10
4
5
9
10
11
12
14
15
17
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

性教育も特性に合わせて。

今日はちょっとお知らせから。
昨日ブログでご紹介した東田直樹さんのドキュメンタリー・・・。
「君が僕の息子について教えてくれたこと」が、なんと平成26年度文化庁芸術祭で大賞を受賞しました。
再放送は来る5月4日(月)13:05~14:04NHK総合。

ご興味のある方はぜひご覧ください。

性のお話しのご意見、本当にありがとうございます。
とりあえず、きな君は「笑うことは理解できない。」で落ち着いた様子。
ここはまた、ちゃんと知りたくなるのを待とうと思います。

アスペルガー症候群のきな君は、
いろんな物が頭の中にごちゃごちゃに入っている、と良く言います。
整理が出来ていないお部屋のようになっているらしいのです。
整理が出来ると、渋滞が解消するように、ものごとがスムーズに行くらしいのです。
ただし、整理ができたせまい部分限定なようですが。

おそらく、性に関してはごちゃごちゃしているところ。
あまりたたみかけず、繋がるのを待ってもいいかなって思います。

先ほど、NHKの復活ミュージアムという番組で、古代モンスター(いわゆる恐竜)を見ながら、もうワクワクが止まらないきな君。
再現したロボット恐竜に抱きつくタレントさんに嫉妬する始末。
「ずるくない?あんなにかわいい恐竜にひとり抱きつくなんて!あ~もう!おれもあの恐竜に乗って走り回りたい!」

彼の思いは、遠く生命の起源へ馳せ、「どうして生命は誕生したのだろう??」・・・というので、「地球には水があるからだと言われているよ。」と答えたら!!・・・そんなあいまいな答えでは納得が出来ません。
「でもなんで?水ってたしか雨が降って海が出来たよね?って事は雨のなかに命の元があるのかな?」
「・・・うーん、お母さんも良く分からないな。でも調べてみたらいいじゃない!」
「そうだね。科学部のレポート、今年はそれにする。」

「産まれる側」から・・・って教えてもらったけど、彼は「産まれる起源」までさかのぼろうとしています^^;
簡単に点が繋がって線にならない特性ゆえに、興味を掘り下げること、掘り下げること。
アスペ君らしいアプローチ。ほんと面白いな~。
いいよ、いいよ。納得が出来るまで調べてみたらいいと思う。命の起源をたどるうちに、「性」というものが繋がるかもしれない。

なんかね、きな君の特性に合わせて関わる・・・事を、育児の重大なテーマに掲げているのに、「性」に関することだけきな君側に立てなかった自分がちょっと笑える。
またまた違う笑いが出てきて、きな君は母の笑いに戸惑うかもしれないね^^;

でもね、いきなり「性」のことを聞かれたから、母はちょっとびっくりして・・・きな君の特性を忘れて、マニュアルを求めてマニュアルどおりに進めようとした・・・のが、そもそも間違い。
→ちょっと分かりにくいかな~?!

母は母で学びつつ、きな君に教えこもうとするのはやめようと思います。
そもそもアスペ君相手に、ちゃんと理解してほしいと思うことが間違えているような。
どうせ分からないって諦めじゃないよ、きな君と歩調をあわせるだけ。
彼の興味に付き合って、繋がる日が来るか、ちゃんと本人から教えて欲しいと言って来るか??ちょっと分からないけど、そのほうがずっと自然なことな気がする。

スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR