04
1
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
20
22
24
25
30
   

人間関係の極意を学ぶ!

昨日と今日・・・科学部で、市外で課外活動があった。
今日はY市の科学館へ。

なかなか充実した施設で本人も楽しみにしていた。

帰宅したきな君・・・。
「20分くらいしか見学できなくて、残念だった。」

は??
1時間もかけて行って、20分?
なんで??

「列車に水筒を忘れたやつがいてさ。
先生と探しに行ったのだけど、
先生を探しに行った先輩の行方が分からなくなって、
みんなで探して・・・・到着が遅れた。

先生がみんなの入場券100円引いてくれた。」

なんかよく分からないけど。

水筒を電車に忘れたら、すぐに見つからないのは当たり前だし、
終わってから届け出すればいいんじゃないの?
それに、なんで先輩たちはそこを動いてしまったの?
さらにみんなで先輩を探すって、あらたな迷子が産まれるリスクもあるし・・・。

学校の課外授業にしては、ちょっとリスク管理がお粗末。

ちょー多動児を育てた母としては、
ちゃんと伝えることで回避できることがあるのでは??・・・って、思っちゃう。
電車を降りるときは、1駅前に荷物のチェックを促すべきだし、
水筒くらいで寄り道をするべきではないとも思う。
そもそも生徒を置いて行くべきではないよね。
それに、置いていくならしっかり指示を出して、自分の代行をする人を決めるべき。

探すの連鎖で混乱するの目に見えている 汗。

・・・いや、たまたま水筒を忘れたのはきな君じゃなかったけど!!
きな君の場合もありうる訳で・・・昨日カサ失くしているし。
そんな時に、みんなを巻き込んで探したりしないで欲しいなって思うわけ。
周囲に迷惑もかかるし、自分のせいで見学時間がなくなったなんて・・・。
本人もいたたまれないよね!?

いたたまれない場面をたくさん経験してきた母としては・・・。
回避できるリスクは回避したいと思ってしまう。

「みんなは怒ったりしていなかったの?」

「うん、K君(水筒をなくした子)は絶対責められないって言ってた。」

まあ、お友達付き合いの極意を学べたってことで・・・いいのかな^^

極意・・・人の失敗を責めない!

ところできな君のカサは探さなかったの?

「いや、いつものことだから。」

・・・・なるほど。それはそれは、みんなに迷惑をかけなくて良かった^^
でも!!・・・なくしたカサはお年玉で買うべし!


スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR