

ADHDの子はエネルギッシュで、エネルギーの矛先を提示してあげればとーっても伸びる子どもたちなんですって。何にエネルギーを使うかは本人に決めさせたほうがいいけど、エネルギーは消費したほうがトラブルは少なくなるそうです。
また、小学校の4年生までが一番大変なので、中学校進学はそれほど心配しなくても大丈夫・・・って、励まされちゃいました。たしかに、小学校4年までのきな君は、学校がイヤだと訴えることにエネルギーを費やしていたような。ADHDのありあまるエネルギーを「学校がイヤだ!と、ゴネること」に費やしていたのだから、そりゃ大変なことになるわけだ。母はそんなきな君を受け止めることに、少ないエネルギーを吸い取られちゃったのだから、お先真っ暗な気分になったのは、いたし方ない・・・よね?!

昨日まで、「小中連携支援シート」にエネルギーを使い果たしたので、今日説明された専門的なことは後日まとめてアップします。

とりあえず、研究への協力は完結したという・・・ご報告でした。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

No title

こんにちわ。
きなくんもいよいよ卒業ですね、おめでとう!^▽^
そっか、4年生までが一番大変なんだ?
信じたいような、信じきれないようなその『お言葉』を支えに生きてみるよ(笑)

たえさんへ

先生に恵まれたのもあるけど、
4年までの大変さは影を潜めて、ちょっと成長した大変さが顔出した実感はあるよ~。

明後日卒業式!
きな君が中学生なんて・・・私も信じきれないようなお話です^^;

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR