10
4
5
9
10
11
12
14
15
17
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ちょっと思ったこと。

国際情勢にはあんまり詳しくないのだけど、
ギリシャの投票結果を見て、驚いた。
たぶん、詳しくないから驚いちゃったのね。

日本人の感覚では
、国の財政が崩壊しそうなときに、
「緊縮したくない!」って意思を表示して、
あのお祭り騒ぎは出来ない。
ほんとできないよ~。
銀行から毎日8000円しか下ろせない時点で
、おそらく夜も眠れません。

いや、否定しているわけじゃないのよね。
ギリシャ人のあのポジテイブさって、
良いとか悪いとかは置いておいて、すごい自己肯定感だと思うのよね。

EUの国々から、信用できない、怠け者だって、
言われても言われても、自分たちのやりたいようにやる。

まあ、EUと妥協するにしても、離脱するにしても・・・。
ある意味で、ギリシャのターニングポイントの一つになりそうだけど、
ぜひ、自分たちの強みを活かして、しぶとく頑張ってほしいな。

ギリシャの人たちが・・・。
一般的常識と呼ばれるものに迎合できないスペクトラムっ子に見えちゃって^^;
説得しようとする勤勉な国々は、スペクトラムっ子をコントロールできない大人みたいね!

世界中の政治や経済に携わる人たちの、唖然の顔!
おそらく自分たちの常識で見通していたんでしょうね。

分かりますよ~。立場は違えど、なんども唖然としましたから。

批判だけではうまく行きません。
彼らの特性(国民性?)を理解した上での政策でないと、
押し付けではうまく行かないでしょうね。

ところで、首相の言動は・・・賛否どちらに持って行きたかったのでしょう?
NO・・・と言いつつ、国民自身で「YES]と言って欲しかったのか?
それとも・・・ストレートに[NO」に導いていたのでしょうか?

なんか迷える教育みたいですね。
ストレートに「NO」を求めていたのなら、政治家の資質の問題でしょうね。
おそらく、自分の保身を確保しつつ「YES」を促していたのでしょうけど、
裏を読める人たちなら、こうなる前にもう少し何とかなっていたでしょうね。

そもそも「YES」に持ち込むなら、
メリットとデメリットを明確にして納得させないと・・・。

ロシアや中国もここぞとばかりにギリシャに近づいていますが・・・
コントロールできますかね~?!

国際ニュースを見ると、
国を動かす偉い人たちでさえ、価値観を統一できないんだなって思う。
そりゃそうだ。家族でさえ、難しいのだから。

我が家にもいろんな価値観がありますからね。
争いもするし、妥協もする。
ある意味で、国も個人も営みは同じなのかな。

第三者通り超えて、野次馬的な立場ですが、イロイロ考えちゃいました。
スポンサーサイト

No title

なるほどー。
ギリシャの問題が・・・思いつきませんでした。さすがです。
特別支援に関わって、ものごとの理解力は抜群に強化されますね。

Nさんへ

なんでも、子どもの姿とダブってしまうんです。

子どもって本当にこちらが学ぶべきものをたくさん持っていますね。

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR