05
4
5
6
7
9
14
15
16
19
21
25
27
28
29
30
31
   

こういうとき・・・どうする?

きな君、さきほど・・・ぐったりと疲れたようすで帰宅!

昨日、放課後ケンカのスケジュールを入れていたきな君。
こんなに疲れるほどケンカしたのか???
→本気で蒼白な母。

「明日の生徒総会で、全校生徒の前で発言することになって・・・。」

なんでそんな厄介なことを引き受けちゃうのよ???

「みんなで意見を書いて出したら、おれの意見が実行委員長に推薦されて。
断ることができないんだよ~。」

なんできな君のものが選ばれか分からないけど、
提出した意見を原稿用紙に書き直して、1分ほどスピーチするらしい。

その原稿がまた・・字が読めないとか、漢字を使っていないとか、
もろもろの理由で、赤でいっぱいチェックが入ってやり直しを命じられ・・・。
友達に字の汚さを指摘されて、殴ってしまい・・・先生のお説教を聞き→当たり前だけど。
そのうえ、楽しみにしていた部活を休まされて、
明日の打ち合わせに駆り出され、体育すわりで2時間半もお話しを聞かされ・・・。
姿勢が崩れると、めちゃくちゃ怒られるため・・・緊張しすぎて、
そりゃ、帰宅したらグッタリだね。

・・・そして、当たり前だけど、
塾に行きたくないオーラ、全開!!

こんなとき、みなさんならどうしますか?
分かっていますとも!私が甘いことくらい。
自分だったら、それくらいじゃ休まない。
でも、私の母親としてのシグナルが点滅!!

そう、まだまだ・・・無理をする時期に到達していない。

きな君を育てていて見えてきたこと。
子どもって、それぞれ出来るようになる時期があるってこと。
この時期を急いだり、のんびりしすぎたりすると、かえって発達しにくいってこと。

中学生だし、頑張って欲しいのはやまやまだけど、
まだ、無理をする時期じゃない。
だって、今日はたいへんなことがたくさんあった。
原稿を何度も書き直したのも、体育すわりで2時間以上話を聞いたのも、
きな君にしてみたら、ものすごーい頑張った!

その上、無理をしろとは言えないよね。

だいたい・・・中学の先生も!!
姿勢を保つことが難しい子だっているのにね。
なんでもかんでも統制されていればいいわけじゃないのだけどな。

そこで、塾に振り替えが出来るか聞いてみた。
当日だからね・・・・だめなら仕方なくお休みしようと思いながら。

振り替えは前日までで、当日振り替え本当はダメだけど、入塾の時に説明が不足していたかも知れないので、今回は特別に振り替えてもらえることに!!

理由を聞かれたので、「体調が悪い」と伝えた。
私もウソが苦手で・・・多少ぎこちなかったけど、まあ「体調不良」で押し通せた。

「お母さん、体調不良って言ってくれてありがとう。明日はちゃんと行く。」
疲れて、だるくて行きたくない・・・って、バツが悪く感じるんだろうね。
あんまりイイコトをしていないけど、こういう時に意外な成長が見えたり、次に切り替えられたりするんだよね。

私は甘いかもしれない。
本当は、怒りっぽい八つ当たりママなんだけどね。

でも・・・。
子どもがちょっと限界を感じているとき、
「大丈夫!お母さんが何とかしてあげる!」・・・って、言ってあげられると、
それは今日だけの限界になるけど、
「何を言っているの!頑張れば出来る!」って、はっぱをかけちゃうと、
自分自身の限界に感じてしまう・・・ような気がするの。

でこぼこの多い子を育てているとね、
飛び出た凸よりも、へこんだ凹を受け止めてあげようと思う。
凸はどんなに褒めても子どものお手柄だけど、
凹を受け止めるのはママのお手柄!
子供はちゃーんと分かっていて、「ありがとう」をくれる。

・・・・ところでさ、ケンカの予定はどうなったの??
「それどことじゃないよ。おれのほうが生徒会に呼び出されて行けないし!!アイツには・・・行くな!って伝えておいたよ。」
・・・結果オーライ!(*^^*)v
スポンサーサイト

No title

ぴょんさんの判断要素は、「フツ―」とか「標準」とか「世間」とかなくて、きな君に個別に向き合っている感じです。これって難しいことのように思います。

私も休ませちゃうかも。
そこまで達していないなら
無理強いは無意味だもんね。。

きな君がズル休み(あえてズル休みというね)をしてバツが悪く、次からは頑張ろうって思えて、、
きっと次回同じような事があった時は、少し成長したきな君に会えるような気がする。

って、ぴょんちゃん以上に激甘な私の意見じゃ、微妙よね(´Д` )

次元は違うけど
我が家は、朝早く起こして毎日ドリルをさせているんだけど、
あえてさせない時もあるの。

でも、明日は自分からやろうね!っていうと、翌日からはまた波にのれる。。信頼関係というか、、ね。

って、違うかしら(^^;;
でも波に乗せるのも母の技よね!

Nさんへ

ありがとうございます。
難しかったんですよ。私も。

でも、失敗を繰り替えすうちに・・・きな君の状態がわかるようになってきたって感じですね。

以前、通級の先生に言われた・・・「わが子の専門家」に近づけたかしら!?

言われたときは、「そんなの無理!」って思っていたのだけど^^;

ことちゃんへ

たしかに・・・姉妹で甘いかも^^;
そして弟も甘い^^

朝ドリルエライね!
うちは、すけさんも含め・・・ダラダラしてるよ。
っていうか、男3人の中で一番ちゃんとしているのが・・・もっちですから。

朝の時間の波に乗せるワザ・・・まだ習得できないよ~!
今度、詳しく教えて!


Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR