10
4
5
9
10
11
12
14
15
17
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

きな君・・・水に流す。

さきほど・・・。
ご立腹でご帰還したきな君!

「もう!ものすごくイヤな事があったよ!!」
・・・やっぱり、そんな日は来るよね!?
うん、来るに決まってる。

それで・・・?

「先ずはちょっと見て欲しいものがある!」
リュックの中をごそごそ!
「どうしたの?字が汚くてバツにでもなった?」
リュックの中がごちゃごちゃで中々見つからない!
「字が汚いなんて、そんなのいつものことじゃん!怒らないよ!」
・・・いや、いつものことじゃ困るんだけどね 汗。

「あった!!これ!この今日の予定表!」

「これ、本入部17:45までって書いてあるでしょ。
なのに、本当はまだ仮入部で17:00までだったらしいの。
それで、17:00を過ぎても部室にいたから、美術の先生にすっごい怒られた。」

・・・よかった!!同級生とのコミニケーション上のトラブルじゃなかった^^v

「予定表のことを言った?」

「でも!・・・って言ったら、言い訳するなってさらに怒られた。」

「それはイヤだね!だってお母さんも昨日懇談会で明日から本入部で17:45までって聞いたよ。」

「美術の先生なんて大嫌いだからね。絶対すごいなんて思わないもんね!」→子ども発言!

「・・・いや、美術の先生だって、こんな予定表があるなんて知らなかったんじゃないの?それに、中学の美術の教師はちゃんと専門的に学んでいるから、スゴイ技もたくさん持っているよ。」

「たしかに・・・鉛筆の手削りはすごかった。」
・・・手削りかい!!もっとほかにスゴイことあると思うけど。

「それに、お母さんは何度も美術の先生のお話を聞いているけど、悪い先生じゃなかったよ。でも、ちょっと一方的かな!?あと声が大きい。そう!!声が大きいから余計怒られたように感じるよね!?それにSちゃんのアレルギーのこととかも親身になってくれたみたいでSちゃんのお母さんも喜んでいたよ。」

「確かに一方的で声が大きい。」

「でしょ!!お母さんの経験から言うと、ああいう先生は、もうきな君を怒ったことなど忘れているよ。週明けにはけろりと話しかけてくるよ。」

「本当?もう怒られない?・・・なーんだ、じゃあこの件は水に流すよ。」

実はこの予定表を作った担任も、「早く帰りなさい。」というだけで予定表のミスについては言及してくれなかったらしい。ここは大人として、「すみません。私のミスです。ごめんね、みんな!」って、言ってくだされば全てがまるく収まったのに・・・ね!?

「全てはこの予定表がいけないんだ!これが正しければこんなことは起こらなかったのに。」
・・・当然、きな君はそう言う。

「そうだね~。でもさ、人間はミスをするんだよ。許してあげて。
まあ、仲裁に入ってくれても良かったとも思うけどさ、大人でもミスを認めるのって難しいんだ。特にとっさに、ごめんなさいって言うの難しいと思うな。」

「うん、今回は1回目だし許してあげるよ。でも、次は抗議するからね!」

「そうだね。きな君・・・ミスを認めてごめんなさいって言うのは勇気が必要なんだよ。お母さんも勇気を持ちたいと思っている。でもね、勇気が出ないこともあるよ。だから勇気が出ない人を責められないな。人がどうかより自分が勇気を持てることが大事だと思うよ。」

「そうだね、今回は水に流すよ。」

「エライ!本当に大人になったな~。5年生のきな君だったら、学校辞める!とか言っちゃってたよ!」
マジでエライ!!

予定表が間違っていると混乱するのは分かっていたけど、
実は怒られたあとその人がどういう感情を持つのか??見通しが立たなくて不安になるんだ・・・ね。
確かに、怒った人がいつまで怒っているのか???目には見えない。その後どういう行動に出るのかも見通しがつかない。私たちは、勝手な見通しをつけて割り切るけど、スペクトラムっ子ってそうは行かないんだね。

お母さんでも知らないきな君がいるんだもの。中学の先生たちが分からないのは、いたしかたないのかもしれない。

きな君は水に流してくれたけど・・・。
明日は初めての役員会。担任も美術の先生も参加するので・・・支援シートは提出しているけど、もう一度その辺りはお話ししておこうかな。


スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR